『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
今回は、拙ブログのお薦めの本欄でも紹介しています『武士道のこころ』名越二荒之助・拳骨拓史著)について、平沼赳夫氏(衆議院議員)日本会議発行の『日本の息吹』1月号に書評を書かれていたので引用します。


これだけは伝えたい 武士道のこころ
これだけは伝えたい 武士道のこころ名越 二荒之助 拳骨 拓史

おすすめ平均
stars世界平和は遠い夢ですが
stars日本国民の必読の書
stars「実にかわいい民族です」
stars名越先生の遺作!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



本書の著者の一人、拳骨氏は、旧満州で一人の中国人老女からこう話しかけられる―――。

「日本統治時代はすばらしかった。日本が満州帝国をつくってからは、満州では道端に財布が落ちていても誰一人、ネコババする人もいなかった。しかし中国共産党軍が来てからは強盗殺人が起き、民心は廃れた」
同氏はこの言葉に感動すると同時に、次に発せられた老女の言葉に胸を突かれたという。
「今の日本も、さぞ誇り高くあるのでしょうね?」

果たして、今の我々日本人はこの老女の言葉に何と答えるのであろうか。

誰しも、「その通り、我々は誇り高き民族です!」と胸を張って答えたいはずだ。

しかし、残念ながら戦後、日本人はGHQによる日本弱体化の占領政策とそれを引き継いだ左派勢力によって、民族としての誇りを奪われてしまった。

それを取り戻すには歴史を学ぶしかない。

本書は、平成十九年四月に逝去された名越二荒之助先生の晩年の構想を弟子の拳骨氏が引き継いで書き上げたものだ。

その構想とは、明治から昭和までの武士道の物語を後世に伝えることであった。

「日本人は戦後、日本の否定的な面ばかり教えられてきたが、日本には武士道という美徳がある。武士道といえば新渡戸稲造の『武士道』を思い出すが、新渡戸武士道は一八九九(明治二十二)年に書き終えたもので、その後の日清・日露両戦争や昭和の大戦での武士道は描かれていない。その時代にこそ武士道に基づいた感動のエピソードがたくさんあるのに・・・・・。先人たちの武士道精神―――二十一世紀の若者たちに、ぜひこれだけは伝えたいですね」(名越氏の言葉、本書「あとがき」より)

生前の”名越節”がここに蘇ったかのごとく、珠玉のエピソードが綴られている。その内容は本書を読んでもらうしかないが、韓国の女性の小学校校長の話は身につまされた。彼女の夫は特攻隊員として沖縄で戦死した。朝日新聞の記者が取材に訪れ、「日本の軍国主義がご主人をダマして申し訳ないことをしました」と言ったところ、日頃温厚なその校長は激怒して「私の主人はダマされるような人ではありません!自分の意思で特攻隊として出撃したのです。ダマされたというのは、人間に対する侮辱です」

戦後、いかに歴史の真実が歪められ、それによって、当時を生きた人々の誇りや思いが踏みにじられてきたことか。

名越先生の薫陶によって歴史の真実に触れ、日本人としての誇りを取り戻した人は多いだろう。これからの国を担う若い皆さんにぜひとも読んで欲しい本である。
この本の帯には櫻井よしこ氏も推薦文を寄せておられるので引用します。

敗戦を機として、戦後の日本人は過去を忘れ、現在のみを見詰めて生きてきた。いま必要なのは、置き去りにしてきた日本の歴史を学び、真の意味で己れを知ることである。歴史を知らない人間は何者でもない。

日本の歴史を知らない人は日本人ではない。

この書は、日本人とはどういう人々であったか、如何に畏敬(いけい)すべき人々であったかを教えてくれる。



武士道について書かれた本は幾つもありますが、新渡戸稲造以降の昭和の武士道について論じられているのは本書だけだと思います。未読の方は是非読んでみて下さい。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

詳しい視聴方法については、下のバナーをクリックして下さい。
日本文化チャンネル桜
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>おいどんさん
是非この「武士道のこころ」を購入して下さい。間違いなく良書です。
名越先生は本当に立派な方でしたよね。亡くなれたのは私も大変残念に思います。
2008/05/30(金) 00:18 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
こんにちは。今日、自衛隊駐屯地の購買へ仕事で行ったんですが、この本を見つけました。あさってまで仕事で行くのでこの本を買おうと思います。名越先生には、福岡の生長の家に呼んで講演をお願いしたことがあります。亡くなられて残念です。
2008/05/28(水) 23:20 | URL | おいどん #-[ 編集]
名越先生
お久しぶりです。
最近はブログも更新せずに動画編集ばかりやっておりました。

名越先生は、あの飄々とした語り口が好きでした。
史実は我々にとって反省すべき点を多く教えてくれますが、誇れる点もそれに負けないくらいあることを日本人は意図的に無視してきました。
これからはそれも子供達に教えていかねばなりませんね。

ところで、これにも関係ありますが、「アサヒる」(都合よく捏造する)と云う流行言葉があります。この語源は上のことを教えることを悪とした勢力の親玉である朝日新聞です。
この言葉を更に流行らせて朝日のおかしさを知らしめ、新語発端のチャンネル桜を応援するために動画を有志で作りましたので、ご紹介いたします。

【中華編】祝・流行語大賞『アサヒる』
http://jp.youtube.com/watch?v=T8xkeXrZDpk

【包囲網編】祝・流行語大賞『アサヒる』
http://jp.youtube.com/watch?v=uKm2Chik3Go

上記2点の動画内容にご賛同いただけましたら、評価、お気に入り追加、コメント等くだされば幸いです。

お目汚し失礼いたしました。

2007/12/25(火) 14:48 | URL | kousotsudr #MZh4oN5Y[ 編集]
読み始めたところです
ブログ更新よかったです。(^_^)
ちょうど読み始めたところなので読み終えたらまたコメントします。
日本伝統精神の復興よ成れ!と思いますね。
2007/12/24(月) 17:04 | URL | さくらこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/362-8cf186ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 最近マスコミにおける皇室の方々への敬称・敬語について簡略化の傾向があり、中には「それは無礼であろう」というようなもの(特にアサヒやマイニチ)が目について気になります。 ...
2007/12/24(月) 13:09:37 | 平成更級日記