『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
米下院で慰安婦決議案が可決されました。以下、関連ニュースを引用します。

■米下院委、慰安婦問題で決議案可決

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3595806.html

動画を他のプレイヤーで見るWMP高 WMP低 Real高 Real高  旧日本軍によるいわゆる従軍慰安婦問題で、アメリカ議会下院の外交委員会は26日、日本政府に正式の謝罪を求める決議案を賛成多数で可決しました。

 日本政府は既に謝罪していると何度も反論してきましたが、決議案は賛成39・反対2の賛成多数で可決されました。

 「日本政府はこれまで通り、既に謝罪したので必要ないというだろうが、今日の党派の枠を越えた決議は、謝罪が必要だという事を物語っている」(民主党、マイク・ホンダ議員)

 決議案の共同提案者は当初は6人でしたが、慰安婦募集時の日本軍の強制を否定した安倍総理の発言などをきっかけに賛同者が増え続け、現在は下院全体の3分の1にあたる148人の議員が名前を連ねています。

 更に、今月になって、自民、民主両党の国会議員を含むグループが、ワシントンポスト紙に決議案に反論する全面広告を掲載した事が火に油を注ぎました。

 「日本の一部の人々が歴史を歪め、被害者いじめを続けている事は、非常に気がかりな事である」(ラントス下院外交委員長・民主党)

 日米双方の政治に詳しい専門家は、政治家同士が細かい歴史の事実を争うべきでない、と警告しています。

 「(歴史問題で)他国との和解を求めるなら、政治家は手を引き、歴史の白黒をつけようとしない事だ。歴史とその分析は研究者に委ねるべきだ」(米戦略国際問題研究所、マイケル・グリーン日本部長)

 人権問題に熱心なペローシ下院議長も26日、決議案を支持する声明を発表しており、来月にも下院本会議でも可決される可能性がますます高まっています。(27日08:42)



■「正義のための闘い」称賛=慰安婦決議案で米下院議長 (時事通信) 
【ワシントン26日時事】ペロシ米下院議長は26日、戦時中の従軍慰安婦問題で下院外交委員会が可決した対日謝罪要求決議案の本会議可決を目指すとの声明を出し、同案を提出したホンダ議員について「慰安婦支援のための疲れを知らぬ活動、世界の正義・人権のための闘いは称賛すべきものだ」と述べた。

 その上で、「日本は米国の貴重な友人であり、環境保護や世界の貧困層のための人道支援などの分野で主導的な役割を果たしているが、慰安婦問題ではなおなすべきことがある」と指摘。「過去の過ちを認識し、未来の世代を教育するのに遅すぎるということはない」と強調した。 

[時事通信社]

[ 2007年6月27日9時49分 ]


■「慰安婦」決議案、政府は静観の構え…一部議員に強い反発

 米下院外交委員会で26日、いわゆる従軍慰安婦問題に関する決議案が採択されたことについて、塩崎官房長官は27日午前の記者会見で、「政府の立場は4月の安倍首相訪米(の際のおわび表明)を含めて明らかにしている。付け加えることはない。他国の議会のことであり、政府としてコメントする筋合いのものではない」と述べ、事態の推移を静観する考えを示した。

 一方、今月14日の米紙ワシントン・ポストに、保守系識者とともに旧日本軍による「強制性」を否定する全面広告を掲載した自民、民主両党など超党派の国会議員らは、今回の決議案採択に強く反発している。

 有志議員らは「決議案は事実に基づかない一方的なもので、到底許容できない」(民主党中堅)としており、27日午後に記者会見を開いて見解を表明する予定だ。

 これに関連し、公明党の北側幹事長は27日午前の記者会見で、「日本政府の立場は河野官房長官(談話の)当時から何ら変わっていない。これまでの姿勢に誤解を生むような日本側からの発言は慎むべきだ」と、有志議員らに自制を促した。

(2007年6月27日12時52分 読売新聞)


■「アイム・ソーリー、難しい?」慰安婦決議巡り米議員

2007年06月27日10時55分(asahi.com)

 26日、従軍慰安婦問題に関する決議案が大差で可決された米下院外交委員会。元慰安婦を支援する人々が詰めかけた委員会室で、議員らは次々に日本政府の明確な謝罪を求めた。

 ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の生存者であるラントス外交委員長は「国家の真の力は、その歴史のなかの最も暗い一幕を突きつけられた時に試される」と語った。戦後、謝罪を繰り返したドイツを「正しい選択だ」と評価。一方で日本は「歴史の記憶喪失」を進めていると嘆いた。

 ラントス氏は、14日付の米紙ワシントン・ポストに掲載された日本の国会議員らによる全面広告にも言及。「強制性を示す文書はない」とした内容を「慰安婦の生存者をけがすものだ」と批判し、下院が立ち上がるべきだ、と呼びかけた。

 議員からは「ただ、アイム・ソーリー(ごめんなさい)と言うことが、なぜそれほど難しいのか」(民主党のスコット氏)といぶかしむ声も。一方、決議案に反対した共和党のタンクレド議員は「日本の過去の過ちについて今の政府に何度謝罪を求めるのか」と疑問を投げかけた。

 決議案を提出した民主党で日系のマイク・ホンダ議員は記者団に、7月の第2週か第3週に本会議で採決にかけられるとの見通しを示した。



■慰安婦決議可決:原告側弁護士ら、安倍首相に解決要望

 第二次大戦中のいわゆる従軍慰安婦問題を巡る対日謝罪要求決議が米下院外交委員会で可決されたことを受け、元慰安婦が国に賠償を求めた訴訟の原告代理人の弁護士らが27日、内閣府を訪れ、慰安婦問題の最終解決を求める安倍晋三首相あての要望書を提出した。

 要望書は、九つの慰安婦関連訴訟の弁護団に所属した弁護士約40人の連名で出された。政府が発足させ3月に解散したアジア女性基金が、すべての元慰安婦を対象にしていなかったことなどを挙げ、政府は慰安婦問題が未解決であることを認めるべきだと指摘した。

 そのうえで、政府は今回の決議を真摯(しんし)に受け止め、人権侵害を認めて謝罪し、解決に向け新たな施策を行うよう求めた。また、訴訟にかかわった弁護士ら関係者との協議の場を設けることも要望した。【北村和巳】

毎日新聞 2007年6月27日 13時54分



■平沼氏ら、米慰安婦決議に「憂慮」 事実に基づく歴史研究必要と

 平沼赳夫元経済産業相(無所属)と自民、民主両党の有志議員らは27日、国会内で記者会見し、米下院外交委員会の従軍慰安婦決議案可決について「事実に基づかない対日非難決議は、日米両国に重大な亀裂を生じさせ、両国の未来に暗い影を落とす」と憂慮する声明文を発表した。

 声明文では「事実に基づく自由主義的な歴史研究を行い、未来に向けた歴史認識を持つことが必要」と指摘。(1)日米両国での慰安婦問題に関する共同歴史研究(2)決議案の根拠となった平成5年の河野洋平官房長官談話の検証-を提案した。今後、政府に米国の有力シンクタンクとの共同研究などの対応を求めていく考えだ。

 記者会見には自民党の島村宜伸元農相、民主党の松原仁衆院議員らが同席。平沼氏らは14日付の米紙に掲載された「従軍慰安婦として強制的に動員した事実はなかった」との意見広告の賛同者で、この日の会見に同席しなかった賛同者約40人も声明文に同調した。

(2007/06/27 産経web)


■従軍慰安婦:謝罪要求採決見送り求め、自民議員が米に声明

 自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会長・中山成彬元文部科学相)は29日、党本部で総会を開き、米下院外交委員会が従軍慰安婦問題で対日謝罪要求決議案を可決したのを受け、ぺロシ下院議長らに本会議での採決見送りを求める声明を送ることを決めた。同問題を再調査する党内機関を置くよう中川昭一政調会長に要請することも確認した。

 中山氏は毎日新聞に「決議案には事実誤認がある。きちっと反論しないと日本が認めたことになる」と語った。一方、塩崎恭久官房長官は29日の記者会見で「政治家としての行動」と述べ、政府として関知しない考えを示した。【平元英治】

毎日新聞 2007年6月29日 19時39分

今回可決された慰安婦決議がどのような内容なのか、『明日への選択』三月号(日本政策研究センター発行)より記事を引用します。


・・・今回の決議案も前回(昨年四月に提出された決議案)同様、「1930年代から第二次世界大戦中にかけてのアジア及び太平洋諸島の植民地及び戦時支配の期間中において、世界に『慰安婦』として知られる、若い女性を日本帝国軍隊が強制的に性的奴隷化した」との認識を示し、「日本国政府による強制的軍売春である『慰安婦』制度は、輪姦、強制的中絶、屈辱的行為、性的暴力が含まれるかつて例のないものであり、身体の損傷、死亡、結果としての自殺を伴う20世紀最大の人身売買案の一つ」だと決めつけている。

さらに、最近、日本の一部の教科書が慰安婦の悲劇や対戦中の日本の戦争犯罪を「矮小化しようと試みている」とし、日本の公務員や民間の要職にあるものが河野談話の内容を「薄めたり、撤回したりすることを願望する旨表明している」とも非難する。

その上で、今回の決議案は、日本政府が「日本帝国軍隊が強制的に性的奴隷化したことに対する歴史的な責任を明確で曖昧でない形で公式に認め、謝罪」することを要求する。ここまでは昨年の決議案と同じだが、今回は新たに「かかる公式の謝罪を日本の首相がその公的立場において声明として公にするべき」であるという、首相自身への謝罪要求が新たに加わっている。

こう見てくると新たな決議案は、表面上の文言から荒唐無稽な話が消えただけで、「日本国政府による強制的軍売春」「日本帝国軍隊が強制的に性的奴隷化した」との基本的な事実認識に何ら変更はなく、一方では安倍首相への謝罪要求といった政治性を鮮明にした内容だと言えよう。(終)


拙ブログを読んで下さっている方には周知の通り、日本政府が強制的軍売春をしたり、日本軍が強制的に性的奴隷化したなどという事実はありません。このような事実無根の決議案が可決されたのです。
こうした事実無根の決議案に対しては、日本政府は「政府や軍による強制はありませんでした」との事実を示し、断固とした抗議を行って貰いたいです。

さらに米国に対しては、日本だけに道義的責任を問うことができるのか、米軍は一切同様のことをしていないのかと問いたいです。

以下、『明日への選択』四月号より米軍が行った行為についての記事の一部を引用します。


第二次大戦の際の米軍は、兵士の売春婦との接触を禁止するというのが公式決定だったというが、それは建前に過ぎず、実態とはかけ離れていたことは疑いようがない。

戦前から米海軍の根拠地だったハワイには「組織的売春」が確立し、売春宿は登録され、医師が定期検診までしていたという(秦郁彦『慰安婦と戦場の性』)。だとすれば、米海軍はまさに「関与」していたわけであり、日本軍の慰安所と極めてよく似ていると言える。また、中国・昆明に駐屯していた米空軍・フライングタイガースが米軍機を使って売春婦をインドから呼んでいたのは有名な話である。

さらに秦郁彦氏の前掲書によれば、ベトナム戦争当時の記録もあるという。一九六六年頃までに、ベトナムに派遣された米軍各師団のキャンプとその周辺には「公認の軍用売春宿」が設置されていたという。ライケという所では「鉄条網に囲まれたキャンプの内側に二棟の『リクリエーション・センター』があった。バーとバンド演奏所の他に六〇室の固執があり、そこで六〇人のベトナム女性が住み込みで働いていた」というのである。彼女たちは、地方のボスに集められ、経営者と料金を六対四で分け、米軍の旅団長が監督していた。また定期的に軍医の検診を受け、安全を示す表札をぶらさげていたともいう。ならば、この「リクリエーション・センター」とはまさに慰安所ではないのか。ただし、日本軍は駐屯地内に慰安所を作ったという例はほとんどない。

実は、同じことが日本占領時にも行われていた。占領軍用の慰安所と言えば、RAA(特殊慰安施設協会)が有名だが、これは内務省が米兵による強姦防止のために自衛的に作ったもので、米軍は最初は利用したものの、昭和二十一年三月には本国の批判がありGHQ命令で閉鎖された。しかし、そうした米軍の表向きの方針と違い、実態は米軍からの命令や強圧によって多く「慰安施設」が作られていた。

例えば、終戦直後、東京都の渉外部長だった磯村英一氏はこう書いている。

「日本の終戦直後、私は東京都の渉外部長で、占領軍司令部の命令に、”サービス”を提供する役割を課された。戦勝者の命令は絶対である。(中略)
敗戦のクリスマス、司令官の将校から呼ばれて”ヨシワラ”の状態の報告を命じられた。もちろん、その地区は焦土と化していた。命令は宿舎を造って、占領軍の兵隊のために、”女性”を集めろということだった。

命令は英語で”レクリエーション・センター”の設置である。最初は室内運動場の整備だと思ったが、そうではない。旧”ヨシワラ”のそれであった。(中略)
やむを得ず焼け残った”地区”の人々に、文字通り、食料を支給すると約束してバラック建ての”サービス・センター”に来てもらった」(平成六年九月十七日・産経新聞)

この他にも、千葉県下のある市では、米軍将校が市長室に押し掛けて「三十人以上の女の提供」を強要し、警察署長が頭を下げて女たちを集めたという証言もある。つまりは、米軍は「(占領)軍の命令」や「強圧」によって慰安所と慰安婦を提供させていたわけで、これは慰安所施設の整備や移送の便宜供与という形で「関与」した日本軍よりもはるかに悪質とも言える。

・・・こういうケースもあったことを指摘しておきたい。例えば朝鮮戦争である。三十八度線直下の村に住んでいた崔吉城氏(広島大学教授)は、自らの見聞に基づいてこう告発している。
「戦争が起きれば、どんな戦争にも性暴力はつきものなんですね。・・・そうであるのに、なぜか戦前日本の『従軍慰安婦』問題だけが取り上げられるんです。慰安婦制度がいいというわけじゃないんですが、なぜ明らかな犯罪である性暴力が問題にならないのでしょうか。こっちのほうがより大きな問題だと思うんです。とくに、アメリカ人が朝鮮戦争のときにひどい性暴力を働いたということが、なぜ問題にならないのか、なぜ取り上げようとしないのか、私はまったくおかしなことだと思うんです」(『これでは困る韓国』)。

日本占領時においても、同様である。性暴力の詳しい数字は統計がないために全体像は不明だが、米軍進駐から半年たった昭和二十一年三月以降でさえ、報告された被害だけでも東京・神奈川で毎月二十件から三十五件の強姦被害が起こっているほどで、占領直後はその数倍から十数倍の実被害があったものと推定されている(ドウス昌代『敗者の贈り物』、北林余志子「傷は癒えず」による)。

もし、今回の決議が採択されたとしたら、法的には決着が着いているが、道義的責任という点において、こうした占領軍の性暴力に対して「公式の謝罪」を要求しても何らおかしくはないのではあるまいか。

むろん、記者は何も好んで、こうした「後ろ向きの議論」をしたいのではない。あまりに事実からかけ離れ、一部とはいえ、薄っぺらな正義感と傲慢さが感じられる米国の議論に冷静さを求めたいがゆえに、「そこまでいうなら」米国に問いたいと思うのである。(終)


こうした自分たちの行為は棚に上げて、日本だけを非難する資格が米国にあるのでしょうか。記事中で言われているように、まさに薄っぺらな正義感と傲慢さが感じられる決議だと思います。

今回の決議案を提出したホンダ議員は、「世界抗日戦争史実維護連合会」という中国系反日団体と関係する中国系米国人から多くの政治献金を受け取っており、決議案の内容もこの反日団体の主張と酷似していることが産経新聞で報道されました。

今回のことは、米中離間を望む独裁国家・中国の意を受けたマイク・ホンダ議員らが、米国と同じ自由民主主義の国であり、同盟国である日本を攻撃しているという構図になっています。米国には、このような行為の愚かさも訴えるべきだと思います。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後9時~午後9時30分 午後11時~午前1時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

詳しい視聴方法については、下のバナーをクリックして下さい。
日本文化チャンネル桜

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>通りすがりの者さん
私も、通りすがりの者さんの言われるとおりだと思います。アメリカにこの問題を論じる資格はないです。
2007/08/01(水) 01:32 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
ちょっと書かせて
従軍慰安婦問題に関する決議案が米下院外交委員会において、大差で可決されたとのことですが、そもそもアメリカの方々にそのようなことを論じる資格はあるのですかと言いたい。原子爆弾という無差別殺戮兵器を1度ならず2度も試し打ちして、民間人を何十万人も殺し、未だにその後遺症に苦しんでいる人々が何十万人もいると言われているのに。この罪は一体どう考えているのか。未だに全く謝罪していないでしょう。どこかの大臣ではないけれど「しょうがない」じゃ済まないでしょう。譬えは悪いが、極悪の連続強盗殺人鬼に見てもいないのに「あなた万引きをしましたね」と言われているようで本当に気分が悪い。自らを省みず、このようなことを平気で言えるのは普通の神経では到底考えられませんね。
もう一度申し上げるが、あなた方にこの問題を論じる資格はあるのですか。
2007/07/31(火) 18:20 | URL | 通りすがりの者 #ExI6o2I.[ 編集]
>sowjunさん
米軍は沖縄でも酷いことをしていたのですね。そのような国に日本を非難する資格などありませんね。まずは自分たちがしてきたことを猛省し謝罪するべきですよね。

私も日本政府は黙っているのではなく、毅然とした態度で真実を語るべきだと思います。

>おっさんさん
所謂従軍慰安婦問題は、国内では既に決着のついた問題です。日本軍が強制的に慰安婦を集めたなどというのはフィクションです。最近出版された本で、『「慰安婦・南京」の真実』(オークラ出版)という良書があるので、そちらを読まれることをお薦めします。

それから、日本がいつまでも降参しなかったからといって、明らかに民間人を標的とした、本土空襲や原爆投下という人類の歴史上類例のない卑劣な大虐殺行為を行っても良いものでしょうか。
戦争にも最低限のルールというのはあるわけで、何でもやって良いというのなら、日本軍だって特攻隊の飛行機に毒ガスを積んで突っ込めば、敵戦艦内に毒ガスが充満して乗組員を全滅することができたはずです。

何より、沖縄戦後には日本は敗戦確実で、わざわざ本土空襲をしたり、原爆を落とす必要など全く無かったのです。戦況の不利な方が、起死回生の策でそうしたことをするのは分からないこともないですが、圧倒的に有利な方が、弱っている者を一方的に、しかも卑劣な手段で民間人までも攻撃することなど、断じてあってはならないことだと私は思います。
本土空襲や原爆投下は、日本がいつまでも降参しなかったから起こったのではなく、米国人が残虐で卑劣な民族だったから起こったのです。そこは日本人なら当然理解しておくべきことだと思います。

それから、美しい国というのは、景色が美しいなどというのではなく、心根の美しさを言われているのではないでしょうか。今の日本人はそうした心を失いかけていますが、『逝きし世の面影』(平凡社ライブラリー)という本を読めば、多くの外国人が賞讃した日本人の心の美しさ、素晴らしさが書かれています。名著ですので是非一読されることをお薦めします。

>tonoさん
>「くじらからの脱退」、「ユーロファイターの導入」「国連負担金の大幅減」「台湾との国交回復」とかを言い出したりしたらどうですかね?

良い案だと思います。私も賛成します。というより、この問題と関係なくそうしたことはやって欲しいですね。

>きょーちゃん
私も今回のことはチャンスでもあると思います。日本政府はこの機に真実をはっきりと伝えるべきですよね。
それから、日本の国防のため、軍事力強化は急がれることだと思います。力なき国がいくら叫んでも世界では相手にされませんからね。

>milestaさん
今こそ河野洋平氏は逃げずに国民の前ではっきりさせて欲しいですよね。本当に卑怯な政治屋だと思います。
それから、平沼氏らの活動については、産経はしっかり取り上げていましたが、他ではあまり取り上げられていなかったようですね。
こうしたマスコミの報道姿勢には憤りを覚えます!

>さくらこさん
ブログのコメント欄だけではお話できることは限られるので、もしよろしければ、お手数ですが拙ブログの右側にある「メールフォーム」より、さくらこさんのメールアドレスを送信して頂けないでしょうか。
2007/06/29(金) 01:13 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
>「ただ、アイム・ソーリー(ごめんなさい)と言うことが、なぜそれほど難しいのか」

アメリカ側がこうした感想を抱くのは理解できます。日本国内に、自虐史観がはびこっているということを知らなければ、こう思うでしょう。それで

>日本の一部の人々が歴史を歪め、被害者いじめを続けている

と言われてしまうのです。

今回の広告は、元々南京事件についての意見広告を断られて慰安婦問題に切り替えたそうですから、主目的は「従軍慰安婦がいたかどうか」というよりも、「日本に対する事実に基づかない誹謗中傷を許さない」という訴えだと思います。更に言えば、その問題を国際社会に持ち込むことで、日本国内の真実に目を向けようとしない人たちへの抗議を行っているのだと思います。

安易に可決したアメリカよりも、日本国内の事実を見ようとしない勢力に怒りを感じます。平沼議員らの声明にも

「なぜ、歴史事実に基づかない河野談話が生まれたのか、その経緯と事実関係の徹底的検証が必要になる。さらに、日本の情報発信、広報のあり方をあわせて研究、提言する必要がある。」

とあります。河野氏は逃げずにはっきりさせてほしい。(これを機に署名が増えるといいですね。)
2007/06/28(木) 19:09 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
アメリカにも言いたいです
特亜の思惑通りだとしてもアメリカにはっきりいうチャンスでもありますね。sowjunさんの書かれている事は始めて知りました。酷すぎです。原爆の事、いろいろアメリカには謝罪してもらわなければならない事があります。
嘘つきを相手に熱くなるのも大人気ないですが、そろそろ調子に乗りすぎている悪い子へ、はっきりわからせてあげなければならない時期にきていますね。とにかく、国防を急がないと、こうやっていつまでもバカにされ続けるのだと、よくわかりました。
2007/06/28(木) 16:58 | URL | きょーちゃん #OARS9n6I[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/27(水) 22:05 | | #[ 編集]
やりましたね
 広告の成果が出ましたね。
 支那の金で飼われた傀儡と人権派と日本人差別派の見事な融合です。
 日本に、自虐史観脱却の息吹が芽生えたのを感じて、何としても抑えようとする連中が加わった結果でしょうが、愚かだと思います。
 折角の機会を向こうからくれたわけですが、安倍さんどうしますかね?
 日本は、ここで、一切反応せずにまず「くじらからの脱退」、「ユーロファイターの導入」「国連負担金の大幅減」「台湾との国交回復」とかを言い出したりしたらどうですかね?
 
2007/06/27(水) 20:48 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
だいたい軍が従軍慰安婦連衡命令書を書くわけがない。集めるにしても口頭で集めたに決まってます。なので、証拠になるような命令書があるわけがない。
日本人は崇高な精神力を重んじるのはいいけど、現実がともなっとらん。
そもそも、日本軍が一億総玉砕とか叫んで、いつまでも降参しなかったわけですわ。なので硫黄島や沖縄戦で終わるどころか、本土空襲、2個の原爆と続いたわけですな。竹やりとなぎなたで、自分らの女子供までも戦争に巻き込んだわけですよ。それから、美しい国なんて世界中どこにもあります。スイスだって北欧だって、南米にだって、シンガポールだって美しいでっせ。
2007/06/27(水) 20:34 | URL | おっさん #-[ 編集]
あちゃぁ・・・。
しかも、これに関するニュースで、コメンテーターが、「そんな事実は無い」と言う人と「政府は真実を認めて謝罪すべき」と言う人と割れてますね。
これはこれでコメンテーターがどの程度の頭なのかわかっていいですが^^;

とうとう可決ですか。
正直、可決されたのはアホらしいですが、これを機にもっとデカくできないですかね?国際法廷も使ってちゃんと審議しましょうよ。なんか否定してもゆるい態度ではアフォな連中には通じないような気がします。ここは徹底的に真実を語るべきです。
アメリカがこんな事実無根な話で動くようなら、終戦後にアメリカ兵が沖縄で女性に対して何をやってきたのか明るみに出してもいいとおもいます。ありもしないセックススレイブで日本に文句を言うなら、アメリカ軍人が野戦病院で大怪我して動けない女性を強姦するのはなんと言うんだ??あの当時、先進国の中では恐らくもっともまじめな国だった日本が黙り込んで、もっとアホだった国に批判されるなんて事はあってはならんはずです。
2007/06/27(水) 17:29 | URL | sowjun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/314-2a061575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アメリカ終焉へのカウントダウンアメリカ終焉へのカウントダウン従軍慰安婦決議案採決...
2007/08/01(水) 11:44:31 | ニュース見よう!
2007/07/31-05:02 慰安婦決議を初採択=日本に謝罪要求、安倍政権に打撃-米下院時事通信【ワシントン30日時事】米下院は30日午後(日本時間31日未明)の本会議で、従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議案を採択した。決議に法的拘束力はないが、参院選の与党惨敗
2007/08/01(水) 11:20:21 | 動ナビブログ
米下院委で慰安婦問題決議案が可決されました! | 新・へっぽこ時事放談 昨日(6/27)の夕刊は、米下院の外交委員会が、旧日本軍の慰安婦問題についての決議案を可決、7月にも本会議で採択される見通しと伝えました。今日の朝日新聞の朝刊でも、社説で『慰安婦決議…
2007/07/02(月) 10:37:41 | 里見秋介の創作ノート
 日本の著名人・国会議員等有志によって、米国ワシントンポスト紙に「慰安婦の強制性を否定する」広告が掲載された。 これに、いろいろと波紋が広がっている。 広告の全文の内容は「美しい壺日記」さんの所に原文と和訳文
2007/07/01(日) 22:43:11 | 切捨御免!トノゴジラの放言・暴言
このシリーズも今回で最終回となります。 では早速、前回の続きです。 グローバル化
2007/07/01(日) 00:10:57 | 田舎の神主の学び舎
閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本江藤 淳 (1994/01)文藝春秋この商品の詳細を見る「何だか怪しい。」と思ったのは、私がまだ学生の頃のことである。ハーシーチョコレートはおいしいかどうかで、母と意見が食い
2007/06/30(土) 22:11:04 | 本からの贈り物
米議会の従軍慰安婦決議案米国議会下院外交委員会で従軍慰安婦問題の謝罪を求める決議案が可決されました。 この決議案は96年以来なんども提出されたものの、 米国の知日派議員や在米日本大使館のロビイングのおかげで、 これまで8回も廃案になったものです。 ...(続きを
2007/06/29(金) 11:20:32 | 最新ニュース速報
「従軍慰安婦」問題と性暴力商品価格:2,100円レビュー平均:0.0米下院委で慰安婦問題決議案が可決されました動画を他のプレイヤーで見るWMP高 WMP低 Real高 Real高 旧日本軍によるいわゆる従軍慰安婦問題で、アメリカ議会下院の外交委員会は26日、日本政府に正式の謝罪を
2007/06/29(金) 04:52:53 | 時事ならおまかせ
【USA】下院の外交委員会、従軍慰安婦問題について対日謝罪要求決議案 ...【USA】下院の外交委員会、従軍慰安婦問題について対日謝罪要求決議案を圧倒的な賛成多数で可決★3 1 :うし☆すたφ ★:2007/06/27(水) 09:28:40 ID:???0 ★米下院
2007/06/29(金) 03:08:29 | 優しいママのお気楽ニュース時事ネタGO!GO!日記!
 今現在巻き起こっている、所謂「従軍慰安婦問題」の大本となる原因が何かと言えば、全ては「朝日新聞」なる反日新聞社の捏造記事であると言えるものです。 昨日、米外交委を通過し、来月にも米下院で採択されようとして
2007/06/29(金) 01:21:22 | 或る浪人の手記
今話題のニュースを検索の多い情報から集めて紹介しています。トレンド情報ですので、世の中の流行のことがよくわかると思います。あなたのお役に立てることができれば、嬉しく思います。さぁ~波に乗っていきましょう。米下院外交委員会の従軍「慰安婦」問題決議について(
2007/06/28(木) 22:46:37 | 今話題のニュース
ランキング(政治)に参加中良識による「真実の証明」を! 慰安婦決議案を可決 米下院外交委 首相の公式謝罪促す  【ワシントン=有元隆志】米下院外交委員会(ラントス委員長)は26日、慰安婦問題に関する対日非難決議案を原案を一部修正の
2007/06/28(木) 20:54:32 | 博士の独り言
気になるあの記事をまとめてみました!2007年6月27日のヒトとナリ慰安婦:米下院外交委で可決した慰安婦決議の全文 | Chosun Online | 朝鮮日報; 従軍慰安婦:対日謝罪要求決議案を可決 米下院外交委−今日の話題:MSN毎日インタラク
2007/06/28(木) 13:54:01 | 気になるあの記事
米下院委で慰安婦問題決議案が可決されました動画を他のプレイヤーで見るWMP高 WMP低 Real高 Real高 旧日本軍によるいわゆる従軍慰安婦問題で、アメリカ議会下院の外交委員会は26日、日本政府に正式の謝罪を求める決議案を賛成多数で可決しました。 日本政府は既に謝罪し
2007/06/28(木) 11:15:33 | トレンド情報
厳選オススメ■今なら先着500名様に・・・■ 情報ビジネス【億の夢道】究極STEP20&初心者必須ベース~1000万完全王道戦略【純白】~ブログトップへ米下院委で慰安婦問題決議案が可決されました動画を他のプレイヤーで見るWMP高 WMP低 Real高 Real高 旧日本軍によるいわ
2007/06/28(木) 00:46:47 | 情報ビジネス【億の夢道】究極STEP20&初心者必須ベース~1000万 完全王道戦略【純白】~
前回の続きです。 今回ブログへのエントリアップに伴い、若干文章を付け足してありま
2007/06/27(水) 23:49:59 | 田舎の神主の学び舎
さて、米下院が、慰安婦問題に対する議案を、賛成多数で可決したが、米国が、この問題を取り扱うこと自体が間違っているのは、今までにも説明をしてきた。では、なぜ、これほどまでに我々右傾の思想を持った有志達が、祖先の名誉や、大東亜戦争での秤を平衡に保った史実、そ
2007/06/27(水) 22:09:21 | 憂国、喝!
 米下院外交委で慰安婦問題に関する対日非難決議案が採択された。捏造や誇張の多い資料とその時々で内容の変わる元慰安婦の証言の誤りを見抜けず、また自国の所業を棚に上げて行った独善的な決議である。  今後、下院に上程されるが、安倍首相は、このような事実を無視し
2007/06/27(水) 17:55:43 | ほそかわ・かずひこの BLOG