『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい

【鳩山幹事長会見詳報】「(永住外国人の地方参政権は)愛のテーマだ。付与されてしかるべき」

2009.4.24 17:25

インターネット動画サイト「ニコニコ動画」に出演した民主党・鳩山由紀夫幹事長
※インターネット動画サイト「ニコニコ動画」に出演した民主党・鳩山由紀夫幹事長



 民主党の鳩山由紀夫幹事長は24日、党本部で記者会見し、永住外国人への地方参政権付与について、「愛のテーマだ。地方での参政権は付与されてしかるべきではないか」と述べた。会見の詳報は以下の通り。

 【永住外国人への参政権付与】

 --ニコニコ動画の鳩山氏の発言がネットで批判的に議論されている。「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」という発言の真意は。韓国では2月に海外にいる韓国人に対し、国政選挙を認める法律が成立したが、大統領の決裁待ちだ。日本にいる韓国人にこの参政権を認めると、二重に投票できることになる。それでも日本にいる永住外国人に参政権を与えるべきか

 「私がニコニコ動画で発言したことが大変、話題になっている。国民に大いに議論してもらいたい。これは大きなテーマ、まさに愛のテーマだ。友愛と言っている原点がそこにあるからだ。地球は生きとし生けるすべての者のものだ。そのように思っている。日本列島も同じだ。すべての人間のみならず、動物や植物、そういった生物の所有物だと考えている。この中でそれぞれが自立しながら共生していく世の中を、どうやってつくっていくかということが、ある意味での日本、世界に生きる人々の最大のテーマになるのではないか。今日までに、世界は弱肉強食に行きすぎたと。その前は、日本は依存に行きすぎたと。依存でもない、弱肉強食でもない「自立と共生」をいかにうまくマッチさせるか、バランスをとるか、それが友愛の精神だと思っている。


 そこに住んでいる人たちを排斥をするという発想ではなく、そこにいる人たちの権利もできるだけ認めて差し上げる。一緒に多くの税金を日本人と同じように払ってこられた方々の権利を認めて差し上げるべきではないか。そのことによって、お互いの違いを認めながら、それを乗り越えていけるのではないか。そのように私は強く感じている。

 友愛精神の発露で、世の中、ヨーロッパは大きく変動してきている。日本は鎖国をしているわけではない。もっと多くの人に喜んでもらえる、そして、そのためには、私が言っているのは地方参政権ですから、地方での参政権は付与されてしかるべきではないかと思っている。国政における参政権を認めてしまうと、今、話があったような二重の選挙権みたいな話になろうかと思っているので当然、地域における選挙権の行使を、その地域で働いている方々には与えて。当然、それなりの資格も必要だと思っているが、条件のもとで認められてしかるべきではないか。世界では25の国がこのような権限を付与しているので、相互主義に基づくという発想も重要だ」

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090424/stt0904241727006-n1.htm



もはや正気の方の発言とは思えません。
民主党は政権を取ったら日本を外国に売り渡すつもりなのでしょう。恐ろしいことです。


もう一つ、民主党関係のニュースを。

■民主・共産・社民が夫婦別姓の民法改正案を提出

民主、共産、社民の野党3党は24日午後、結婚する際に夫婦が同姓か別姓かを選択できるようにする 「選択的夫婦別姓制度」の導入を柱とする民法改正案を参院に共同提出した。

同法案は3党が1998年から繰り返し衆参両院に提出しているが、採決までには至っていない。
参院では昨年廃案となったため再提出した。

提出後の記者会見で、民主党の千葉景子参院議員は「先輩の女性議員が営々と取り組んできた課題で、 成立を求める社会の声は高まっている」と早期の審議入りと採決を求めた。

改正案には <1>結婚できる年齢を男女とも18歳に統一 <2>再婚禁止期間を100日に短縮-なども盛りこんでいる。(共同)

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20090424-486666.html



夫婦別性を目指す方々の本心を、渡部昇一氏(上智大学名誉教授)は以下のように解説されています。

さすがに今はマルクス主義を名乗ってはいませんが、彼らの本心はマルクス主義の古典的なテーゼに従って結婚制度や戸籍制度の廃止、さらには家族の廃止を最終目的としているわけです。別姓導入はその一里塚ということになります。「選択性だから」「他人のすることだから」と、制度として「容認」することは彼らの思うツボなのです。



私もその通りだと思います。家族を解体するような夫婦別姓導入は阻止しなければならないのです。にも拘わらず民主党はこの法案を通そうとしています。
社会を構成する最小の単位である家族の解体は、国家の解体にもつながります。民主党は外国人参政権で国を売り渡し、夫婦別姓で国を解体しようとしています。このような政党に絶対に政権を任せるわけにはいきません。

※拙ブログ関連記事(↓のタイトルをクリックすればご覧になれます)
■鳩山由紀夫民主党幹事長の売国発言
■これが民主党の正体だ
■民主党は民団・左翼運動とどうつながっているのか
■民主党とは一体どんな政党なのか
■民主党政権になれば日教組が日本の教育を支配する


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さくらこさん、日本を憂うさん、milestaさん、コメントありがとうございます。
誤った個人主義、行き過ぎた権利の主張、そして民主党が進めているような家族解体政策。こうしたものが確実に日本社会を蝕んでいます。先日起きた大阪での女児殺事件も、さくらこさんの言われるように、こうした背景のもとに起こったのではないでしょうか。
大袈裟ではなく、このままでは日本は滅んでしまいます。今こそ日本人は「日本人の心」を取り戻さなければならないと思います。
2009/04/27(月) 09:48 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
私も、誤った個人主義、我が儘としか思えない権利の主張が国家を亡ぼすと思っています。

さくらこさんもご指摘の家族を殺してしまうというような自己偏愛の人間が増えていることの原因は何か。隠れマルクス主義者、無自覚マルクス主義者は、よく考えるべきですね。
2009/04/26(日) 20:46 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
「みんなの政治の評価」について
多いにに疑問ですが、下記2名のの政治家が、非常に偏った評価がされているように思えるのですが、このような事がまかり通ってよいのでしょうか?
褒めるべき・批判すべきなところで人の評価とのは公平に行われるものかと思いますが、内容を見る限り過度な評価で偏っている気がします。
本来ならここでの質問すべき内容はないかもしれませんが、納得いかない点がありまして書き込みさせていただきました。
麻生 太郎 - みんなの評価
http://seiji.yahoo.co.jp/giin/rev/index.html?g=2009000254&s=0&p=1
小沢 一郎 - みんなの評価
http://seiji.yahoo.co.jp/giin/rev/index.html?g=2009000340&s=0&p=1
2009/04/26(日) 19:43 | URL | 日本を憂う #JalddpaA[ 編集]
女性差別撤廃条約 選択的夫婦別姓制度
この二つが通りますます家庭を破壊し、男も女も本能のまま権利意識むき出しにしてやりたいことをやればどうなるか。家族解体で個人バラバラ だからこそ子殺し,親殺しが増えるんです。
特に子殺し。親がある程度自分の欲を捨て子を立派に育てようとする行為を 自由を束縛されるとし 父親母親なんぞの役割をしないでしたいことをせよと悪魔のささやきをされ こらえきれなくなった親が子育てを遺棄し、子殺しまでするに至るのですよ。家族解体 恐ろしいことです。
こんなことを許してはならないと思います。
2009/04/26(日) 01:10 | URL | さくらこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/498-a80a1d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
国会法での請願の紹介議員を衆議院議員「西村眞悟先生」が引きうけてくれました。 メディアがおかしい、偏向報道がひどい。 そう思ってい...
2009/04/27(月) 13:13:34 | 桜とサムライ