『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
皆様ご存知の通り、本日(11月11日)、田母神俊雄・前航空幕僚長を国会へ参考人招致し、質疑がありました。以下、関連記事を引用します。

【田母神氏招致】(1)アパからの資金提供「一切ない」
2008.11.11 10:20

田母神俊雄氏
参院外交防衛委員会で参考人として出席のため国会に入った田母神俊雄・前航空幕僚長=11日午前9時30分、国会(酒巻俊介撮影) 

参院外交防衛委員会は11日午前、歴史認識に関して政府見解と異なる論文を公表したとして更迭された田母神(たもがみ)俊雄前航空幕僚長を参考人招致し、質疑を始めた。

【記事一覧】田母神・前航空幕僚長参考人招致
 中曽根弘文外相、浜田靖一防衛相、河村建夫官房長官も出席。質疑で野党は、侵略戦争と植民地支配を謝罪した「村山談話」と明らかに異なる見解を田母神氏が示したとして、シビリアンコントロール(文民統制)の観点から厳しく追及する方針だ。田母神氏は過去にも、隊内誌へ寄稿し同趣旨の考え方を示しており、なぜ航空自衛隊トップに昇進したのか政府の任命責任も焦点となる。

 さらに野党側は、田母神氏を懲戒処分せず定年退職扱いにしたことも問題視。浜田防衛相は田母神氏に支払われる退職金の自主返納を求めており、田母神氏の対応も注目される。

民主党の浅尾慶一郎氏は論文のアジア諸国や米国との関係への影響などをただす。自民党の小池正勝氏は懲戒処分にしなかった防衛省の対応を問う。

 公明党の浜田昌良、共産党の井上哲士、社民党の山内徳信各氏も質問する。

 田母神氏は質疑で、懸賞論文を募集したアパグループとの関係について「車代を含め資金提供は一切受けていない」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081111/plc0811111013010-n1.htm



【田母神氏招致】(2)「論文いささかも間違っていない」
2008.11.11 10:57

参院外交防衛委に参考人招致され、発言を求め手を挙げる田母神氏=11日午前 田母神俊雄・前航空幕僚長は11日の参院外交防衛委員会での参考人招致で、自らの解任について、「シビリアンコントロール(文民統制)の観点から防衛相が村山談話と見解の相違があると判断して私を解任するのは当然だ。しかし、私は私の書いたものはいささかも間違っているとは思っていないし、日本が正しい方向に行くため必要なことだと思っている」と述べた。

 田母神氏は過去の植民地支配と侵略を謝罪した村山談話については、「村山談話自身具体的にどこの場面が侵略とか、まったく言っていない。私は村山談話の見解と違ったものを書いたとは思っていない」と述べ、論文は村山談話を含む政府見解と異なる内容ではないと強調した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081111/plc0811111100015-n1.htm



【田母神氏招致】(3)「憲法は改正した方がいい」
2008.11.11 11:07

参院外交防衛委に参考人招致され、発言を求め手を挙げる田母神氏=11日午前 田母神俊雄・前航空幕僚長は11日の参院外交防衛委員会での参考人招致で、論文が集団的自衛権が行使できない現状に触れていることについても「特にそこ(憲法改正)までは訴えていない」と述べた。その一方で「(自衛官を退官した)今はもう(憲法を)改正すべきだと思っている。国を守ることについて、これほど意見が割れるようなものは直した方がいい」と語った。

 田母神氏は昨年5月に同趣旨の論文を隊内誌に寄稿していたことについて「内局から注意はなかった。(今回の懸賞論文はマスコミなどに)騒がれたから話題になったと思う」と述べた。

 浜田靖一防衛相はその時点で注意などを行わなかったことについて「雑誌の性格が部内誌ということもあり、そこまで目が及んでなかった」と釈明。その上で「(防衛省内部で)チェックしていなかったのは問題だ。内規で上司の判断を得るとなっているので官房長に責任がある」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081111/plc0811111113016-n1.htm


【田母神氏招致】(4)「政府見解に沿って言論統制するのはおかしい」
2008.11.11 12:10

参院外交防衛委の参考人招致で、発言を求め手を挙げる田母神俊雄・前航空幕僚長=11日午前 11日の参院外交防衛委員会の参考人招致で、田母神俊雄・前航空幕僚長は「自衛官の言論を政府見解に沿って統制するのはおかしい」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081111/plc0811111213022-n1.htm



【田母神氏招致】(5)「退職金返納」は拒否
2008.11.11 12:59

参院外交防衛委の参考人招致で答弁のため手を挙げる浜田防衛相(奥)=11日午前 11日の参院外交防衛委員会の参考人招致で、田母神俊雄・前航空幕僚長は、浜田靖一防衛相が約6000万円の退職金の自主返納を求めていることについて「その意思はない」と拒否する考えを示した。

 また、論文投稿を事前に届け出なかったことについて「別に自衛官の職務をやっていなくても書ける内容で、職務に関係していないので通知していなかった」と説明した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081111/plc0811111301024-n1.htm



■田母神前空幕長:「村山談話は言論弾圧の道具だ」

 政府の歴史認識に反する懸賞論文を公表し更迭された田母神俊雄前航空幕僚長(60)は11日、参院外交防衛委員会の参考人質疑終了後に報道陣の取材に応じ「村山談話の正体が、本日分かった。村山談話は言論弾圧の道具だ。自由な言論を闘わせることができないならば、日本は北朝鮮と同じだ」と憤った。退職金については「生活が苦しいので、ぜひ使わせてもらう」と返還の意志がないことを強調した。

http://mainichi.jp/select/today/news/20081111k0000e010067000c.html


質疑の詳細については、こちらに記事がありますのでご覧下さい。

【記事詳細】参院外交防衛委での田母神俊雄・前航空幕僚長の参考人招致
【田母神氏招致】参院外交防衛委員会(11月11日)

http://sankei.jp.msn.com/etc/081111/etc0811111504001-n1.htm



■参院外交防衛委員会のビデオ


下記URLの「ビデオライブラリー」を開き、そして「会議検索」を開き、2008年11月11日 外交防衛委員会 で再生することができます。

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

なお、Windows Media Playerが駄目なら、鮮明度は落ちますがRealPlayerでも見ることができます。
できれは、集中しない夜中の方が、良いかと思います。



【麻生首相ぶら下がり詳報】田母神論文「表現の自由は有ります」
2008.11.11 19:40

 麻生太郎首相は11日夕、首相官邸で記者団に対し、田母神論文問題について「表現の自由はありますよ、誰であろうと、日本人であれば」と述べ、自衛官を含めて基本的人権の言論の自由があるとの見方を示した。ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

 【田母神論文】

 --田母神俊雄・前空幕長は参院外交防衛委員会の参考人質疑で自衛官であっても言論の自由は認められているという主張をした。自民党の国防部会でも歴史観の問題で更迭はいきすぎという意見も出た。首相は幹部自衛官の立場と言論の自由の関係をどう考えているか

 「そりゃ、言論の自由はありますよ、誰であろうと、日本人であれば、言論の自由はあります。当然です。表現の自由、思想・信条の自由これは、みんなあります。当然のことです。ただ、これを文民統制というのをやっている日本の中において、幕僚長というしかるべき立場にいる人の発言としては不適切。それがすべてです」

 --その懸賞論文には応募者総数の4割にあたる94人の自衛官が応募した。その懸賞論文で田母神氏の論文を最優秀に選んだ理由として、『大東亜戦争が意義ある戦いであったことが力強い筆致で描かれている。このような正しい歴史認識をもった人物が日本の国防に携わっていることは非常に頼もしいことだ』とある。これは戦争を肯定するととらえかねないと思うが、こういう論文に自衛官の組織的応募があったことは問題があるとお考えか?

 「あの、まず、その評価については民間の団体だろ?」

 --そうです。

 「北海道新聞ではないだろう、主催しているのは。その民間の団体がやっているのに、その評価をどうのこうのという立場にまったくありません。それは表現の自由を著しく阻害するから、おかしいと思いますね。どこがどこを評価しようと、その人がまったく評価しまいと、それはそこに応募するところの、懸賞金出しているところの自由。少なくともそれは当たり前の話だろう? それを組織的に誰かやったということに、なんか、やったという証拠があるの?」

 --自衛官応募のうち60人あまりが小松基地の第6航空団指令の指示で論文を取りまとめて応募したということを増田好平防衛事務次官も公式コメントとして発表している。

 「ちょっと、僕はそれは詳しく知らんので、なんともいえんな。だけど、そこんところは、正直言うけれども、幕僚長が指示して出さしたのかどうかと、ウラがとれないと、答えられない、はいそれから?」
(以下略)

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081111/plc0811111942038-n1.htm



■自民で田母神氏擁護論 国防合同部会「なぜ悪い」

 自民党は11日午前、国防関係合同部会を開き、歴史認識に関し政府見解を否定する論文を発表して更迭された田母神俊雄・前航空幕僚長を擁護する意見が相次いだ。

 防衛省側が歴史教育の在り方を見直す考えを示すと、衛藤晟一参院議員は「歴史認識を教育するなんてことを言ってもらったら困る」と批判。岩永浩美参院議員は「田母神氏の持論がなぜ悪いのか分からない」、土屋正忠衆院議員は「(防衛省が)歴史観を対象に懲戒処分しようとしたのは問題」と反発した。

 一方、玉沢徳一郎元防衛庁長官は「稚拙な知識で論文を書いていることが問題だ」と述べた。

2008/11/11 10:14 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008111101000225.html



【産経抄】11月12日
2008.11.12 03:05

 テレビの醍醐味(だいごみ)は、なんといっても生中継にある。結果が出てしまった後で野球や競馬の録画を見ても興趣に乏しい。国会中継も同じだが、なぜか参院できのう開かれた田母神俊雄・前航空幕僚長の参考人招致は、生中継されなかった。

 ▼タレントのみのもんたさんもお怒りのようで、TBS系の「朝ズバッ!」では「国民の知る権利を奪っている」と中継を認めなかったとおぼしき国会に思いっきりかみついていた。お怒りごもっとも。でも実態はだいぶ違っている。

 ▼与野党は、「田母神氏の持論展開の場にしてはいけない」として、NHKに中継を要請しなかったが、禁止したわけではなかった。参院側は民放からの中継申請を認めていたのだ。生放送しなかったのは、各局の自主判断だった。ちなみにTBSはドラマの再放送をやっていたが。

 ▼つまらない委員会でも相撲中継を短縮してまで放送するほど国会中継に熱心なNHKは、申請すらしなかったという。与野党から要請がなければ放送しないなら受信料を返してほしい。「みなさまのNHK」は「国会議員のみなさま」しか眼中にないのだろう。

 ▼国会議員も情けない。民主党出身の委員長は「後世の歴史の検証に堪えうる質疑を」と大見えを切りながら参考人の発言を再三、制していた。更迭された田母神氏に対する批判は当然あるだろうが、参考人に呼んでおいて発言を規制するのは失礼千万だ。

 ▼議員の質疑も防衛相に聞く方が多く、民間人となった前空幕長が自由に発言するのを恐れているようだった。生中継を見られなかった読者のみなさんには、少なくとも「言論統制が徹底した軍に自衛隊をすべきではない」という彼の発言は、説得力があったことをお伝えしておきたい。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/081112/stt0811120306000-n1.htm



私の体調の方は少しづつ良くなっていますが、まだ万全ではないので、今回はニュースの引用のみで失礼します。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実 上映会募集


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の、そして日本で唯一の歴史文化放送局です。

日本文化チャンネル桜

〓【 「日本文化チャンネル桜二千人委員会」委員就任へのお願い 】〓〓〓

自由且つ独立不羈(ふき)の草莽メディア・日本文化チャンネル桜を、志ある人々の力によって支え、育てていただくための「日本文化チャンネル桜二千人委員会」概要についてのお知らせです。

なお、11月1日よりスカイパーフェクTV!216ch 「ベターライフチャンネル」(無料チャンネル)にて、放送を一部再開出来ることとなりましたが、放送枠料金の支払い、チャンネル桜の運営と番組制作、そして放送継続に必要な「二千人委員会」ご就任者数は、ようやく半数を突破したところです。今後も放送を継続していくための基盤として、出来るだけ早い「二千人委員」を達成したいと願っております。
全国草莽の皆様のご支援、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます!

---------------------------------------

 「二千人委員会」委員就任者 : 1,150名
    (平成20年11月10日現在)
   《 2,000人まで あと 850人 》

---------------------------------------
暖かいご支援に、心より感謝申し上げます!
「二千人委員会」委員ご就任者数は、番組内やチャンネル桜トップページでも随時更新、公開いたしております。
http://www.ch-sakura.jp/

★ 11月8日・15日・22日 及び 12月16日に、「チャンネル桜支援 連続講演
  会」を予定しております!
  ↓ 詳細については、こちらをご覧ください!
  http://www.ch-sakura.jp/topix/561.html

★ インターネット放送 So-TV では、「チャンネル桜 二千人委員会からの
  お知らせ」を随時配信(無料)いたしております。

◆「日本文化チャンネル桜二千人委員会」の詳細とお申込については、こちらを御覧ください。
http://www.ch-sakura.jp/topix/538.html

◆今すぐお申し込みの方はこちらからどうぞ。
http://www.ch-sakura.jp/topix/538.html#applicationbymail

◆「日本文化チャンネル桜二千人委員会」とは?
 ・ 形式としては、「広告主」としてチャンネル桜を支えていただく委員会です。
 ・ 委員会費は、1口 毎月1万円 です。
・ 委員会の委員に就任すると、インターネット放送 So-TVが無料となります。また、「チャンネル桜 友の会」の特典が受けられます。
 ・ 将来は、代表・水島総が持つチャンネル桜の持ち株を委員会に譲ることを考えております。
 ・ ご契約期間は1年間です。その後は自動更新とさせていただきます。更新前に事務局よりご案内させていただきます。

◆ お問い合わせ先
「日本文化チャンネル桜二千人委員会」事務局
  ( 月~土 10:00 ~ 18:30 )
  TEL 03-6419-3900 / FAX 03-3407-2263
  MAIL info@ch-sakura.jp

毎月一万円というのは、大変な金額です。
本当にありがとうございます。
もし、これが難しい皆様におかれましては、一口に二千円の「友の会」に入会いただくか、インターネット動画配信TVである「SO-TV」にご入会いただければとお願い申し上げます。

困難な時期にこそ、本物の草莽の同志の「人情」「真実」がわかるものです。

桜掲示板に書き込んでいただいた皆様の激励のお言葉、チャンネル桜に駆けつけお手伝いいただいている草莽ボランティアの皆様、別の場所で黙々とこの草莽チャンネルご支援いただいている皆様、本当に胸を熱くしながら、両手を合わせる思いで感謝を申し上げております。

ありがとうございます。

どうか、私たち日本草莽の手で、日本国民の日本国民による日本国民のための草莽メディアを新たに創設しましょう。

君のため捨つる命は惜しからで
ただ思うはるる国のゆく末

永井雅楽

チャンネル桜二千人委員会
代表:渡部昇一
事務局長:松浦芳子
日本文化チャンネル桜編成部


〓【 「日本文化チャンネル桜 友の会」 のご案内 】〓〓〓〓〓〓〓〓〓

平成19年3月に発足した「日本文化チャンネル桜 友の会」は、「日本文化チャンネル桜二千人委員会」の発足(平成20年9月12日)に伴い、この度、概要を変更させていただくこととなりました。

大きな変更点といたしましては、 「友の会」協賛会員(月額会費 1万円)としてご支援いただいている皆様は、自動的に「二千人委員会」委員へ移行させていただくこととなります。
「友の会」一般会員(月額会費 2千円)の皆様については、引き続きご継続いただくか、「二千人委員会」委員への移行をぜひご検討いただきたく、お願い申し上げる次第です。
また、新規「一般会員」及び、金額や期間を問わない形でご支援いただく「準会員」も、引き続き募集いたしております。

下記の詳細ページをご覧の上、是非とも、皆様のご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

↓ チャンネル桜 友の会 会員募集!!
   - 「チャンネル桜二千人委員会」発足に伴う変更について
http://www.ch-sakura.jp/topix/306.html

↓「二千人委員会」「友の会」 共通「入会申込書」用紙はこちら
(PDF版)
http://www.ch-sakura.jp/sakura/twothousand_application080919.pdf
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>かついちさん
私は、この問題の根底にあるのは、GHQが流布した東京裁判史観が政界やマスコミに蔓延していることだと思います。この東京裁判史観からの脱却こそが肝要だと思います。
ということで、次回の拙ブログでは東京裁判について書こうと思います。
2008/11/14(金) 17:37 | URL | spiral (管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
政治家の浅はかさが目立ちました
まず参考人招致がテレビ中継されなかったことは、政治家全体を覆っている「村山・河野談話神格化」の空気を助長しているようです。何かこう国民に知られてはまずいから「臭いものに蓋をする」ような空気があるのではないかと思いました。
シビリアンコントロール云々という前に官僚をコントロールできていない政治家を何とかしろ、と言いたくなりました。
2008/11/14(金) 15:51 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
>諦観さん
諦観さんのおっしゃる通り、まさにリンチまがいの参考人招致でしたよね。
田母神氏を更迭したり、非難する政治家の方々に直接リコールできると良いですよね。
ともかく、有権者である我々が賢くなって、こうした政治家を落選させなければならないと思います。

>ハハサウルス
ありがとうございます。ブログの方は、無理のない範囲でボチボチやっていこうと思います。
本当に防衛省も情けないですね。政治家もそうですが、もっと気概のある方が出てきて下さればと思います。

>milestaさん
私も田母氏のような考えの方でなければ、いざという時に本気で国を護れないと思います。
日本は今こそ「村山談話」に象徴されるような戦後レジームからの脱却を果さねばなりませんね。

>taroさん
国会議員の方々には、逃げずにちゃんと本質的な議論をしてもらいたかったですよね。
2008/11/13(木) 22:17 | URL | spiral (管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
質疑のビデオ見たが
あれは集団リンチだよ
社民党なんか田母神氏にまったく話させず
自虐の持論を延々と演説してただけ
そんで彼に対し反省しろと脅迫してる
他の議員も論文の内容と関係ない話ばかりで攻撃してる
内容の是非を議論したら負けるの解ってるから。
ホント国会議員ってのはつくづく卑しい職業だね
2008/11/12(水) 16:34 | URL | taro #-[ 編集]
村山談話を支持する自衛隊に国防を任せられるか?
今回の件で、シビリアンコントロールの欠点が浮かんできたのではないでしょうか。もしコントロールする側が間違っていたらどうするかということです。
前の戦争では軍部が暴走したと言われ、それでシビリアンコントロールを重視しているのでしょうが、今ではシビル側の「村山談話」が暴走しているように見えます。
田母神氏に限らず、戦後レジームに異論を唱えると必ず封殺されてしまう現状では、いつまでも間違いを正すことはできません。

また、村山談話を全面的に支持するような自衛隊に国防を任せられるでしょうか?他国が攻めてきても、「攻められるようなことをした私たちが悪うございました。」と頭を下げ、自主的に武装解除してしまうのではないかという不安がよぎります。田母神氏のように、日本は素晴らしい国で護る価値があるという思いを持っている方々でなければ、本気で国を護ってくれないのではないかと思います。
2008/11/12(水) 10:02 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
民主党勝利で沖縄の中国統治へ
中国の台湾統治作戦本格化!?次期衆院選で民主党勝利か!?→民主党勝利で沖縄の中国統治へと進む日本

↓続き
http://todays2ch.jugem.jp/
2008/11/11(火) 20:21 | URL | サムライ #9L.cY0cg[ 編集]
毅然と
どうぞご無理なさいませんよう…。

田母神前幕僚長は国会でも毅然と持論を述べられたとの報道に接し、ほっとしています。先日応援メールを送らせて頂きました。支持者の存在が一人でも多ければお力になれるのではないかと思います。

それにしましても情けないのは、防衛省が戦々恐々として国会の成り行きを見守り、田母神氏が自説を曲げない様子に「まただ」とため息をついていたとか…。国を守るべく「省」に格上げされたというのになんという体たらく…。たとえ国民の支持がなくても「為すべきことを為す」、これ位の気概のない者が防衛省で務まるのでしょうか。
2008/11/11(火) 19:45 | URL | ハハサウルス #-[ 編集]
政治家をリコールできないか
意見表明、反論を許さず、テレビ公開もしないリンチまがいの参考人招致なんて、自分達がいかに正しくないことをやっているかの逆証明であると思う。
シビリアンコントロールというけど、シビリアンがコントロールする対象はミリタリーだろうから、いつの間に自衛隊は軍隊に昇格したんだろう。
与野党ともに、現実的には自衛隊は軍隊だと認識しているから、そういう論理破綻を平気でしているのだろう。
憲法9条が現実を反映していない出鱈目な条文であるということを如実に示している。
ヤッフーの世論調査は、田母神氏支持が6割に達しようとしている。
この現実を政治家はとくと考えて、猛省したらどうなんだ。
田母神氏を更迭したり、非難する政治家どもこそ直接請求でリコールできないものかとつくづく思う。
2008/11/11(火) 19:34 | URL | 諦観 #HcyS91tQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/445-e369721e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック