『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
今回は、月刊誌『致知』11月号より、渡部昇一氏(上智大学名誉教授)の論文を引用します。


■ホンモノの政治家によって担われる政権を待望する

政局は選挙モードに突入し、活気を呈しているというのか混乱しているというのか、騒がしい状態になっている。こうなった大本は、いうまでもなく福田首相の辞任表明である。

これについては、二世政治家のひ弱さとか、サラリーマン体質とか、いろいろなことが言われている。だが、辞任の真の理由は、福田体制では自民党が大敗し、下野しなければならないことが、寸分の疑いもなく明確になったからに他ならない。

そこまで福田体制が見限られたのには、二つの原因があると私は考える。

一つは毒ギョーザ事件である。

日本の警察当局は事件を徹底的に調べて、原因が日本国内にないことを確信した。これに対して中国当局は毒ギョーザの原因は日本にあり、中国に原因があるとするのは中国を中傷しようとする企みである、と居丈高に言い放った。日本政府はこれに対して反論一つするでなく、うやむやな対応に終始した。

ところが、真相が分かってみれば、毒ギョーザの原因はやはり中国にあったのだ。中国で毒ギョーザの被害が発生していたのである。しかもである。この情報を福田首相は洞爺湖サミットで中国から知らされていながら公表せず、内密にしていた。中国からそのように要請されたからである。

これは広く国民の食生活に直結するだけに、非常に分かりやすい話である。毒ギョーザ事件についての福田首相の対応は、国民の生活を危険にさらし、犠牲にしても、事を荒立てず、ペコペコしてでも中国との間を穏やかに保つことに終始している。それが一般庶民にもはっきり見えたのだ。

国民の生活の安全よりも中国との穏やかな関係を重視し、もっぱらそのことに腐心して顔色をうかがう。こんな政権が見限られるのは当然である。

もう一つは竹島問題である。
学校の学習指導要領解説書に竹島のことが載ったのがきっかけで、韓国は竹島周辺に艦艇を派遣して軍事演習を行うやら、政府首脳がわざわざ上陸するやらのデモンストレーションを繰り広げ、果ては駐日大使を引き揚げるといった騒ぎになった。大使の引き揚げは戦争を前提にすることで、ただごとではない。これに対しても日本はどうとでもとれるコメントを発しただけで、首をすくめ、騒ぎが静まるのを待つ風情である。

ここでも福田首相は、波風立てず穏やかに、という顔色うかがいに終始したのだ。しかもである。問題の解説書を見てみると、そこには「日本固有の領土」という表現はかけらもない。韓国の反応を配慮し、腰が引けているのである。

竹島が日本固有の領土であることは議論の余地がない。歴史的にそのことを示す文献は、韓国にはまったくないが、日本にはいくらでもある。しかも、明治時代に島根県が、竹島が同県であることを告示し、どこからも文句は出ずに認められているのだ。

韓国が竹島を自国の領土と主張するのは、日本が占領下にあってまだ国家主権がなかった時期、李承晩ラインなるものを勝手に公海上に引いて、そのラインから朝鮮半島側は韓国の領海、ラインの内側に竹島があるから韓国領土、と主張しているに過ぎない。国際社会にも認められていない、まったく根拠のない話なのである。

だから日本は国際司法裁判所の裁定を仰ごうと提訴した。しかし、韓国は出てこない。出ていけば負けると分かっているからである。国際法廷には出廷を強制する権限はないから、そのままになっている、というわけである。

領土は国家の基本である。だが、ただただ日韓関係に波風を立てたくないために日本固有の領土を毅然と主張することもなく、曖昧(あいまい)な及び腰に終始する。これでは日本の国家としての基本がどこまで損なわれるか、分かったものではない。

こういう問題は一般にはなかなか見えにくいものだが、心ある人にはより鋭く分かる。福田首相ではだめだ、となるのは理の当然である。

こういう国民の動向がはっきりと表れてきて、福田首相は政権を投げ出さざるを得なかったのだと思う。

この経緯から言えることは、人々がホンモノの政治家によって担われる政権を求めている、ということである。政治の世界もホンモノがものをいう流れになってきているのだ。

ホンモノの政治家とは日本の国家としての基本を毅然として堅持する政治家のことである。そういう政治家を選ぶのが、今度の選挙のテーマである。

ホンモノの政治家を選べるかどうか。これは国民の責任である。

【引用終】


渡部氏のご指摘通り、今、国民はホンモノの政治家によって国政が担われることを求めていると思います。そのためには、今度の選挙でホンモノとニセモノの政治家を見極め、投票することが肝要になってきます。

では、国家の基本を毅然として堅持する政治家とはどのような人物なのか。そうした政治家の一人、小坂英二氏の論文をオピニオン誌『アイデンティティ』第34号より引用します。



■地方議員として地道に、愚直に

小坂英二(荒川区議会議員)

愛国系無所属の一人会派として「正直者が馬鹿を見ない社会に」「誇れる日本を守り、次世代に責任を持って引き継ぐ」、を一貫したテーマとして区議会議員の二期目の活動をしております。

私が初当選した当初は六名であった無所属会派において先輩議員五名は段階的に自民党に移りました。

自らのホームページを通じての情報公開を徹底してきた私に対して「他の議員と同時に小坂を自民党に入れてやっても良いが、ホームページにごちゃごちゃ書き込むのを止めるのが条件」と頼んでもいないのに、理不尽な条件をつけてくる会派に入るつもりなどない為、一人会派で今に至ります。

さて、日本を貶めることで利益を得る「反日組織」が戦後日本の各分野で着々と育って来ました。

「日本は朝鮮半島を搾取した」というフィクションを社会に植え付けることで、韓国、北朝鮮や在日朝鮮人への理不尽な利権(朝鮮学校への補助金などが最たるもの)や日本国領土の韓国による不法占拠も見ないふりをする社会を作ってきたこと。

「南京大虐殺」に代表される史実の捏造を国内外に流布することで、国内の不満を外に逸らし自身の求心力を高めようとする中国共産党やそのシンパ。「人権」という言葉を名目に、日本の文化を破壊しながら利権拡充を続けてきた集団。

そして今、そうした反日勢力が決定的な力を得る為、「外国人参政権法案」「人権擁護法案」さらに「移民一千万人計画」の実現に力を入れています。祖国日本の先人が連綿として引き継いできたものを危うくするこうしたことに対し、地方議員の一人として明確に反対の意思を表明してきました。

また、同時に大手マスコミが、中国共産党に不都合な報道を骨抜きにする為の日中記者交換協定によって本質的な報道をしない、「チベット、東トルキスタン、南モンゴル」での現在進行形の民族虐殺(文化的侵略、軍事的侵略、人口的侵略)を止めさせるには中国共産党支配の一日も早い終焉が必要であること」「拉致問題や大量虐殺されている北朝鮮の住民の為に、一日も早い独裁体制崩壊の為に政府は動くべきこと」「台湾と日本の友好関係の重要性」について地方議員として明確に発言、支援の為の行動をしてきました。

地域に密着した区政課題にしっかり取り組むと同時に、こうした問題について姿勢を明らかにするのは地方議員としても、当たり前のことと思います。

多くの支援者より、「若いのだから区議会議員で満足せず、早期に都議会や国会に挑戦したらどうか。その為には、敢えて敵を作るような発言や行動をしないのが得策」との言葉をいただくことが有ります。「広いフィールドで活躍を」というありがたい言葉であると同時に、一方で地位を目的にしてはならないと強く自戒しています。

日本新党のボランティアや新進党本部職員、代議士秘書といった立場で、様々な国政・都議会の現職・候補者を見てきました。そこでは地位に就くこと自体が目的化している方は、どこか無理が生じ、当選できたとしても現職になって、支援団体との関係等から当初の理念と異なる行動をせざるを得なくなった事例が多く見受けられました。そうした事例が増えれば増える程、「政治家は当選する為には、選挙のことを考えて当初の主張を簡単に変えてしまう、信用できない存在」という認識が国民に広がり、政治不信を一層深刻なものにしてきたと認識しています。

私がそうした方達と同様の行動をとり、自分の主張を都合に応じて変え、主要政党や団体に阿り都議会議員や国会議員に仮に当選したとしても、それは「政治不信を助長する存在の議員」が一人増えただけで、私自身にとっても、社会にとっても意味の無いことです。

明確な考えを表明しながら、その実現に向け愚直に尽力していく表裏のない無い議員。すぐに結果は出なくても重い壁を少しづつ前に押して、じわじわと社会を変えていく地道さを忘れない。それは玄人から「政治はそんな単純では無い。所詮、書生論だ」との批判もあるかもしれません。愚直を貫けば、大きな団体の支援と政党選挙を前提としている都議会や国会に進むことなど、現状では不可能です。私はそれでも良いと考えています。区議会議員としての毎日を明確な信念に従って大切に取り組むことを積み重ね、結果として都議会や国会に進むことなく区議会議員として政治家として一生を終える、それは誇りを持つべきことです。

「地位を得るために信念を曲げる、あるいは元から核となる信念が無い政治屋」が多い中、そのような愚直な議員が存在することによって、政治の信頼を少しでも取り戻し、地方議員としてそうした姿勢を貫く方が増えてくることを確信します。愚直に地道に日々の活動に誇りを持って取り組む議員が組織に頼らずとも多くの方に評価され都政や国政に進める社会にする、そうした気概も決して忘れずに、志を持つ方々共にそれぞれの持ち場で尽力して参ります。
【引用終】

※小坂英二議員のHP
http://www.geocities.jp/kosakaeiji/sentaku.htm


今度の選挙では、小坂氏のようなホンモノの政治家に投票して下さい。選挙区にそうした方がいない場合は、候補者の中でよりましな方を選んで下さい。そうすることで、日本は良い方向へ変わっていくと思います。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実 上映会募集


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の、そして日本で唯一の歴史文化放送局です。

日本文化チャンネル桜

◆「日本文化チャンネル桜二千人委員会」の詳細とお申込については、こちらを御覧ください。
http://www.ch-sakura.jp/topix/538.html

◆今すぐお申し込みの方はこちらからどうぞ。
http://www.ch-sakura.jp/topix/538.html#applicationbymail

◆「日本文化チャンネル桜二千人委員会」とは?
 ・ 形式としては、「広告主」としてチャンネル桜を支えていただく委員会です。
 ・ 委員会費は、1口 毎月1万円 です。
・ 委員会の委員に就任すると、インターネット放送 So-TVが無料となります。また、「チャンネル桜 友の会」の特典が受けられます。
 ・ 将来は、代表・水島総が持つチャンネル桜の持ち株を委員会に譲ることを考えております。
 ・ ご契約期間は1年間です。その後は自動更新とさせていただきます。更新前に事務局よりご案内させていただきます。

◆ お問い合わせ先
「日本文化チャンネル桜二千人委員会」事務局
  ( 月~土 10:00 ~ 18:30 )
  TEL 03-6419-3900 / FAX 03-3407-2263
  MAIL info@ch-sakura.jp


■皆様へ

チャンネル桜の衛星放送は、CH241の一方的放送中止により、九月三十日に番組放送の中断を余儀なくされました。
できる限り早期の衛星放送再開を目指しています。
それまではSO-TVのインターネット動画配信放送でご覧いただければと御願申し上げます。

チャンネル桜は、草莽放送局を必ず再開します。

「チャンネル桜二千人委員会」事務局より、十月三日までの委員就任をいただいた人数を御報告を申し上げます。

平成20年9月11日より9月30日まで
(819人)
平成20年10月1日
(30人)
平成20年10月2日
(27人)
平成20年10月3日
(16人)

総計892人

毎月一万円というのは、大変な金額です。
本当にありがとうございます。
もし、これが難しい皆様におかれましては、一口に二千円の「友の会」に入会いただくか、インターネット動画配信TVである「SO-TV」にご入会いただければとお願い申し上げます。

困難な時期にこそ、本物の草莽の同志の「人情」「真実」がわかるものです。

桜掲示板に書き込んでいただいた皆様の激励のお言葉、チャンネル桜に駆けつけお手伝いいただいている草莽ボランティアの皆様、別の場所で黙々とこの草莽チャンネルご支援いただいている皆様、本当に胸を熱くしながら、両手を合わせる思いで感謝を申し上げております。

ありがとうございます。

どうか、私たち日本草莽の手で、日本国民の日本国民による日本国民のための草莽メディアを新たに創設しましょう。

君のため捨つる命は惜しからで
ただ思うはるる国のゆく末

永井雅楽

チャンネル桜二千人委員会
代表:渡部昇一
事務局長:松浦芳子
日本文化チャンネル桜編成部


〓【 「日本文化チャンネル桜 友の会」 のご案内 】〓〓〓〓〓〓〓〓〓

平成19年3月に発足した「日本文化チャンネル桜 友の会」は、「日本文化
チャンネル桜二千人委員会」の発足(平成20年9月12日)に伴い、この度、
概要を変更させていただくこととなりました。

大きな変更点といたしましては、 「友の会」協賛会員(月額会費 1万円)と
してご支援いただいている皆様は、自動的に「二千人委員会」委員へ移行
させていただくこととなります。
「友の会」一般会員(月額会費 2千円)の皆様については、引き続きご継続
いただくか、「二千人委員会」委員への移行をぜひご検討いただきたく、
お願い申し上げる次第です。
また、新規「一般会員」及び、金額や期間を問わない形でご支援いただく
「準会員」も、引き続き募集いたしております。

下記の詳細ページをご覧の上、是非とも、皆様のご支援、ご協力を賜り
たく、お願い申し上げます。

↓ チャンネル桜 友の会 会員募集!!
   - 「チャンネル桜二千人委員会」発足に伴う変更について
http://www.ch-sakura.jp/topix/306.html

↓「二千人委員会」「友の会」 共通「入会申込書」用紙はこちら
(PDF版)
http://www.ch-sakura.jp/sakura/twothousand_application080919.pdf
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今まで、日本の政治に無関心だった自分が今は悔やまれてなりません。

正直、師匠の『新・へっぽこ時事放談』に出会わなければ、日本に興味もなく過ごしていたのかも……。


今、国民の真意が問われていますが、政治家が世襲する時点で『政治屋』と呼ばれても仕方ないですし、不透明な政治の世界に更に壁を作っている様な気がします。

2世、3世…と政治家を続けている人の中にも高い志しを持った人もいるだろうと思いますが、イマイチ信用できない感じがします。


有権者が賢くなって しっかり見極めて次期選挙には売国奴は落選させて欲しいですね。

勿論、私も見極めて投票します。
2008/10/15(水) 23:30 | URL | あっちゃん #TT0fzUCU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/437-4fa468ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  ||| GMとクライスラーが合併交渉 |||  自動車業界へ押し寄せる、グローバル金融恐慌の津波第一波  ゼネラルモータース、クライスラーを吸収合併のため交渉中 米国時間 2008年10月10日(金)午後10時58分 | ニュース速報  ニューヨーク発 | 米国自動車...
2008/10/11(土) 17:24:12 | 米流時評
  ||| アイスランド国家破産の危機 ||| アイスランド国家破産の危機 グローバル恐慌がもたらした最初の犠牲者 金融財政逼迫にあえぐ小国、ロシアから54億ドルの借款、銀行を国営化 国が滅びる場合、米流風にばっさりと言うと3つの形がある。 ひとつは、大国か?...
2008/10/10(金) 08:12:45 | 米流時評
  ||| ウォール街 火曜も連続暴落 ||| ニューヨークダウ相場暴落:前日比マイナス508ドル・終値9447ドル バーナンキ「財政的危機」を警告、ブッシュ「長期的展望重視」で説得 ニューヨーク発 |ウォール街株取引市場の平均株価は、週明け2日目の火曜も暴落した...
2008/10/08(水) 20:00:15 | 米流時評
私が平成20年7月27日に、韓国のテレビ・ラジオ局SBSに取材を受けたということを記事に以前書きましたが、その放映された番組が収められた...
2008/10/07(火) 18:00:26 | 皇国の興廃、この一文にあり
  ||| NYダウ市場1万ドル底割れ |||   ブラックマンデー? NYダウ株式市場1万ドルの大台を割る   米国の金融不況による経済危機、グローバル市場に拡大か? ニューヨーク発 | 米国時間で6日月曜、NYSEニューヨーク株式市場のダウジョーンズ主要銘柄の平...
2008/10/07(火) 16:45:22 | 米流時評
    ||| 生きていた金正日 ||| ひと月ぶりに公開の席に姿を現した、北朝鮮の金正日主席 サッカー試合を観戦、世界に流布した死亡説はデマだった 帰ってきたウルトラマンではないが、北のロケットマンがこの世に戻ってきた。北朝鮮にとって国家として今年最も重...
2008/10/07(火) 13:38:35 | 米流時評