『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
やりました!
日本が決勝で韓国を破り、見事WBC連覇を果しました!

【WBC連覇】「すごい侍がそろった」原監督、ロスの夜空に歓喜の空中遊泳2009.3.24 15:53
原監督&イチロー
延長十回までもつれた宿敵・韓国との死闘を制し、連覇を達成。歓喜の胴上げでロスの夜空に舞った原監督は「すごい侍たちがそろって、世界の強者と堂々と戦い勝利した。1日1日、チームが団結して進化していった」と喜びを語った。

 15安打を放ちながら、得点に結びつかない展開に「うまい監督ならたくさん点を取らせてあげていると思うが、辛抱しながら全員で戦った」と選手をねぎらった。

 延長十回二死二、三塁、決勝の2点適時打を放ったイチローは「苦しいところから始まって辛さがあり、辛さを超えたら心の痛みがあった。最終的に日本のファンに笑顔が届けられてよかった」と重圧から解放され、声を詰まらせた。

 決勝打の場面は「日本のファンの視線がものすごいことになっていると思った」と、心の中で実況中継をしながら打席に入っていたという。日の丸を持ってグラウンドを1周し「すごい気持ちよかった」と満面の笑みだった。

 2大会連続のMVPに輝いた松坂は「僕だとは思わなかった」。

 今大会は3試合に登板し、3勝0敗、防御率2・45。本調子ではない試合もあったが、米大リーグで培った経験を生かした投球で試合を作った。「勝つことが重要な大会なので仕事を果たせてよかった」と話した。

http://sankei.jp.msn.com/sports/mlb/090324/mlb0903241556038-n1.htm



■文科相も感動!侍ジャパン顕彰へ「わが国に勇気を与えた」

 WBC日本代表が連覇を果たしたのを受け、塩谷立文部科学相は24日、コメントを発表し、代表チームの選手や監督、コーチら全員を近く「スポーツ功労者」として顕彰することを明らかにした。

 顕彰は世界大会で活躍した選手や指導者が対象で、過去には五輪メダリストらが選ばれている。

 塩谷氏は「決して勝利をあきらめないファイトあふれる姿勢は、大きな困難に立ち向かっているわが国に勇気を与えてくれた」と代表チームの活躍をたたえた。

[ 2009年03月24日 19:00 ]
http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20090324106.html



WBC・談話【WBC】
◇すごい侍たち
 日本・原監督 みんなすごいですね。すごい侍たちがそろって、世界の強者を相手に堂々と戦って勝利したから価値がある。目的は一つだった。一日一日チームがまとまり、団結して進化していった。それで最後までいい戦いができた。(イチローが延長10回に放った)あのセンター前(適時打)は生涯忘れない。
◇責任果たせた
 日本・松坂 (MVPは)今回に関しては僕だとは思わなかった。岩隈君に悪いなと思った。内容はともかく、勝つことが一番重要。仕事を果たせてよかった。
◇笑顔届けられた
 日本・イチロー 最後は日本のファンの皆さんに笑顔が届けられて最高。(決勝打で)一つ壁を越えたような気がした。
◇堂々と投げられた
 日本・岩隈 最後なので楽しもうと思った。堂々と思い切って投げることができた。(9回に)同点になった時は、これが野球だと思った。緊張したが、大役を任せてもらってすごくいい経験になった。
◇みんな頑張ってくれた
 横浜・村田 (負傷で日本代表を離れ21日に帰国)自分は途中で抜けたが、みんな日本のために頑張ってくれてよかった。日本チームを誇りに思う。試合に出してくれた原監督にも感謝したい。
◇役割果たした
 日本ハム・梨田監督 稲葉もダルビッシュもそれなりに役割を果たしてくれたし、世界一になってくれてよかった。原監督は大変だったろうが、各チームの選手を束ねてよくやってくれた。
◇感動をもらった
 長嶋茂雄元巨人監督 最後まで粘り強く戦い抜いたサムライたちの姿に、これまでにない感動をもらいました。岩隈、松坂、ダルビッシュはメジャーのトップクラスの上をいく投球を見せてくれたし、打線のつながりも見事。才能あふれる選手を1つに束ね、勇気ある采配(さいはい)を振るい続けた原監督も世界に誇れる指揮官。全員が日の丸のために、持ちうる力のすべてをささげてつかんだ連覇でした。
◇苦労が報われた
 日本・ダルビッシュ いろいろあったが勝って苦労が報われた。周りが喜んでいるので、だんだん実感がわいてきた。こっち(米国)に来て、すごくいい球を投げられるようになった。
◇夢の中にいる感じ
 日本・内川 最後は夢の中にいるような感じだった。優勝の瞬間にグラウンドに立っていられてうれしかった。結果を気にせず、がむしゃらに目の前のことをこなしたら、いい結果になった。
◇最後につなげた
 日本・稲葉 つなぎつなぎと言ってきて、最後にバントで(10回の勝ち越しに)つなげて良かった。僕が最年長だったが、イチロー君がチームを引っ張ってくれた。きずながあったなと思う。
◇いい雰囲気だった
 日本・藤川 全員で最後までいい雰囲気でできたと思う。(最後は抑えとして出番がなく)投手コーチが決めることだから。
◇全員が持ち味出した
 西武・渡辺監督 タフな試合が続く中、全員が持ち味を出し日本野球の質の高さを証明してくれた。選手(涌井、中島、片岡)は疲れがあるだろうが、気持ちを切り替えて開幕に臨んでほしい。
◇予想していた
 ロッテ・バレンタイン監督 開幕前に米国のテレビ番組で日本の優勝を予想したので、うれしい。日本選手の能力が非常に高いことを改めて世界に認識してもらえた。
◇よかったね
 中日・落合監督 よかったね。おめでとう。
◇おめでとうしかない
 ソフトバンク・松中 もう、おめでとうしかない。みんな頑張ったし。
◇強かった
 ソフトバンク・和田 (練習と時間が重なったがテレビで)ぎりぎりまで見ていた。(追い付かれても)勝ち越しましたし、強かったですね。
◇正真正銘の優勝
 ロッテ・里崎 今回のメンバーは、前回の優勝もあり重圧があったと思う。(自身が代表だった)前回も正真正銘の優勝だったと立証されたことが一番うれしかった。
◇手に汗握った
 横浜・大矢監督 手に汗握る接戦で、五分の戦いを粘りに粘った。どっちが勝ってもおかしくない試合。内川も活躍してくれて、誇りに思う。
◇メジャーに近づいた
 楽天・野村監督 よく頑張ったねえ。アジアのレベルの高さを知らしめた。最近はメジャーに近づいてきた。野球はパワーだけじゃなく、スピードも必要。真のワールドシリーズができるように世界がなっていったらいいね。メジャー球団同士でワールドシリーズという、うぬぼれ(た考え)を少し懲らしめただけでも価値があった。【以下略】
続きはこちらで↓
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2009032400674



試合のハイライトはこちら↓


イチローの決勝打にはしびれました!
決勝打を放つイチロー

日の丸を背負って闘った日本チームの皆様、感動をありがとう!
そしてお疲れ様でした。
日本代表


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>諦観さん
森田健作氏の当選は嬉しいニュースでしたね! 本当に良かったです。
私の体調の方はイマイチなのですが、何とかブログの更新だけは頑張っていこうと思ってます。これからも宜しくお願いします。
2009/03/30(月) 15:51 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
よかった
森田健作さん当選確実!
よかった!
WBCの優勝といい、麻生総理のテポドン断固迎撃の態勢といい、日本は確実に変わろうとしている。
数か月前の(今でも続いているが)マスコミのネガティブキャンペーンでほとほと我が国に嫌気がさしていたが、少し希望が持てるようになってきた。
そろそろ自虐的なHNも変えなきゃいかんかも知れない。
それはともかくお体のほうご自愛のほどを。

2009/03/29(日) 21:21 | URL | 諦観 #HcyS91tQ[ 編集]
>YUMAさん
今回の優勝は多くの日本人に勇気を与えたと思います。本当に良かったですね!

>milestaさん
日本のチームワークは素晴らしかったですね。このチームワークがあればこその優勝ですよね!
2009/03/25(水) 11:48 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
すばらしかったですね。
一本打たれても崩れてしまわずに立ち直るピッチャー、流れを良い方に変える打撃に守備。チームワークの勝利だと思いました。
「日本へ帰って村田さんに『頑張った』と言われるようにしたい」と語っていたという内川選手、本当に攻守ともに頑張りましたね。
どの選手も、勝っても活躍しても、驕らず謙虚な言葉ばかりで、古い日本人としては、そんなところにも感動しました。


2009/03/24(火) 22:01 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
お久しぶりです。
WBC連覇ですね!諦めずに頑張ったからこそ、成し遂げられたことでしょう。
僕も勇気をもらいましたよ。
2009/03/24(火) 21:55 | URL | YUMA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/489-a37bc4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック