『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
今回は、社団法人実践倫理宏正会発行の『倫風』12月号より、渡部昇一氏(上智大学名誉教授)の書かれた論文を引用します。


◎ガッツ

■「精神」を表す言葉

英語には「こころ」とか「精神」を示す単語がいくつもある。それぞれ起源は違うのだが、日本語と応じているものもある。

まず人間の精神と言えば、「知力」ということになるが、これはmind(マインド)である。この語源はmental(メンタル)と同じだ。メンタル・テストというのは知能検査であるが、これはマインドの能力をためすことである。マインドのありかは「頭」である。「頭がよい」というのは知力が優れていることを意味する。そのうち解剖学が発達してきて、知力は単に「頭」ではなくて「脳」だということになった。これが、brains(ブレインズ)である。複数形なのは、解剖してみると右脳と左脳の二つあったからだという理由らしい。この頃は「頭がよい」という形容詞にbrainy(ブレイニー)が使われているのがしばしば目につく。「頭がよい」では足りずに「脳がよい」というわけだ。

ところが人間の精神は「知力」だけではなくて、「思いやり」とか「情け」という働きもある。その場合の精神のありかは心臓、つまりheart(ハート)だ。驚いたり、恋をしたりすると心臓がどきどきすることは万人の体験するところであるから、心臓とそういう精神活動が深い関係にある事は明らかだ。英語辞典でもハートには「心」という訳語も与えている。

ところで「知」でも「情」でもない精神の働きに「勇気」というものがある。普通、英語では勇気をcourage(カレッジ)というが、これは元来、ラテン語の心臓(cor:コル)から出ている。「心臓が強い」というような言い方もあるのだから、心臓と勇気を結び付けてもおかしくない。しかしこの頃の英語では勇気に関係がある精神の働きを示すのに、guts(ガッツ)を使うことが断然多いように思う。ガッツは複数形になっているが、「腸」のことである。「ガット線」といえばヴァイオリンなどの弦のことで、腸線とも言う。近頃のアメリカ人は勇気を示す時、精神は腸のあたり、つまり腹にあると感じているらしい。日本でもこの頃では、臆病な人を「あいつはガッツがない」などと言うようになった。「頭がよい」、「心がやさしい」、「肚(はら)が据(す)わっている」など、日本人も精神の働きはだいたい三つあると考えているようである。人体の基本構造に東西の違いがあるわけではないのだから、日本語と英語で似たような表現になってもおかしくない。

■今の教育には「ガッツ」が欠けている

こんなことを改めて考えさせられたのは、今年九月中旬の安倍総理大臣の突然の辞任である。安倍さんとう方が「心優しい」人柄であることは昔の同級生の間でも知られていたようだ。安倍さんの出た学校は、みんな仲良く助け合うような校風であったと、そこの卒業生から聞いたことがある。

安倍さんの知力、つまり「頭」はどうか。日下公人(くさかきみんど)氏のような知力の優れた人でも、「安倍さんは他の政治家を雲に例えると、その上に聳(そび)える富士山のような高い見識の人だ」という趣旨のことを言っているほどである。確かに安倍さんの著書『美しい日本』を見ても、驚くほど広い知識と、高い見識がそこに示されていることがわかる。

安倍さんは「頭」もよく、「心(臓)も優しい」人だった。その見識に従い―――政治的に違う立場の人が多くいたとしても―――いくつかの重大な法案を成立させている。内閣がいくつ潰れてもおかしくないような戦後の重大懸案を解決した。防衛庁を省に昇格させたのもその一つである。防衛の責任者が閣議に出席できない国はないはずだから、それまでの日本が異常だったのだ。また教育基本法の改正については、この法律が出来たときは、まだ教育勅語があったから、旧基本法では教育における道徳面がなくてもよかった。その後教育勅語が排除されたので、改正は必要だったのである。また官主国家を民主国家にするためには、公務員法の改正も避けられないものだったろう。いずれも反対の多い難件であるが、日本を普通の国にするための必要条件と安倍さんの知力は認識していたわけである。

しかい相次ぐ閣僚の不始末や、参議院選挙の大敗は安倍さんの健康を害するに至った。どの部分の健康かというと、それは胃と腸との問題だと報道されている。前から安倍さんは胃腸に問題があると言われていたが、それが悪化したらしい。正にガッツ(腸)の機能不全が、安倍さんに政治を担(にな)い続けてゆくというガッツ(勇気)を失わせたのだ。安倍さんは頭も心臓もよかった。しかしガッツに問題があったのである。

生理的な症状はともかく、「肚(はら)」と昔の日本人が言ったガッツは、人間にとって極めて重要なものである。今の教育は、「知」を伸ばし、「情」の優しい人間を作るのには熱心だが、「肚」を作る教育はどうだろうか。

戦前の教育は少なくとも男の子には肚が大切だということを教えていた。ましてや武士の世界では「肚を据える」ことを第一に教育してきたはずである。戦後の教育は肚を軽視してきたのではないか。「肚のない」つまりガッツレスとは「臆病」ということだ。外国では今でも男の美徳の第一はガッツである。(終)


私自身、肚が据わってガッツがあるとは言い難いので、少々耳の痛い話でしたが、渡部氏の言われるように、ガッツというのは人間にとって重要なものだと思います。ましてや一国の首相になるような方には、何よりガッツが重要だと思います。安倍前首相は、頭(マインド)も心臓(ハート)も良かっただけに、ガッツに問題があったことが惜しまれます。このマインド、ハート、ガッツの三拍子揃った人物が我が国のリーダーとして現れれば良いのですが、果たしてそういう人物がいるのかどうか・・・。難しいことだと思います。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

詳しい視聴方法については、下のバナーをクリックして下さい。
日本文化チャンネル桜
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>tonoさん
安倍氏は、tonoさんの言われるように憂国士だったのですが、ガッツに欠けていたのが残念でした。
そして今は、マインド、ハート、ガッツ、どれも持ち合わせていそうにない福田氏が首相です。そのせいで、沖縄の集団自決を巡る教科書記述が書き換えられようとしていますし、人権擁護法案も復活する気配です。
福田氏には、早く退陣してもらうことを願うばかりです。
2007/11/30(金) 13:46 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
こんにちは
 私もガッツがある方ではなく、肝の細い人間ですが、やはり、肝は必用ですね。
 安倍さんは憂国士であったかも知れませんが、政治家の要素に欠けがあったと言うことですね。

 ちょっと違うかもしれませんがTBさせていただきます。
2007/11/29(木) 12:02 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
>さくらこさん
「思いやり」も大事ですが、「肚を据える」「勇気を持って行動する」ということも大事で、これが戦後教育ではすっぽり抜け落ちてしまっているのは問題ですね。
工藤艦長のような方がいたのも、教育の場や両親からそうしたことを教えられていたからこそですものね。
それから、お気遣いありがとうございます。これからの季節は、体調管理の難しい時期なので、気をつけて過ごさなければと思っています。
2007/11/26(月) 22:18 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
ご無沙汰しています。ずいぶん秋が深まってきました。

今の道徳教育は「思いやり」一辺倒で「肚を据える」「勇気を持って行動する」ということが抜け落ちています。
戦前戦中の人々には確かにあったとても大事なことです。
「しゃばだば国史帖」さんのところで紹介されている恵さんの著作「敵兵を救助せよ!」を映像化したテレビ番組をみました。
工藤艦長の決断と行動は肚の据わった勇気あるものでした。
ちょうど相対するよい記事に出会い嬉しく思いました。
spiralさんは肚の据わった活動をしておいでです。寒さに向かう折からどうぞお体お大切にご活躍ください。
2007/11/24(土) 09:24 | URL | さくらこ #.6mkpTYk[ 編集]
こんにちは。
安倍前首相の評価というのは数多く観てきましたが、これほど深い洞察に基づいた、納得のいく分析は初めてです。
書きたいことはまだあるのですが、いずれ。
2007/11/24(土) 08:07 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/355-e967c4bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
氷川清話 (角川文庫ソフィア)(1972/04)勝部 真長、勝 海舟 他商品詳細を見る 「まあお聴き。」と語り始める勝海舟の話は、落語のようで気楽に読むことができる。しかも、その内容は、...
2007/12/07(金) 19:15:42 | 本からの贈り物
 産経新聞によると、宮崎県の東国原知事が、県民との座談会で、 『僕は徴兵制はあってしかるべきだと思っている。若者は1年か2年ぐらい自衛隊か、ああいうところに入らなければ...
2007/11/29(木) 11:58:30 | 切捨御免!トノゴジラの放言・暴言
 皇位継承の考え方を巡っては、秋篠宮悠仁親王殿下のご誕生以降国会の場ではほとんど進展が見られなくなりましたが、根本的に皇位継承問題が解決されたというわけではありません。...
2007/11/23(金) 23:27:51 | 平成更級日記
前回の更新から早くも3ヶ月も過ぎていました。 相変わらず忙しいと言い訳のように繰
2007/11/23(金) 16:53:02 | 田舎の神主の学び舎