『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
今回は、民主党が進める国家解体法案の一つ、夫婦別姓法案について取り上げます。まずは産経新聞よりニュースを引用します。

■選択的夫婦別姓を明記 第3次男女共同参画基本計画策定に向け答申 

2010.7.23

 政府の男女共同参画会議(議長・仙谷由人官房長官)は23日、平成23年度から5年間実施する第3次男女共同参画基本計画の策定に向け、選択的夫婦別姓制度導入の必要性などを盛り込んだ「基本的な考え方」をまとめ、菅直人首相に答申した。これまでの基本計画では、夫婦別姓に関するスタンスは明記されていなかったが、民主党政権初の計画策定に向け、答申は制度導入を強く後押しする内容となった。

 答申は、喫緊の課題として、多様な生き方を可能にする社会制度の実現に向けて「世帯単位の制度・慣行から個人単位の制度・慣行への移行」を掲げた。その具体的な取り組みとして「家族に関する法制について選択的夫婦別姓制度を含む民法改正が必要」と明記した。

 自民党政権下の12年にまとめられた第1次男女共同参画基本計画では、夫婦別姓に関し「国民の意識の動向を踏まえ引き続き検討を進める」と表現。17年の第2次計画でも「国民の議論が深まるよう引き続き努める」と、抑制的な表現にとどめていた。

 同会議は今回の答申に先立ち、夫婦別姓の必要性を示した中間整理案を4月に公表し、パブリックコメントを募集。約1万3000件寄せられた意見では、夫婦別姓に関する反対意見が多数あったという。ただ、学識者らで構成する同会議傘下の専門調査会で「男女共同参画の実現には選択的夫婦別姓の導入が必要」と結論付けられ、今回の答申にも盛り込まれた。
 また、答申では、女性の管理職登用や育児休業の取得などに積極的な企業に対し、優遇税制や国などの事業発注での優先的扱いを検討するよう求めている。

 政府は今回の答申を基に第3次基本計画を策定、年内の閣議決定を目指す。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100723/plc1007232116011-n1.htm



民主党が国民の反発を怖れてマニフェストに記載していなかった夫婦別姓制度の導入を、いよいよ本格的に始動させるようです。前回の拙ブログの記事に、菅首相が参院選で落選して辞意を伝えにきた千葉景子氏を慰留し、大臣として残したことは、夫婦別姓を目指すという菅首相の意思の表れだと書きましたが、まさにその通りだったようです

この夫婦別姓については、記事中にもあるように、パブリックコメントを募集すると反対意見が多数寄せられているとのことですし、神奈川県民の方は参院選で千葉氏が進める夫婦別姓に「NO!」という民意を示しました。さらに、最近の世論調査でも次のような結果が出ています。


■夫婦別姓、反対が55.8%=外国人参政権も賛成少数-時事世論調査

 時事通信社が5~8日に実施した世論調査結果によると、選択的夫婦別姓制度に賛成が35.5%に対し、反対は55.8%。永住外国人への地方参政権付与についても、反対(49.0%)が賛成(38.3%)を上回った。
 政党支持別でみると、選択的夫婦別姓に賛成が民主支持層で33.6%(反対が59.4%)、自民党支持層で24.3%(反対69.3%)。地方参政権付与では、民主支持層の賛成は41.4%で反対は51.6%。自民支持層の賛成26・2%、反対67.3%だった。(2010/03/12-16:52)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201003/2010031200741



こうしたことからも、大多数の国民は夫婦別姓などが望んでいないのが分かります。では、国民の望まない夫婦別姓を進める民主党の意図とは何なのか、渡部昇一氏(上智大学名誉教授)がメルマガで指摘されているので引用します。

■夫婦別姓は左翼の陰謀である

昔は家督相続であった。家督とは一家の家長権のことである。一家の嫡子(大体が長子)が先代の家督を受け継ぐ。それだけではない。家督としての権利や義務も受け継ぐ。権利とは一族を束ねる役割などであり、義務とは一族の暮らしに目配りしたり、先祖代々の墓を守ったり、といったことである。歴史的には幾つかの変遷があるが、日本はこのやり方を根本にして社会を構成し、歴史をつくってきたと言っていい。

この家督相続は家制度を確立させ、本家がそこから別れ出た分家の求心力の中心となり、さらに本家の求心力はその上の氏族に向かい、終局の求心力の極点には天皇がいるという意識としての秩序感を植え付けることになった。この秩序感は日本人の倫理性の基盤となり、道徳性を育てる土台となった。つまり、家督相続は日本人の民族形成の重要な要素、ということである。

江戸時代以前は家督相続が成文化されていたわけではなく、自然に形成されたしきたりだったのだが、明治になって民法ができた。そこでは戸主を主として長子が相続継承する家制度となって家督相続の精神は受け継がれた。ところが戦後、昭和22年の民法大改正によって、これが根本から引っ繰り返ったのである。その代表格はご存知のように、相続は①被相続人の子、②被相続人の直系尊属、③被相続人の兄弟姉妹の順番で平等になされることになった。遺言などで相続の分配を変えようとしても、遺留分とう法的強制力が働く仕掛けにもなっている。この新民法がもたらしたものは計り知れない。

こう述べてくると、今回のテーマは相続の問題か、と思われるかもしれないが、そうではない。ある陰謀が日本をある方向に向かわせようとしていることを示したいのである。

戦後の新民法は日本の伝統である家を破壊した。それは戸籍法でも明らかである。いまの民法は三代戸籍を禁止している。同一戸籍に記載するのは親子二代だけ、三代以上の同一親族を同一戸籍に記載してはならないのだ。つまり、おじいちゃんもおばあちゃんも孫も、同一戸籍には存在しないのである。この一事を見ても、民法がいかに継続継承を断ち切る意志で貫かれているかがうかがえる。新民法では家は崩壊し、核家族化した。核家族化することで日本人が備えていた秩序感がいかに崩れ、倫理観、道徳観が混乱したかは、さまざまな事件や現象を通して大方が見聞きし、経験しているところだろう。

だが、陰謀はこれに終わったわけではない。さらに徹底的な追い打ちをかけようとしている。それがいま問題になってる民法第750条の改正、すなわち夫婦別姓法案である。夫婦別姓となれば、夫と妻の姓が異なるだけではない。子供の姓も異なるのだ。戦後の新民法で家制度を崩壊させた動きは、今度は家族をバラバラに解体しようとしているのである。そこに一つのベクトル、明確な意志を読み取るのは容易だろう。

夫婦別姓を推進しようとする人たちは、夫婦同姓では女性が姓を変えるケースが多く、そのために社会的に不利益を被っているという。だが、姓が変わったことで不利益を被っている女性が実際にどれだけいるのか。名前が売れている人なら性が変われば困る場合もあるだろうが、それなら戸籍とは別に、それまで通っていた姓をそのまま通称として使えばいいだけの話である。三浦朱門夫人の曾野綾子さんのごとく、である。

また、日本は歴史的にも夫婦別姓だったと、源頼朝夫人の北条政子、足利義政夫人の日野富子などを例に挙げる人もいる。とんでもない歪曲である。当時は濃厚な氏族社会で、どの氏の出かは非常に重要だった。だから、文書などには氏を記したのであって、日常で氏を名乗っていたわけではない。しかもこれは政治の表面などに出たごく一部の人たちだけのことで、大多数の一般庶民はどの氏の出かなどは、関係のないことだったのである。

このように夫婦別姓派が言い立てるのは枝葉末節の屁理屈、詭弁ばかりである。なぜか。それは夫婦別姓の真の目的、家族をバラバラな個人に解体してしまうことを隠すためにほかならない。失敗に終わったが、ソ連の初期、レーニンが結婚制度を廃したのでもわかるように、これは左翼思想である。人間を何の繋がりもないバラバラの個人にしてしまうことが平等だ、というわけである。

その根っこは、ルソーの悪魔的怨念があるのだ。バラバラになった個人は国家の前に無力となり、子育ても親より国がやることを目指す。

そうなったら、日本人が民族として培ってきた歴史と伝統、秩序や倫理や道徳、それらがすべて消滅してしまう、ということである。それでいいのか。夫婦別姓の問題は日本をそこに引きずり込もうとする左翼の陰謀としてとらえなければならない。

そして、この日本の左翼はスターリンの意図に従って日本の独立回復に反対し、サンフランシスコ平和条約の意味を国民から隠し、日本がまだ東京裁判を背負っているという嘘を国民に説き続けている人たちであることをわすれてはいけない。(終)


夫婦別姓とは、日本人の繋がりを断ち切り、砂粒のようなバラバラの個人にしてしまおうという恐ろしいものです。左翼政権である民主党が進めようとしているこうした国家解体政策は、絶対に阻止しなければなりません。



※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/11(日) 10:58 | | #[ 編集]
>?さん
コメントありがとうございます。リンク先の方へ反論をして頂きたいとのことですが、blogでは、それぞれの方が自分の信じる正しいと思うことを書けば良いのですから、私から反論することは特にありません。
リンク先の記事、そしてコメントも読ませて頂きましたが、コメントにも大変真摯に返信されていて、私と考えは違えど立派な方だと思いました。
私は夫婦別姓には反対の立場ですので、これからもその立場から記事を書いていきます。
2010/09/08(水) 00:54 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
http://d.hatena.ne.jp/T-3don/20100726/1280141773

これに対して反論を頂きたいものです。
2010/09/06(月) 23:45 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/634-13634979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★日本再生ネットワーク NEWSの ≪読者からの声≫~ 丹羽大使?中国の軍事力は大国として当たり前、 日本民主党にも云って欲しいものです。世界第二 の経済大国はそれ相応の軍事力は必要ですね。
2010/07/30(金) 10:31:05 | 母さんによる徒然・・・