『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
※中川昭一氏の発言を支持します。

■北朝鮮核実験:「日本の核保有も選択肢」中川政調会長
中川昭一氏

※中川昭一・自民党政調会長=丸山博写す 

自民党の中川昭一政調会長は15日、テレビ朝日の討論番組に出演し、北朝鮮の核実験問題をめぐる日本の核保有論について「(日本に)核があることで、攻められないようにするために、その選択肢として核(兵器の保有)ということも議論としてある。議論は大いにしないと(いけない)」と述べた。その上で「もちろん(政府の)非核三原則はあるが、憲法でも核保有は禁止していない」と強調した。

与党三役クラスの有力政治家が、公の場で核保有の議論を提起した例はこれまでなかった。また、中川氏は03年11月の衆院選挙期間中に毎日新聞が実施した全候補者アンケートで「日本の核武装構想について、国際情勢によっては検討すべきだ」と回答していた。

中川発言に関連し、安倍晋三首相は同日、遊説先の大阪府茨木市での街頭演説で「北朝鮮が核武装宣言しようとも、非核三原則は国是として守っていく」と述べた。

また、久間章生防衛庁長官は毎日新聞に「今そういう議論はない。そういう必要もない。アメリカの核の傘の中で、日米安保条約に基づいてやっているのが一番いいし、それで十分だ」と否定的な見解を明らかにした。

自民党の加藤紘一元幹事長も、毎日新聞の取材に「中川氏がどういうつもりで発言したのか分からないが、(このような発言に)ブレーキをかけないと世界中で誤解されてしまう」と述べた。

一方、民主党の鳩山由紀夫幹事長は同市内での演説で「(中川発言は)目には目をみたいな話。北朝鮮が核を持ったら日本も持つという発想は、世界全体に核が拡散してしまう論理になる。日本は唯一の被爆国として核を持たずに、世界の核廃絶に向けリーダーシップを発揮しなければならない」と批判した。【堀井恵里子、山下修毅】

毎日新聞 2006年10月15日 21時34分

記事によれば、中川氏の発言には否定的な発言が相次いでいるようですが、私はこの発言を支持します!
前回の拙ブログの記事(日本も核武装を議論すべき)で述べた通りで、アメリカが日本に原爆投下をしたのは、日本が原爆を持っていなかったからで、日本こそ核武装をする権利があるのです。

今一度、前回の記事の加瀬英明氏の発言を引用します。

トルーマンが原爆を日本に投下したのは、対日戦争のためではなくて、ソ連に対するデモンストレーションだったという説があります。この見方はおそらく正しいと思う。ホワイトハウスで日本に原爆を落とすのを決定した会議がある。それに出ていた一人がマッケロイという陸軍次官。二十五、六年前にその人と会ったんです。大記者として知られたジェームス・レストンもその席にいました。

それで私は「もしあの時日本が一発でも原爆を持っていて、アメリカのどこかに落とすことができたとしたら、日本に核攻撃を加えただろうか」と聞いた。横からレンストンが、「お前はどうして、そんな答えが分かっていることを聞くのか」と言うから、「あの原爆投下を決めたホワイトハウスの会議に出た人に初めて会ったから、念のために聞いたんだ」と。するとマッケロイは、「あなたは返事が分かっていて聞いたのでしょう」と、ニヤリと笑った。日本が核を持っていなかったから落としたんだといいました。

話は飛びますけど、私はインドの国防大臣を務めたフェルナンデス国防大臣と懇意にしていて、大きな国防大臣室を訪ねたこともある。そこには三枚の写真が飾られていて、一枚はガンジー翁が糸を紡いでいる有名な写真。もう一枚がインド大統領。そしてもう一枚が原爆ドーム。フェルナンデスはニヤッと笑って、「この写真がどうしてここに飾っているか分かるか」と聞いてくる。実はインドは彼のもとで核武装を断行したんですね。私は「核兵器を持っていないと、こういう惨禍を招くということを示すために掲げているんでしょう」と言った。「そのとおり」と、彼は言いました。日本こそ世界のどの国よりも核武装をする権利があるんですよ。というのは、人類唯一の被爆民族ですからね。
(引用終わり)


ですから、中川氏の見解は常識的なものであり、何ら批判されるいわれはありません。むしろ、この発言を批判される政治家の方々は、本当に国民の生命を守る気があるのか、大変疑わしいです。

中川氏と同様の見解を、安倍総理の祖父である岸信介氏も述べています。昭和32年5月14日、岸氏は記者会見で、原水爆を保有する考えはないけれども、現憲法下でも自衛のための核兵器保有は憲法上許されるんだという発言をされました。
この発言は大きな反響を呼び、翌日の参議院本会議で早速野党議員がこれについて正しました。これに対して岸氏は、単に核兵器という言葉がついているだけで、そのような武器を持つことは憲法違反だとは言えないと思っている。しかし今日核兵器を持とうとは思っていないし、自衛隊を核装備しようとは考えていない、というふうに答弁されました。つまり、今のところ政策論として核兵器は持たないけれども、憲法解釈としては妨げるものではないということです。この岸答弁は日本国政府の見解として記録に残され、今日なお生きているわけです。

中川氏の発言はこの岸答弁に沿ったものであり、この点からも批判には当たらないということです。

今、私たちに求められているのは、この岸答弁と非核三原則なるものとの整合性を如何に担保するか、端的に言えば非核三原則という欺瞞に満ちた政策を如何にして無効化するかということではないでしょうか。

安倍総理は「非核三原則は国是として守っていく」と述べていますが、これは大変残念な発言であると言わざるを得ません。岸答弁にも沿わないものですし、現実の問題として、北朝鮮が核のカードをちらつかせているのに、米軍の核武装した船舶の入港を認めなくてもいいのでしょうか。せめても非核三原則について検討するぐらいのことは言ってもいいのではないかと思います。

これまで日本は日米安保によりアメリカの保護のもと、平和な状況が続き、国防については考えなくても済んできました(実際には北朝鮮による拉致という侵略行為などがありましたが)。そのせいで、日本は「保護ボケ」しているのではないかと思います。
今こそこの保護ボケから目を覚まし、アメリカに全面的に防衛を依存するするのではなく、自国を守れるだけの防衛力を整備しなければならないと思います。そうして初めて、これまでのようにアメリカに従属するのではない、対等な関係が築けるようになるのではないでしょうか。
のみならず、日本の周辺にある北朝鮮や、共産党一党独裁の全体主義国家である中国、丸腰の漁船にいきなり発砲して船員を射殺するロシアのような、力しか信じない国々とも伍していけるのではないでしょうか。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>111さん
クリックありがとうございます。ただ、コメント内容が拙ブログの記事内容と無関係のものでしたので、記事に対してのコメントを下さればと思います。
2006/10/20(金) 01:49 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
ブログ、クリックしておきました!

『天皇なんかいらないし、4回の外遊で8億という税金を使っても平然としている小泉のような2世・3世議員たちはいらない。国政調査費といって5千万円を飲食代に使うような議員たちもいらない。税の重みや国民の痛みがわからない権力者たちはいらない!
 国民の税が、本当に必要としている国民にわたるように、税が公平に使われ公平に分配されるような福祉国家を、日本人は築くんだ!』http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/
2006/10/19(木) 20:43 | URL | 111 #-[ 編集]
>milestaさん
おっしゃるとおりです。中川氏は議論すべきだと言われただけで、それを非難するのはおかしいですよね。そして、milestaさんが言われるような事態も鑑み、果たして自国の防衛を米国頼みにしていていいのか、ちゃんと話し合うべきですよね。

>tonoさん
>攻撃させないための傘なのですから。
核を持つことの意味は、tonoさんの言われる通りだと思います。広島、長崎の悲劇を繰り返さないために持つのです。
私は、東アジアが不安定な状況になってる要因に、日本が大国に相応しい軍備を整えていないことがあると思っています。核のことも含め、東アジアの安定のためにも、国防について真剣な議論が必要だと思います。

>かっぱやろうさん
国防を議論する時、「核」については避けて通れないものだと思います。ですから、中川氏の発言は至極当然なもので、核についてちゃんと議論をすべきですよね。

>まかさん
中川氏に支持しますとのメールを送られたのですね。私も後で支持のメールを送ります。
2006/10/16(月) 22:58 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
中川さんのHPに
わたしも「支持します」とメールを送りました。
2006/10/16(月) 20:36 | URL | まか #VkJT2l8w[ 編集]
んだんだ
さすが中川さん。
実際に持つかどうかはともかく、
実際にそゆ時になってから慌てるんじゃ困りまス。
議論はしとくべき、そう思いまスね。
くどいでスけども、核には核でしか対抗できないんだから・・・
2006/10/16(月) 16:37 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
当然でしょう
核保有程、専守防衛は無いのでは無いですか。
攻撃させないための傘なのですから。
そして、日本は世界一核兵器の恐ろしさを知っているのですから、核兵器から国を護ることに、もっと神経質で在るべきと思います。
非核三原則等を盾に反対する人や、議論さえ反対する人は、核保有以外の核兵器防衛策を提示すべきです。
在れば、核兵器を「良いもの」と思っている国などあり得ないのだから、とっくにそういう手段が取られているのでは無いですか?
反対する人々に問いたい?
「あなたは、広島・長崎を知らないのですか?」
「あなたは、広島・長崎の尊い犠牲を無にするおつもりですか?」
と。
2006/10/16(月) 15:44 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
こういう批判が起こる度に「また言霊信仰が顔を出した。」と思います。批判している人達は、自分たちが現実になって欲しくないことは、言葉に出しちゃいけないと思っているんですよ。
中川さんは、今すぐ核兵器を持とうと仰っているのではなく「議論すべきだ。」「憲法違反でない。」と仰っているのですよね。それを非難したのでは、話し合いや検討すらできませんね。話し合う過程で、反対の人は反対と言い、その根拠を言えば良いのです。

また、アメリカは「世界の警察」のように振る舞っていますけど、実際に本気で取り締まりたいのは、イスラム教徒やイスラム教国ではないかと思います。だから、中国や北朝鮮のように無宗教で、聖地からも遠い国に対して、どれだけ真剣に対応してくれるか疑問ですね。もしも、東アジアと中近東で同時に紛争が起きたら、アメリカはどちらに目を向けるでしょう?
そうしたことを話し合うことすらできないというのは、危険すぎますね。
2006/10/16(月) 09:23 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/245-eaa6373e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
男系維持派の議員連盟発足 皇室典範改正案策定へ  男系による伝統的かつ安定的な皇位継承を目指す超党派の議員連盟「皇室の伝統を守る国会議員の会」が17日、発足した。会長には自民党の島村宜伸元農水相が就任。旧皇族の皇
2006/10/19(木) 08:01:21 | 新・平成徒然草
議論しよう、核武装 読売新聞:「核保有、議論はあっていい」…中川・自民政調会長h
2006/10/17(火) 00:16:19 | 乱読雑記