『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
民主党衆議院議員 安住淳氏がどうにも看過出来ない暴言をブログで述べていたので引用します。

■国籍法改正」2008年12月05日(Fri)
安住淳が斬る


 国籍法の改正というのが、本日ようやく成立した。 この法律は、日本人男性とフィリピン女性との間に生まれた子供達の日本国籍の取得について、最高裁判決をうけて、改正されたものだ。 内容は、これまで国籍取得には、父母の婚姻を必要としていたが、この要件を満たさなくても国籍を取れるようにするものだ。 これは、日本人の父がフィリピン人など外国人に生ませた
子供が日本国籍を取れないまま就学などに大きな影響が出ていて、実態としては放置できないと最高裁が判決を下し、立法府がその意向をうけて改正を行った。 ところが、この改正が、地味だが大きな問題となった。 

 それは、こうした外国人との間に生まれた子供の認知を安易にやれば日本の社会秩序がおかしくなるという主張だ。 特に右系の人たちの組織的な反対運動が起きた。この運動は凄まじく各議員の事務所にファックスが連日山積みになるほど寄せられた。 またネット上でも反対運動が起き、連日数百ものメールが寄せられた。 まさに意図的、組織的な運動だった。 

 これに呼応して自民党や野党の一部の議員も改正案の反対にまわり参議院での採決が長引いてしまった。 確かに虚偽の認知の防止をどうするかなど、まだまだ完璧ではないかもしれない。 しかし、この世に生まれた子供達には、親たちの身勝手な行動による不利益を背負わせるわけにはいかないと私は思っている。 それに最高裁での判決が出ているのに立法の不作為は許されないのだ。 

 実は何よりもこの問題で私が心配したのは、前記したネットやファックスでの抗議行動である。 一部の人が多数を装って異容な抗議行動をやる。今回はネット社会の負の部分をまざまざと見た思いだった。 こうしたことで法案の審議や議員の自由な政治活動に支障があっては、国会がおかしくな
る。とにもかくにも、各議員ともその抗議の凄さに驚きを隠せなかった一週間だった。


★HP
http://www.miyaginet.com/jun-azumi/

★ブログ
http://junazumi.blog70.fc2.com/

★安住淳国会事務所
TEL:03(3581)5111(代表) FAX:03(3508)3503
E-Mail:g00017@shugiin.go.jp



この法案の危険性も分からず、よくもこのようなことが言えるものです。特に、法案の危険性に気付き、ネットやFAXで抗議の声を届けた良識ある国民の行為を「異様な抗議行動」などと表現していることには激しい憤りを覚えます。是非、この売国議員に抗議の声を届けて下さい。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>Laurelさん
初めまして、コメントありがとうございます。
Laurelさんの仰るように、現在日本は危機的状況にあります。今こそ私たち草莽の民が立ち上がる時だと思います。
私の体の事ですが、現在心臓を悪くしておりまして、今も不整脈でしんどい日々を過ごしているんです。
2008/12/22(月) 21:38 | URL | spiral (管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
はじめまして
こんにちは。
某保守系ブログから、こちらに流れ着いて参りました。
勉強になる記事ばかりです、有難うございます。

私も、国籍法改正にあたっては、賛同してくれた家族と共に抗議の声を議員宛に送りました。投票以外で、初めてあげた議員への声、でした。
小さな規模ですが、友人、家族とこういったことを機会あるごとに話すことから始めております。
というのも、日本の政治の現在の惨状、情けない姿を見ていて、もう、居ても立ってもいられません。我慢ができないからです。

特に安住議員のような傲慢な議員には憤りを通り越して、呆れてしまいます。

国籍法改悪の次は、何が来るんでしょうか。すでに明らかになっている以外にも、日本を内側から崩さんとする勢力を感じます。
今、この国の方向性を正さなければ、私たちは日本という国を失ってしまうかもしれません。
やはり、一人一人が立ち上がらなくてはいけないと思います。私も微力ながら、頑張ろうと思います。

また、訪問し、勉強させていただきたいと思います。それでは失礼いたします。

追伸:まだ、以前の記事コメントなどを細かく読むに至っておりませんので、管理人様のご様子がわかりませんが、お体の調子がよろしくないのでしょうか。
寒い時期でもありますので、くれぐれもご自愛くださいませ。
2008/12/22(月) 07:20 | URL | Laurel #-[ 編集]
わははは
左巻きがやると『抗議活動』で
一般人がやると『業務妨害』ですかw

まぁ、実際に受けるFAXさんと
メールボックスさんにとっては
右も左もまんなかも関係ない
大迷惑な行為だというお話なんですが。


わたしの書く兵器はきれいな書く兵器。
2008/12/08(月) 20:28 | URL | HAIREI #a2H6GHBU[ 編集]
>諦観さん
国籍法改正法案が可決されたのは、この程度の認識の議員が多かったからでしょうね。情けない限りです。彼らは日本が駄目になるなんて想像もしてないでしょう。

>ゆきかぜさん
本当に、酷い政治家、いや政治屋ですよね。国民の声を何だと思っているのでしょうね。

>大さん
リンク変更の件、了解です。

>さくらこさん
私は、安住議員のHPにもブログににもコメント欄がなかったので、FAXで抗議文を送りました。
自分の意見だけ好き勝手述べて、コメントを受け付けないというのは情けないですよね。
私の体調の方は、不整脈が出ていて少ししんどいのですが、養生するしかないので、早く治まればと思っています。

>nanasさん
確かに、仰る通りですね。私も一応抗議のFAXを送りましたが、この手の人物は何を言っても聞かないように感じます。
私達国民に出来ることは、こうした発言をしたことを覚えておいて、選挙では絶対に投票しないことだと思います。
2008/12/08(月) 00:30 | URL | spiral (管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
HPにコメント欄はありませんので民主党本部や他議員へのファックス、メール、電話などを考えてみてはどうでしょうか。でも相手が辟易するぐらいのことをしないと効果は薄いようにも思われます。
2008/12/06(土) 11:42 | URL | nanas #-[ 編集]
HPにコメント欄はありませんでした
安住議員ってどんな人かと思いHPを見ましたらNHKの人でしたか。
意見を言いたくコメント欄を探したけれどありませんでした。
情けないですね。
私たちの意見表明は組合とかの組織的なFAXやはがき活動じゃないんですよ。なのに同等と考えて 反対の人の意見はまとめてぽいなんでしょうね。
皆さんよーく覚えておきましょう。こういう考えをする人だって。

spiralさん 連日の記事更新ほんとにありがとうございます。今朝は一段と冷え込んでいます。どうかお体お大切に。
2008/12/06(土) 07:45 | URL | さくらこ #-[ 編集]
ごぶさたしてます
大方の議員はこんな程度なんですかね。
情けないを通り越して恐怖すら感じます。


追記
旧ブログ「日々日常」が原因不明で
機能できなくなりましたので、
新ブログ「回想は逆光にあり」に
変えました。
リンクの変更をしていただければ幸いです。

http://blog.goo.ne.jp/dai3821
2008/12/06(土) 05:52 | URL | 大 #-[ 編集]
安住淳が、子供がかわいそう
と言っているが、
多数は、その両親が日本国籍目当ての偽装だったら・・・
もっと、その子供はかわいそうですよね
日本国籍取得のための道具にされてしまうのですから・・・
そのために、偽装防止をしっかりするために、自分を含め、
この問題を知っている人たちが
心配し、FAX、Mailで、偽装防止策を求めただけなのに、それが解らないのかな・・・
この政治家は!
2008/12/06(土) 02:16 | URL | ゆきかぜ #-[ 編集]
ご自愛を
大手術後だというのに休む間もないですね。ご自愛ください。
安住淳、とんでもない議員ですね。
自ら法案の不備を認めながら、情緒的に不法でない子供の”可哀想な例”を取り上げて、法案成立を我ことのように喜んでいる。
我国の近未来の大問題である偽装認知などの面については、あまり問題視しないで、それを糾弾するネットの意見の方を取り上げて、意図的、組織的、まるで数の暴力のように退けている。
意図的でないもんなんてあるんですかね。規約もなんにもないネットの世界が組織と呼べるんですかね。
民主主義ではなんといっても数ですよ。最も少数の横暴が我国では顕著でしたが。
でもこんな認識の議員が大半なのでしょうね。困ったもんだ。
日本が駄目になったら、自分達も一緒に駄目になり、その駄目になった状態がどういうものかという想像力に乏しいんでしょうね。
2008/12/06(土) 01:26 | URL | 諦観 #HcyS91tQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/461-adf41130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
この方は、本当に国民が怒っていることは何なのかを知らないのだろう。だからこのようなことを平気で言えるのです。ブログをやっているのな...
2008/12/09(火) 12:08:08 | THE.平成論壇進講所
    ||| 第4章 インド公安当局の致命的失態 ||| 9時間もかかった治安出動、公安当局の致命的失態を認め自治相以下3名辞任 犯人はカシミールのラシュカレタイバ戦士養成キャンプで、1年以上攻撃訓練 前号 「第3章 ムンバイテロ首謀者はラシュカレタイバ...
2008/12/07(日) 20:17:01 | 米流時評
   ||| テロ首謀者はラシュカレタイバ |||  ムンバイテロの実行を指令した首謀者は、カシミール州のラシュカレタイバ  インドからの独立分離運動をパキスタンが支援して育てた、ジハド戦士軍団 前号「パキスタン諜報ISIとテロ組織ラシュカレタイバ」の続き ?...
2008/12/06(土) 07:43:52 | 米流時評