『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
今回は、産経新聞のコラム欄『断』(平成19年9月2日)より、潮匡人氏の書かれたものを引用します。

■大臣たるべき礼節を

内閣改造については、すでに多くが語られている。改造の中身は評論しないが、小欄なりの小言を申し上げたい。

国旗が掲揚された官邸内の会見場では、新閣僚が入れ替わり抱負を語った。もし自衛官なら、入場の際、必ず国旗に正対し、頭を下げる「10度の敬礼」をしたであろう(着帽時には挙手の敬礼)。

もちろん文民たる大臣は自衛官とは違う。小欄も角度を問題にしているわけではない。ただ中継映像を見た限り、国旗に然るべき礼節を示した新閣僚は少なかった。国旗の前を素通りした(としか見えない)新閣僚も相当数いた。

多くが、国旗国歌法を制定し、教育現場での国旗掲揚を求めた国会議員である。

「隗より始めよ」ではないだろうか。これでは、新閣僚が会見で語った「国のため」云々(うんぬん)の抱負も空疎に響く。

さらに違和感を覚えたのはが、皇居内での認証式の光景だ。さすがに全閣僚が天皇陛下に深々と首を垂れていた(自衛官なら「45度の敬礼」)が、問題は頭を上げたタイミングである。

もし自衛官であれば必ず、答礼された陛下が頭を上げられた後に、自身の頭を上げたであろう。平素からそう教育されている。順番を間違えれば、重大な欠礼となる。

その点では、ほぼ全閣僚が陛下に対する礼を欠いていた。「天皇は、日本国の象徴」(憲法一条)である。大臣の「臣」は臣下の「臣」。これでは君臣の上下が逆転している。文字通り、失礼な態度であろう。

晴れの場だからこそ、普段の姿勢が現れる。以上、元自衛官として感じた疑問である。(評論家 潮匡人)
■■■■■■■■■■■■■■■■
潮氏の指摘はもっともで、大臣になろうという方は、国民に範を示す立場であることを自覚し、きとんと礼節を守ってもらいたいです。(体調不良のため、短い記事で失礼します)



※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後9時~午後9時30分 午後11時~午前1時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

詳しい視聴方法については、下のバナーをクリックして下さい。
日本文化チャンネル桜

☆ネットブロガー有志の方々により、「河野談話」の白紙撤回を求める運動が始まりました。趣旨にご賛同いただける方は、ご署名をお願いします。署名は下記バナーをクリックすれば行えます。
河野談話.com



☆拉致問題解決へ向け、署名をお願いします。用紙は下記アドレスよりダウンロードできます。http://www.sukuukai.jp/img/syomei200604.pdf


☆新しい「草の根保守」の運動が始まっています。ご参加下さい
「立ち上がれ!日本」ネットワーク


☆第6回もうひとつの戦争展
「白人の植民地支配を覆した日本」報告サイト
※是非ご覧下さい!
http://www5c.biglobe.ne.jp/~n-aichi/gyoji/6sensouten/index.html
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>諦観さん
諦観さんの言われるように、根無し草になってはいけないので、日教組などの組合の抵抗は根強いと思いますが、是非とも教育の場でこうした礼節を教えてもらいたいですね。
そして、、国家の指導者も自ら率先してその模範となるべく身を持していかねばなりませんね。
2007/09/12(水) 16:42 | URL | spiral #-[ 編集]
もうかなり昔のことになりますが、埼玉県の大宮球場で日韓高校野球親善試合があり、試合前に両国国旗掲揚、国歌吹奏の儀がありまして、韓国側が毅然と礼節をもって対応したのに、我国の方は観客も含め、まったくどうにもならない体たらくでした。
私は、ただ一人恥かしがる息子を叱って当然の対応をしましたが、我国の日教組による亡国の教育がここまで国民を堕落させたのかと憮然たる思いをいたしました。
自国であれ、他国であれその国を象徴する国旗、国歌に礼節を尽くせないような国民を輩出してしまった悔やんでも悔やみきれない教育を今からでも遅くない、正常に取り戻さないと我国は根無し草となってただ漂うしかない亡国の民となってしまう。
そのためには、国家の指導者が自ら率先してその模範となるべく身を持していかねばならない。
2007/09/11(火) 22:03 | URL | 諦観 #HcyS91tQ[ 編集]
>かついちさん
本当に大臣がこれでは困りますよね。潮氏が指摘されているように、国旗に対する敬意と、大臣の「臣」は臣下の「臣」であるという自覚とを持ってもらいたいですね。
2007/09/09(日) 17:20 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
そういえば
国旗に一礼する閣僚はいなかったですね。言われるまで気づきませんでした。
国旗に敬意を表せよとずいぶん粘っていた方々のような気がしましたけど、やはり現在の日本人の姿を自ら示されていますね。情けないことです。
陛下に対する礼もことごとく失礼極まりないですね。これが日本国を代表する大臣なのか・・・と思うと絶望を感じます。
やはり国民に道徳がどうとか倫理観をどうとか言う前に大臣や政治家自らその範を示していただかなければなりませんね。
2007/09/07(金) 16:10 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
>ハハサウルスさん
お気遣いありがとうございます。私の体調の方はまだイマイチです。早く暑さが過ぎてくれるといいのですが。
「恐らく自覚すらないのでしょうが」とのご指摘は、私もその通りだと思います。閣僚になる方がこれでは困りますよね。今は政治家のお金のことばかりが騒がれていますが、こうした礼節を欠いた姿勢こそ取り上げられるべるきだと思います。

>milestaさん
milestaさんの言われるように、今の日本ではこうしたことを習う機会は殆どないですから、学校で式典の練習をするときに習うのが一番いいと私も思います。
2007/09/07(金) 13:36 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/06(木) 21:20 | | #[ 編集]
潮さんは、こういう核心をついたコラムをよく書かれますね。

>多くが、国旗国歌法を制定し、教育現場での国旗掲揚を求めた国会議員である。

これが問題ですね。しかし、私も国旗がある場所に頭を下げてから入るということは、咄嗟には出来ないと思います。自衛隊は、きちんと訓練を受けていますけど、一般人は学校でも、どこでもそんなことを習う機会すらないのですから。
本当は学校で、式典の練習をするときに習うのが一番でしょうが、先生方があれですから、まずは保守系の政治家に自主練してもらったほうが良いかもしれません。

お体お大事になさってください。
2007/09/06(木) 09:17 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
衣食足りて…
ご無沙汰しております。お身体の具合は如何ですか?まだ蒸し暑い日が続いていますので、お大事になさって下さいね。

現閣僚の礼節を欠いた姿(恐らく自覚すらないのでしょうが)は、今の日本の礼に対する姿の象徴かもしれませんね。「衣食足りて礼節を知る」ではなく、「衣食足りて礼節を忘れる」ということなのでしょう。礼を守る姿は、堅苦しいというより「美しい」はず。時と場合によって“すっと形になる”ということを、もう一度私自身も考えなくてはならないと思いました。日本の顔ともなる閣僚の方々にも、政局も大事でしょうが、是非考えて頂きたいものです。

私事ですが、ブログを再開させて頂く事に致しました。その時々に思ったことを、気軽に書かせて頂こうと思います。お時間のおありになる時にでもお立ち寄り頂ければ嬉しいです。
2007/09/05(水) 22:52 | URL | ハハサウルス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/330-d6890c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック