『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい

【産経記事】NHKの台湾特番で友好団体ら抗議デモ

2009年5月31日 産経新聞

 NHKスペシャル「JAPANデビュー アジアの“一等国”」(4月5日放送)に出演した台湾人や日台友好団体から番組内容が「一面的だ」と批判が相次いでいる問題で、草莽(そうもう)全国地方議員の会など15団体は30日、東京、大阪、名古屋で抗議デモを行った。

 NHK放送センターがある東京・渋谷で行われたデモには約1100人が参加。外交評論家の加瀬英明氏らが「日本が統治時代に行った産業振興、教育振興、インフラ整備は高く評価され、日台間には温かいきずながある」と指摘し、「日本統治の負の側面だけ切り取って侵略のつめ跡とする編集は、視聴者に誤解を与える」と訴えた。

 台湾からは「言うべきことを言わず、好む所を選んで曲解した。自尊心のない行為だ」などと批判のメッセージが寄せられ、デモの参加者は「放送内容を訂正せよ」と声を上げた。

 この問題では、台湾日本人会と日本企業でつくる台北市日本工商会が「日台交流に支障をきたすおそれがある」とした意見書をNHKに送っている。



追記
このNHK問題で、国会議員の方も動いて下さるようです。

NHK台湾特番で自民有志が議連

産経新聞 2009.6.3 11:22 より

NHKスペシャル「アジアの“一等国”」(4月5日放送)に出演した台湾人や日台友好団体から番組内容が「一方的だ」と批判が相次いでいる問題で、自民党有志議員が3日朝、報道内容を検証する「公共放送の公平性を考える議員の会」(仮称)の準備会合を国会内で開いた。

 安倍晋三元首相、中川昭一前財務相、菅義偉自民党選対副委員長ら30人近くが会合に出席。会長に古屋圭司党広報本部長を内定するとともに、今月中旬に総会を開くことを決めた。

 日本の台湾統治を取り上げた同番組は、1910年の日英博覧会で、台湾の先住民族を紹介したことに関連し「人間動物園」と表現したが、これについて中山成彬元国土交通相がNHKに再質問を行う。同会では中山氏への回答を踏まえ、報道内容を検証、再放送に際し“改善”を求めていくことにしている。



■ 「台湾の声」【NHK】5・30デモレポート・動画など


【東京デモレポート】5・30抗議大行動がNHKに与えた衝撃


ブログ「台湾は日本の生命線!」より ↓ブログでは写真多数
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-771.html

「NHK『JAPANデビュー』に抗議する国民大行動」の第二回が五月三十日、東京のNHK本部周辺で実施され、十六日の第一回とほぼ同規模の約千百人が参加した。

この日の行動は十時前、まず渋谷駅前における街頭宣伝から始まった。NHK糾弾演説、デモ参加の呼びかけのほか、番組に騙された台湾の被取材者たちの肉声証言の録音が大音響で流され、道行く人々の関心を集めた。


デモに先立ち実施された渋谷駅前での街宣。右の写真は演説するチャンネル桜代表の水島総氏、そして十三時から代々木公園のけやき並木で集会。NHK本部の敷地の真ん前である。識者たちの演説が代わる代わる行われたのち、参集した人々によってデモ隊が編成された。その時点で確認された参加者数は千人を超えていた。

 
集会では演説が行われ、参加者の指揮を高めた。

「NHKは捏造報道をやめろ」「悪質な印象操作をやめろ!」「日台戦争などという史実はないぞ!」「パイワン族は人間動物園ではないぞ!」「パイワン族の人に謝れ!」「中国に阿るのをやめろ!」「日本人のための番組を作れ!」等々のシュプレヒコールを叫びながら進発し、自動車道へ粛々と繰り出して行く長蛇の隊列は壮観の一言に尽きた。

行程はNHK本部の南側と西側を通って代々木小公園へと至る一キロほど。秩序正しく前進し、通用門(西口)前を通過する際は「NHK解体」を連呼したスクラムも行われた。

緑の台湾旗だけでなく青の東トルキスタン旗も目立った。ウイグル人にとってもNHKは中国の核実験を隠蔽した敵なのだ

代々木小公園で再集結したデモ隊は、第一回と同様ここで解散され、「通行人」として歩道を伝わり、再びNHKへ。

前回はNHKにより、デモ参加者は敷地内への立ち入りを禁止されたが、偏向番組から日本を守ろうとしている人々に対し、これはあまりにも傲慢なことだ。そこで今回は皆で建物へ入り、文書の手交など、抗議の声を直接届けようと言うことになったのだ。

デモ隊が通用口前に到着すると、前回に代表としてNHKに抗議文を手交した地方議員たちが、その際行った質問への回答を聞くべく構内へ入った。

私もそれに同行したが、敷地に入る時点で、NHKは早くも醜態をさらした。警備担当者が天目石要一郎氏(武蔵村山市議)が掲げ持つ日の丸とチベット国旗をしまえと指示したからだ。

「なぜ国旗が駄目なのか」と聞かれるや「ここではそう言うことになっている」などと答えたため、「これではどこの国の公共放送局か分からない」となり、敷地外から見ていた群衆の間から怒声が巻き起こった。かくしてNHK側は国旗拒否を行えなくなり、天目石氏は堂々と旗を掲げて玄関へ入った。

我々の応対に出たのは前回に引き続き、NHK視聴者センターの堀江威光部長と部下の副部長。前回、台湾の被取材者である柯徳三氏からはNHKに対する「抗議はなかった」と言い張った人物である。

一方、議員たちも「本当に抗議はなかったのか」との質問状を用意していた。私も「抗議は確かに行われた。その後、あなたたちはそのことを調査したのか」と聞くと、「番組責任者から聞いた話では、抗議はなかった」と言い始めた。

あくまでも「抗議なし」で逃げようとする堀江氏に対し、吉田浩一郎氏(東京都議)、小坂英二氏(荒川区議)らが語気を強めて追求、その結果「責任者」とは河野伸洋、田辺雅泰両プロデューサーであることを漏らした。

前回は傲慢だったNHKの二人組みだが、今回は一転して謙虚で神妙な面持ち。NHKを抗議から守るためにはどんな対応でも採るのである。これが国民から信頼されてきたNHKが隠し持つ卑屈体質の表れなのだ。

部屋の外では大きな足音や声が聞こえた。ドアを開けて除いて見ると、そこには予想外の光景が。大勢のデモの参加者たちが直接抗議を行うため、建物の奥へ奥へと歩いて行くのだ。

地方議員たちが敷地に入った後、それに続いて雪崩れ込んだようだ。玄関付近の広い構内を一度占拠し終えた群集は、デモ主催者の説得によって引き返して行った。「NHK解体!」を叫びながら意気揚々と。

部屋から顔を出した私に狼狽したNHK職員が駆け寄り、大声で抗議して来たが、ここまで国民を怒らせているのは誰なのかと言うことだ。

歴史捏造、先人侮辱の有害番組を制作、放送し、抗議が来ても耳を塞いで知らぬ顔をし、あるいは傲慢な態度で抗議の声を揉み消しを行うなど、国民愚弄の姿勢を貫いてきたNHKは、それがために国民から激しい怒りを直接ぶつけられたからと言って、一体何の文句があるのか。

群集が引揚げた後、泣きそうな顔をして壁にもたれかかっていた警備担当職員の姿が印象に残る。怨むなら番組制作者と、番組を正当化した福地茂雄会長を怨んだらいい。

その後デモ隊はNHKスタジオパークの入口へ向かい、門を閉ざす警備員と対峙したようだ。その時すでにこの入口からも、多くの人々が進入を果たしていたが、それに気付いたNHK側が慌てて見学者のための通路を封鎖したのだ。何もかもが自業自得である。

そしてその近くの代々木公園内にも人々が集まり、NHK構内に向かって「NHK解体」コールをぶつけていた。

こうした状況は十七時ごろまで続いたが、今回のデモの特徴は、参加者のほとんどが全国各地から自発的に集まった一般人であるということ。在日台湾人も少なくなかった。

NHKに怒れる国民は、こうした行動に出るまでに至ったのである。なおこの日は、大阪、名古屋でも抗議行動が行われた。

NHKではこれまでも国民から様々な抗議を受けてきたが、その多くは一週間もすれば下火になるのだそうだ。ところが「JAPANデビュー」の第一回放送から早くも二ヶ月が経とうとしており、こうした事態は初めてだそうだ。沈黙して抗議の嵐が過ぎるのを待てばいいと高を括っていた連中には予想外の打撃だろう。

そのため局内では本当に困っているとの情報を聞かされたが、これを機にNHKは従来の売国姿勢を改めてはどうか。もちろんそれは福地会長や番組関係者の引責辞任から始めるべきだが、それを教えるにはまだまだ抗議運動は足りない。

国民がNHKの権威に騙され、その支配を受け続ける時代に皆で終止符を! 戦いは始まったばかりだ。

デモ隊の怒りを伝える動画
http://www.youtube.com/watch?v=ddemtm6geAE

----------------------------------------------------------------------
【動画】東京デモ

NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第2弾(1/3) デモ行進編
http://www.youtube.com/watch?v=pXfkWH9ZSzs 

NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第2弾(2/3) NHK突入編
http://www.youtube.com/watch?v=wc8UutVd8so

NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第2弾(3/3) スタジオパーク入口編
http://www.youtube.com/watch?v=j_QOie7J8QY 

----------------------------------------------------------------------

【動画】名古屋デモ

5・30 NHKに対する抗議デモ!名古屋(JAPANデビュー事件)①
http://www.youtube.com/watch?v=kycVCPaMn_o&feature=channel_page

5・30 NHKに対する抗議デモ!名古屋(JAPANデビュー事件)②
http://www.youtube.com/watch?v=i1a9ft_A6io&feature=channel_page

5・30 NHKに対する抗議デモ!名古屋(JAPANデビュー事件)③
http://www.youtube.com/watch?v=Q45N6V2KRSE&feature=channel_page
【530デモ】NHKOBも立ち上がった国民大行動

(日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載)


■ 放送法改正で受信契約を自由契約にしよう!!【第1期:5月25日~7月31日】
 http://www.shomei.tv/project-1096.html


1>> NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第2弾に1,100名が参加

   NHK構内に5、60名が堂々と入って抗議

 昨日、NHK放送センターのある東京・渋谷において、5月16日に続く「NHK『JAPANデビュー』に抗議する国民大行動」の第2弾が行われた。前日からの雨模様 が回復せず、第2回目ということもあり、参加者が減るのではと危ぶまれたが、蓋を開けてみれば前回並の1,100名だった。この日のNHKへの抗議活動は東京だけではなく、北海道、名古屋、大阪でも同時に行われた。

 東京では特にデモ解散後、松浦芳子・杉並区議会議員(草莽全国地方議員の会代表)や吉田康一郎・東京都議会議員などがNHKに「決議文」を手渡すため通用門から構内に入ったのに続いて、決議文を手渡そうと緑の風船を掲げたデモ参加者5、60人が堂々と構内に入ったり、スタジオパークにも2、30人が入ったことは特筆すべきことだった。

 また、集会場所で、風船回収場所でもあった、NHK放送センターの真正面に位置する「代々木公園けやき並木中央」には、デモ解散後も多くの人々が残り、「NHK・解体」のシュプレヒコールが延々と続けられ、大いに盛り上がったことも、今後につながる想定外の光景だった。

 午前10時から渋谷のハチ公前では街宣が行われ、永山英樹・台湾研究フォーラム会長の進行のもと、台湾の柯徳三氏が日本文化チャンネル桜のインタビューに答えて「私は(NHK「JAPANデビュー」ディレクターの)濱崎さんに言うたんだ。あんた、中共の息がかかっているんだろう。NHKは、北京に呼ばれてチヤホヤとされて貢物もって行ったんだろう。そう言ったんだ。言うべきことを言わず、好む所を選んで曲解した、人をばかにした、自尊心のない行為だ」というメッセージが流されると、渋谷駅前を通りすぎる人々も足を止めて聞き入っていた。

 午後1時からは「代々木公園けやき並木中央」で集会が開かれ、水島総・日本文化チャンネル桜代表の進行の下、加瀬英明(外交評論家・日本李登輝友の会副会長)、藤岡信勝(新しい歴史教科書をつくる会会長)、藤井厳喜(拓殖大学客員教授)、西村幸祐(ジャーナリスト)、井上和彦(ジャーナリスト)、大高未貴(ジャーナリスト)、山際澄夫(ジャーナリスト)、柚原正敬(日本李登輝友の会常務理事)などが次々に登壇、NHKの偏向ぶりを訴えて盛んな拍手が湧き起こった。

 2時40分すぎにデモ隊は出発したが、このデモ行進には、たまたま帰国していた産経新聞ワシントン駐在編集特別委員で論説委員の古森義久氏も参加していたことが後に判明した。古森氏はご自分のブログ「ステージ風発」で、その様子を「もうすぐのワシントンへの帰任に備えて、ちょっとした買い物を渋谷ですませ、代々木の自宅へもどろうとしたところ、このデモに遭遇」し、「秩序と品位を保ちながら、整然とデモ行進を続ける」光景に感動し、「思わず私もこの整然たるデモ行進の列に従い、しばらく一緒に歩かせてもらいました」と書かれている。

 また、元NHK政治部記者で、「NHKを正す会」代表の大谷英彦氏も参加しており、下記にお二人の感想をそれぞれのブログからご紹介する。

 NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第2弾は今朝の産経新聞が報道しているので下記に紹介するが、ブログ「花うさぎの『世界は腹黒い』」では写真を紹介しているので、併せてご紹介したい。

 最後になりましたが、朝早くからお手伝いいただいた方、集会やデモに参加された方にこの場を借りて深く御礼申し上げます。この戦いは、皆様にお約束したように、NHKが 謝罪放送をするまで、放送法を改正するまで続けますので、今後ともご支援ご協力のほどよろしくお願いします。                        (編集部)

■花うさぎの「世界は腹黒い」
 千百人が包囲デモ、「NHK解体!」 50人が放送センター突入に成功!
 http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1060869/
-------------------------------------------------------------------

2>> NHKへの粛々たる大規模な抗議デモを見た[産経新聞論説委員 古森 義久]

■ステージ風発

 http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/1060186/

■NHKへの粛々たる大規模な抗議デモを見た

             産経新聞ワシントン駐在編集特別委員・論説委員 
古森 義久

「NHKは日本国民のための番組を作れ!」

「NHKは台湾人に謝れ!」

 こうしたシュプレヒコールが新緑にこだまするように、遠くまで澄んで、響きわたりました。

 同様のNHKへの抗議メッセージを大書したプラカードを掲げた男女が粛々と行進していきました。

 秩序と品位を保ちながら、整然とデモ行進を続ける人の数は1000人にも達するのでしょうか。とにかく大規模といえる人数です。

 5月30日の土曜日の午後、渋谷区のNHKの周囲での抗議の集会と行進を目撃しました。所用でほんの数日、東京にもどり、もうすぐのワシントンへの帰任に備えて、ちょっとした買い物を渋谷ですませ、代々木の自宅へもどろうとしたところ、このデモに遭遇しました。

 抗議の対象はこのブログでもすでに取り上げたNHKの台湾に関する偏向番組です。台湾の人たちが日本の統治をすべて悪だったとして怒り、憎んでいるように現代の台湾を描いた偏向番組です。

 しかしそのNHKへの抗議を初めて目前に見て、感ずるところ大でした。

 まず参加者たちが文字通りの老若男女、ごく普通のきちんとした感じの人ばかりなのです。市民社会での規則に則った民主主義的な意思表示だと感じざるをえません。威圧的な暴力的な無秩序な要素をツユほども感じさせません。いくつもの集団がそれぞれリーダーに導かれ、静かに、しかし毅然として行進し、ときおりNHKへの抗議のメッセージを熱をこめて叫ぶのです。

 思わず私もこの整然たるデモ行進の列に従い、しばらく一緒に歩かせてもらいました。この体験だけでも一時帰国のかいがあったと感じたほどでした。NHKもこれほどまともな日本国民の抗議を無視するというのでは、こんごよほどの覚悟が必要でしょう。
―――――――――――――――――――――――――――――――

3>> 警視庁まで動員してNHKは何を恐れているのか?[元NHK記者 大谷英彦]

■NHKを正す会
 http://nhk-tadasukai.iza.ne.jp/blog/entry/1060704

警視庁まで動員してNHKは何を恐れているのか?

               NHKを正す会代表・元NHK政治部記者 大谷 英彦

 第1回に続いて第2回の「NHKに抗議するデモ行進」に参加しました。人生2度目の体験です。

 産経の古森さんは、行進する私たちの横で車の窓を開け笑顔の挨拶を交わしました。

 おや態々の取材にお出ましかと思っていたら、丁度、ワシントンからの短い里帰りだったのですね。

 車から降りて、歩道で行進する人たちに挨拶していました。

 デモの参加者は前回より断然多い感じでした。

 それ以上に目立ったのは警視庁から出動した警官の数でした。専門的には何というのか金網で防備した警備の大型バスが前回は2台でしたが今回は4台に増えていました。

 古森さんが「秩序と品位を保ちながら、整然とデモ行進」と書いているように、第1回も今回も「市民のデモ」なのに、NHKは何を恐れ、狼狽したのか警視庁に警備出動を要請したらしく、警視庁も「どんな情報」に基づいたのか物々しい異常な警備ぶりでした。

 NHKを半周する行進を終え、帰り際に一人ひとり「決議文」をNHK西口の玄関に提出しようと、先頭の4~50人が門から玄関に入ったと思ったら、白い指揮棒を持った警視庁の現場司令官が制服警官6人に命じて力づくで門を閉めさせました。

 口々の抗議にも無表情無言で、何の説明もしない。

 今回、私はNHKのOBバッチを襟に付けて行きましたので、バッチと名刺を示して、NHKの元社員が古巣を訪ねるのを警視庁は「如何なる理由と権限で妨げるのか」と詰め寄り、警察手帳を示せと求めましたが応じませんでした。

 そこで今後、この指揮官の氏名階級が識別できるようビデオで撮影してもらいました。

 「みなさまのNHK」を標榜している公共機関です。「みなさま」は誰でも訪ねていける所です。

 それを警視庁は、理由なき公権力を行使して遮断するという法治国家にあるまじき由々しき事犯が発生したわけです。(ちょっとサツ官の文体を真似てみました)

 デモの後、入場券を買って「スタジオ・パーク」に行こうとした人にも門は空けませんでした。

 かくして、問題は「NHK+警視庁」が裁きを受けることになりました。いよいよ面白くなってきました。乞うご期待です。
――――――――――――――――――――――――――――――――

4>> 第2回NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・決議文

 本年四月五日に放送された「NHKスペシャルJAPANデビュー」第一回「アジアの一等国」は、放送法第三条に「報道は事実をまげないですること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」と定めているにもかかわらず、台湾統治時代の日本が一方的に台湾人を弾圧したとするような視点で番組を制作した。

 これは、日本人に自虐史観を植え付け、さらには台湾人の親日感情に支えられている良好な日台関係に楔を打ち込もうとするに等しく、まさに中国が喜ぶような内容であり、視聴者に対する許しがたい背信行為であるとともに、台湾人への侮辱行為である。それどころか、取材や編集の過程で、台湾現地での「やらせ」取材や歪曲取材、サブリミナル効果などを狙ったとしか考えられない悪質な印象操作編集を行ったことが明らかになった。

 このようなプロパガンダ番組は、国民の税金と視聴料によって経営されている公共放送として、絶対に許されるものではなく、放送法に抵触する犯罪行為であると言っても過言ではない。

 番組に対する有識者や視聴者からの批判は少なくなく、衛星放送「日本文化チャンネル桜」の二度にわたる台湾取材により、ほとんどの番組出演者が放送を見て不満や怒りを述べ、やらせ取材の実態が明らかにされている。また、「日本李登輝友の会」は抗議声明や公開討論会の開催要請を提出し、国会議員でつくる「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」も公開質問状を提出した。しかし、NHKからの回答は、内容に偏向はなく事実関係にも間違いがないと強弁するのみで、真摯に番組を省みることのない誠意のかけらもない欺瞞に満ちたものだった。

 その上、福地茂雄会長や日向英実放送総局長は記者会見において、番組に問題なしと断言し、「一方的」だと批判する大多数の視聴者の「声」を黙殺した。それによって、これは単なる一番組の偏向問題などではなく、NHK全体に及ぶ放送、制作姿勢の問題であることが明らかになった。

 従って、我々はこの問題を公共放送の危機ととらえ、NHKに番組制作責任者の罷免と訂正・謝罪放送、並びにシリーズ「JAPANデビュー」の制作と放送中止を要求する。そして国民に対し、NHKが訂正放送を実施するまで受信料の支払い拒否を呼びかける。また政府に対しては、放送法を改正してNHKとの受信契約を自由契約に切り替えるよう要求する。

 我々は五月十六日に開催した第一回「NHK『JAPANデビュー』に抗議する国民大行動」において、以上のような要求とそれに伴う行動を以って、NHKの悪辣な暴走を断固阻止する国民運動を拡大強化して行くことを決議した。

 本日、我らの決意を改めて表明し、右、再び決議する。

 平成二十一年五月三十日

      第二回「NHK『JAPANデビュー』に抗議する国民大行動」参加者一同
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ NHK「JAPANデビュー」問題:抗議先

・NHK「ジャパン・プロジェクト」の濱崎憲一ディレクター
 TEL:03-3465-1111

・NHK視聴者コールセンター
 TEL:0570-066066 FAX:03-5453-4000
 メール:http://www.nhk.or.jp/special/

・NHKスペシャル「感想・問い合わせ」
 https://www.nhk.or.jp/special/contact/index.html

・放送倫理・番組向上機構(BPO)
 TEL:03-5212-7333 FAX:03-5212-7330
 https://www.bpo.gr.jp/audience/send/form.html(ご意見送信フォーム)

・総務省(放送政策課直通)
 TEL:03-5253-5776 FAX:03-5253-5779
 メール:https://www.soumu.go.jp/common/opinions.html


――――――――――――――――――――――――――――――――

  『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html




※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング

 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/506-8718c4d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 天安門事件から、本日で20年を迎えた。天安門事件は、平成元年(1989)6月4日、民主化を求めて天安門広場に集まった学生・民衆を、中国共産党指導部が武力鎮圧した事件である。  事件後、中国指導部は、国内の統制を強めるとともに、反日的な愛国主義を推進した。...
2009/06/04(木) 18:01:30 | ほそかわ・かずひこの BLOG