『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
前回拙ブログにて書きました中川政調会長の発言について、産経新聞で取り上げていましたので、記事を引用します。

■産経抄(平成18年10月18日[水])より

一体、何がけしからんというのか。自民党の中川昭一政調会長の「核発言」である。いや、こういう言い方が誤解を招く。中川氏はテレビ番組で、こう語ったのだ。「憲法でも核保有は禁止されていない。議論はあっていい」と。

▼北朝鮮の核実験発表を受けて、与党の政策責任者が、安全保障をめぐるタブーなき議論を呼びかけるのは当然のことだ。それを許さないという声が、野党や公明党だけでなく、自民党のなかからも相次いでいる。

▼与野党がこぞって、“言論封殺”に走る気持ちは、わからないではない。22日の衆院統一補選に与える影響を推し量っているのに違いない。確かに16日付小紙に掲載された世論調査では、「日本は核武装すべきか」という問いに対して、「すべきでない」の答えが82.4%と圧倒的多数だった。

▼問いが「議論すべきか」だったら、どうだろう。「すべきでない」が多数を占めただろうか。日本人の核アレルギーがいくら強いといっても、核廃絶を訴えるだけで、安全が保障されると信じている人はもはや少数派だろう。小欄は、米国に追従するな、と日ごろ主張している議員の皆さんの意見をぜひ聞いてみたい。「核の傘」から出た日本を守ってくれるのは何ですか、と。

▼すでに論壇では、中西輝政京都大学大学院教授らが、活発な議論を繰り広げている。「核武装論」そのものが「中国や北朝鮮に対してだけでなく『対米カード』としても有効に働く」からだ(『「日本核武装」の論点』PHP研究所)。「論」だけでも、ある程度の抑止力になるということか。

▼中川発言が、与党側の不利に働くと決めつけるのは早計だ。有権者の健全な国防感覚を見くびったら、手痛いしっぺ返しをくらうだろう。
(引用終わり)


記事で言われていることは尤もだと思います。

中川発言への批判が相次ぐ中、麻生外相は議論は大事だと言われました。

■北朝鮮核実験:「日本の核保有議論も大事」麻生外相が発言
 
麻生太郎外相は18日の衆院外務委員会で、北朝鮮の核実験問題に関連し「隣の国が(核兵器を)持つことになった時に、(日本が核保有の是非を)検討するのもだめ、意見の交換もだめというのは一つの考え方とは思うが、議論をしておくのも大事なことだ」と述べた。「非核三原則を維持する政府の立場は変わっていない」と前置きしたうえでの発言だが、現職の外相の発言だけに今後国内外で波紋を呼びそうだ。

笠井亮氏(共産)の質問に答えた。

日本の核保有論をめぐっては、自民党の中川昭一政調会長が15日、テレビ番組で「選択肢として核(兵器の保有)ということも議論としてある。議論は大いにしないと」と指摘。政府・与党内からも批判が相次ぎ、安倍晋三首相は翌16日「非核三原則は国是として守り続ける。(核保有を)政府で議論することはない」と強調。17日には「もう終わった話だ」と述べるなど、火消しに努めていた。外相発言はこうした問題を再燃させるとともに、野党などから「閣内不一致」との批判を受ける可能性もある。

北朝鮮の核実験を受け、米国などからも日本を含めた周辺国が核保有に走るのではないかという懸念が出ている。ブッシュ米大統領は16日のテレビインタビューで、日本の核武装論について「彼ら(中国)が懸念していることを知っている」と述べていた。【中田卓二】

毎日新聞 2006年10月18日 13時21分


この毎日新聞の記事は、麻生外相の発言が波紋を呼ぶことを期待しているかのような論調になっていますが、それはともかく、本来なら、少なくとも自民党員からは中川発言を支持する声がもっと出てきていいはずです。ところが、聞こえてくるのは批判の声ばかりです。こうした状況で、中川発言を支持する発言をされた麻生外相は立派だと思います。

しかし、肝心の安倍首相が「(核保有を)政府で議論することはない」と発言されており、これには大変驚きました。議論もしないとは一体どういう了見なのか。

議論もしない、非核三原則も堅持するということですが、核を持とうとしている北朝鮮、そして中国、ロシアという核保有国に囲まれ、日本だけが未来永劫核は持たないし使わないと言って自分の手足を縛るような発言をすることが、果たして国防にプラスに作用するのでしょうか。

国家存亡の危機が訪れた場合は、日本も自衛のために核を持つこともありえるという含みを持たせているだけでも、抑止力になるのではないでしょうか。

現在の日本周辺の不安定な情勢の中、こうした議論をすることは、国民の生命と財産を守る上でも大事なことだと思いますし、議論しないというのは、政治家として無責任ではないでしょうか。

安倍氏は首相に就任されてから随分左寄りに発言が変わりました。一番期待していた教育改革でも、教育再生会議のメンバーを見る限り、本当に改革する気があるのか疑うようなメンバーが選出され、それに今回の核を巡る発言が続き、期するところが大きかっただけに、安倍首相には失望を禁じ得ません。

これ以上こうしたことが続けば、これまで応援していた保守の人々は離れていくと思います。

首相という立場になれば、言いたくても言えないこともあると思いますし、自身の政治基盤を固め、政策を実現する為の戦略上、一時的に妥協せざるを得ないこともあると思います。何より、まだ安倍内閣は発足したばかりですから、批判は控えて見守るべきだと思っていたのですが、国防に関わることですので、あえて書かせてもらいました。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



※追記
■中川政調会長「糖尿病だから核攻撃考えるかも」

自民党の中川昭一政調会長は二十日夜、静岡県浜松市内で講演し、北朝鮮による日本への核攻撃の可能性に関し「普通はやらないが、あの国の指導者はごちそうを食べ過ぎて糖尿病ですから考えてしまうかもしれない。広島、長崎に続く第三のどこか(が被爆地)とならないようにしなければならない」と述べた。

日本の核保有に関しては「非核三原則は前提」としつつ、「万一(の事態が)起こったときにどうなるか考えるのは政治家として当然のことだ。相手が核となれば、核の議論ぐらいしておく必要がある」と重ねて主張。

自身の核保有発言が批判されたことにも「(核ミサイルが)飛んできたときの議論をしない国はない。あの批判が正しかったとしたら、(そういう理屈が通るのは)日本だけだ」と強調した。

民主党の鳩山由紀夫幹事長が「議論自体をすべきでない」と批判したことに対しては、鳩山氏が一九九九年十月に「議論すらいけないという発想はいかがか」などと述べていたことを挙げ、「責任ある立場の人が百八十度変わっていいのか」と反論した。

中川氏は講演後、都内で記者団に、糖尿病への言及に関して「(北朝鮮)国民が貧困にあえいでいる一方で、ぜいたくざんまいをしている指導者がいるというのが本旨だ。誤解のないようにしてほしい」と釈明した。

引用元(中国新聞HP '06/10/20)


的外れな批判に屈せず、自説を曲げないのはさすがだと思いました。国家というのは、あらゆる事態に備えて準備しておかなくてはなりませんから、核について議論するのも当然のことだと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>teatimemailさん
teatimemailさんの言われるように「あの時点」の言葉であるなら、それほど心配しなくてもいいと思います。
しかし、私としては、あそこまでハッキリ言わなくても、これこそ「あいまい」にしておけばいいのにと思います。
2006/10/29(日) 21:01 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
みなさん有る意味生真面目ではないでしょうか

政府の「今後とも非核三原則を堅持する。核開発の政策研究もしない」との発言ですが、国際法の「事情変更の法則」を前提ですが
「あの時点」の「あの言葉」は「北朝鮮が核及び核開発を放棄すること」、中国などが「国際社会が北に核を放棄させるために努力すること」そして、さらに制裁の根拠である「NPT体制が国際社会によって維持されること(核大国が核軍縮・核不拡散を行なっていくこと)」が当然の前提だと思われます。しかし現実はきわめて厳しいことが想定されます。
つまり条理上、今後核政策の安全保障論議について総理の上の言葉は、「あの時点」の言葉であってそれほど固く考えるものではないと思われます。
2006/10/29(日) 04:12 | URL | teatimemail #LkZag.iM[ 編集]
> milestaさん
全然構いませんよ。 milesta さんのブログは一人でも多くの方に読んで貰いたいですし、新しい記事を書いたらどんどんTBして下さい。
2006/10/23(月) 17:03 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
TBしました。
一見全然関係ない記事をTBしました。本の紹介にかこつけて、「議論もしないとは!」ということをちょこっと書いたので、お許しを。
2006/10/23(月) 09:30 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
>milestaさん
福田さんの最新記事はまだ読んでませんでした。早速読んでみます。
それから、昨日の朝日新聞の社説は産経新聞と対照的で面白かったです。参考までに。
http://www.asahi.com/paper/editorial20061020.html

>waiさん
>核武装して自爆する日本。

よく意味が分かりませんが、私の思いは、父祖が命懸けで守ってくれた日本が滅亡するような羽目には絶対してはいけない、ということです。
核武装についての議論もそのためにするのです。
核武装する、現状のまま非武装でいる、それぞれの場合のメリット、デメリットを挙げていき、どうするのが一番良いのか議論することは、現在の情勢を鑑みれば必要なことではないでしょうか。
私は事態が切迫すれば核武装もやむなしと考えていますが、持つべきでないとする方が多いのも承知してますし、議論を通じ、私たち国民が国防について関心を持って学ぶようになれば良いのではないでしょうか。
2006/10/21(土) 17:15 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
核武装しないと。。。
核武装して自爆する日本。
2006/10/21(土) 02:41 | URL | wai #IbEf6Jbs[ 編集]
>spiralさん
記事の紹介ありがとうございます。
また追記も拝見しました。
中川さんは本当にぶれなくていいですね。

ところで全く別の話題ですが、リンクされている福田逸さんの最新記事に童謡・唱歌のことが書かれていて、とても良かったです。お読みになりましたか?
2006/10/20(金) 23:21 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
>milestaさん
安倍首相には期待が大きかったので、今の政治姿勢は大変歯がゆく感じています。実際、保守の方の間には、失望の声も漏れ始めています。

私は現時点で安倍首相の評価をするのは早計だと思うので、ブログでは触れていなかったのですが、今回の「議論もしない」という発言はあんまりだと思ったので、記事にしました。

ご存知かも知れませんが、今日の産経新聞に核を巡る議論についての社説が掲載されていました。アドレスを貼っておきますのでまだご覧になってなければクリックして下さい。
http://www.sankei.co.jp/news/061020/edi001.htm

2006/10/20(金) 22:54 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
中川さんがあれだけ党内外から叩かれるのですから、安倍首相が何か失言するのを待ち構えて人達が大勢いるので慎重になってしまうのかもしれないですね。
「(今の時点では)非核三原則を守る。」という発言は良いと思います。だけど「議論しない。」というのは、まずいですよね。
2006/10/20(金) 19:08 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
>かっぱやろうさん
安倍さんがこういう発言をされるとは思わなかったので、本当に残念です。議論もしないとはどういう意図があってのことか、理解に苦しみます。
かっぱやろうさんの言われるように、いざ事が起こってからあわてても遅いですものね。せめても議論はすべきです。

>tonoさん
tonoさんの言われるように、訪中や訪韓は評価できますよね。しかし、核に関連しての発言は大変残念です。
他のことで妥協することがあっても、国防に関してはブレないでいて欲しかったです。
2006/10/20(金) 02:03 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
総理は
少しぶれてきたのかな?
訪中や訪韓では、役人の引いたレールをビシバシ修正、破棄させて行っのは評価出来るのですが、核についてはアメリカに遠慮しているのか、ちょと残念ですね。
核保有しないで済むならそれに越した事は無いですが、為政者は現実の国防を考えるべきだと思いますね。
2006/10/19(木) 19:48 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
周辺が
胡散臭い国ばっかりなのに・・・
議論もしないてーのはおかしいでスよねえ。
いざって時に慌てても遅いんだちうの・・・
2006/10/19(木) 15:22 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/246-87d1d1f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 北朝鮮に対し、非軍事的制裁が行われている。国際社会がこの制裁を継続して実施していった場合、今後、どういう展開が考えられるか。  週刊『ニューズウィーク日本版』2006年10月25日号が、「北朝鮮崩壊のシナリオ」と題した記事で、仮説として5つのシナリオを
2006/10/25(水) 12:25:35 | ほそかわ・かずひこの BLOG
ロードス島攻防記塩野 七生 (1991/05)新潮社この商品の詳細を見る「キリストの蛇たちの巣」と呼ばれたロードス島。コンスタンティノープルを陥落させ、次いでシリア、エジプトを征服したトルコにとって、東地中海は自分
2006/10/23(月) 09:28:21 | 本からの贈り物
「私は核武装反対」と中川政調会長 核議論発言で釈明 自民党の中川昭一政調会長は16日昼、日本の核保有について議論する必要性を指摘した自らの発言に関し「私はもとより核武装反対論者だ。非核3原則をいじるとは一言も言っていない」と釈明した。 同時に「非核3
2006/10/19(木) 20:18:52 | Area21