『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
イベント告知!
■皇室典範改惡沮止!「草莽崛起国民大会」
皇室典範改悪阻止!

すべての日本国民は 「草莽崛起」し
11月18日 なかのZEROホールへ!

二千年以上続いた日本の国体・国柄が、今、一部の人々の手によって改悪されようとしています。日本が日本で無くなる危機が迫っています。

先帝陛下が『耐え難きを耐え、忍び難きを忍び』守られた日本の国体、これを私たちの世代で壊してはなりません。GHQ司令官マッカーサーですら変えられなかった、世界最古の国 日本のあり方、その中心たる御皇室と皇統を、私たち日本国民の手で守り抜きましょう!

【日時】平成17年11月18日(金)開場18時30分開演19時(21時終演予定)
※入場無料
【場所】なかのZERO大ホール
※JRまたは東京メトロ東西線中野駅南口から徒歩8分
(東京都中野区中野2-9-7℡03-5340-5000)

詳細は日本文化チャンネル桜サイトで!
http://www.ch-sakura.jp/
どうぞ宜しくお願い致します。

以上、イベント告知でした。



今回は「週刊文春」(11月17日号)に載っていた、平沼赳夫氏へのインタビュー記事「三笠宮寛仁殿下『女帝反対論』の重み」を紹介します。

■三笠宮寛仁殿下『女帝反対論』の重み

寛仁親王殿下がエッセーを寄せられたのは福祉団体「柏朋会」の会報「ざ・とど」でのことでした。
<”身内の”小冊子と理解し”プライベート”に語るという体裁を取ります>
慎重な姿勢を示されながらも、女帝容認は受け入れがたいという姿勢をはっきりと示されたなと感じました。

寛仁親王殿下こう綴られています。
<二六六五年間の世界に類を見ない我が国固有の歴史と伝統を平成の御世でいとも簡単に変更して良いのかどうかです。万世一系、一二五代の天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代・神武天皇から連綿として一度の例外も無く、「男系」で今上陛下迄続いて来ているという厳然たる事実です>

寛仁殿下がこれほどまで踏み込んでご意見を表明されたことは重く受け止めなければならないと思います。有識者会議に皇族方の出席は許されていません。もちろ殿下も政治に口を挟む危険性を重々承知されておいでです。しかし、七回も手術をされたお身体でありながら、それでもなお自分が発言するしかないというやむにやまれぬお気持ちからのご執筆だったのではないでしょうか。

有識者会議は小泉首相の肝煎りでスタートした私的な諮問機関ですがメンバーは女性学、西洋古典学の専門家や国連で活躍した人などで、半数以上の方は皇室とは縁もゆかりもありません。座長の吉川弘之氏にいたってはロボット工学の専門家です。なぜもっと日本の伝統文化に詳しい人が入らないのか、私は当初から不満に感じていました。

■有識者会議は不敬である

吉川座長は会見で「歴史は我々が作っていく立場で検討する」と述べましたが、皇室の問題をロボット工学と同じにしてはいけません。
メンバーが発表されたとき、女帝容認の路線は決まっていたようなものでした。(女性学の専門家が入っているのですから)
そこで、私は自分なりに努力してみようと思って、メンバーのうちの何人かに話をしてみました。謙虚に耳を傾ける人もいましたし、経済界の代表的な人物も理解を示していたように思えたのですが、やはり小泉総理の”改革路線”に反対するのは難しかったようです。

小泉首相は何に対しても改革を唱える、いわば”カイカク・パラノイア”と言ってもいいくらいで、いまは皇室典範に手をつけようとしているわけですが、皇統を安易な改革の対象にすべきではありません。
織田信長や徳川家康だって、彼らの権力をもってすれば天皇家を一捻りにできたでしょう。そうしなかったのはなぜなのか、歴史に思いをいたすべきです。

寛仁殿下もエッセーの中で指摘されていますが、生物学的に言うと今上天皇も皇太子殿下も、神武天皇のY1染色体を受け継いでいることになるそうです。
推古天皇以前は神話の世界だとも言われますが、とにかく現在まで男系男子が続いてきたことは間違いない。最近は世界遺産流行りですが一二五代の天皇が連綿と繋いできた万世一系の歴史は、「世界の宝」だと私は思っています。

とはいえ、現在の皇室に男子のお世継ぎがいないのも現実です。だから有識者会議は女帝容認もやむをえないと結論を出したわけですが、男系を残すべく他の方法も検討すべきだと寛仁殿下はエッセーで次のように指摘されています。

<現在のままでは、確かに”男子”が居なくなりますが、皇室典範改正をして、曾て歴史上現実にあった幾つかの方法論をまず取り上げてみる事だと思います>

寛仁親王が再検討を促している「方法論」とは、
①元皇族の皇籍復帰
②女性皇族に元皇族(男系)の養子を取る
③元皇族に廃絶した宮家を継承させる
④側室を置く※寛仁殿下は「私は大賛成ですが、国内外共に今の世相からは少々難しいかと思います」と付け加えられています。
という四つの選択肢です。

戦後に皇籍離脱した旧皇族には男系が続いているお家がまだいくつかあります。殿下がおっしゃるように、側室の復活は無理かもしれませんが、旧皇族の皇籍復帰は不可能ではない。女帝容認を急がなくとも男系を残す手がないわけではないのです。にもかかわらず、女帝容認を全会一致で決定した有識者会議は不敬だと私は思います。そもそも女帝を容認すれば不安が一掃されるわけではありません。将来、婿選びに苦労する可能性もあるのです。

国会議員も驚くほど皇室への理解が不十分で、今後、国会での議論にも不安を覚えるほどです。

かつて、派閥の会合で女帝論について話をしたとき、ちょっと驚いたことがありました。ベテラン議員の一人が「愛子さまには民間から優秀な婿を迎えたほうが皇室の繁栄のためにいいんじゃないか。日本の企業で跡継ぎがいないところはみんなそうしている」とあっけらかんと言うのです。

私の養父・麒一郎(元首相)は終戦にあたって『国体の護持』を唱えた愛国者でした。そんな養父の下で育てられた私は自然に皇室を大切に思う心が養われましたが、現代の日本では皇室を敬愛する気持ちを育む環境がなくなりつつあります。今回の選挙で新人議員も数多く当選しましたから、今後はできるだけ話をする機会を増やして、女帝容認の流れを何とかして押し止めたいものです。

日本の皇室は世界でも例を見ない「万世一系」ゆえに海外でも抜群の知名度を誇っています。大臣時代にこんな体験をして改めて皇室の重要性を痛感したことがありました。

閣僚になると持ち回りで、各国大使の信任状捧呈式に付き添う役目がまわってきます。陛下の側に控えているだけですが、私は運輸大臣のときに順番が回ってきました。その時の大使たちの様子は忘れられません。陛下がちょっとお声をおかけしただけで、どこの国の大使も緊張してコチコチになってしまうのです。おそらく万世一系の陛下を前にして、自然と畏敬の念が湧き上がってくるのでしょう。ご公務で天皇皇后が果たされている役割は極めて大きいのです。

女帝容認は歴史の流れを断ち切ることです。そんな暴挙は国民のためにもならない。決して認めるわけにはいきません。(終)


小泉首相に平沼氏ぐらいの知識があれば、有識者会議の拙速な女帝容認論に対して「おかしいのではないか」と言えると思いますが、残念ながらそれだけの知識は持たれていないようです。

小泉首相は郵政問題には熱心ですが、このような国体に関わる重大問題に対して無知無関心では済まされません。
皇室典範改正は必要だと私も思いますが、有識者会議に丸投げにするのではなく、やはり小泉首相ご自身が勉強をされた上で行って欲しいです。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



◆追記

asahi.comより引用

■三笠宮寛仁さま寄稿に「共感」 静岡県知事が会見で
2005年11月14日19時43分

三笠宮寛仁さまが女性・女系天皇に異議を唱える随筆を発表したことについて静岡県の石川嘉延知事は14日、「似たような考え方で共感を持つ」と定例記者会見で話した。知事は「結論を急いでいるようで疑問がある」とした上で「伝統的な国のあり方にかかわるものを、わずか数カ月で結論を出して、ある方向に持っていこうとするのはとんでもない話」などと述べた。

石川知事は小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」についても「皇室問題について長年研究してきた人が何人入っているかというとお寒い限り」とし、「余りにも拙速のように思う」と評した。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>HAIREIさん

私は最近ゲームから遠ざかっているのですが、そういうゲームもあるんですね。
有識者会議の方にも是非プレイして貰いたいです。

2005/11/16(水) 13:56 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
>一二五代も皇統を続けることが、どれ程大変なことか。

その意見、一ゲーマー…俺屍経験者
として激しく同意します。
ゲームとはいえ、家の血脈を守るのでさえ大変なのに系統まで守るとなると
…えぇ、朱点倒すより大変ですとも。

とりあえずこの有識者達は
「俺の屍を越えてゆけ」を
天皇家と同じ条件でプレイしろ、と
言いたいですな。
2005/11/15(火) 20:47 | URL | HAIREI #NmRVQg7I[ 編集]
>milestaさん

milestaさんの言われる通りだと思います。
一二五代も皇統を続けることが、どれ程大変なことか。
例えば江戸幕府を開いた徳川家でさえ、徳川宗家直系の血筋のみでは十五代を繋ぐことができなかったのですから。
それを思えば、殆ど素人と言っていい有識者会議のメンバーだけで、短期間のうちに決めてしまって良いはずがありませんよね。
2005/11/14(月) 22:41 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
三笠宮寛仁殿下は全ての皇族方の思いを代弁されているのでしょう
私たち夫婦は「無」識者なので、この件について勉強中です。そして、これまでの男系天皇の系図や皇女の方々の嫁ぎ先(男系の皇族が多い)等を見て、本当に感動しました。皇族の方々が総力を挙げて男系天皇を繋いでいらしたのだとわかりました。三笠宮寛仁殿下のご意見は、これまでの皇族の方々全てを代表した思いではないでしょうか?
この古くから続いた壮大な仕組みを変えるかどうかというのに、こんな短期間、少人数の検討会で決めていいのかと疑問に思います。

杉並区の教科書を決めた時に「たった5人で決めるなんて。」などと言っていたマスコミは、どうして今回は「たった10人で・・・。」と言わないんでしょう。

平沼さんのような国家観をもつ政治家の方は他にもいらっしゃると思うので、取り返しが付かなくなる前に、どんどん積極的に発言して欲しいです。
2005/11/14(月) 11:42 | URL | milesta #-[ 編集]
>かついちさん

初めまして、コメントありがとうございます。
平沼氏のような、しっかりとした見識をもたれている方のご発言は、これからも拙ブログに載せていこうと思っています。
これからも書き込みして頂けるそうで、こちらこそ宜しくお願いします。

>田舎の神主さん

>この日本の美風を守るということに政府はもっと力を入れて頂きたいものです。

全くその通りだと私も思います。ところが、今はその反対にそれらを壊そうとする政策が多いんですよね。
「日本の美風」を守るような世の流れを喚起にしていかないといけませんね。
2005/11/13(日) 22:46 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
こんばんは。
平沼氏のお言葉、心に沁みます。
まさに仰られる通りですね。
「国体」の維持、日本人が日本の歴史を真剣に学ぶこと。それがどれほど重要なことなのか・・・。今の世に足りないことは山ほどあるのですが、この日本の美風を守るということに政府はもっと力を入れて頂きたいものです。
妙なヒューマニズムやパーソナリティ重視の教育は現代から未来へと繋ぐ人間を育成する為の教育にはなり得ないと思うのです。
「勝手」な言動を遣り通すことと「信念を持つ」言動を継続し続けることは全くの別物なのですから・・・。
2005/11/13(日) 18:48 | URL | 田舎の神主 #-[ 編集]
初めまして
spiralさま、初めまして。
カァさまのブログから飛んできました。私も皆様と同じく皇室を敬愛し、日本の行く末を心配しています。悠久の皇室や日本の歴史を、私たちの代で変えてしまうべきではないと考えます。
この平沼赳夫氏の発言は大変興味深い記事だと思いました。無知無能な国会議員の中で数少ない女帝・女性天皇反対派の議員がいることは心強いです。これからちょくちょく書き込みさせていただきますので、どうぞ宜しくお願いします。
2005/11/13(日) 16:17 | URL | かついち #xtsQx3EI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/64-31801118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
さて、第6代アマカミ「オモタル」さんの時代。 気候の変動による農作物の減収。地域
2005/11/15(火) 23:48:14 | びーちぇの「ヲシテのクニ」
日本国憲法の基本精神 歴代の天皇は、日本国において、代々「神」として君臨していたのは周知の事実である。 少なくとも、昭和天皇が終戦に際し巷で云われる人間宣言を行うまでは。 「神」であった天皇をまさに「祭神」とする神社が日本各地に存在し、これが「日
2005/11/13(日) 23:31:22 | 釣りキチおやじの言いたい放題