『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
今回は、月刊誌『致知』二月号より、上野重喜(うえのしげき)氏(放送ディレクター)の書かれた論文を引用します。

■トルコ人から教わった「世界の常識」

十数年前、NHKを退社し、関連の別法人で働いていた私に、JICA(国際協力事業団)から仕の話が舞い込みました。トルコ人の人口教育促進プロジェクトに手を貸してほしいというのです。

当時、トルコは人口増に対処するため、家族計画を推進しており、保健省傘下で、テレビ番組の制作やIT技術を通して母子保健・家族計画の普及に協力するのが仕事でした。

トルコは世界でも指折りの親日的な国として知られています。

ロシアと緊張関係にあったトルコは、日露戦争での日本の勝利を共に喜び、また、先の敗戦から見事な復興を遂げた日本への畏敬の念も多大です。

私が訪れた時も、国民の多くが日本に尊敬と憧れの気持ちを抱き、その発展に学ぼうと懸命でした。そういう国民性も手伝って、私たちのプロジェクトはおかげさまで順調に進展し、一定の成果を収めることができました。

現地では多くの知識階級の人々とも知り合いになりました。その一人に日本の歴史や文化に関心が深い三十代の医者がいて、彼の話に大変感じ入るものがありました。

彼は、かつてオスマン帝国として広大な領土を支配し栄えた自国の歴史に誇りを持っていました。オスマン帝国の歴史は十三世紀末から二十世紀まで六百年以上続きます。これだけの長きにわたり他民族を支配するためには一つの鉄則があったのだと私に教えてくれました。

その鉄則とは、五十年先を見越し、教育によって被支配国の伝統や文化を骨抜きにし、自分たちの思いどおりの国に変えてしまう、というものです。
すでに教育を終えた人間を変えることは不可能だ、幼少年期からの教育で人間の本質が決まるのだから、自分たちの思いどおりの教育をした国民が育つには、五十年かかるというのです。

被支配国の伝統や文化を根こそぎ変える占領政策が実るのは、半世紀後だというわけです。

彼の話は次に日本に及びました。戦後、アメリカが日本を占領下に置いた時、やはり五十年先をみて、アメリカの思いどおりの日本に変えようとしたに違いない、というのです。つまり戦後五十年以降に敗戦のツケは回ってくるというわけです。

そして、日本を訪れたことのある彼は、その時の見聞をもとに次のように話しました。「日本は私が予想した以上にアメリカナイズされています。日本古来の武士道精神をすっかり失っているようにも思えました。我々がいま一番案じているのは、戦後のアメリカの教育を受けて育った日本の指導者たちが、これからどのような日本をつくっていくかです。まさにいまが分岐点。このことは世界の一大関心事でもあるんです」

アメリカの占領政策によって日本が大きく変わっていく様子を体験した私ですが、高度成長のうねりの中で、そのことを深く意識することなく生きてきました。それだけに彼の発言は新鮮で、日本人が気づかなかった点を指摘された思いでした。

日本のこれからに強い危惧を抱いた私は、帰国時に、トルコの留学生に医者から聞いた話をした上で「あなたはどう思いますか」と質問してみました。すると、「それは常識です。我々留学生仲間は皆そのように話しています。日本の勝負はこれからですよ」という返事が返ってきました。ごく普通の留学生から出たこの言葉に、私は改めて愕然(がくぜん)としました。

日本が戦後五十年を迎えたのは一九九五年、私がトルコに赴任した年です。バブルが崩壊したとはいえ、日本はまだ隆盛(りゅうせい)を誇っていた時でした。しかしその後、景気の低迷や人心の荒廃など国力は著しく低下し、いまもなお先行き不透明な状態が続いています。

改めて振り返ると、日本人が親から子へと受け継いできた伝統的価値観や美徳、古典の素養といったものが、この五十年間ですっかり失われてしまった感は否めません。

トルコ人の考え方は、やはり正鵠(せいこく)を射たものなのだろうか。それを思うと複雑な心境です。

そういえば、トルコに赴任して間もなくの頃、現地人から「武士道とはどういうものですか」と聞かれ、返答に困ったことがありました。同国では柔道や空手が盛んで、彼らにしてみたら日本人が武士道について語るのは当然といった感覚だったに違いありません。顧みると私自身、小学校四年生の時に終戦を迎え、武道は禁止され、日本の伝統を否定することを教えられてきた一人だったのです。

子ども心に戦時の苦しさ、悲惨さを知る私は、日本が再び国粋主義の道を歩むことには反対です。しかし、自分たちの大切な文化や価値観をなおざりにしたまま欧米崇拝の道を歩んできた日本人は、武士道に象徴される伝統的精神に目覚めなくては国の将来は危ういという思いは強くなるばかりです。

トルコの医師の話のように、教育によって国民が骨抜きにされたとしたら、それを取り戻すのもまた教育です。

いま日本各地で幼児や小学生に『論語』の素読や『百人一首』の朗誦(ろうしょう)などをさせる動きもあります。これは反動的なことでなく、失った良き伝統を取り戻す試みです。

身心一如と申しますが幼少時から身体を鍛える、仕事によって自然と触れ合う教育も大切です。日本人の特質、勤勉と礼儀正さ、失われた伝統をいまこそ取り戻したいものです。
【引用終】


文中にあるように、戦後日本は教育によって国民が骨抜きにされてしまっているということを、私たちは自覚せねばなりません。

※大東亜戦争(太平洋戦争)後、日本を占領したアメリカが具体的にどうような教育政策をしたのかは、以前拙ブログに書いたのでご覧下さい。
■戦後教育の真の病根にメスを入れよ

戦後、日本は経済は見事に復興させましたが、アメリカの占領政策によって日本の良き伝統・文化や美徳は伝えられなくなり、国民の精神は荒廃してしまいました。この荒廃した精神の復興を果さねば、真の日本の復興はありません。これからが日本の踏ん張りどころだと思います。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>おがっちさん
戦後、家庭においても、戦前にはあったような父親の権威というものは破砕されました。
今は、父親も母親も子供もみんな平等だという悪平等主義が広まっています。父親も母親も子供もみんな平等だということは、そこには秩序だった関係が存在しません。
秩序がない、つまり無秩序というのは暴力を生む温床になります。最近家庭内暴力が増えているのもそのせいでしょう。
ですから、家庭内で秩序だった関係を作るために、カミナリおやじは必要だと私は思います。そして子供たちには、日本の良き伝統文化を伝えていく責務があると思います。
2009/01/30(金) 15:04 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
まさに同感です
すでに親世代が異常なコモンセンスを持ってしまっていることに危惧を覚えます
カミナリおやじにならなければいけないのでしょうか?
2009/01/30(金) 10:55 | URL | おがっち #-[ 編集]
時間が取れず、二度に分けてのコメントになってしまいました。

ちょうど今私は、塩野七生さんの書かれた地中海の歴史物を読んでいます。現在のトルコの辺りが、ビザンチン帝国の頃から様々な民族が覇権争いや権謀術数の舞台となっていたことが書かれています。spiralさんのこの記事と照らし合わせて、「トルコの人たちは国というものの思惑を歴史に学んで推測しているのか」とわかりました。日本も長い歴史を持った国なのですから、歴史からいろいろなことを学ばねばなりませんね。

体調が万全でない中での更新有難うございました。
2009/01/15(木) 21:53 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
>milestaさん
日本人でこういう事を分かっている方は、最近は少しづつ増えてきていると思うのですが、トルコ人はかなり早くから分かっていたそうです。
戦後五十年をとうに過ぎた今、恐るべき速さで失われている伝統文化を急いで復興させねばなりませんね。

>かついちさん
私の体調の方は、まだ万全ではないのですが、何とか無事に過ごしています。
教育については、かついちさんの言われる通りで、今こそ元の日本人に戻るべく尽力しなければ、間に合わなくなります。多くの方がこのことに気付いて下さればと思います。
2009/01/15(木) 19:26 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
spiral様、お体の調子はいかがですか。以前と変わらず記事をアップされておいでなので安心しました。
戦後世代、私もspiral様も、他のほとんどの皆様も、古き良き日本の伝統文化、歴史を否定するところから教育された世代だと思いますが、これらの過ちにいち早く気がついて、元の日本人の姿に戻ろう、日本の美風を取り戻そうと活動しているのも我々だと思います。全否定するのは簡単ですが、それを元に戻そうとするのは大変な努力と勇気がいります。でも、それを乗り越えないと、永遠に日本は落ちていくだけです。今あちこちで日本版ルネッサンスと申しますか、復古主義が起こっているのはとても良い傾向です。でも、まだまだ頑張らないといけませんね。戦後の徹底した日本文化否定の教育の成果が今になって現れたことを考えれば、まさに今始めなければとても間に合いませんね。
2009/01/15(木) 09:47 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
私が自分の子供達くらいの時代と今とを比較すると、「伝統的価値観や美徳、古典の素養」が恐るべき早さで失われてきていることに気づきます。こうなる前に、どうにかできなかったのかという思いでいっぱいです。トルコ人にはずいぶん前からわかっていたのですね・・・。
2009/01/14(水) 21:56 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/471-2ce9258e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
   ||| 米国外交のエージェントPeace ||| オバマ・マジックの真価を発揮する外交の大転換で、長年の宿敵が友好国に一変 オバマはアメリカと世界の国々を和解させる友好の触媒「エージェント・ピース」 ブッシュのカウボーイ外交からオバマのガンジー外交へ。20?...
2009/01/31(土) 15:41:51 | 米流時評
   ||| 世界が変わる、オバマが変える |||   オバマの百日革命 第4章 オバマスピードで急発進するアメリカ号の行方   就任からわずか1週間で180度全面転換した、アメリカの空気と世界の対応 8年間の崩壊へのサーキットを、ブッシュの幌馬車に詰め込ま?...
2009/01/29(木) 13:40:45 | 米流時評
   ||| キューバとアメリカの新しい海峡 |||  オバマの「ダイレクトな対話」は、キューバとアメリカの国交復活へ向かう航路  弟カストロ「オバマは良い奴」と可能性を示唆、チャベス「中南米無視」を指摘 キューバ・ハバナ発 |キューバのラウル・カストロ大...
2009/01/28(水) 12:37:49 | 米流時評
    ||| 勝者なき闘い・ガザ戦争 ||| イスラエルもハマスも勝利を宣言する、中東の終わりなき民族抗争 明日に迫ったオバマ新大統領就任式と、ガザ戦争終結との因果関係 アメリカは国を挙げて、オバマ新大統領誕生の瞬間を待っている。2年間の長い長い大統領選...
2009/01/20(火) 22:59:07 | 米流時評
  ||| イスラエル、国連のガザ本部を爆撃 |||   イスラエル軍ガザの国連支部を爆撃、ガザ市民への食糧・支援物資を全焼   幼児含め6名死亡。エジプトとの国境ラファーの国連学校へ白リン弾投下 エントリーが3日分ほどたまっております。オバマのスマート外...
2009/01/19(月) 17:05:00 | 米流時評
  ||| イスラエルの危険分子と核の使用 ||| 1月4日ドイツ・ブレーメンのイスラエル抗議運動 凍てつく広場の路面に死者を模して横たわる「Lie in」のデモ  ガザは大戦末期の日本なのか? イスラエル極右タカ派と核兵器使用の可能性  ブログ RE: SUKI「イス?...
2009/01/16(金) 18:53:07 | 米流時評
   ||| ガザは大戦末期の日本なのか? |||  ガザは大戦末期の日本なのか? イスラエル タカ派の見るガザ戦争の最終段階  ブログ『RE: SUKI』より~「イスラエル、ハマスに日本を見る」の記事紹介 YAN-Cさんのブログ『RE: SUKI』の、昨日のエントリー「イスラ?...
2009/01/15(木) 17:15:18 | 米流時評
『いまの教科書は酷い。』『いまの教科書は歪んでいる。』などとよく評されますが、みなさんは実際にご覧になったことがあるでしょうか? 私...
2009/01/14(水) 19:06:00 | 皇国の興廃、この一文にあり
    ||| ザイトゥン虐殺事件の真相 |||   イスラエル地上軍狂気の戦争犯罪、ザイトゥンの大量虐殺事件で30名爆死   AP通信記者が探し当てた生存者が語る虐殺の真相、国連人権委が調査開始 昨日のエントリー「ガザのホロコースト/イスラエルの戦争犯罪を赤...
2009/01/13(火) 20:08:57 | 米流時評
  ||| イスラエルのガザ・ホロコースト ||| イスラエルにジュネーブ協定違反「戦争犯罪」の疑惑 虐殺の実態を赤十字が暴露! イスラエルのパレスチナ人虐殺はとどまることを知らない。あの細長く狭いガザ地区(東西5キロ・南北40キロ)に150万人がひしめく人口?...
2009/01/11(日) 21:21:04 | 米流時評
   ||| イスラエルの巨大なる棺ガザ ||| イスラエル、休戦呼びかけの国際世論を無視し、ガザ市民虐殺の地上戦強行 人口過密の市街地を直撃する砲弾の雨、国際法違反のクラスター爆弾も使用 米国時間2009年1月6日 | AP通信・ガザシティ現地レポート | 『?...
2009/01/10(土) 10:18:27 | 米流時評