『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
昨日、小泉首相に「皇室典範に関する有識者会議」の最終報告書が提出されましたが、今回はそれについての批判の声を紹介します。
※何か新しいニュース等があれば追記していきます

◆その前にイベント告知!
皇室典範改悪阻止!デモ告知

■日時■ 平成17年11月26日(土)
午後1時 三河台公園集合
東京都港区六本木4-2-27
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線 六本木駅徒歩3分
都バス 都01 渋谷駅~新橋駅 六本木4丁目
午後2時 デモ出発
コース   三河台公園 ⇒ 六本木通り ⇒ 【西麻布交差点右折】外苑西通り⇒【南青山3交差点左折】青山通り ⇒ 【宮益坂上交差点右折】 ⇒ 【宮下公園交差点】明治通り 渋谷 宮下公園付近にて解散

■主催■ 皇室典範の拙速な改悪に反対する全国地方議員の会

■共催■ チャンネル桜草莽会、全国地方議員1000名日本大勉強会実行委員会、 神奈川草莽議員の会、人権擁護法案に反対する地方議員の会、新日本協議会、 靖国神社へ参拝する全国地方議員の会、英霊にこたえる会、日本政策研究センター、日本世論の会、自由日本の会、皇室典範改悪に反対する全国草莽崛起の会 他

■報道■ 衛星放送スカイパーフェクTV!767ch「日本文化チャンネル桜」
インターネット「チャンネル桜オンラインTV」  
http://www.ch-sakura.jp/
■問合せ■ 全国地方議員1000名日本大勉強会事務局
電話03-6419-3825 FAX03-6419-3826 E-Mail:soumou@ch-sakura.jp

このデモ行進を終えた後、日本文化チャンネル桜掲示板に掲載されていた、報告の書き込みを紹介します。(河内屋様、無断で引用することをお許し下さい)

御禮
デモにご參加賜りました皆樣、ご參加叶はずとも、その熱いお心で共に歩んで下さつた皆樣、ご支援、ご協力賜りましたすべての皆樣方有難うございました。

おかげさまを持ちまして、11月26日『皇室典範改悪阻止!「草莽崛起」緊急抗議国民デモ』は參加者總數七百~七百五十名と云ふ大盛會のうちに無事終了致しました。

これひとへに皆樣方の熱い草莽崛起のお志の賜物と、心から感謝申し上げます。

出發點六本木から終着點澁谷まで、終始變らぬ整然とした隊列、腹の底から湧き出る力強いシュプレヒコール、林立する旗指し物、プラカード、そしてはためく日章旗・・・・
なによりご皇室を思ふ皆樣のお心が其の儘に現はれた素晴らしい行進でした。

昨日のデモは飽くまでも出發點です。

私達平成に生きる日本國民の、父祖に對する責任と次世代に對する責任を果す爲、今後も倦まず絶ゆまず聲を擧げ續けて參りませう。

昨日ご參加戴きました皆樣の行動が、さながら燎原を被ひ盡くす火事のやうに全國に廣がることを信じます。

重ねて、皆樣の草莽崛起のお志に厚く御禮申し上げます。

有難うございました。


※もう一つ、真の「有識者」の方々が集う集会です。

皇室典範を考える集い
有識者会議の見識を問う

■日時■ 平成17年11月30日(水)18時半開会
■会場■ ニッショーホール(日本消防会館)

■登壇者■
渡部昇一氏、工藤美代子氏、小堀桂一郎氏、櫻井よしこ氏、田久保
忠衛氏、中西輝政氏、荻野貞樹氏、屋山太郎氏ほか(敬称略)

■参加費■ 無料
■主催■ 皇室典範を考える会(渡部昇一氏代表)

■連絡先■ 電話090-4736-9813(三堀法律事務所気付)

※詳細はこちらでご確認下さい
http://hw001.gate01.com/abc123xyz/meeting.html#1130
以上、イベント告知でした


最初にジャーナリスト千葉展正氏のメルマガより引用します。かなり手厳しいですが、的確な論評だと思います。
―――――――――――――――――――――――――――
 女系天皇問題は小泉首相の一人芝居
 天皇廃絶を企図するフェミニズム報告書

―――――――――――――――――――――――――――

我が国に存在した歴代総理大臣の中で、国家への裏切り行為をこ
れどほど平然と行つた人物がゐただらうか?
 
小泉首相は「皇室典範に関する有識者会議」の吉川弘之座長か
ら、女系天皇への道を拓く報告書を受け取り、「このような意義深
い報告書をいただき、政府としましては所要の法案を来年の通常国
会に提出する準備を致したいと思ひます」と述べた。自分が結論ま
で指示して作らせた報告書を「意義深い」と称して恥じぬ神経はど
うだらう。
 

有識者会議報告書についての武部幹事長のコメントが笑はせる。
「このやうな大変意義深い報告が出されたことはいいことだと思つ
てをります。時間をかけて意義のある報告を出していただきまし
た」

「意義深い」といふ表現に小泉への忠犬ぶりがうかがへるが、それ
よりも注目したいのは「時間をかけて」といふところ。「国家の最
重要課題を素人集団が一年あまりで決めるとは」といふ批判に対し
て、主人に成り代はつて弁護してゐるところがいじらしい。

この忠犬はよく知つてゐるに違ひない。女系天皇の実現が小泉首
相の大望であることを。女系天皇を実現するために有識者会議をつ
くらせたのは小泉首相であることを。有識者会議のスケジュールは
小泉首相が決定したことを。小泉首相は女系天皇の実現を退任の花
道にしようとしてゐることを。吉川座長など小泉のロボットにすぎ
ないことを。要するにすべては小泉のシナリオ通りに動いてゐるこ
とを。

いや、以上のことを知つてゐるのは武部幹事長に限らない。自民
党議員ならみな知つてゐるはずだ。自民党議員は小泉が恐いからだ
れも本当のことを言はない。民主党はじめ野党も皇室典範いじりが
小泉の火遊びであることを承知してゐる。しかしみんな女系天皇賛
成だから黙つてゐる。そして政治記者も知つてゐる。知つてゐるけ
ど書かない。知らないのは国民だけだ。

女系天皇に反対する保守派は、有識者会議はけしからん、吉川座
長は悪い奴だと言ふけれども、攻撃の矛先が間違つてゐるのではな
いか。本能寺の所在が見えないらしい。有識者会議のメンバーも吉
川座長もたしかに悪いヤツらだが、でも別に有識者会議はこの連中
が自発的に始めたわけではない。立ち上げたのは小泉首相である。

小泉が有識者会議に自分の懐刀として送り込んだのが古川貞二
郎・前内閣官房副長官だ。有識者会議を実質的に取り仕切つたのは
古川である。座長の吉川は古川の意のままに動いたにすぎない。狂
言回しは岩男壽美子だ。

このやうにして、小泉が意図した通りの皇室典範に関する報告書
が完成した。これはフェミニズム思想に立脚した恐るべき皇室破壊
報告書である。

有識者会議の議論と報告書の欺瞞についてはこれから説明してゆ
くが、今はひとつだけ指摘しておかう。

報告書は女性・女系天皇容認について、「男系男子限定に比べ、
格段に安定的制度」と自賛してゐる。安定的制度だつて? 安定的
なんてものぢやない。フェミニズム皇室典範によれば、今後皇族方
は男女を問はず結婚後も皇族にとどまることになる。どのやうな結
婚をしやうが、配偶者との間に男性が生まれやうが女性が生まれや
うが、全員が皇位継承者に繰り入れられてゆくのだ。このやうにし
て皇位継承者は無限に増えてゆく。

逆説的に言へば、「天皇」は途絶える可能性すらなくなるのだ。
そしてそのやうにして存続するのは、もはや「天皇」と呼ぶべき存
在ではありえない。もし皇室が二千年前にこの制度を採用してゐた
ら、「天皇」はとうの昔に「廃絶」してゐたに違ひない。誰でもが
皇位継承者になれることによつて皇室はメチャメチャになる。反天
皇勢力はそのことをよく知つてゐる。

---------------------------------------------
千葉展正氏のHPです。 
 ★反フェミニズムサイト★
 http://homepage2.nifty.com/antifemi/
女系天皇反対の国会議員ら反発「将来に禍根を残す」
平沼赳夫先生

皇室典範の改正を議論していた有識者会議は、女性・女系天皇を認めることを盛り込んだ最終報告書をまとめ、小泉総理大臣に提出しました。これに対し、女系天皇の容認に反対する国会議員らは「今、結論を出すのは拙速だ」として、激しく反発しています。

平沼赳夫衆議院議員:「初めに結論ありきで、肝心の皇室にも相談するわけでもなく、政治家にも諮ることなく、短兵急に決めたことは、将来に大きな禍根を残す」
改正法案は来年1月の通常国会に提出され、審議されますが、反対する議員らは、旧皇族を改めて宮家に迎え入れるなどの方策で、男系の維持を訴えていくことにしています。

[25日12時55分更新]
政治ニュース(ANN)一覧
動画
http://www.bcast.co.jp/cgi-bin/yahoo/news.asx?cid=20051125-00000006-ann-pol-movie-000&media=wm56k
http://www.bcast.co.jp/cgi-bin/yahoo/news.asx?cid=20051125-00000006-ann-pol-movie-001&media=wm300k


-----------------------------------
声明  皇室典範問題研究会 代表小堀桂一郎
-----------------------------------
小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が首相に提出した報告書の「女系容認.長子優先」の内容は、「皇位の安定的な継承を維持するために」との理由づけのもとに男系継承といふ有史以来の皇室伝統を破壊するものである。わづか一年足らざる論議で、かかる無謀な結論を出した同会議の拙速かつ不敬なる姿勢には強い怒りを禁じ得ない。
政府はこの答申を受けて来年の通常国会に皇室典範改正案を上程する方針だが、同会議の拙速を繰り返すことがあってはならない。
我々は、政府及び国会の今後の対応の仕方に関して、取敢えず以下の三点に留意すべきことを要請する。
第一.皇位継承制度の伝統を破壊してまでも,いま皇室典範改正を急ぐ理由は無い。
第二.有識者会議の答申通りに皇室典範を改正することは、皇位継承の安定化につながるどころか、むしろ逆に国体の根幹揺るがすものである。
第三.有識者会議の議論で積み残された重要な問題が沢山ある。皇族方の御意向と国民の多様な意見に耳を傾け、十分な時間を費やして検討すべきである。

平成十七年十一月二十五日
皇室典範問題研究会代表
小堀 桂一郎 
-----------------------------------
◆関連サイト
皇位の正統な継承を堅持する会
http://hw001.gate01.com/abc123xyz/d_20050110.html#top

◆首相官邸への抗議のメールはこちらから
私たち国民の抗議の声を届けることが、事態を打開する力になると思います。難しいことは書かなくても「皇室典範改悪反対!」と一言書くだけでも良いので、メールを送って下さればと思います
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

◆milestaさんより、各新聞社へのお問い合わせフォームのアドレスを教えて頂きました。「ご意見を送られる方にお役立て頂ければ幸いです」とのことで、首相官邸のみならず各マスコミにもご意見を届けて下さればと思います。

朝日新聞お問い合わせフォーム
http://www.asahi.com/reference/form.html
読売新聞お問い合わせ先一覧
http://info.yomiuri.co.jp/contact/
毎日新聞お問い合わせ先一覧
http://www.mainichi.co.jp/toiawase/
日経新聞お問い合わせフォーム
https://sch.nikkei.co.jp/nikkeinet/
産経新聞お問い合わせ先一覧
http://www.sankei.co.jp/pr/reference/

◆拙ブログの関連記事
皇室典範改悪阻止!「草莽崛起国民大会」での伊藤哲夫氏のスピーチ
天皇と国民との深い心の繋がり
三笠宮寛仁殿下『女帝反対論』の重み(平沼赳夫氏インタビュー記事)
皇室典範改正に対する様々な意見
皇室典範に関する有識者会議の問題点
ホリエモン「反・天皇」発言の背後にあるもの


◆追記
これは「静かな革命」だ――「憲法の論理」で二千年の伝統を断絶させるな  「皇室典範に関する有識者会議」が報告書 
Date: 2005-11-25 (Fri)

「皇室典範に関する有識者会議」の報告書が提出された。結論については既に報道されていたこともあり、「いよいよ報告書提出か」という以上の感想はない。しかし、なにゆえ「女系容認、長子優先」なのか、という報告書の論理については、そのお粗末さに改めて驚く他なかった。「初めに結論ありき」で始めた同会議の、舞台裏の無定見・無思想ぶりをさらけ出すような内容だといっても過言ではないからだ。

今日の日本の出生率なるものを持ち出してきて、いずれ男系男子は不在となる可能性大、などと主張する論理には失笑の他ないが、とりわけそのお粗末さは、なにゆえに元皇族の皇籍復帰という道を採らないのか、ということに対する説明において顕著なように思われた。

例えば、報告書は「いったん皇族の身分を離れた者が再度皇族となったり……することは、これまでの歴史の中で極めて異例なこと」であり、「国民の理解と支持」は得られない、との論理を展開している。しかし、それなら女系天皇や長子優先の採用は「極めて異例なこと」ではないのか(異例どころか、かつてなかったことだ)、また、女性皇族のところに婿入りする男性は恐らく庶民ということになるのだろうが、この男性が突如皇族になることについては、なぜ問題とはならないのか……等々、小学生でも気付くような矛盾を堂々とさらけ出しているのである。

それだけではない。元皇族の皇籍復帰という道を採った場合、実際にそれが実現するかどうかは当事者たる元皇族の意思次第ということになって、それは「不安定さを内包」することになる、との論理も用いている。しかし、そういうなら、女性皇族に配偶者を迎える場合も相手男性の意思次第であり、それも同様「不安定さを内包」する問題ということになるのではないだろうか。

ことほど左様に、報告書に見られるのは「初めに結論ありき」、つまりどんな屁理屈を繰り出してでも「女系容認、長子優先」を正当化しようとするバカ正直なまでの「政治の意思」だといえる。それが小泉首相自身に発するものかどうかはわからないが、恐らく政府内部に「憲法の論理」を金科玉条と戴く一定の勢力があり、それが「男女平等」だの「新しい家族観」だのというもっともらしい理屈を弄して、着実にその前に立ちはだかる「伝統の論理」を切り崩す秘かな策謀を実地に移している、という図なのだろう。古川貞二郎、園部逸男といった委員はその尖兵であるに違いない。

とはいえ、この報告書提出によって舞台が「政治の場」に移ったことも事実である。とすれば、われわれのなすべきことは、まさにこの場においてこの案を阻止し、改正案の通常国会上程を阻むことである。そのためには、もっともっと反対の国民世論盛り上げが必要である。その国民世論を政府に伝え、政治家に伝え、更にはマスコミに伝えていくことが早急に求められるのだ。その意味で、諸兄には、それぞれの率直な意見をこうした対象に直接、お届けいただくことをお願いするしかない。さいわい、寛仁親王殿下のご意見発表以来、マスコミには根強い慎重論が台頭していることも事実といえる。

日本を大切に思う人々に訴えたい。125代の皇室伝統を断絶せしめんとする「静かな革命」に抗し、「皇室伝統護持」の草の根の声を高らかに上げよう!

日本政策研究センターHPより引用
http://seisaku-center.net/sunbbs/


◆追記
神社本庁HPより

 総 長 談 話    
此度、内閣総理大臣の私的諮問機関である「皇室典範に関する有識者会議」は、約一年間にわたる議論の結果を取 り纏めた報告書を小泉総理に提出した。神社本庁は本年三月、皇室の歴史と伝統を踏まへた基本的な姿勢を明らかに し、有識者会議等における論議の行方を注視してきたところである。

しかるに今般提出された報告書の内容を見る限り、そこに示された皇位継承制度のあり方やその論拠には、皇室の歴史と伝統を謳ひながらも、現今の少子化問題やいはゆる「ジェンダー・フリー」などで主張される特定の価値観が 前提とされてをり、あたかもそれを国民に押し付けるかの如くである。しかも、私的諮問機関が皇位継承制度を含む 皇室典範の早期改正にまで言及してゐることは、拙速かつ越権の誹りを免れず、極めて遺憾と言はざるを得ない。

そもそも皇位は、百二十五代にわたつて男系により継承されてきた事実があり、その歴史的な重みは、制度的安定 を主たる理由として軽々に斥けられてはならない。皇位は報告書の目指す制度的安定のみで将来に継承されるもので はなく、皇室と国民の紐帯によつて確固として受け継がれてゆくものである。

神社本庁は報告書に対して、改めて深い憂慮の念を表明するとともに、皇位継承制度のみならず憲法と皇室典範の あり方を含めて、政府、国会並びに国民の真摯な議論を望むものである。
  平成十七年十一月二十五日
                               神社本庁総長 矢田部 正 巳

※原文は縦書きです。尚、神社本庁では歴史的仮名遣ひを使用してゐます。

http://www.jinjahoncho.or.jp/news/171125.html 


皇室典範に関する有識者会議の報告書に対する
与野党幹部のコメントは次の通り。

▽武部勤・自民党幹事長 大変意義深い報告が出された。評価したい。
広く国民の声を聞いて成案をまとめ、次の国会で実現できればと願っている。
(女性・女系天皇の容認は)いいことだ。

▽市田忠義・共産党書記局長 天皇が男性という合理的な根拠はなく、
女性・女系天皇を認めることは賛成だ。(長子優先は)吟味したい。
法案(皇室典範改正案)への対応は皇族が増えるという問題などもあるので、
詳細をよく検討したい。

▽福島瑞穂・社民党党首 男性しか天皇になるのを認めないのは、
男女平等の観点から間違っている。天皇制はどうあるべきかの議論はあるが、
法案には基本的に賛成だ。ただ、女性天皇を認めれば宮家が増える。
予算の問題もあり、上限設定などの工夫が必要だ。

▽冬柴鉄三・公明党幹事長 有識者会議が、男系か女系かなど
問題とされていた点を十分に調べたうえで結論を出したのだから、
答申内容はそのまま立法化すべきだ。いろいろ議論すべきものではない。

▽鳩山由紀夫・民主党幹事長 将来女性天皇が誕生する可能性が開かれた。
その方向は尊重されるべきだと思う。長子優先か男子優先かの議論は、
党としてまだ意見をまとめていない。焦眉(しょうび)の急だという
議論でもない。慎重な判断も必要だ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>風化さん
初めまして、コメントありがとうございます。
小泉首相の皇室典範改悪については、何故そのようなことをされるのか、理解に苦しみます。典範改正は、先人もそうしたように、時間をかけてじっくり取り組むべきもので、拙速に行うものではないと思います。
それよりも、風化さんが言われるように、自民党の党是であり、結党目的でもあった、憲法改正を行う方が先だと私も思います。
2005/12/17(土) 23:31 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
小泉首相の善政が女帝推進で地に落ちます。9月まで行動しなければ、あなたの名は残ります。天皇制は手をつけないで、憲法改正が重要ではないでしょうか?
2005/12/17(土) 19:29 | URL | 風化 #-[ 編集]
>本質、本筋を正しく理解し結論へと導いていく・・・。

まったくの同意。相手の議論の土俵にのかってる人が多いのを感じる。
2005/11/27(日) 12:30 | URL | 真面目に変わっている人 #-[ 編集]
こんばんは。田舎の神主です。
物事には本質と本筋が存在し、それに準じた議論が行われて然るべきなのですが、有識者会議を始めとしたマスメディア等の報道もそこからかけ離れたものであり、国民にその実情が知られていないのが残念で仕方がありません。
その理由の一端にきゃべじんさんが仰られているように過度の「反フェミ」「反小泉」というものが見え隠れしているような気がします・・・。
皇室の歴史や敗戦時に果たされた天皇、皇室の役割、そして戦後の占領政策に於ける皇室及び旧宮家への扱いを鑑み、本質、本筋を正しく理解し結論へと導いていく・・・。
本来ならば「有識者会議」に於いて、そういったことをして頂かなければならないのですがそれが期待出来ない以上、我々が草の根レベルで発信し続けていかねばならないのでしょうね。
そこではやはり、過度の「反フェミ」「反小泉」といった姿勢は余計な議論を生む危険性もありますし、何より我々自身が本質、本筋から離れていくことに他ならないと思うのです・・・。
2005/11/26(土) 18:13 | URL | 田舎の神主 #-[ 編集]
朝日新聞には男系支持も。
>spiralさん
お問い合わせフォーム記事に取り上げてくださり、ありがとうございます。

ぼやきくっくりさんの記事を見たら、朝日新聞には編集委員による男系支持の意見も載っていたそうなので、朝日新聞も国民の意見を送る価値がありそうです。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/index.php?eid=224

何度も投稿失礼しました。
2005/11/26(土) 18:05 | URL | milesta #4On3Ze.o[ 編集]
旧宮家の皇籍復帰は占領体制の清算
旧皇族の皇籍復帰は、戦後体制の清算であると思います。皇統の安定化を図るために旧宮家を復帰させるという面がある一方で、この戦後60年の中途半端になっていた占領体制を終わらせるための一手段でもある、重要なことであると思います。約60年も一般国民として過ごされた旧宮家の方々をもう一度皇室にお戻しするのは現在の国民感情にそぐわない、という意見も確かにあります。しかし、旧宮家がなぜ一般国民にならざるを得なかったのか、そして今なぜ皇籍復帰が必要なのかということを広く国民に伝えていかなければいけないと思います。
2005/11/26(土) 14:12 | URL | かついち #xtsQx3EI[ 編集]
>?さん
>小泉支持者はまるで小泉首相だけは清廉潔白であるかのように小泉首相の責任追求はしませんね。是々非々で論じる事が出来ないようです。

おっしゃる通りだと思います。

>三輪の何某さん
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

>milestaさん
情報ありがとうございます。記事の方にも問い合わせ先をUPしておきました。

>きゃべじんさん
コメントありがとうございます。
ご意見は最もだと思いますが、小泉首相は、何故「女系天皇」が駄目なのか、それを全くご理解されていないということと、フェミニズムの害毒が皇室典範改正にも影響しているのを知って頂きたく、千葉氏の論文を引用させて貰いました。

ですから、
>獲得目標をハッキリさせるべきだ。
それは「女系反対」に尽きる。

これには私も同意です。
2005/11/26(土) 13:50 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
反フェミ・反小泉とリンクさせすぎないように
皇室典範改悪反対運動を成功させるためには獲得目標をハッキリさせるべきだ。
それは「女系反対」に尽きる。
そして運動を拡散させ、参加者を限定し、反皇室勢力に付け入るスキをあたえる「反フェミニズム運動」や「反小泉運動」とかこつけた主張は運動の本体に取り入れるべきではない。
2005/11/26(土) 13:31 | URL | きゃべじん #-[ 編集]
新聞社お問い合わせフォーム
とりあえずこれだけ調べました。
ご意見を送られる方にお役立て頂ければ幸いです。

朝日新聞お問い合わせフォーム
http://www.asahi.com/reference/form.html
読売新聞お問い合わせ先一覧
http://info.yomiuri.co.jp/contact/
毎日新聞お問い合わせ先一覧
http://www.mainichi.co.jp/toiawase/
日経新聞お問い合わせフォーム
https://sch.nikkei.co.jp/nikkeinet/
産経新聞お問い合わせ先一覧
http://www.sankei.co.jp/pr/reference/
2005/11/26(土) 12:20 | URL | milesta #4On3Ze.o[ 編集]
うーん・・・。
どうやってもTBが送り返せません。
なんででしょうか・・・。
2005/11/26(土) 08:29 | URL | 三輪の何某 #LkZag.iM[ 編集]
>女系天皇に反対する保守派は、有識者会議はけしからん、吉川座長は悪い奴だと言ふけれども、攻撃の矛先が間違つてゐるのではないか。本能寺の所在が見えないらしい。有識者会議のメンバーも吉川座長もたしかに悪いヤツらだが、でも別に有識者会議はこの連中が自発的に始めたわけではない。立ち上げたのは小泉首相である。

小泉支持者はまるで小泉首相だけは清廉潔白であるかのように小泉首相の責任追求はしませんね。是々非々で論じる事が出来ないようです。
2005/11/26(土) 03:37 | URL | #yTNkJc7A[ 編集]
国民の意見を届けましょう
私も先日、首相への抗議メール送りました。このことを危惧している国民が一言ずつでも声を届けることが大切だと思っています。皇室典範改正に関する新聞の社説を見ると、有識者会議の結論に理解を示している毎日や日経、読売も「国民の理解を得ることが大切だ。」と書いていましたから。朝日(女系・女性天皇支持)と産経(男系継続を支持)以外は理解を示しながらも態度保留という感じなので、新聞社に意見を届けるのもよいかもしれないと思いました。

ご存じかも知れませんが、草莽崛起さんがQ&A方式でわかりやすいまとめをされていました。
-「女系天皇容認」よりもまずは宮家の存続・復活から-
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-date-20051125.html
2005/11/25(金) 17:06 | URL | milesta #4On3Ze.o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/73-5dfd49bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
私は,個人的には多分反天皇主義者なのではないか?と思っているのだが,確信はない.現時点において天皇制を廃止する特段の理由は見当たらないし,メリットもないと感じているばかりでなく,もしそのようなことがあるとすれば,特に日本の文化・伝統面で取り返しのつかない
2005/12/05(月) 10:50:22 | エクソダス2005《脱米救国》国民運動
皇室まで民営化する気なのか? 小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議
2005/12/04(日) 16:38:52 | 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
朝敵(ウィキペディア)女系を認めることは王朝交代を認めることに等しい。例えば、英王室の例を見ると、数々の女系継嗣による王朝交代がおきている。ノルマン朝3代ヘンリー
2005/12/03(土) 20:20:52 | 冷凍力の膳所狒々日記3
 政府は一日、皇室典範改正案の次期通常国会提出に向け、「皇室典範改正準備室」(室長・柴田雅人内閣総務官)を内閣官房に設置した。十五人態勢で準備を進める。 安倍晋三官房長官は同日の記者会見で「通常国会提出に間に合うような作業をしなければならない」と強調。..
2005/12/03(土) 18:12:42 | 浮世
女性天皇容認は皇室廃絶への道・・・こちら。 確かにそうですね。 この問題に私が気づいたのは最近で、それまでは皇室も人手不足でしょうがないのかなと思っていました。どうもおかしいと気がついたのは、小泉氏周辺のジェンダーフリー論者が皇室廃絶につながる画策をし..
2005/12/03(土) 12:55:45 | すーさん’s アイ
「皇室典範を考える集い-「有識者会議」の見識を問う-」11月30日(水)場所は、虎ノ門の駅から5分、ニッショーホール(日本消防会館)が会場、この会場の直ぐ隣の道は、仕事で通るので直ぐに分かった。会場に着いたのは、午後6時過ぎ、会場前の入り口で既に待っ....
2005/12/02(金) 19:36:18 | 憂国、喝!
小泉首相は意地でも皇室典範を改定するつもりのようだが、私は全く支持できない。私は決して天皇崇拝主義者ではないが、世の中には守るべき規範というものがあってしかるべきだと思う。
2005/11/29(火) 21:08:12 | 非国際人養成講座
耐震工作でつち上げまがひに皇基すめらもとゐの骨拔きへ畏れ見えぬや無理な音をよろふ故惡氣馳せたいしんこうさくてつちあけまかひにすめらもとゐのほねぬきへおそれみえぬやむりなねをよろふゆゑわるきはせ 首相の小泉何某は、天皇陛下が即位後朝見の儀にてのお言葉に「国
2005/11/28(月) 05:34:04 | いろは 伊呂波 IROHA
皇室典範の改正は、知識を持たない「有識者会議」とやらの改正案をそのまま国会に諮る流れとなっています。しかし、これは断じて認めることはできません。皆さんで陳情してください。国民の声が力です。参考資料:ここを読めば問題点の全てが分かります。天皇家の万世一系(
2005/11/28(月) 00:59:52 | ニッポンのこれから
メール拝読いたしました。平沼赳夫です。ご意見まさにそのとおりだと思わせていただきました。私は天皇制・皇室があることこそが日本が日本足りえている最大のお陰であると感じている一人です。日本は、「万世一系」の皇室をいただいている世界でも例を見ない歴史と伝統を有
2005/11/27(日) 20:48:16 | ♪JOKKWAHAHAこちらはももたろう放送局♯
皇位継承、長子優先「女系」を容認 有識者会議が報告書提出 大雑把にですが記事も報告書も読んでみました。まぁ「拙速」という言葉がそのまま当てはまりますよね。随所で言われていることをそのまま焼きなおすみたいで恐縮ですが。 皇室典範に関する有識者会議報告書 吉川
2005/11/27(日) 14:41:04 | 桜日和
女性天皇容認論ってのは、もともと、右の知性派から出てきた。現実に皇族で9連続女児誕生があって、男性天皇に拘っていると、皇室は断絶してしまう。歴史でも女性天皇に前例があ
2005/11/27(日) 12:25:07 | Chaotic Neutral
皇室に対して何の知識も持たず、敬意も払わない、小泉の指摘諮問機関の出した回答は、やはり皇室の歴史を認めない回答であった。最悪の回答は今後の日本をどう変えるのだろうか。
2005/11/26(土) 08:28:39 | 三輪のレッドアラート!
 予想通り、皇室典範に関する有識者会議は、女系容認に加えて長子優先を打ち出してきた。また、女性皇族による宮家創設も認め、その配偶者と子供も皇族とする。具体的には内親王による宮家創設は「義務的」なものとして、女王に関しては本人の意思によるものとするようだ。
2005/11/26(土) 02:39:16 | 猫研究員の社会観察記
有識者とやらの会議の結果が出て、それとともに新聞各紙の社説も出揃いました。で、朝日は相変わらずの売国奴っぷりを発揮。~引用開始~皇位継承 時代が求めた女系天皇  皇室典範に関する有識者会議の報告書がまとまった。  皇位を継承する資格を女性とその子孫の女系皇
2005/11/25(金) 18:41:27 | ニッポンのこれから