『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
今回は『立ち返るべき「この国のかたち」』シリーズをUPするつもりでしたが、看過出来ないニュースがありましたので、産経新聞(平成18年9月22日)より関連記事を引用します。

■「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める 東京地裁判決

東京都教育委員会が卒業式などの行事で、教職員に国旗に向かっての起立や国歌斉唱を求めているのは、思想と良心の自由を定めた憲法に違反するとして、教職員ら401人が、起立と斉唱の義務がないことの確認のほか、慰謝料の支払いなどを求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は「懲戒処分をしてまで起立させることは行きすぎた措置で違法」として原告側の主張をほぼ全面的に認め、都に1人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じた。

都教委は平成15年10月、学校の式典での国旗掲揚や国歌斉唱時の起立などを求めた通達を出しており、これまでに通達違反として延べ345人の教職員が懲戒処分を受けた。判決は通達違反を理由にした処分も禁じており、都教委の対応に影響を与えそうだ。

訴訟では(1)教員らが国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務があるか(2)都教委の通達は違法か(3)教員らは通達によって精神的損害を受けたか-が主な争点となった。

難波裁判長は「日の丸、君が代は第二次世界大戦が終わるまで軍国主義思想の精神的支柱だったのは歴史的事実」と述べた上で、反対する権利は公共の福祉に反しない限り保護されるべきで、起立や斉唱の義務はないと判断した。

通達については、「合理的な基準を逸脱している」とし、「教職員が起立や斉唱を拒否しても、式典の進行や、国旗と国歌に対する正しい認識を生徒に教えることを阻害するものではない」と述べた。

難波裁判長はこうした判断の上で、「原告の教職員は義務がないのに起立や斉唱を強要され、精神的損害を受けた」として、都に慰謝料の支払いを命じた。

都の中村正彦教育長は判決を受け「主張が認められなかったことは大変遺憾。判決内容を確認して今後の対応を検討する」とのコメントを発表した。

小泉純一郎首相は21日、国旗国歌の強制は違法とした東京地裁の判決に関連し「人間として国旗国歌に敬意を表するというのは法律以前の問題だ」と述べた。


※小泉首相のコメントは正論だと思います。
■【主張】君が代訴訟 公教育が成り立たぬ判決

都立高校の卒業、入学式に向け、教職員に国歌斉唱などを義務付けた都教委の通達をめぐり、東京地裁はこれを違法と判断し、都に賠償を命じた。これでは、公教育が成り立たない。

判決によれば、「国旗と国歌は強制ではなく、自然に国民に定着させるのが国旗国歌法や学習指導要領の趣旨だ」としたうえで、「それを強制する都教委の通達や校長への職務命令は、思想良心の自由を侵害する」とした。さらに「都教委はいかなる処分もしてはならない」とまで言い切った。

国旗国歌法は7年前、広島県の校長が国歌斉唱などに反対する教職員組合の抵抗に悩んで自殺した悲劇を繰り返さないために制定された。当時の国会審議で、児童生徒の口をこじあけてまで国歌斉唱を強制してはならないとされたが、教師には国旗・国歌の指導義務があることも確認された。指導要領も教師の指導義務をうたっている。

東京地裁の判決は、こうした審議経過や指導要領の趣旨を十分に踏まえたものとはいえない。もちろん思想良心の自由は憲法で保障された大切な理念であるが、教育現場においては、教師は指導要領などに定められたルールを守らなければならない。その行動は一定の制約を受けるのである。

従って、都教委が行った処分は当然である。東京地裁がいうように、いかなる処分も行えないことになれば、教育現場が再び、混乱に陥ることは確実だ。広島県で起きた悲劇が繰り返されないともかぎらない。

裁判長は「日の丸、君が代は、第二次大戦が終わるまで、軍国主義思想の精神的支柱だった」とも述べ、それに反対する権利は公共の福祉に反しない限り保護されるべきだとした。これは一部の過激な教師集団が国旗・国歌に反対してきた理由とほとんど同じだ。裁判所がここまで国旗・国歌を冒涜(ぼうとく)していいのか、極めて疑問である。

自民党新総裁に選ばれた安倍晋三氏は「公教育の再生」を憲法改正と並ぶ大きな目標に掲げている。そのような時期に、それに水を差す判決が出されたことは残念である。小泉純一郎首相は「人間として国旗・国歌に敬意を表するのは法律以前の問題だ」と語った。各学校はこの判決に惑わされず、毅然(きぜん)とした指導を続けてほしい。


【産経抄】

もう十数年も前の話だが、大阪市の鶴見緑地で開かれた国際花と緑の博覧会の開会式でのこと。君が代斉唱でほとんどの出席者が起立する中、座ったままの一角があった。

▼記者席である。事件が起きて、その場から一刻も早く記事を送らねばならない状況ではなかったのに、起立した日本人の記者は小欄を含めてたった3人。外国人記者が座ったままの記者たちを物珍しげにながめていたのを今も思いだす。

▼国歌斉唱を座って無視するのが、インテリ風でカッコイイと勘違いしているヒトは今でもいる。「日の丸・君が代は侵略戦争のシンボルで戦前を思いださせる」という屁理屈(へりくつ)を学校で吹き込まれた悪影響は大きい。

▼平成11年に国旗国歌法が成立し、入学式や卒業式に日の丸を掲揚、起立して君が代を斉唱する学校は目に見えて増えた。だが、それを気にいらない教師たちが「国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務はない」と訴え出て、きのう1審で勝訴した。

驚いたのは、難波孝一裁判長が日の丸、君が代を「皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱だった」と断じ、「現在も宗教的、政治的にその価値が中立的なものと認められるまでには至っていない」とのたまったことだ。常識のない裁判官にかかれば、白も黒になる。高裁ではまともな裁判官に担当してもらいたい。

▼それにしても自分の国の国旗や国歌が嫌いで訴訟までするセンセイが都内に400人以上いるとは驚きだ。教育委員会は懲戒処分にした教師や勤め先の学校名をどんどん公開してほしい。主義主張のはっきりしている彼ら彼女らも望むところではないだろうか。教師にも「思想良心の自由」はあるだろうが、生徒にはまともな教育を受ける権利がある。


※教職員が、国から禄(ろく)を食みながら、国旗国歌に反対するなど、矛盾した話です。職を辞してから反対するならまだまだ分からないでもないですが、貰うものはしっかり貰っておいて何を言っているのか。

例えば、サラリーマンが自分の勤める会社の社旗や社歌が気に入らないといって騒げばどうなるでしょう? 

これと同じことを、訴訟を起こした教職員はしているのです。こうした行為がいかに非常識で理不尽であるか、誰でも容易に理解できると思います。

にもかかわらず、難波孝一裁判長は彼らの主張をほぼ全面的に認める判決をしています。この方は、人間としての常識もわきまえていない、非常識な方であると言わざるを得ません。

このような不当判決が二度と起きないことを願います。

※難波孝一裁判長への抗議はこちらへ
◆東京地方裁判所 〒100-8920
所在地 東京都千代田区霞が関1-1-4
電話:03-3581-5411 (代表)
FAX:03-3581-1583 (総務課)



※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



※追記
■国旗国歌 臨時校長会で従来通りの指導求める 都教育庁
 
東京都教育庁は22日、入学式や卒業式での国旗・国歌の強制を違憲とした東京地裁判決(21日)を受け、都内で都立学校の校長を対象にした臨時校長連絡会を開いた。都立高校や盲・ろう・養護学校の校長251人が出席し、同庁は、日の丸と君が代の指導について、今後も従来通りの方針で臨むことを説明した。

連絡会は非公開。同庁高等学校教育指導課によると、同庁側が控訴する方針を示したうえで、判決の内容を説明し「私どもの行政行為が何ら阻まれるものではないので、今まで通り、通達に基づいて国旗・国歌の指導を実施してほしい」と要請した。また、校長2人から質問があり▽「控訴審はどうするのか」との問いには「訴訟態勢を強化する」▽「(教職員への)職務命令をどう考えたらいいのか」との質問には「一向に変わらない」などと返答があったという。
 
同課の高野敬三課長は連絡会後「周年行事や卒業・入学式に向けて課題が出てくる場合、教育庁一丸となって支援していきたい」と話した。
    
東京都の石原慎太郎知事は22日の定例会見で、東京地裁判決について「(裁判官は)都立高校の実態を見ているのかね。現場に行って見たほうがいい。乱れに乱れている」と疑問を呈し「子供たちの規律を取り戻すために、ある種の統一行動は必要。その一つが国歌、国旗に対する敬意だ」と指摘した。さらに「(学習)指導要領でやりなさいといわれていることを教師が行わない限り、義務を怠ったことになるから、注意、処分を受けるのは当たり前」と語り、指導徹底を打ち出した03年10月23日の都教委通達の意義を強調した。【木村健二】
(毎日新聞) - 9月23日10時17分更新


石原都知事のご意見は尤もで、こうしたことに反対し裁判に訴える教職員、そしてそれを支持する判決を出した難波孝一裁判長はおかしいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>カミュさん
私もこの難波孝一裁判長は視野の狭い、そして思想的に問題のある方ではないかと思います。
2006/09/23(土) 13:15 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
TBありがとうございます。
この裁判官は日本史しか勉強していない、視野の狭い人だなと判決文を精読して改めて思った次第です。
いわゆる法律バカなのではないでしょうか?
2006/09/23(土) 00:05 | URL | カミュ #-[ 編集]
かつちさん、tonoさん、milestaさん、かっぱやろうさん、sesiriaさん、コメントありがとうございます。
皆さんの強い憤りは尤もだと思います。石原都知事は控訴すると言っておられたので、次回こそは真っ当な判決が出ることを願います。

下記アドレスに、今回の判決に対する様々な意見のブログリストが掲載されています。意外や支持する方もおられて驚きました。参考までにご覧下さい。
http://www.blog-headline.jp/archives/2006/09/post_1954.html

※かっぱやろうさん
TBが出来ないようでしたら、コメント欄にアドレスを貼って下さい。
2006/09/22(金) 23:23 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
不当な判決だと思います。
確かに法律以前に人間としてどうなのだ、という意見に賛成です。
それにしても、教師ですよ?
裁判官ですよ??公職につくものがこんな事では・・。辞めてもらいたいものです。だいたいなんの為に
法制化したのか解らなくなるでは
ありませんか。こんな事がまかり通るようでは未来は暗い。ぜひ控訴してもらいたいものです。
2006/09/22(金) 18:51 | URL | sesiria #flPMGraQ[ 編集]
皆さん
やっぱりこの判決が不当だと思う人がたくさんいらっしゃるので、何だか安心しました。私が参加しているmixiでもこのニュースで大多数の方はこんな判決は異常だといっておられます。やはり日本はまだ捨てたものではありません。このニュースに過剰とも言える反応をされる方々がいることはとてもいいことだと我ながら思いました。
*拙ブログでもこの記事を取り上げましたが、コメント数が開設以来初めて10件を越えました。たいした報告でなくて申し訳ございません(笑)
2006/09/22(金) 17:57 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
どこらへんが
>軍国主義思想の精神的支柱だったのは歴史的事実

うそつけ、あふぉんだらぁ。
んじゃーオリンピックとかでも君が代流せねーぢゃねーか。
こんな奴が裁判官やってるのも信じられない。
言葉荒くなってすんまへん。
TBさしてくだせい。
<(_ _)>
2006/09/22(金) 17:21 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
私もいろいろなところにコメント書きまくっています。
この判決驚きましたね。これまでの国歌・国旗裁判は常識的な判決が多かったのに、東京だけ異様ですね。とくに、裁判長の全く個人的な歴史認識が判決に大きく影響を与えているところが納得できません。

他にも書いたのですが、都立の学校の運営を正常なものにし健全な教育を進めることと、原告らの個人的な思想を尊重する解決策がひらめきました。原告を廃校した校舎に異動させて新たな学校として民営化。都は原告らの自由を尊重し、思想にも財政にも生徒募集等にも一切関与してはならない。国歌・国旗へ敬意を払えない教職員を公教育から一掃でき税金の無駄遣いも防げるし、教職員は自由を保障されますよ。
2006/09/22(金) 17:10 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
私も
あちこちに同じようなコメント書きまくってしまいました。

この裁判官も、
>「国旗掲揚や国歌斉唱について、生徒が日本人としての自覚を養い、将来、国際社会で信頼されるために、国旗国歌を尊重する態度を育てることは重要で、式典で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることは有意義と認め、教職員は国旗掲揚、国歌斉唱に関する指導を行う義務を負い、妨害行為や生徒に起立などの拒否をあおることは許されない」
と言って居るんですよね。
しかし、
>「教職員個人が起立を拒否しても、式典の妨害や国旗国歌を尊重する態度を育てる教育目標を阻害するおそれはない」
と言う論旨ですね。

はて、教職員個人?ですかね?
場は、式場という最も公の教育現場ですよね。
この場合、教師は公務員として職務を全うすべき仕事中ではないのでしょうか?
ならば、教職員が個人的に起立を拒否したら、生徒に「国旗国歌を尊重する態度を育てる」教育をしておいて、当人が「尊重しない」態度を取るのは、明らかに先生を信用して教育を受けてきた生徒からは「矛盾した行動」と映ります。
これを、日本語ではこういう鼓動は「拒否をあおる」といい教育目標を「阻害する」と言うんじゃないですかね。

この裁判官の法廷で、
「着席しなさい」と言っても被告が着席しなかったときに、
「着席をを拒否しても、法廷の妨害や審理の遂行を阻害するおそれはないとし、強制するのは、未だ犯罪者ではなく容疑者の思想・良心の自由を侵害する行き過ぎた措置」
として認めるのでしょうか?
きっと、審理を阻害する恐れは無いのに、
職権による「退廷命令」か「法廷侮辱罪」を振り回すと思います。

拙ブログは、
防衛大学校長の靖国参拝批判で暴言はいてる最中なので、本件はもう上げません。
2006/09/22(金) 16:54 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
コメントありがとうございます
何だか自分のブログで文句を言っても言っても言い足りないのであちこちで毒吐きまくっています(笑)本当にむかつく判決です。彼らには公教育という概念が無いんでしょうか、おそらくないんでしょうね。自分さえ良ければそれでいい、という感覚があって、自分勝手極まりないですね。彼らが「日の丸・君が代に反対し、その主張を生徒や保護者に押しつけるぞ」というなら、こちらも「日の丸・君が代に反対する教師のいる学校に通いたくない、通わせたくない」権利を主張していけばいいと思いました。こんな判決が市民権を得たら学校で何を教えても教師の主張ばかりがまかり通って生徒や保護者達の権利はことごとく無視されるということですよね。もう・・・絶対に許せません。
2006/09/22(金) 15:28 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/239-647e75e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
先日、国旗・国歌に関する判決が東京地裁からなされた。----------------------------------------------------------------------------------- 「国旗掲揚時の起立強制は違憲、地裁が都に賠償命じる」(読売新聞)
2006/09/26(火) 22:26:36 | 釣りキチおやじの言いたい放題
[国旗・国歌訴訟]「認識も論理もおかしな地裁判決」(読売新聞) 日の丸・君が代を教師に義務づけた東京都教委の通達と校長の職務命令は違法――東京地裁がそんな判断を示した。 教師には、そうした通達・命令に従う義務はない、国旗に向かって起立しなかったり、国歌を
2006/09/25(月) 23:38:50 | ぱっとんな日々
この本は岩波少年文庫の中の一冊として1957年に初版が発行されたもので、今は絶版となっているようだが、興味深い一文が載っているので紹介したい。著者の中野重治氏はプロレタリア文学者で、共産党員だったこともある
2006/09/24(日) 00:05:47 | 本からの贈り物
辞職してから自由とやらを謳歌しろ!! ・国旗国歌:学校強制に違憲判決 教職員401人が全面勝訴 ・国旗国歌:全面勝訴に決意新た「教育現場に自由を」 ・国旗・国歌 「強制は違憲」の重み  ・「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める 東京地裁判決  ・....
2006/09/23(土) 23:38:33 |  ◆ ケシクズ ◆
前回の記事のトップに日章旗を大きく掲げた。今回もあえて日の丸を掲げる。 日の丸を
2006/09/23(土) 22:00:09 | 田舎へ帰ろう!
公立学校の卒業式で国歌の強制があったとして争われた裁判。東京地裁の判決では教師側が勝った。この件については以下の記事ですでに書いた。国歌の強制は違憲、東京地裁上記の記事が楽天特有の字数制限に引っかかってしまったのでここで続きを書く。多くの記事がこの裁判..
2006/09/23(土) 20:05:30 | りゅうちゃんミストラル
仕事(というか、通常業務とは異なるレポート)が忙しくてエントリを休んでしまった。職場に顔を出せば「疲れてない?」「顔色が悪いよ?」「老けた?」とまで言われてしまった。さて、そんな中結局は安部氏が自民党総裁になってしまったり、タイでは長閑なクーデター...
2006/09/23(土) 11:52:18 | Tagebuch(たーげぶーふ)
世の中にはちょっと変わった人はいるものですけど、それが裁判官だと目も当てられない
2006/09/23(土) 00:02:38 | よしなしごと日記
昨日はあの忌まわしい「国旗・国歌訴訟」であちこち暴言を吐きまくった(?)ので今日は少し休憩を。私たちが今こうして平和に暮らし、いろいろなことを自由に言えるのはなぜだろうと考えたことはありますか?私は皇室典範改正
2006/09/22(金) 23:02:06 | 新・平成徒然草
 なんともはや。東京地裁で、アカ教師が国旗・国家と起立斉唱義務の有無の確認と慰謝料を請求した裁判の判決があり、東京地裁は一)起立斉唱の義務なし-日の丸君が代は戦前軍国主義の象徴であった、反対する権利は公共の福祉に反しない限り保護されるべき→義務なし 二)
2006/09/22(金) 16:10:25 | 佐藤 健の溶解する日本