『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
■猪口VS山谷、性の不一致「ジェンダー」めぐり火花
“推進”の担当相と“問題視”の政務官
猪口邦子さん
山谷えり子さん

※猪口邦子男女共同参画担当相(上)と山谷えり子担当政務官(下)

小泉シスターズから唯一入閣した猪口邦子男女共同参画担当相が、ジェンダーフリーをめぐって、山谷えり子担当政務官と緊張状態に入りつつある。政治信条的にも「水と油」に近い2人。起用の背景なども重なり、今後、水面下で激しいバトルが繰り広げられそうだ。

「ジェンダーという概念が重要なことは理解してもらえると信じている。政府の要職につくと柔軟な立場になることはよくあること」。猪口氏は8日の記者会見で、政務官に就任した山谷氏をこう牽制(けんせい)した。

猪口氏は橋本龍太郎内閣時代から、行革委員として「男女の差を無くす社会を創る」というジェンダーフリー推進のため積極的に活動してきた人物。「男女共同参画は21世紀の最重要課題」などと訴えている。

これに対し、山谷氏は自民党の「過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクトチーム」の事務局長として、いくつかの教育現場で生物学的な男女の違いを無視した子供の扱いや、行き過ぎた性教育が行われていることを問題視してきた。

自身のHPでも「男女の区別は差別というジェンダーフリー教育をやめ、道徳教育、生命尊重教育、宗教情操教育の充実を図る」と主張しており、内閣府男女共同参画局が年内にもとりまとめを目指している基本計画に批判的な立場。猪口氏は、山谷氏起用に強い難色を示したという。

問題が複雑なのは、猪口氏が最初にジェンダーフリーをアピールしたのは、小泉純一郎首相の仇敵ともいえる橋本元首相や野中広務元官房長官だということ。その太いパイプもあって、男女共同参画は内閣府が所管することになったといわれる。

一方、山谷氏の政務官起用は、前出のプロジェクトチーム座長だった安倍晋三官房長官が「猪口氏が前のめりにならないように」とねじ込んだといわれており、男女共同参画問題と関係の深い文科省政務官にも、山谷氏と足並みをそろえる有村治子参院議員を起用している。

この2人のバトルから目が離せそうにない。

(引用元)ZAKZAK 2005/11/09
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_11/t2005110901.html


ジェンダーフリーというのは、以前拙ブログで書きましたが、「男女共同参画」、「フェミニズム」と同じ意味で使われる言葉です。
人間は元々生殖機能以外の男女の性差は無くて「男 らしさ・女らさ」というのは、生まれついてのものではなく、その後の文化や教育によって作られるものだというのです。 この「男らしさ・女らしさ」というものを『ジェンダー』と 名づけ、これが女性差別の根源となっており、ジェンダー から解放(フリー)するつまりジェンダーフリーにするという思想です。(ちなみにこの言葉は日本のフェミニストが作った和製英語です)

この思想を色濃く反映して作られたのが、「男女共同参画社会基本法」です。

ジェンダーフリー思想では、古今東西すべての社会は男性が支配して権力を振るう家父長制社会であると主張していて、女性は男性に服従し苦しめられてきたというのです。(ですから、『家父長制』と『男性支配』は同義語です)

そして、家族や家庭というのは、女性を抑圧し、性別役割分業を強いるシステムであり、家父長制社会の縮図であるというのです。夫の庇護下にある女性は、市民的権利を奪われた存在で、妻の財産・人格・生命は夫の支配下にあるのだと。ですから、専業主婦は悪であり、女性も社会へ出て男性と対等に仕事をしないと幸福になれないと説いています。

しかし、現在の社会では、家父長制などというものは、とうの昔に消えて亡くなっています。実際、家庭の中で父親・夫の権威などというものは見る影もありません。

さらには、日本では殆どの家庭では夫の給料は妻が握り、夫は妻からお小遣いを貰ってやりくりしているというのが現状です。
果たして、財力を握ってる方が抑圧された存在なのでしょうか。

このような歪んだ思想が、男女共同参画社会基本法という法律が出来たことにより、政府の中枢から全国津々浦々まで強制的に広められることになったのです。
しかも、内閣府にある男女共同参画局が中心になって法務省とか厚生労働省とか文部科学省などとタイアップするシステムが作られていて、官僚全体が物凄い勢いでこれを推進しているのです。

この他、言い出せばきりがないのですが、これが9兆9千億円かけておこなわれている「男女共同参画」なるものの実態です。
恐ろしいのは、このような思想教育が学校現場で行われているというということです。

「男らしさ」・「女らしさ」というのは社会的、文化的につくられたものであるとし、それらを無くして、「自分らしく」あるいは「個性的に」生きなさいと学校では教えています。

これでは、子供たちが正常な体を持ち、体はどちらかの性に属しているのを知りながら、自分が男性なのか女性なのか、心理的に混乱してしまいます。このような状態を「性同一性障害」と言います。つまり、ジェンダーフリー思想を教えることは、子供を精神病にしようとしているに等しい行為なのです。

男性性を消失した男と、女性性を喪失した女では、男や女としての性的行動は取れなくなりますから、生殖は消滅し、出産はなくなってしまいます。

さらに、家庭というのは性別役割分担を強いるシステムだ、などと教えられたら、誰も結婚をしようとは思わなくなるでしょう。

つまり、ジェンダーフリーが広まれば、少子化が進み、家族は消滅し、社会が成り立たなくなることは明らかなのです。

家族と言うのは国家を形成する最小の単位です。この家族というものを大切にし、十分に機能させることが社会の安定と繁栄に繋がるんだということを、政治家や官僚の皆様にはしっかり自覚して頂きたいです。

学校教育ではこれだけではなく、低年齢からの過激な性教育を行い子供たちから羞恥心を奪い、性的規範を崩すような教育もしています。
その具体例は自民党のHP内の「過激な性教育・ジェンダーフリー教育の調査結果」をご覧下さい。

他にも、男女の区別が差別に繋がるとして、「男女混合名簿」の導入を進めたりしたり、男の子も女の子もみんな「さん」付けで統一するなど、徹底的に「男女の区別」や「男・女らしさ」を無くす指導がなされています。

恐ろしいことですが、学校で先生の言うことを聞いて真面目に勉強した子ほど、歪んだ思想を持ってしまい、男の子は腑抜けに、女の子はふしだらな子になってしまうのです。
おまけに自虐的な歴史を教えられて、日本人であることの誇りも、自分の生まれた国への愛情も持てなくなるのです。これほどの理不尽があるでしょうか。


今回新設された男女共同参画担当大臣というのは、少子化対策担当大臣も兼務していますが、「男女共同参画」が進めば「少子化」も進むのですから、このような矛盾を抱えた、百害あって一利なしのポストは、すぐにも廃止すべきです。

このようなジェンダーフリーの旗振り役をしてきたのが猪口邦子大臣なのです。(拙ブログの関連記事「内閣史上初のフェミニズム専門大臣が出現」「猪口邦子大臣への手紙」などもお読み頂ければと思います)

対する山谷えり子政務次官は、安倍晋三官房長官などと同じく、真の保守の考えを持った、数少ない貴重な女性議員の方です。
(拙ブログ「韓国による教科書『内政干渉』の詳報!」、「無宗教の国立施設など要りません!」での山谷さんのご発言を読めば分かるかと思います)

山谷さんは、「男女共同参画社会基本法」の制定によって社会政策や教育政策が歪められている現状を正し、家族の価値、伝統の尊重を通して日本を立て直すべく活動されています。

山谷政務次官には、是非とも頑張って頂いて、猪口大臣から主導権を奪うぐらい活躍して欲しいです。
そして、男は「男らしく」、女は「女らしく」あるのを理想とし、男女の区別を認め、分業する中で、助け合い、協力しながらより良い世の中を作りましょう、というような真の男女共同参画を目指して頂きたいです。


◆おまけ
論より証拠、千葉展正氏のHPより、『教科書フェミニズム汚染度ランキング』上位に輝いた教科書の内容紹介します。
クリックするとその内容を見ることができますので、是非ご覧頂きその実情を知って貰えればと思います。

※この教科書は全て文部省の検定を合格し、実際に学校で使われています。

高校 家庭科 第一位 
高校 家庭科 第三位
高校 現代社会 第一位
高校 倫理 第一位
中学 国語 第一位


◆追記
「ジェンダーフリー蔓延度」 文科省 初の実態調査通達

男らしさや女らしさなど性差を否定したり、伝統文化を否定するジェンダーフリー教育が学校に持ち込まれている問題で、文部科学省は都道府県教委と政令市の教育委員会に文書を通知、全国の公立学校と幼稚園の実態調査に乗り出した。ジェンダーフリー教育をめぐっては過激な性教育とともに同省が設置した「教育御意見箱」に苦情や通報があり、自民党による調査でも全国から約三千五百件の保護者の苦情や告発が相次いでいる。具体的な「ジェンダーフリー蔓延(まんえん)度」を初めて調べるもので十二月半ばまでの回答を求めている。

今回の調査対象はすでに行われている性教育の実態調査は含まれておらず、学校における男女の取り扱いが中心。(1)小中高校などの調査項目では静岡や山形、宮城県などで明るみに出た「キャンプや林間学校、修学旅行などのさいの男女同室の宿泊」の実態(2)川崎市の高校で判明した「体育の授業や身体測定のさいの男女同室での着替え」の状況などを全国規模で調べる。

さらに「運動会や体育祭の騎馬戦や徒競走を男女混合で行っている」「教職員や児童生徒の呼び方を男子も女子も統一的に『さん』としているか」「保護者から苦情があったか」-なども調査項目に取り入れた。
幼稚園に対しては「桃の節句や端午の節句などの行事を男女平等の観点から取りやめているか」などを調査する。

文部科学省では三月から五月にかけて「教育御意見箱」を設置。手紙や電子メールなどで全国の保護者などからジェンダーフリー教育に関する苦情が数百件に及んだ。

自民党も並行する形で「過激な性教育・ジェンダーフリー教育に関する実態調査プロジェクトチーム」が情報提供を呼びかけたところ、学校の性教育や男女の取り扱いに対する保護者らの不平不満が三千五百件にも達していた。ただし、調査はあくまで今年度以降の現状に関する調査ですでに見直しが施された場合は回答に反映されない。

同省では「児童生徒の発達段階を無視するなど不適切な事例があれば指導が必要だが、そのためには調査結果を受けてさらに個別に詳しく実態を調べる必要があり、調査には時間がかかる」としている。
(産経新聞) - 11月11日2時48分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051111-00000006-san-pol

※拙ブログの記事に賛同して頂ける方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
コメント有難うございます。
今、ジェンダーフリーの害毒は全国の市町村の隅々にまで及んでいますから、山谷えり子さんを始め良識ある議員の方々で何とか歯止めをかけて頂きたいです。
私事で体調不良でブログの更新がままならない状態なのですが、この問題についてはこれからも注視していきます。

2013/05/25(土) 21:09 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
ジェンダーフリーの問題点について言及してらっしゃるのなら、当然山谷えり子さんを応援するべきでしょう。日本人なら。

自民党安倍政権も、ジェンダーフリーに歯止めをかけるような人事がされているようなので、この点は評価されると思いますし応援したいですね。
2013/05/25(土) 16:46 | URL | もりお #j4ekpsMA[ 編集]
>夜空に耀く星座さん
TBありがとうございます。
教科書の内容は転載しても構いませんので、この酷い状況をどんどん広めて下さればと思います。
2005/12/21(水) 11:29 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
こんにちは
TBさせて頂きました。

 この教科書の内容には魂消ました。ここまで酷いとジェンダーという隠れ蓑の奥に何か別の目論見があるとしか思えませんね。
 この教科書の内容は転載しても宜しいでしょうか。
2005/12/21(水) 10:26 | URL | 夜空に耀く星座 #-[ 編集]
>ウフフマンさん

コメントありがとうございます。
男女共同参画=ジェンダーフリーは、国民が知らない間に猛烈な勢いで広がっています。

ジェンダーフリーは、分かり易く言えば男と女をごちゃ混ぜにしてしまおうという思想なので、現在の女性の言葉使いや行動に「女らしさ」が消えていってるのも、その影響だろうと思います。

ウフフマンさんのように良識のある方は良いのですが、「男女共同参画」あるいは「男女平等」と言われると、何か良いことのように捉えてしまう方が多いのが現状です。

拙ブログではこれからもこの問題を取り上げていこうと思いますので、宜しければまた見に来て下さいね。
2005/11/25(金) 12:31 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
トラバありがとうございました!
ジェンダー論とかフェミニズム運動については、余り知識がないので、色々と参考になりました。個人的な気持ちなんですが、ジェンダーフリーの概念自体が曖昧であると思います。具体的なジェンダーバイアスで起こる問題はありましょうし、その解決とか偏見などの排除は必要だと思いますが、歴史の流れでは日本は精神的には母系社会だと思いますし、過去の時代は間違っていて、その搾取された時間と場所を取り返さなくてはならないという強迫的なところがジェンダーフリーの概念にあるなら残念であります。生物学的に男性脳、女性脳が基本であるなら、区別が原則論的にはあるわけです。常識的には、やはり男女の違いを良い方向へお互いが活かしあう方向を模索してほしいですね。男女の問題だけではなく、人の関係性で相手を支配してコントロールしようとする欲望をどうするかのほうが問題として大きいんじゃないかと思うこの頃であります。
 追伸・摂食障害などは女性が多く、抑圧されているからとの視点がありますが、最近は男性の摂食障害などが見られるとも聞きます。通勤電車内で女子高校生がスカートのまま座っております。あれなどは、ジェンダーフリーの影響でしょうか?わからない時代であります。理解できないですなあ。
2005/11/25(金) 00:01 | URL | ウフフマン #u3MRTyDc[ 編集]
>奥様

コメントありがとうございます。奥様のような方に褒めて頂けると、すっごく嬉しいし、励みになります。
山谷さんは、伊藤玲子さんと共に「立て直そう日本 女性塾」を立ち上げられましたが、是非とも山谷さんに続く女性議員が出てきて下さると良いですね!
2005/11/20(日) 00:10 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
へっぽこどころじゃないエントリー、頑張っていますね。

山谷えりこさん、頑張ってほしいですぅ。
2005/11/19(土) 23:27 | URL | 奥様 #-[ 編集]
>milestaさん

情報ありがとうございます。

山谷さんは本当に素晴らしい方だと思います。私の両親が4、5日前に片山虎之助さんにお会いしてお話をさせて貰ったそうなのですが、その中で片山さんが、山谷さんの話をされたそうです。

それによると、山谷さんの頑張りで、ジェンダーフリーを始めとする教育現場の惨状が議員の間でも認知されるようになり、教育改革をしなければならないという機運が高まってるとのことでした。

山谷さんにはこれからも益々活躍して頂きたいです。
2005/11/12(土) 11:08 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
おはようございます。
山谷さんは中国の遺棄化学兵器問題についても、積極的に発言されているんですね。さきほど、ぼやきくっくりさんのブログで知りました。
山谷さんこそ、男女に関係なく立派なお仕事をされていると思います。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/index.php?eid=211

それからご存じかも知れませんが、河北新報の
“「男の家事大賞」に応募2件だけ”
という記事も見つけました。男女共同参画の主旨は、国民のコンセンサスを得ていないという証拠じゃないですかね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051111-00000013-khk-toh
2005/11/12(土) 09:08 | URL | milesta #-[ 編集]
古代における女性の役割
こんばんは。

古代から日本は男女同権でしたが、役割、働き方はしっかり違えてきました。
それが、自然なことであり、科学的な理にかなったことであったのです。

TBさせて頂きました。
「女性の役割について」古文書・ヲシテ文献からのエッセイです。
読んで頂ければ嬉しいです。
2005/11/12(土) 01:28 | URL | びーちぇ #VTZEej7w[ 編集]
>JQさん

コメントありがとうございます。
山谷さんは早くからジェンダーフリーの問題点に気づき、活動されています。
是非応援していただければと思います。

>milestaさん

コメント&TBありがとうございます。
拙ブログの記事がお役に立てて、嬉しいです。
この問題はまだまだ世間には認知されていないので、拙ブログでもまた取り上げていこうと思っています。

2005/11/11(金) 22:49 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
こちらの記事で知った「教科書ジェンダー汚染度ランキング」を『電脳教科書補完録フォーラム』に紹介させて頂きました。詳細はTBにて。
2005/11/11(金) 13:17 | URL | milesta #4On3Ze.o[ 編集]
おふたりの活動について、詳しく知っているわけではないのですが、こちらの記事のなかでは山谷さんのおっしゃる「過剰なジェンダー教育」に1票入れたいところです。
2005/11/11(金) 09:23 | URL | JQ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/59-1e5f5195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
朗報だが、ここまで気ちがいフェミが侵食しているのが痛ましい。▼「ジェンダーフリー教育」反対意見書を可決 十二月定例県議会の本会議が十六日開かれ、自民党が「ジェンダーフリー教育」に反対し、「特定思想に偏ることなく」、男女共同参画に取り組むよう国に求める意見
2005/12/21(水) 10:06:39 | 時事あれこれ
 自民党の「過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクトチーム」(PT)と猪口邦子・男女共同参画担当相との間で、近く改定される男女共同参画基本計画の中の「ジェンダー」の用語をどう扱うかをめぐり、激しいやりとりが行われている。ジェンダー概念で悪影
2005/12/19(月) 16:31:22 | 世界日報サポートセンター
厚生労働省は共働き家庭の子育てを支援するため、ボランティアで募った地域の家庭が、小学生を放課後に親が帰宅するまで預かる「生活塾」の普及に乗り出す。  本年度中にさいたま市、東京都新宿区、神奈川県川崎市、同県平塚市の4カ所で試験実施。運営上のルールを...
2005/11/18(金) 21:02:04 | ニュース - 電脳教科書補完録
新人ながら初入閣した猪口さんですが、そのポストがいけません。「男女共同参画・少子化対策担当大臣」彼女がもっともなってはいけないポストです。小泉さん、この人事だけで歴史的大失敗と言っていいです。衆議員当選以前にジェンダーフリー推進派(東大の上野千鶴子や大沢
2005/11/16(水) 17:26:22 | 永遠の為に…革命詩人の手記
地方で出す男女共同参画条例(案)が出るたびに抗議してもらちがあかない。それは、大本の男女共同参画社会基本法と言う国の法律が元凶なので、それを改廃するしかありません。 その意味で、徳島県の請願は画期的でした。 さらにうれしいニュースは、世界日報から、男女..
2005/11/15(火) 22:42:48 | ぶっ飛ばせジェンダーフリー 真の男女共同参画社会をめざそう
昨日、ある方から自民党の過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態PT(安倍晋三座長)が出した県別事例集(部外秘扱い)を見せていただいきました。ページ数にして142ページに及びます。全国の主な事例については自民党のホームページに掲載されていますが、事例
2005/11/12(土) 14:04:33 | なめ猫♪
『女人禁制』を1300年の永きにわたって地元の人たちに守られてきた、奈良の大峰山にジェンダ-フリ-を唱える市民運動家の一団が強行登山を企て、地元民との間でその行為に対するよしあしの話し合いがあったという。そして、両者の話し合いを継続することとなった結論後
2005/11/12(土) 03:14:07 | 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ
第5代タカミムスビ「トヨ(ウ)ケ」のタマキネさん。第7代のアマカミ・オモタルに
2005/11/11(金) 15:40:48 | びーちぇの「ヲシテのクニ」
男らしさや女らしさなど性差を否定したり、伝統文化を否定するジェンダーフリー教育が学校に持ち込まれている問題で、文部科学省は都道府県教委と政令市の教育委員会に文書を通知、全国の公立学校と幼稚園の実態調査に乗り出した。ジェンダーフリー教育をめぐっては過...
2005/11/11(金) 13:15:03 | ニュース - 電脳教科書補完録