『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
今回は、産経新聞より、中川政調会長へのインタビュー記事を引用します。

■インタビュー 中川政調会長に聞く

自民党の中川昭一政調会長は19日、産経新聞のインタビューに答え、官憲による慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野官房長官談話」について早期に見直しを検討すべきだとの考えを示した。自身の核論議発言に関しては「最近は、考えてもいけないという“非核5原則”だ」と指摘し、国会で議論が封殺されている現状を批判。来年の参院選で民主党の支持団体である官公労問題が争点となることを歓迎する姿勢を示し、教育公務員特例法などの改正に取り組む考えを明らかにした。(聞き手 阿比留瑠比)

--安倍首相の顔が見えないとの批判がある

「小泉さんには小泉さんのやり方があるし、首相には首相のやり方がある。顔が見えないとすれば、もう少し首相の周りにいる人たちが、首相の真意をくむべきだろう」

--臨時国会の成果をどう評価するか

「首相にとっても安倍内閣、自民党にとっても非常に大きな意味があった。防衛庁の省昇格、それから教育基本法改正。道路特定財源のあり方についても52年ぶりに大きく変更した。首相のリーダーシップの下、半世紀ぶりぐらいの大きな改革が矢継ぎ早にできた」


国会「非核5原則」横行

--中川氏の核論議発言も話題となったが

「私のところに直接メールがくるが、国民の方が真剣に今の状況を認識し、心配している。冷戦終結以降、国会であまり安全保障の議論はなかった。米国やいろんな外国で真意を説明したが、諸外国では安全保障問題は、常に国会を含めて議論されるべきだとされている。むしろ、国会の場でそういう議論が行われないことの方が、異常ではないかとも言われた」

--国会議員は自己規制状態だった

「自己規制がいい場合と悪い場合がある。国会は、ある意味では何を言ってもいい場だ。憲法51条(議員の発言・表決の無責任)で保障されている。だから、私は最近は非核3原則に『言わせず』を加えた非核4原則どころか、『考えてもいけない』という非核5原則だと言っている」

--日本があらゆる選択肢を排除しないとすることには、中国や北朝鮮を牽制(けんせい)する意味もある

「日本は憲法、あるいは非核3原則など積み上げてきたものがあるから、それは当然踏まえる。日米安保条約、日米原子力協定、核拡散防止条約(NPT)、国連憲章と、これらを踏まえながらも、目的は日本の平和と安全をどうやって守っていくかだ。やるべきことと、言うべきことは、内外でやっていかなければならない」

--首相は地方公務員給与の引き下げを指示したが、党の取り組みは

「首相の指示は重たいものがある。地方自治の本旨を十分踏まえながら、そういう議論も当然、進めていかなければならないだろう」

--この問題には自治労や日教組が反発している。森喜朗元首相は「日教組、自治労を壊滅できるかどうかが次の参院選の争点だろう」と語っているが

「日教組のごく一部、教職員のごく一部が教育基本法審議のときに、何カ月にもわたって国会を包囲し、阻止行動をとっていた。あるいは社会保険庁改革の大きな柱は職員のモラルの問題で、その中核をなしているのが自治労だった。真に国民の理解と協力が得られるような教育制度、社会保障・年金制度を守るためには、そういった部分にもメスを入れていく」

「それが仮に選挙の争点になるのであれば、大いに結構だ。自治労を守るか、一部の教職員組合の活動家を守るか。あるいは国民全体のサービスを向上、是正することを守るか。そういう選択肢で国民に信を問うとするならば、私自身も大いに望むところだ」

--官公労による政治活動をめぐって、自民、公明両党は昨年5月、地方公務員法や教育公務員特例法の改正で合意している

「これについては首相の指示もあり、進めていかなければいけない」


「河野談話」是正検討を

--中川氏が元会長で顧問の議員連盟が、「河野談話」の見直しを含めた検討を決めたが

「議連の勉強会では、談話発表当時に議員ではなかった若い人たちからも、談話は非常に不正確であるという意見が出た。何でもそうだが、ああいう10年以上前のものが既成事実化しないようにきちっと。政治として、政府としてやれるところが、直すことがあればできるだけ早く是正していかなければ、海外に対しても間違ったメッセージを与える。子供たちに対しても間違った情報を与えることは、避けなければいけない」

--首相が目指す憲法改正への道筋は

「これは首相がはっきりとおっしゃっている、ある意味で公約であり、われわれも努力をしていかなければならない。衆院憲法調査特別委員会の中山太郎委員長は本当に心血を注いでやってこられたし、自民、公明、民主の関係者たちが、国家、国民のために大変な努力をしてきた。3党には、ぜひこの作業を引き続きやってもらいたい」

産経新聞(2006/12/20)より引用



中川政調会長の言われることは、どれも頷けることばかりです。これからの活躍に期待したいです。

この中川氏が代表を務めていた「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」が、勉強会の模様を著書にしていて、その中で「河野談話」について、河野洋平氏を講師に招き、会員と討論されている模様も収録されています。関心のある方は是非お読み下さればと思います。
歴史教科書への疑問―若手国会議員による歴史教科書問題の総括 歴史教科書への疑問―若手国会議員による歴史教科書問題の総括
日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会 (1997/12)
日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会

この商品の詳細を見る


今回も体調不良のため、短い記事で失礼します。

※昨日病院へ行ったところ、今流行のノロウイルスにやられていたことが判明。皆様もお気をつけ下さい。



※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>かっぱやろうさん
かっぱやろうさんは拙ブログの記事に必ずコメントして下さるので、大変嬉しく、感謝しています。ありがとうございます。
来年も宜しくお願い致します。
2006/12/28(木) 15:01 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
そのとーり
spiralさんもおっさってまスたが、、、
中川さんの首相姿。
見たいでスねえ。
頑張って欲しいです。
で。
そろそろPC触れなくなるので。
早いですが、今年もありがとうおじゃりますた。
来年もよろすくお願いします。
<(_ _)>
2006/12/28(木) 12:58 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
>かついちさん
かついちさんも気をつけて下さいね。
非核5原則、かつちさんの言われるとおりバカバカしいものですが、こうしたものに囚われている政治家が多いのには驚きました。
そうした政治家の批判に負けず、「核議論をすべきだ」という主張を変えなかった中川昭一氏は立派だったと思います。
こうした気骨ある政治家が増えるといいですね。

> milesta さん
このところ体調が思わしくなかった上に、ノロウイルスがプラスされたものですから、精神的にも参りました。今日もお粥をすすって過ごしたのですが、回復にはまだ数日かかりそうな感じです。
ブログに書きたいことが多々あるのに書けなくて、すごくもどかしいです。無理してでも書きたい思いにかられるのですが、無理は禁物ですから、養生して回復に努めます。
今年も残り少なくなりましたが、あと一回は記事が書ければと思っています。
中川昭一氏は本当にぶれない信念の方ですね。これからも頑張って頂きたいです。
2006/12/22(金) 00:49 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
流行っているとは聞いていたけれど、それは大変でしたね。
どうかご自愛ください。無理しちゃだめですよ。

中川(昭)さん、何年も前から同じことを言い続けて信念の人ですね。言うことがコロコロと変わる民主党の幹部の方々とは違いますね。
2006/12/21(木) 23:05 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
大丈夫ですか
ノロウイルスだったんですか。大変だぁ・・・くれぐれもお大事になさってくださいね。今年は全国的に大流行しているということですので、自分も気をつけないと。
非核5原則、非常にバカバカしい話です。言わせず、議論せずでは日本は自らの首を絞めているようなものだと言わざるを得ません。北からの攻撃を黙って見ているだけ、国民に万が一の被害が出ても何もしないというのでは、国や政治家は国民の信頼を失うことになりますよね。自分さえ良ければそれでいいという考えの政治家があまりにも多いように見受けられます。
2006/12/21(木) 09:23 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/265-368dd63f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 わが国は、大東亜戦争で有史以来の大敗を味わった。多くの日本人が、二度と戦争はしたくないと思った。また、核の廃絶を願った。占領下でGHQに憲法が押し与えられ、国防が制限された。その憲法が放置されたまま、昭和43年(1968)に、わが国は、非核三原則の政策を掲
2006/12/27(水) 15:40:52 | ほそかわ・かずひこの BLOG