『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
今回は、私たちの知らない間に猛威を振るっている「男女共同参画(ジェンダーフリー)」について、これまでの拙ブログの記事をまとめたものを掲載します。この問題について、少しでも理解が進めば幸いです。

■男女共同参画社会とは

「男女共同参画社会」というと、「男女共に協力し合う社会」と理解される方が多いと思いますが、実はそうではありません。これは、ジェンダーフリー社会の別名です。日本政府は「男女共同参画社会」を英語で「gender-equal society」と表記しています。「ジェンダーに平等な社会」とは、「ジェンダーフリー社会」のことに他なりません。ですから、所謂「男女共同参画」と「ジェンダーフリー」は同意語であり、男女共同参画担当大臣は「ジェンダーフリー大臣」ということになります。

ジェンダーフリーというのは、元々人間は生殖機能以外の男女の性差は無くて「男らしさ・女らしさ」というのは、生まれついてのものではなく、その後の文化や教育によって作られるものだというのです。この「男らしさ・女らしさ」というものを『ジェンダー』と名付け、これが女性差別の根源となっており、ジェンダーから解放(フリー)する、つまりジェンダーフリーにするという思想です。(ちなみにこの言葉は日本のフェミニストが作った和製英語です)

このジェンダーフリー社会の構築を目指して作られたのが、「男女共同参画社会基本法」(1991年公布)です。そして、この基本法は、国連による「女子差別撤廃条約」を日本が批准したことによりできたものです。

「女子差別撤廃条約」とは、簡単にいうと、アメリカのフェミニズム思想が国連を介して制度化したものです。
ところが、当のアメリカでは、フィリス・シュラフリーという女性を中心としたアンチ・フェミニズム派が10年間にわたる運動をした結果、フェミニズムが人間のモラルや家族を破壊する危険思想であることを多くの国民が知ることとなり、「女子差別撤廃条約」には批准しませんでした。

しかし、日本ではこのような過程でアメリカが批准していないのを知っていながら、国連のいうことだから正しいだろうということで、中身を精査することもなく、1985年に批准してしまったのです。

これを受けて、「男女共同参画社会基本法」という悪法ができたのです。
■兆単位の税金が使われている男女共同参画

ジェンダーフリー社会の構築を目指して作られたのが、「男女共同参画社会基本法」です。

平成10年にこの法律を作る際の議事録を見ると、男女共同参画審議会の委員は、公にされる議事であるにも拘らず、ジェンダーフリー思想をいかに上手く取り込むかという議論をしており、

「社会的・文化的に形成された性別という言葉を使う案では、それは何だという人が多分出る。・・・何かカモフラージュを」

あるいは、

「こそっと入れておいて、これでうまくいけば、それはしめたもの」

などと発言しています。

千葉展正氏(ジャーナリスト)の著書『男と女の戦争 反フェミニズム入門』によると、フェミニストたちは本当は「男女平等基本法」と名付けたかったのですが、頭の回る官僚が、「男女平等は表現がきついので抵抗勢力(男性)の反発を招く」という配慮を働かせ、「男女共同参画」という意味不明の言葉が登場したそうです。
この官僚的配慮が功を奏し、国会議員たちは訳の分からないまま男女共同参画社会基本法に賛成し、世界に類を見ない「ジェンダーフリー基本法」が全会一致で国会を通過したのです。

この法律が元になり、ジェンダーフリー推進のため、年間兆単位の予算が組まれ、国民の血税が使われているのが現状なのです。防衛費のように戦車や戦闘機など高額なものを購入するわけでもないのに、何故巨額な予算が必要なのか、理解に苦しみます。

■ジェンダーフリー思想とは

ジェンダーフリーというのは、「男らしさ・女らしさ」を『ジェンダー』と名付け、これが女性差別の根源となっており、ジェンダーから解放(フリー)する、つまりジェンダーフリーにするという思想です。

ジェンダーフリー思想では、古今東西すべての社会は男性が支配して権力を振るう家父長制社会であると主張していて、女性は男性に服従し苦しめられてきたというのです。(ですから、「家父長制と「男性支配」は同義語です)

そして、家族や家庭というのは、女性を抑圧し、性別役割分業を強いるシステムであり、家父長制社会の縮図であるというのです。夫の庇護にある女性は、市民的権利を奪われた存在で、妻の財産・人格・生命は夫の支配下にあるのだといいます。ですから、専業主婦は悪であり、女性も社会へ進出して男性と対等に仕事をしないと幸福にはなれないと説いています。

しかし、現在の日本社会では、家父長制などというのはとうの昔に消えてなくなっています。実際、家庭の中で父親・夫の権威などというのは見る影もありません。

さらには、日本は殆どの家庭で夫の給料は妻が握り、夫は妻からお小遣いを貰ってやりくりしているというのが現状です。
果たして、財力を握っている方が抑圧された存在なのでしょうか。

このような歪んだ思想が、男女共同参画社会基本法という法律ができたことにより、政府の中枢から全国津々浦々まで強制的に広められることになったのです。

しかも、内閣府にある男女共同参画局が中心になって法務省とか厚生労働省とか文部科学省などとタイアップするシステムが作られていて、官僚全体が物凄い勢いでこれを推進しているのです。

これがジェンダーフリー(男女共同参画)の実態です。

■学校で教えられているジェンダーフリー

恐ろしいのは、このような思想教育が学校現場で行われているということです。

「男らしさ・女らしさ」といのは社会的・文化的につくられたものであるとし、それらを無くして、「自分らしく」あるいは「個性的に」生きなさいと学校では教えています。さらには、男女を区別することが差別に繋がるとして、男女混合名簿を導入したり、男子を「くん」、女子を「さん」と呼ぶのを止めて、男女とも同じ呼び方をするよう指導したりしています。

これでは、子供たちが正常な体を持ち、体はどちらかの性に属しているのを知りながら、自分が男性なのか女性なのか、心理的に混乱してしまいます。これはまさに「性同一性障害」の症状と同じで、このような教育を続ければ、子供の心に取り返しのつかない深刻な悪影響を及ぼすことになります。

男性性を失った男と、女性性を失った女では、男女としての性的行動はとれなくなりますから、生殖は消滅し、出産はなくなってしまいます。

これに加え、前述した通り家庭というのは性的役割分担を強いるシステムだ、などと教えられると、誰も結婚しようとは思わなくなるでしょう。

つまり、ジェンダーフリーが広まれば、少子化が進み、家族は消滅し、社会が成り立たなくなることは明らかなのです。

学校ではこれだけではなく、低学年から過激な性教育を行い、子供たちから羞恥心を奪い、性的規範を崩すような教育もしています。私のいる町でも、小学校低学年から「性交」について教えられている現状です。

恐ろしいことですが、学校で先生の言うことを聞いて真面目に勉強した子ほど、歪んだ思想をもってしまい、男の子は腑抜けに、女の子はふしだらな子になっていしまうのです。

おまけに自虐的な歴史を教えられて、日本人であることの誇りも、自分の生まれた国への愛情も持てなくなっているのです。これほどの理不尽があるでしょうか。

子供を持つ親御さんは、子供たちが学校でどんな教育を受けているのか、注視して下さればと思います。【終】

※ジェンダーフリーを知るための著書
男と女の戦争―反フェミニズム入門男と女の戦争―反フェミニズム入門
(2004/04)
千葉 展正

商品詳細を見る


男女平等バカ―年間10兆円の血税をたれ流す、“男女共同参画”の怖い話! (別冊宝島Real (069))男女平等バカ―年間10兆円の血税をたれ流す、“男女共同参画”の怖い話! (別冊宝島Real (069))
(2005/12)
野村 旗守

商品詳細を見る


☆男女共同参画社会基本法の廃棄を求める署名にご賛同をお願いいたします。
署名用のFAX用紙はこちら⇒FAX用紙DL(pdfファイル)よりダウンロードできます。

※この問題について詳しく知りたい方は、拙ブログのリンクリストの「ジェンダーフリーを危惧するサイト」にあるブログ・HPをご覧下さい。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実 上映会募集


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の、そして日本で唯一の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて放送しております。是非ご覧下さい。

チャンネル桜 5月の番組編成 詳細は、こちら
http://www.ch-sakura.jp/topix/364.html

チャンネル桜 番組表 (5月)は、こちらから印刷できます!
http://www.ch-sakura.jp/sakura/programguide0805.pdf

チャンネル桜 週間番組表は、こちら
http://www.ch-sakura.jp/weeklypg.html

チャンネル桜 視聴方法のご案内
http://www.ch-sakura.jp/topix/343.html

☆会員募集!!
【 「チャンネル桜 友の会」のご案内 】


ハッピー241 にて無料放送を開始するにあたり、チャンネル桜では、これまでの視聴契約に代わる応援組織 日本文化チャンネル桜 友の会 を発足いたしました!
これからも、日本の未来を見通す “真の報道” を続けるために、是非とも、皆様からのご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げる次第です。

「チャンネル桜 友の会」会員には、「協賛会員(会費 1万円/月)」 と「一般会員(会費 2千円/月)」 があります。
また、金額や期間を問わない形でご支援いただく「準会員」も募集しております。
下記の詳細ページをご覧の上、是非とも、皆様のご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

↓ チャンネル桜 友の会 会員募集!!
http://www.ch-sakura.jp/topix/306.html

★ ご支援いただいた際は、「チャンネル桜 友の会 事務局」まで
  必ず ご入会のご連絡をくださいますよう、お願いいたします!
  ご入会いただいた方には、特典(オリジナルストラップ もしくは
  オリジナル手拭い)を差し上げております。

☆こちらもぜひ、ご覧ください☆

「友の会」 会員募集概要 & 入会申込書
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_application.pdf

「友の会」 会員規約
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_kiyaku.pdf

「友の会」 よくあるご質問(Q&A)
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_Q&A.pdf

★ 「チャンネル桜 友の会」についてのお問い合わせは、こちらまで! ★
  『日本文化チャンネル桜 友の会 事務局』
  ( 月~土 10:00 ~ 18:30 )
  TEL 03-6419-3900 / FAX 03-3407-2263
  MAIL info@ch-sakura.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>milestaさん
>現代の厭世観の何割かは、この人たちが作り出したものだと思います。

私もそうだろうと思います。これを国家ぐるみで進めているのですから恐ろしいです。
2008/07/06(日) 22:38 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
厭世観を生み出しているだけ
私のように女性の地位についての不満を特に持っていなかったりすると、「まだまだ意識が低い。」と言うのがジェンダーフリーの人たちです。なぜ、現状に満足している人たちの心にまで手を突っ込んでかき回すようなことをするのか、そんなに世の中を不満でいっぱいにしたいのか、勝手な論理の押しつけにうんざりです。
現代の厭世観の何割かは、この人たちが作り出したものだと思います。
2008/07/05(土) 23:43 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
>故郷求めてさん
ジェンダーフリーの害毒については、まだご存じない方も多いと思うので、是非故郷求めてさんのブログでも取り上げてください。

>翡翠さん
こうしたものを進める勢力の最終目的は、国家解体だと思います。私もそれが達成された後のことを思うとゾッとします。
是非、ジェンダーフリーのことを広めて下さればと思います。
2008/07/05(土) 19:27 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
恐ろしい
暴力的な思想ですね。
「差別」という言葉が
一種の脅迫みたいになってます。
信念を持って対抗しないと
飲み込まれてしまいます。
これらの勢力の目的は国家破壊ですか?そして破壊したあとは
どうするのでしょう。
何もかも破壊してそして
その後は・・・・。ゾッとします。
2008/07/05(土) 16:43 | URL | 翡翠(ひすい) #flPMGraQ[ 編集]
分かりやすいまとめありがとうございます
米流時評さんのところから来ました。人権擁護法反対を訴えながらDV法被害にもジェンダーフリーにも無頓着な人が以外といらっしゃるので、拙ブログでもこの辺を訴えています。
2008/07/04(金) 17:27 | URL | 故郷求めて #tyVLZJUY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/409-6b84038f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
   ||| 勇者は帰りぬ 自由の闘士パリへ ||| コロンビアゲリラから解放されたベタンクールさん、フランスへ帰還 フランス政府、パリ市をあげての歓迎、バチカンも祝福のメッセージ 今日7月4日は、自由と人権に最大の価値をおくアメリカの独立記念日。おりしも?...
2008/07/06(日) 03:48:26 | 米流時評
  ||| コロンビアゲリラ捕虜救出大作戦 ||| コロンビア政府諜報、ゲリラから元大統領候補ほか捕虜救出に成功! 歴史に残る大胆な作戦でFARCゲリラを籠絡、捕虜15人を無事救出 米国時間2008年7月2日20:02 | コロンビア・ボゴタ発 現地時間で2日水曜、コロン?...
2008/07/04(金) 14:08:35 | 米流時評