『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
先日の参院選では、自民党の歴史的大敗に終わり、マスコミや民主党、あるいは与党内からも安倍総理の退陣論が出ていますが、私は、安倍総理が退陣せず、続投を宣言したのは真っ当な判断だったと思います。西村眞悟衆議院議員のメルマガにそのことが分かり易く書かれていたので引用します。


■今こそ、国家基本問題に取り組む好機
No.300 平成19年 7月30日(月)
西 村 眞 悟

昨二十九日に投票の参議院選挙の結果はご承知の通り。自民大敗・民主大勝。この事態を受けて、評論は評論家に任せて、以下の通り述べておきたい。

安倍総理が内閣を維持し続けるのは当たり前である。その判断は極めて正しく妥当である。
 
参議院で法案を否決されたから衆議院を解散した前任者がいたが、これは両院制の本質・原則に反して疑義のあるところであった。
同様に、参議院の選挙結果で衆議院の土台を無視し放棄してはならないのだ。
では、その無視し放棄できない衆議院の土台とは何か。
これは、先月六月の通常国会会期末に野党が提出した、内閣不信任案がどうなったかを見れば明らかであろう。
この内閣不信任案は否決されている。即ち、つい一ヶ月前に、現内閣は衆議院で信任されているのだ。その衆議院の構成は、一ヶ月前と変わっていないではないか。
 
なるほど、近くに、橋本総理が参議院選挙の敗北を切っ掛けに辞任したことがある。ところが、これは、党内事情のなせる結果である、と本人も述懐している。曰く、辞めなければ党内がもたなかったと。
しかし、公的なプロセスを経て構成された内閣を党内事情で放棄することは、公的地位を私物化することであり妥当な判断ではなかった。

民意が乗り移ったかのような顔をして総理大臣に、「辞任するかしないか」を尋ねる解説者・評論家が昨夜からマスコミに登場しているが、安倍総理の辞任しないという発言は極めて正しく当たり前だ。

そもそも、参議院の選挙は、総理大臣が辞任するかどうかを決める選挙ではない。それを決める選挙は衆議院である。
政治体制が異なるとはいえ、アメリカ大統領に中間選挙の敗北の結果を受けて辞任するかどうかを質問すること自体馬鹿げている。辞任しないに決まっているからだ。
なるほど、中間選挙の結果、大統領の議会運営に影響が出ることや、政策が変化する可能性があることなどは、質問され評論される。しかし、辞任するかどうかの質問はない。考慮の範囲外である。
我が国の参議院選挙は、このアメリカの中間選挙と同じである。

さて、この度、「国政選挙」が行われたのであるという当然のことを振り返ろうではないか。
そうすれば、選挙の最中には意識していなかったことが分かる(意識しなかったのは、情報操作の結果か)。

 先ず、第一党になった民主党は、多くの新人を抱えることになった。そこで、この新人達を擁するところは、拉致被害者救出問題に如何に取り組むのか、自衛隊を軍隊にするのか、国防に如何に取り組むのか、憲法を如何に考えているのか、靖国神社に参拝するのか、台湾は中国に併合されて良いのか、等々、統一見解を出せるのであろうか。
確かに彼らは、「年金への怒り」は共有したであろう。しかし、年金への怒りだけで国防や教育の改革はできない。
結局、この度も、国政選挙に不可欠な国家的課題を回避した選挙の結果がでているにすぎないのだ。
 
振り返ってみれば、この度のような現象は初めてではなく、繰り返されているのではないか。
平成に入ってすぐに、「山が動いた」という参議院選挙があった。消費税絶対反対選挙だ。
しかし、その選挙で通った議員も含めて、今や、野党から福祉のために消費税率を引き上げようとの意見が出る事態になっている。では、一体あの結果は何だったのか。
また、衆議院では、選挙の度に、七十名ほどの風のような新人議員がでる。前々回は民主党に七十名ほどの新人議員がいた。ワンダーランドだった。前回は自民党に七十名以上の新人が生まれた。これを確かキンダーガーデンと呼んだ。
そして、この参議院選挙では民主党に新人が大量発生した。何と呼ばれるようになるのだろう。

そこで、安倍内閣の使命は何か。それは、今こそ、国家的課題・国家的懸案事項を掲げ貫くことである。その他の課題は、参議院第一党に任せるよ、という度量でよい。
しかし、発足以来掲げてきた国家的課題は、今こそ、初心に戻って掲げ続けることが安倍内閣の使命である。この度の参議院選挙の結果が、この使命を際だたせることになった。安倍さんには、この使命の為に内閣を力強く維持すると強調して欲しい。

ところで、こういうと、参議院では第一党は民主党だから、議会は通らないという意見が出る。
その意見に対して言う。
なるほど、「年金への怒り」では一致団結した第一党の固まりであるが、国家を如何に防衛するか、国民の命を如何に守るか、という国家基本問題に関しては、集団として何ら意見の表明の見えない塊ではないか。意見の見えない、または意見のない集団に関しては、数が多いとか少ないとか考えても意味がない。
仮に、国家基本問題が参議院で否決されたとしても、衆議院の三分の二で再議決されれば国会を通過する。些細な問題ではなく、国家基本問題を処理して緊急重大な課題を克服する為にこそ、この再議決制度がある。
従って、使命のために堂々とこの制度を使うことができるという歴史的な立場に、安倍内閣は立ったのである。何ら、怯むことも恐れることもない。
安楽な体制が与えられれば、馬鹿でも政治ができる。政治家はいらない。真の政治家とは、困難な体制の中で使命を果たす者のことである。これほど、我が国を取り巻く情勢は厳しさを増し続け、緊急事態が迫っている。

よって、以上の通り、今回の参議院選挙の結果が、かえって、国家基本問題解決・戦後レジームからの脱却を掲げて発足した安倍内閣が、その使命を再度確認して力強く出発する切っ掛けになれと、国家のために念願する次第である。

なお、本日から、堺市役所一階ホールで、拉致被害者の救出を広く訴えるための写真展が開かれた。選挙投票日の翌日の正午から始まった写真展である。「国政選挙」において語られることの無かった拉致被害者救出を願う同志が、選挙の最中に汗を流してコツコツと呼びかけ準備してくれた写真展である。

国家的課題にあくまで取り組み続ける堺そして泉州・河内の同志を誇りに思う。

                                    (了)


今回の選挙結果は、朝日新聞などのマスコミや、北朝鮮を喜ばせるものでした。その上退陣するということになれば、そうした勢力や、あるいは自民党内で安倍総理のことを快く思っていない方々に利するだけで、何もプラスはありません。日本が益々悪い方向へ進むだけです。
安倍総理には、反省すべきは反省し、決意新たにこの困難に立ち向かって頂きたいです。そして、拉致問題の解決と、戦後レジームからの脱却を成して欲しいです。

もう一つ、あやふやな対応に終始している米国下院議会の「従軍慰安婦謝罪決議」に対しても、事実無根のいいがかりですから、日本政府として怒りの姿勢を表し、断固抗議して貰いたいです。父祖の顔に泥を塗られて黙っている安倍総理でないことを信じます。

今回の選挙、私個人は安倍総理は選挙の戦い方がまずかったなと思いました。年金問題にしても、これは旧国鉄と同じで、自治労が悪いのですから、そのことを国民に伝え、これを「潰します!」ぐらいのことを言っても良かったのではと思います。ついでに言うと、教育問題でも日教組が悪影響を及ぼしているのですから、これを伝え、こうした「『敵』をやっつけます!」と言えば、国民にも分かり易く、また感情移入もしやすかったと思います。
そして、こうした団体を支持母体としているのが民主党ですから、果たして民主党に政権を委ねるのが真っ当な判断なのか、国民も考えたと思います。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後9時~午後9時30分 午後11時~午前1時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

詳しい視聴方法については、下のバナーをクリックして下さい。
日本文化チャンネル桜
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アドレス変更のお知らせ
ご無沙汰しております。
急ですが、ブログのアドレスを変更しました。
新アドレス↓
http://blog.livedoor.jp/fumiko10/
今後とも宜しくお願いいたします。

なでしこ通信 ふみこ

2007/08/08(水) 17:49 | URL | ふみこ #-[ 編集]
>諦観さん
西村議員のような、正論を唱える方にこそ首相になってもらいたいですね。
今回の選挙結果がマスコミのミスリードというご指摘も、その通りだと私も思います。国民がもっと賢くなって、マスコミに踊らされないようにしなければならないと思います。そして、マスコミこそが戦後レジームそのものであり、だからこそ、戦後レジームからの脱却を唱える安倍内閣をここまで批判するんだということを知らなければなりませんよね。

>ハハサウルスさん
私もマスコミの報道にはうんざりしました。改めて、既存マスコミの程度というものが分かりましたよね。
そして、今回の敗戦が、ハハサウルスさんの希望的深読みの通りだといいですね。(^o^;
小沢氏については、石原慎太郎東京都知事が、WiLL9月号に「小沢総理なんてまっぴらだ」という論文を寄せていましたが、ほんとにまっぴらですよね。
2007/08/07(火) 16:04 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
光も
今回の選挙、もう気分の悪いこと、選挙速報のマスコミ各社の反応も不愉快で(でも観てしまいましたが…)、その後もまぁマスコミ(特に朝日系列)の勝ち誇ったような報道にうんざり。民主系の当選者の中には「おいおい」と選挙民の認識を疑いたくなるような方々の名が…。はぁ~とため息をつきたくなりましたね。
本題の件ですが、安倍さんの続投、当然です。西村氏の仰る通りで、感情に流されて大義を見失ってはいけません。幹事長は敗戦の責任を取って辞めるのは仕方のないことでしょうが、安倍さんにはここは踏ん張って頂かないと。でも、確かに選挙戦略のまずさは否めません。わざと下手に出たようにさえ思えてしまいます。しかし、悪いことばかりではなく、自民党内の反安倍派は勢力がぐ~んと小さくなりましたから、身内の敵は減ったわけです。「肉を切らせて」だとしたらまぁ今回の敗戦、実は長~いスタンスで考えた戦略の一通過点かも、などと希望的深読みをして、自分の気持ちを落ち着かせています。
今日明日のパンが大切なのもわかります。しかし、人は「パンのみにて生くるにあらず」です。目先にぶら下げられたパンに囚われ、そのパンを持つ人物が何者であるかに気づかなければ大変なことになります。小沢氏が自民党時代に為してきたこと、その後の動向、信用するに足らずです。(ただしお金集めと選挙はお上手)政権交代の意味をもっと国民がよく考えないといけないのではないでしょうか。
2007/08/06(月) 23:20 | URL | ハハサウルス #-[ 編集]
第四権力の監視を
西村議員ほど我国のために正論を堂々と展開してくれる議員はおりません。いつの日か総理大臣になってもらいたい人だ。
今回の選挙結果ですが、大東亜戦争のときと同じようなもので、マスコミのミスリードそのものです。
参議院選挙の争点を年金問題に矮小化し、戦後レジームの脱却に戦々恐々としているマスコミが総力挙げて安倍潰しに邁進した結果、大東亜戦争のときと同じように国民がそのマスコミの誘導に乗ってしまった。
第四権力といわれているマスコミの監視を国民が行わず、それに付和雷同するが如きは、国家の行く末を危うくするものである。
土井高子の”山が動いた参院選”の時以上の混乱必至であるが、国民は自らが選択した結果を甘んじて受けねばならない。
「君主国家は君主の堕落により崩壊し、民主主義国家は民衆の堕落により滅亡する。」といわれているが、
願わくば、安倍首相が既定の八方美人的戦術から脱却し、本来の保守主義に立ち返り、我国の為に内外の難敵となりふり構わず敢然と戦われんことを。
2007/08/06(月) 22:14 | URL | 諦観 #HcyS91tQ[ 編集]
>milestaさん
ここまで大敗したのですから、これでかえって独自性を出してやれるのではないかと思います。頑張って欲しいです。

>sesiriaさん
sesiriaさんの言われるように、安倍総理は綺麗に戦おうとしていたのかもしれませんね。小泉元首相のように、国民の前に倒すべき敵を示し、「これをやっつけよう!」と言えば国民も支持したと思うのですが、残念です。
この困難に負けず、これまで通り、拉致問題解決や戦後レジームの脱却を目指して頑張って欲しいです。

> 路傍乃赤猫さん
安倍総理には、逆風に負けず頑張ってもらいたいですね。

>sowjunさん
年金問題にしたって、安倍総理が悪いわけではないし、大臣の失言等にしても、任命責任はあるにしても、安倍総理自身が失言したわけではないですしね。
この参院選の結果によってブレることなく、ご自身の信念を貫いて欲しいですね。
民主党の小沢氏が、解散総選挙に追い込もうとしても、安倍総理はそう簡単に解散はしないと思います。これ以上小沢氏の思うような事態にさせてはなりませんよね。

>さくらこさん
私も、安倍総理がこれまでやってこられた事を訴えることができたら、国民は支持したと思います。マスコミによって作られた逆風によって、それが出来なかったのは残念です。
安倍総理には、これを機にリーダーとして毅然とした態度をとって貰いたいですね。

>tonoさん
安倍総理続投の判断は当然だと思いますが、マスコミや野党はともかく、自民党内からも退陣の声が出ているのには困ったものですよね。西村議員の言われている正論を分かっていない方が多いのでしょうね。情けない限りです。
國神社参拝は、是非とも行って欲しいですよね。
2007/08/03(金) 22:03 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
安倍総理続投
 当然でしょう。
 他に、誰がやるんですか?
 これで安倍総理は、引くも進むも針の上ですから、留まれば痛いだけです。
 社会保険庁の解体に小沢民主はどうでるか?自治労を12人も抱えて、解体せずに、きっちりやるはなかなか国民が納得しないですね。
 イラク特措法、テロ特措法、反対廃止だけじゃあ脳がないですが、どうしますかね?
 安倍さん、もう留まる必要がありません。
 8月15日、秋の例大祭、國神社を参拝して下さい。
 日中関係正常化の為?に、台湾と国交を再開し、国連加盟を支持してはどうですか?
 驚くのは、中国より米国かも知れないけど。
2007/08/03(金) 17:50 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
安倍総理の原点の拉致問題への取り組み、靖国参拝、公務員、官僚の横暴を正す、憲法無効から新憲法の制定、戦後体制の打破とこれまでやってこられたことをよりわかりやすく訴え果敢に攻めたらまともな国民なら拍手喝采になると思います。
横柄な態度で日本文化や伝統を屁とも思わず蹂躙する横綱が進退窮まったようにアメリカにも中国にも北朝鮮にもこちらの真摯な態度をぶつければいいのです。
安倍総理、しっかりがんばってください。
日本国をしっかり考えるものはどこの党であれ誰であれ毅然たる態度を取るものを応援すると思います。 
2007/08/03(金) 10:27 | URL | さくらこ #-[ 編集]
どもです!^^
安陪総理が悪いわけじゃないもんな。
まわりが足引っ張っただけ。安陪総理はかなりデキる人だと思うぞ。
ぱっとしないだけで、総理になってからの実績は結構あるし。
今回の選挙もどう見たって売国奴党たちとマスゴミの陽動だし。
うちの沖縄からは野党の力で糸数が当選してしまったからかなり危険を感じている。ふたたび沖縄ビジョンが出ない事を祈るばかりです。
次期候補で小泉さんを再びという声があるようですね。
当時はあれほどバッシングしたくせに。やはり、何も知らない、知ろうとしない国民は勝手です。
マスゴミの陽動も悪かったですが、そういう陽動に簡単にひっかかるような思考停止になっている国民もまずいかもしれません。
自国の大事な問題なんだからしっかりみんなで考えましょう。
小沢どうするんだろう。解散総選挙に追い込むのかな。
時間かけずに、今のうちなら勢いがあるから解散させて選挙となると衆議院も議席とられそうで怖いーー;
2007/08/03(金) 00:56 | URL | sowjun #-[ 編集]
私もspiralさんの考えに同意いたします。左右問わず吹き荒れる逆風の中だからこそ安倍総理には頑張ってご自身の思いの丈を「声」に「形」にしてぶつけて欲しいと思っています。
2007/08/03(金) 00:31 | URL | 路傍乃赤猫 #3LHm8wtc[ 編集]
私もそう思います。年金問題はなにも安倍政権の失敗ではないのだから
自治労、社保庁のあきれた実態をもっと効果的にどんどん国民に
知らせるべきだったし、そうするんだろうと思っていたらそうではなかった。何故なんだろう?綺麗に戦いたかったのかそれとも有能な参謀が
皆無なのか。
私ももう、こうなったら自分の
信念を貫いてほしい。
選挙結果を受け、拉致被害者家族の有本さんは涙ぐんでおられました。
本当に、国民はそういう方達の事も
考えたでしょうか。
彼等は安倍さんだけが頼りなんです。小沢民主が政権取って
そういった問題を進展させられますか?
2007/08/02(木) 19:13 | URL | sesiria #flPMGraQ[ 編集]
spiralさんの仰るように、安倍首相は、遠慮しないではっきりとご自分の信条とそれに基づいた政策を仰ってほしいですね。語らないことで誤解されている部分もあると思います。
特に「小泉の後継者」という印象を左右どちらからも持たれているようですが、これがマイナスに働いている気がします。もっと独自性を出してもいいのに、と歯がゆく思います。

2007/08/02(木) 10:08 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/321-06112865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 8月に入り、新しい生活がスタートしましたので、気分を一新し、タイトルとテンプレートを新しくしました。 今も自分の中ではいろいろと構想を練っているところですが、よりわかりやすく読んでいただけるブログを目指
2007/08/02(木) 11:34:17 | 平成更級日記