『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
※本文へ行く前に、集会のお知らせです。

 いわゆる人権擁護法案が再提出される状況になっておりますが、戸井田とおる衆議院議員が呼びかけて、人権擁護法案反対意見を国民から広く受け付ける「要請受付集会」が、次の要項で開催されることとなりました。
    日 時 : 平成20年3月10日(月)17時より
    場 所 : 憲政記念館 講堂
       〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1
             TEL 03-3581-1651
   東京メトロ 丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」下車
                         2番出口より徒歩7分
   有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」下車 2番出口より徒歩5分

 ご参加の方は、A4サイズの紙に、所謂「人権擁護法案」に対するご意見(「言論の自由を抑圧する人権擁護法案に反対します」というだけでも結構です)、氏名、年齢、住所(自治体名までで結構です)を記載の上、当日、会場受付までお持ち下さい。

 なお、当日は真・保守政策研究会の平沼赳夫最高顧問、島村宜伸議長、中川昭一会長、古屋圭司副会長が要請を受ける予定です。

※地方の方で、参加は出来ないが要請書は提出したいという方は、下記まで「郵送」をお願いします。
 〒100-0014 東京都千代田区永田町国会内郵便局留置/
           要請受付国民集会 国会内事務局
           衆議院議員 戸井田とおる事務所
※3月10日必着で宜しくお願い致します。



今回は、「立ち上がれ!日本」ネットワークのメールマガジンを引用します。

「立ち上がれ!日本」メールマガジン【113号】
  平成20年2月12日発行


<<INDEX>>
1> >冒頭文
2> >今週の主張
    「何でも「人権侵害」にできる人権擁護法案」
3> >人権擁護法案反対の意見を届けよう

 中国の「毒入り餃子」報道のかげに隠れて、人権擁護法という危険な法案の準備が進んでいます。

 この法案が成立すると、例えば、学校の卒業・入学式での国歌斉唱は個人の思想信条の自由に反するということにされたり、北朝鮮・中国への批判は外国人に対する差別につながるとして取り締まることができるようにもなります。また、人権侵害の「おそれ」があるというだけで、裁判所の令状なしでも立ち入り検査や書類の押収が可能にもなります。要するに、人権の名の下に言論の自由や思想信条の自由を侵す「危険な法案」なのです。

 そもそも、この法案は公明党や部落解放同盟が推進してきたものですが、自民党内にも古賀誠氏を中心とする推進派がいて、平成17年に国会提出まであと一歩という状態になったこともありました。その折は自民党内の反対派の活躍で阻止されたのですが、安倍内閣の退陣によって、昨年暮から再び自民党内で推進派の動きが始まっていました。

 明日2月13日から、自民党の「人権問題等調査会」が再開され、今国会への提出をめざして、自民党での論議が再開されます。むろん、今も自民党内にはこの法案に反対する動きもありますが、自民党が党内手続きを経て国会提出を決定すると、民主党は小沢代表をはじめ推進派が大多数ですので、一気に成立ということになりかねません。

 何卒、この人権擁護法案に反対する国民の声を自民党に届けていただけるようお願い申しあげます。



  ◆○◆ 今週の主張 ◆○◆


       何でも「人権侵害」にできる人権擁護法案

 安倍内閣の下で封印されていた人権擁護法案再提出の動きが再び浮上してきた。今年は早々からこの問題が国会の重大争点となろう。

 推進派によれば、現在おかれている裁判制度や法務省の人権擁護機関では人権侵害被害者の救済には限界や問題点があり、それゆえ新たな「人権救済制度」が必要だとする。それが問題となっている「人権委員会」の設置だが、それではどんな「人権侵害」が先の法案では念頭に置かれているかというと、例えば「人種等を理由としてする不当な差別的取り扱い」というのが冒頭に位置づけられている。ちなみにここに言う「人種等」とは、「人種、民族、信条、性別、社会的身分、門地、障害、疾病又は性的指向をいう」のだという。

 これを見せられただけで、筆者などはこの法案に漂う、ある種異様な雰囲気に違和感を感じさせられてしまうのだが、むろん問題はこの規定が実際にはどのような意味をもつことになるか、ということだろう。こんな問題を一定の意図をもった者があげつらおうと思えば、それこそどんな問題だって「人権侵害」ということになりかねないからである。

 筆者の手元に、それを考える際の格好の材料になると思われる一つの資料がある。国連人権委員会のドゥドゥ・ディエンという特別報告者が二年前に国連に提出した報告書である。この特別報告者はそれに先立つ平成十七年七月、日本を一週間訪問してこの報告書を書いたのだが、その訪問と調査の全てのお膳立てをしたとも言えるのがこの人権擁護法案を推進する主要団体の運動家たちで、その結果、報告書には彼らが言いたいことがほとんど盛り込まれていると言っても過言ではない。

 その中にある「分析と評価」によれば、「日本には人種差別と外国人嫌悪が確かに存在」し、それは「三種類の被差別集団に影響を及ぼしている」という。まさに法案に言う「人権侵害」が確かに存在するという話だが、その被差別集団とは、「部落の人びと、アイヌ民族、沖縄の人びとのようなナショナル・マイノリティ、かつて日本の植民地であった朝鮮半島や中国の出身者、およびその子孫、ならびにその他のアジア諸国および世界各地からやってきた外国人・移住者」を指すのだという。

 そうした集団への差別の中で最も深刻なのは、要は「文化的・歴史的性質を有する差別」なのだそうだが、その根底にあるのは、「日本人のアイデンティティ形成、日本史の記述および教育のあり方、関係するコミュニティや人びとについてのイメージ、ならびにこのような人びとに対する社会の見方」なのだという。つまり、本当にこれらの集団を救済していくためには「救済制度の確立」どころか、日本人そのものの根本的な「精神改造」すら必要だと言いかね
ない分析だと言える。その上で、概略以下のような「勧告」をする。

◇日本における人種差別の存在を認めかつそれと闘う政治的意志を表明すること。
◇差別を禁止する国内法令を制定すること。
◇人種、皮膚の色、ジェンダー、世系(門地?)、国籍、民族的出身、障害、年齢、宗教および性的指向など、現代的差別における最も重要な分野を集約した平等および人権のための〈国家委員会〉を設置すること。
◇歴史の記述の見直しおよび歴史教育のプロセスに焦点を当てること。

 これがどこかの党首が最も頼りがいのある国際組織だと崇め奉る「国連」様に出された「報告書」なのだという。「有りがたすぎて涙が出てくる」などと言えば、いささかおちょくりすぎともいわれかねないが、これが関係者がまるで鬼の首を取ったかのように言う「国際社会からの要求」という話の実態でもある。

 ともあれ、この法案に言う「人権侵害」とは、所詮このような一方的な話になる可能性が大だということなのだ。換言すれば、要はこうした主張を展開する連中から、あれこれ言いたい放題に好き勝手なクレームが持ち込まれることになる苦情受付け所が、この法案が想定する人権救済制度なるものだとも言える。

 と同時に、ここで併せて注意を喚起しておきたいのは、彼らがめざすのはこの種の単なる救済制度の確立には留まらず、更にその先には「差別禁止法の制定」という恐ろしい次のターゲットが控えているということである。こんな話、隣国にこそ必要だと思うのだが、どうだろうか。(日本政策研究センター所長 伊藤哲夫)
〈『明日への選択』平成20年1月号より許可を得て転載〉


■人権擁護法案反対の意見を届けよう

※ご意見は「言論と表現の自由を抑圧する人権擁護法案反対です」というだけ
 でも構いません。

【自民党「人権問題等調査会」】
 人権問題等調査会会長 太田誠一議員 宛
  電子メール liberty@otaseiichi.jp
  FAX  03-3508-3832(大田誠一議員の議員会館事務所)
  (〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
              衆議院第2議員会館232号室)

【自民党本部】
 ホームページ http://www.jimin.jp/ のトップページの最上部にある
「ご意見」から、指定フォームで送信できます。


皆様のご協力をお願いします。良識派の声を届けて下さい。

■人権擁護法案をめぐる最新の動きは、こちらのブログに詳しく書かれていますので、お読み下さい。
★MIKAWA'Sほらの部屋
★人権擁護法案マガジン・ブログ版

■人権擁護法案の問題点について、稲田朋美衆議院議員が分かり易く語っている動画がニコニコ動画にありましたので紹介します。
※ご覧になるにはニコニコ動画への会員登録が必要です。登録はこちらから↓
ニコニコ動画


■人権擁護法案の問題点について書かれた本
危ない!人権擁護法案 迫り来る先進国型全体主義の恐怖
人権擁護法案を考える市民の会
4886562825



※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆男女共同参画社会基本法の廃棄を求める署名にご賛同をお願いいたします。
署名用のFAX用紙はこちら⇒FAX用紙DL(pdfファイル)よりダウンロードできます。
※2月末が締め切りとなっておりますので、是非ご協力をお願いします。


☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の、そして日本で唯一の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

スカパー!だけでなく、インターネットからの視聴も出来ます。
詳しい視聴方法については、下記アドレスをクリックして下さい。
http://www.ch-sakura.jp/topix/343.html

☆会員募集!!
【 「チャンネル桜 友の会」のご案内 】


ハッピー241 にて無料放送を開始するにあたり、チャンネル桜では、これまでの視聴契約に代わる応援組織 日本文化チャンネル桜 友の会 を発足いたしました!
これからも、日本の未来を見通す “真の報道” を続けるために、是非とも、皆様からのご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げる次第です。

「チャンネル桜 友の会」会員には、「協賛会員(会費 1万円/月)」 と「一般会員(会費 2千円/月)」 があります。
また、金額や期間を問わない形でご支援いただく「準会員」も募集しております。
下記の詳細ページをご覧の上、是非とも、皆様のご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

↓ チャンネル桜 友の会 会員募集!!
http://www.ch-sakura.jp/topix/306.html


★ ご支援いただいた際は、「チャンネル桜 友の会 事務局」まで
  必ず ご入会のご連絡をくださいますよう、お願いいたします!
  ご入会いただいた方には、特典(オリジナルストラップ もしくは
  オリジナル手拭い)を差し上げております。

☆こちらもぜひ、ご覧ください☆

「友の会」 会員募集概要 & 入会申込書
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_application.pdf

「友の会」 会員規約
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_kiyaku.pdf

「友の会」 よくあるご質問(Q&A)
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_Q&A.pdf

★ 「チャンネル桜 友の会」についてのお問い合わせは、こちらまで! ★
  『日本文化チャンネル桜 友の会 事務局』
  ( 月~土 10:00 ~ 18:30 )
  TEL 03-6419-3900 / FAX 03-3407-2263
  MAIL info@ch-sakura.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
太田さん、
 この人某氏に頼まれて断れないとかいう話があるようですね。
 私は太田氏の選挙区の有権者であり、福岡の事務所もすぐ近くですので、ブログにも意見を入れておきました。
 「国家大系」の視点に戻って頂きたいものですね。
2008/02/27(水) 14:34 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
>かついちさん
太田誠一議員のブログを拝見しましたが、ほとんど反対の意見でしたね。こうした活動を多くの方がしていけば、前回同様廃案に持ち込めると思います。

>さくらこさん
「たかじんのそこまで言って委員会」は岡山でも放送されています。既存メディアの番組にしては珍しく保守系のコメンテーターを多く配していて、良い番組ですよね。
それから、人権擁護法案を推進するような国賊議員は、その名前をよく覚えておいて、選挙では投票しないようにしないといけませんね。
福田首相になったお陰で、さくらこさんの言われるように日本は恐ろしい方向に進み始めています。この流れを何とか阻止しないといけませんね。
2008/02/19(火) 13:13 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
そちらでは「たかじんのそこまで言って委員会」見ることができますか?
今日のはお二人ほど怪気炎を上げる方が出ており非常に腹が立ちました。
この法律ができたらきっとこんな人たちがより大手を振って肩で風切って往来を日本人どけどけと闊歩するんでしょうね。

かついちさんのコメントから太田議員のブログを見に行きましたらなんとすべて反対意見、最後の一人だけ賛成と書いてありました。
とんでもない法律を通そうとするような議員は確実に名前を覚えておいて選挙で落とさなければなりません。
それにしても恐ろしい方向に日本は突き進んで行っているようです。
2008/02/17(日) 22:02 | URL | さくらこ #-[ 編集]
密かにミクシィなどで
人権擁護法案反対ののろしを揚げていました。あちこちで反対運動が始まっているようです。
老いも若きもその恐ろしさに気付き始めて、反対の日記を書き続けています。
意外にネット世代の活躍が期待されます。太田誠一議員のブログにも反対意見のコメントを載せました。よかったら覗いてみてください。
http://www.election.ne.jp/10829/39812.html
とにかく頑張らないと、本当に日本は危機です!
2008/02/16(土) 23:53 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
>ふうらいにんさん
初めまして、コメントありがとうございます。
マンガやアニメも規制の対象になる可能性は高いと思います。このような法案は断固阻止せねばなりませんね。
それから、こちらからもリンクを貼らせてもらいました。

>美加さん
どうもです。
僕の体調の方は、この一ヶ月ほどずっと悪かったのですが、ようやく良くなってきました。あと一息というところです。
今ある日本の危機というのは、例えばこの人権擁護法案でも、一見良いことを言ってるように聞こえるのが厄介ですよね。
でもその本質は美加さんが言われるようにヤバイ、危険なものですから、このことが広まっていくといいですね。
僕も大したことはできませんが、出来る範囲で頑張ります。
2008/02/16(土) 13:44 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
 こんばんは。

 記事中でご紹介いただき恐縮です。

 底冷えの日々が続きますがお元気ですか?

 今国会は、本当に危機だと感じています。

 たくさんの人に、何がそんなにヤバイのか?ということが広まるといいと思います。

 お互い、出来る範囲で頑張りましょう。
2008/02/15(金) 20:36 | URL | 美加 #-[ 編集]
はじめまして。人権擁護法は名前を聞いた事はあります。本当に存在するかどうかわかりませんが、表現の自由が規制されると大変ですね。マンガやアニメや音楽などが対象になるんでしょうか。あと、リンク貼らせていただきました。
2008/02/15(金) 01:51 | URL | ふうらいにん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/371-ab408302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 所謂「人権擁護法案」再提出に対する、要請受付国民集会が開かれます。  本法案に、一言でも異議・要請がある方は、ふるってご参加頂きた...
2008/03/04(火) 14:19:32 | 切捨御免!トノゴジラの放言・暴言
人権擁護法案マンガ 人権委員会の尋問は誰もチェックできない 人権擁護法案ポータルwiki この法案は、危険だと言われているが、何が危険なのか私なりに考えてみたい。まず、思うことは、日本を貶めたい人、被害者意識が強い人、過敏な人、何でも気になる人、被害...
2008/02/18(月) 04:58:26 | 憂国、喝!
人権擁護法案、13日に議論再開 反対派が巻き返しへ  自民党で賛否を二分している人権擁護法案の今国会提出に向け、党人権調査会(会...
2008/02/16(土) 23:54:57 | 平成更級日記