『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
はじめに
拙ブログも、皆様のお陰で、今月で立ち上げてから一年を迎えることが出来ました。面倒臭がりで飽き性の私が、こうして続けてこれたのは、読んで下さる方がいればこそです。本当にありがとうございます。
そして、ブログを通じて思いを同じくする方々に出会えたのは、何よりの私の財産です。
相変わらず「へっぽこ」な記事しか書けませんが、これからも宜しくお願いします。

spiral


さて、今回は、山陽新聞(平成18年9月4日)より、『小泉政治の残照』第5部「識者論評」より、立花隆氏の論文を引用します。

■歴史認識転換の恐れ

立花隆(評論家)

はじめのころ安倍晋三氏の有力対抗馬とみなされていた福田康夫元官房長官が不出馬宣言をしたあたりから、自民党内は大勢が勝ち馬に乗る方向に流れはじめた。安倍の勝利がゆるぎないものとなったこの半月は、みっともないほどの「バスに乗り遅れるな」現象が次々に起きている。

同じような現象が、六十九年前、近衛文麿が青年宰相として登場してきた時にも起きた。国民的人気を勝ち得た近衛をかつぐ人々が続々現れ、それはやがて近衛新党運動になり、ついには第二次近衛内閣が成立して、わずか三ヵ月後には、政党が次々に解散して、みんな大政翼賛会になってしまうという、全体主義体制になってしまうのである。

奔流のごとき安倍へ安倍へと向かう流れを見ていると、この国がこういう雪崩現象の様相を呈すときは、歴史的にいって、何か危ういことが起こりそうだ、と心配せずにはいられない。

●数の力利用か
前回衆院選の結果、〇五年体制(与党が一方的に何でも決められる大勢)が生まれた。小泉純一郎首相はその前から少しずつ危ういことを始めていたが(イラク派兵、一連の有事法制など)、その体制を利用して一挙に危うい体制を作ろうとはしなかった。

小泉はもともとそれほどイデオロギッシュな人物ではなかったから、むきになって靖国参拝を繰り返す程度のことはしたが、イデオロギー的に国論を二分させるようなところまではあえて踏みこまなかった。

しかし、次期総理に事実上確定している安倍は小泉とちがう。大変にイデオロギッシュな人物だから、〇五年体制の数の力を利用して、これからアッという間に、小泉がさしひかえていた領域にどんどん踏みこんでいく可能性が強いと思う。

その最初のとっかかりは、おそらく、小泉が前国会で流してしまった、教育基本法改正案と(憲法改正のための)国民投票法案になるだろう。

●東京裁判を否定
教育基本法改正案が通れば、おそらく。愛国心を強調する立場からの教科書の書きかえがどんどん行われ、安倍がかねがね持論としている「東京裁判否定史観」が歴史教育の基本になってしまう恐れがあると思う。
小泉は、「A級戦犯は戦争犯罪人でしょ」と国会で明言するような人だったが、安倍はちがう。

悪いのは、戦勝国が事後法にもとづいて敗戦国日本を裁いた東京裁判であって、そのような裁判によって生まれたA級戦犯にどんな罪があるというのか、という立場だから、これまでの日本の戦争についての標準的認識とされてきた「A級戦犯に罪あり史観」が、まるでひっくり返ってしまう恐れがある。

安倍はすでに、雑誌論文や著書では、そういう過激に右翼的な見解を平気で述べているが、総理大臣になってから、公式発言として同じことを述べたら、相当のリアクションを関係各国から招くだろう。

あるいは安倍は、首相になったらそのような見解をまんまと隠してしまうかもしれない。

靖国参拝を四月のうちにひそかにすませて、それを誰にも言わないでおくといった姑息な工夫に前例がある。しかし、そのような工夫は、すればするほど、政治家としてみっともないことになる。

安倍自身はまだそこまで踏みこんでいないが、安倍が好んで対談をする相手の仲間たちは、先の戦争は謀略にのせられて日本が「やらされた戦争」で、あの戦争は本質的に「悪い戦争」ではなく、アジア諸国を帝国主義から解放した「正義の戦争」だったというような「大東亜戦争肯定論」を堂々とするような人物である。

もし安倍がそこまで言うようになったら、歴史認識の問題で、アメリカとの間に深刻な争いが生じる可能性がある。

●日本の未来左右
また安倍は、祖父の岸信介が六〇年安保を毅然と処理したことを高く評価する立場である。集団的自衛権の行使を否定する現行の憲法解釈を不可とする立場である。早く日米安保をグローバルに双務的な軍事同盟にするべし(日本をアメリカに守ってもらう代わり、日本もアメリカを守るために世界のどこにも出かけていく)とする論者である。

首相になってもそこまで過激な主張をつづけるようだったら、国内でも相当の反発を招くだろう。そうなると、安倍はいずれ、反対運動の広がりで辞職のやむなきにいたった、岸信介の二の舞になってしまうかもしれない。

安倍首相時代、日本の未来を左右するようなできごとが次々に起きそうである。
(引用終わり)


立花隆氏といえば、世間的にも高名な評論家の方ですが、この論文を読む限り、かなり左傾化した方のようです。
文中の言葉を借りれば、「雑誌論文や著書でこういう過激に左翼的な見解を平気で述べている」立花氏に対して、首を傾げざるを得ません。

特に私が看過できなかったのは、『安倍がかねがね持論としている「東京裁判否定史観」が歴史教育の基本になってしまう恐れがあると思う』というくだりです。

東京裁判(極東国際軍事裁判)を否定する史観が歴史教育の基本になることが、果たして恐れるようなことでしょうか。それはむしろ歓迎すべきことだと私は思います。

これまで何度も拙ブログで述べてきましたが、日本は侵略戦争をした悪い国だという「東京裁判史観」を打破し、失われた日本人本来の歴史を取り戻すことこそ急務なのです。

東京裁判については、以下の記事をお読み下さればと思います。

■今こそ東京裁判史観からの脱却を!
■東京裁判は「文明の裁き」か?

東京裁判は、国際法を無視した、事後法による勝者の一方的な裁きであることはもはや常識です。にもかかわらず、立花氏のような方が臆面もなく東京裁判史観を受け入れ、肯定しているのは、理解に苦しみます。

さらに、『これまでの日本の戦争についての標準的認識とされてきた「A級戦犯に罪あり史観」が、まるでひっくり返ってしまう恐れがある』そうですが、私はその標準的認識が間違っていると思います。

いわゆるA級戦犯については、安倍氏が、A級戦犯分祀論に対する発言の中で、以下のように言われています。

・・・昭和の歴史を虚心に振り返れば、極東軍事裁判によってA級戦犯とされた人々に戦争の責任をすべて帰すのは、不可能です。そのことに、戦後の日本人は比較的早い時期から気づいていました。だからこそ、昭和二十年代末、戦犯の赦免を要望する国民世論が高まり、衆議院では「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」が行われ、昭和三十一年、A級戦犯が、やがて三十三年にB・C級戦犯が釈放されたのです。

よく一知半解の輩が「A級戦犯 十四人」などと言いますが、「十四人」は、絞首刑に処されるか、獄中死して靖国神社に合祀された人数で、A級戦犯として有罪判決を受けた人は、全部で二十五名に及びます。そのなかには、釈放後、議員となり、鳩山内閣の外相を務めた重光葵(まもる)さんも含まれている。重光さんは、日本の国連加盟に際して目覚しい働きをし、関連書類にはみな彼の署名が残っています。また、その功績により勲一等を授与されてもいる。

・・・東京裁判の正当性を認め、A級戦犯の責任を改めて鮮明にするのであれば、重光さんからも勲一等を剥奪しなければなりません。戦後日本六十年の来歴、その間の歴史認識の深まりを完全に無視したそのような行いは、理不尽の一語に尽きるものです。(終)

【引用元:「諸君!」平成17年3月号】


安倍氏の言われるのは正論だと思います。立花氏のように、東京裁判の正当性を認め、A級戦犯の責任(罪)を鮮明にすることは、戦後日本六十年の来歴、その間の歴史認識の深まりを完全に無視した行いであり、理不尽なものです。

立花氏のような東京裁判を肯定されている方は恐らく、「日本はサンフランシスコ平和条約第十一条で東京裁判の結果を受諾したのだから、東京裁判を否定することは、この条約を否定することである」というお考えなのでしょう。

※サンフランシスコ平和条約第十一条
日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾し、且つ、日本国で拘禁されている日本国民にこれらの法廷が課した刑を執行するものとする(以下略)

平和条約第十一条については、以前の記事(■いわゆるA級戦犯分祀論無知ゆえの発言である)で述べたとおりです。以下、再度引用します。

サンフランシスコ平和条約の十一条を、簡単に言うと、「日本は東京裁判の『諸判決』を受諾し、これを実行する」という約束をしている。

これを朝日(新聞)式に言うと「東京裁判を受諾している」ということになるが、そうではない。原文の動詞には「キャリーアウト(実行)」とある。日本が東京裁判を「キャリーアウト(実行)」できるわけがないのです。朝日新聞の記者たちは原文を読めないのではないでしょうか。目的語の「judgments」も「裁判」ではなく「諸判決」と訳すのが正しいのです。

講和条約というのは本来、これまでのいきがかりをすべて水に流す条約です。捕まっていた人もすべて無条件で釈放する。事実その頃の事を調べてみると、アメリカは釈放するつもりだったそうです。

ところがイギリスが、ナチスの残党が南米などに逃げて動き回っていた関係で、不気味だったのですぐに釈放することを恐れた。

いくらなんでも講和条約の後に釈放しないのはおかしいので、十一条の後半にはこのように書いてある。・・・日本の要請を受けて、その戦犯に対して関係した国一カ国以上がOKしたら減刑してもよい。

そこで日本では堤ツルヨという社会党の議員が先頭に立って署名を集めた。短期間で四千万人の署名が集まりました。

これをバックに諸外国に交渉し、各国は承諾した。そのことによって戦犯は存在しなくなり、遺族手当て、恩給も出るようになった。以後、日本にA級戦犯はいないのです。ただ、すでに死刑になった人だけは生き返らせる事ができなかっただけです。

死刑判決はニュールンベルク裁判でも裁判員の三分の二の賛成が必要とされていたのに、東京裁判の場合は一票差でも死刑に処されている。こんなめちゃくちゃな裁判はない。
(引用終わり)


日本は「諸判決」を受諾したのであって、裁判の過程や裁判の示した歴史観まで含めた全てを受け入れたわけではありません。このことは、立花氏のような方々に是非とも理解して頂きたいです。

さらに、中西輝政氏(京都大学教授)は、以下のように言われています。

平成十七年一月十二日、王穀中国駐日本大使は早稲田大学で講演し、いわゆる「A級戦犯」は「国際的に確立されたもの」との認識を語り、「日本は国際国家になりたければ、国際的な常識、コンセンサスに従って振舞う」べきで、それが、日本にとっての「利益になる」との考えを開陳したそうです。およそ国際常識からかけ離れたことやっている中国がよく言うよ、と感じましたが、それ以上に、これは我々、歴史を研究する者にとっては聞き捨てにできない言葉ですね。東京裁判が「世界の常識」とは、とんでもない。むしろこの裁判は無効である、歴史的に存立が難しいものだというのが、世界の研究者の間で広く共有された認識になっています。法的な成立根拠事態に大きな疑問があり、「不当な裁判」であるという点は、従来から繰り返し指摘されてきた。おまけに、近年、たとえば旧ソ連の機密文書などが新たに公開されるにつれ、一九三八年の張鼓峰事件、一九三九年のノモンハン事件など、ソ連の申し出で追訴要因に加えられた日本側の「罪状」が、完全な濡れ衣だったことがわかってきました。これらはソ連側が仕掛けた戦闘であることが立証されたのです。他にもそうした例が多数あり、年ごとに増え続けています。こういう面からも、東京裁判の正当性はいまや完全に、音を立てて崩れています。

「A級戦犯」は「世界が認めたもの」であるとか、サンフランシスコ講和条約で日本はこの裁判を受け入れたとかいうのはもともと間違いなのですが、昭和三十年代、あるいはせいぜい一九七〇年ごろまでの日本の歴史教育によって根づいてしまった。その後、研究の深まりがあったにもかかわらず、昔の戦後史家の本を鵜呑みにして、新しく勉強し直すのを怠ったままの、古い常識の人々が政財界やマスコミの中枢にまで多数いて、中国側の議論に容易(たやす)く乗せられてしますのです。(終)

【引用元:「諸君!」平成17年3月号】


東京裁判は、世界の研究者の間でも、無効である、歴史的に存立が難しいものであるとの認識が共有されているそうです。にもかかわらず、なぜ立花氏のような方が日本にはたくさんおられるのか。渡部昇一氏(上智大学名誉教授)によれば、以下のような理由があるそうです。

東京裁判はマッカーサーの権威にのみにもとづいて(つまり国際法とかアメリカなどの法によらず)行われたものである。それを当のマッカーサーが公式の場(アメリカ上院の軍事外交委員会)で否定しているのだ。東京裁判史観などは過去の亡霊であることは確かである。しかし日本ではこの亡霊がまだ威力を振るっているのだ。というのは東京裁判と並行して実施された公職追放令などにり、日本の敗戦によって巨大な利益を得た人物たちやその子分たちが、大学や新聞社や官公庁や会社に沢山いるからである。その人たちは戦前の日本の悪口を言うことによって、つまり東京裁判史観によって得をしてきた人たちである。(終)

【引用元:「正論」平成18年8月号】


渡部氏は続けて経済同友会(東京)の幹事会での発言を取り上げ、以下のように述べています。

経済同友会(東京)が首相の靖国神社参拝に反対する主旨の提案を出したが、その幹事会の中でこんな発言があったと言う。
「靖国問題も絡(から)め、『東京裁判は妥当だったか』との話があったが、『戦勝国の裁判が間違っていたと学んだとしても60年前には戻れない・・・』(産経新聞平成18年6月8日)
しかし戻れるのである。教育の場にもどし、更にテレビや新聞の場にもどし続けるならば、日本人の姿勢がピンとするのである。媚中・拝中の卑屈さを拭き去ることもできるのだ。東京裁判史観は過去の問題ではない。現在の問題であり、日本の将来を左右する大問題なのである。この亡霊の完全なお祓(はら)い、お清めがない限り、日本は地縛霊に取り憑(つ)かれた哀れな人間みたいなものである。(終)


いよいよ今日から自民党総裁選が始まりましたが、次に首相になられる方には、是非ともこの東京裁判史観の払拭に尽力して頂きたいです。
特に教育現場では、「東京裁判否定史観」が歴史教育の基本になることを願います。
そして、立花氏のような方の活躍の場が少なくなれば幸いです。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
正論
初めて拝見。
鋭い!と思います。
冷静な論旨、視点からの観察が素人とは思えない。

2013/08/15(木) 01:12 | URL | ノブロー #dDm6s.8Q[ 編集]
>仁さん
自分では、冷静に記事を書くよう心がけていますが、世の中が少しでも良くなるように、その思いは強くもって書いています。
宜しければ、またいらして下さい。

>タミさん
気がついたら、一年経ってました。来て下さる方々には本当に感謝です。
タミさんには、相互リンクもして貰い、応援ポチッもして貰って、感謝してます!
何より、拙ブログの硬い内容の記事を毎回読んでくれているのは嬉しいです!
これからもヨロシクね。

>ようちゃんさん
中西先生の新書を紹介して下さり、ありがとうございます。
発売されたら、買おうと思います。

>かっぱやろうさん
ありがとうございます!
かっぱやろうさんは、更新毎に欠かさずコメントして下さって、大変感謝しています。
これからも宜しくお願いします。

立花氏、実は私もこの新聞記事を読むまでは、どういう方かあまり知らなかったのですが、残念ながら「こーゆー人」でした・・・。
2006/09/11(月) 14:14 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
おおっ
一周年!
オメデトチャ━━( ´∀`)━━ン!!!!
お疲れ様でっス。
これからも頑張ってくだせい。
立花さん、あんまりどういう人か知らんかったんでスが、
こーゆー人だったんでスか・・・
2006/09/11(月) 08:53 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
「日本核武装」の論点―国家存立の危機を生き抜く道
「日本核武装」の論点―国家存立の危機を生き抜く道
PHP研究所 (2006-09-19出版)
・中西 輝政【編著】
販売価:\1,575(税込) (本体価:\1,500)
テポドン・ショック、中国の軍拡、NPT体制の崩壊…。 国際環境が激変するなか、日本の安全・繁栄を守り、真の独立国となるための論考・鼎談を収録。
この本の内容は非常に有意義です。
2006/09/11(月) 03:37 | URL | ようちゃん #VmV1yANw[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/11(月) 00:22 | | #[ 編集]
1年ですか(°o°)

凄いですね♪

タミも一年続くよう頑張ってます(笑)

応援ポチッ!
2006/09/10(日) 23:26 | URL | タミ #-[ 編集]
おじゃまします~^^
ブログサーフィンで立ち寄らせて頂きました。
熱いですねー熱く1年続けてきたんですねー。すごい!
2006/09/10(日) 13:06 | URL | 仁 #-[ 編集]
>かついちさん
了解です。拙ブログのリンクリストも、移転先の新アドレスに変更しておきますね。

2006/09/10(日) 11:24 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
お知らせ
いえいえ、本当に知識の泉が沸くようなさまざまな情報を提供してくださり、勉強好きな?私にはとても嬉しい限りです。東京裁判を明確に否定してくれる指導者だと本当にすっきりするんですけどね・・・。ところで、エントリーとは関係ないですが、私のブログを新しい場所に移転させていただくことになりました。以前のブログはまだ残しておきます。放置してしまいますが(笑)今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2006/09/10(日) 09:47 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
>milestaさん
milestaさんには日頃から色々とお心遣い頂いて、大変感謝しております。本当にありがとうございます。

私も立花氏の論に説得力はないと思うのですが、マスコミではこうした意見が重宝されています。ですから、立花氏も最近活躍が目立ってきています。
マスコミも東京裁判史観にどっぷり浸かっているので、これをどうにかしなければなりませんね。

>かついちさん
かつちさんには、頻繁にコメントを下さり、感謝しております。かついちさんのコメントは、こちらが勉強になることや刺激を受けることも多々あり、有り難いです。これからも宜しくお願いします。

かつちさんもブログを始めて一年になるのですね。ブログを通じて色々な人に出会え、意見交換が出来るのは、すごく嬉しいことですよね。今では、ブログをやってて良かったと思っています。

私は、次の総理には、はっきりと東京裁判を否定して欲しいと思っています。正式な議会の場でなくとも、何かの折に一言いって下されば、それだけで大きく変わると思うのですが、どうでしょう。

>ふみこさん
ありがとうございます。そんな大したことは書いていないので、面映い気持ちですが、読んで下さる方のお役に立てるような記事が書ければと思っています。

>是非彼の心配している状況になって欲しいと切に願います。

ほんとにそうなって欲しいですね。

>田舎の神主さん
ブログを通じて、田舎の神主さんのような博識な方に出会えたのは、大変嬉しく、有難いことでした。

田舎の神主さんには、たくさん勉強させて貰い、感謝しております。本当にありがとうございます。

私の場合、体のこともあるので、更新するのが難しい時もありますが、無理のない範囲で続けていければと思っております。

これからも、ご指導よろしくお願いします。
2006/09/09(土) 23:43 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/09(土) 15:23 | | #[ 編集]
1周年おめでとう御座います。
開設1周年おめでとう御座います。
大変勉強になる素晴らしいエントリをお書きいただき感謝の念に堪えません。
然し乍ら、お体の方、どうかご無理なさらずに御自愛の程をお願い申し上げます。

立花隆氏にも困ったものです。
朝日新聞についても同様に思いますが、サンフランシスコ講和条約についても、国際法についても良く勉強された方が宜しいのでは無いかと思います。

わずか5、60年前の歴史すら満足に正しく伝えることが出来ないようになってしまった国の将来は最早それよりも遙かに短い期間で終焉を迎えることでしょう。

日本は皇紀にして2666年もの連続した歴史を持ち、その歴史を証明する皇室があります。
そんな歴史の連続性と、日本人の持っている精神の高貴さを損なわせようとした連合国によって行われた東京裁判。

spiralさんを始めとしたこのブログの読者の方々はご存じで御意見申し上げる程のことでもありませんが、この裁判の性質はそれまでの国際法を無視し、新たに設けた事後法、しかも多くはマッカーサーという連合国の総司令官の権限において政治的に、報復的行為として行われた極めて原始的な裁判であり、現在の国際標準では極めて不当なものであり、法治国家、民主主義において成立し得ない裁判であったという認識が一般的ですね。それはかの「パール判事の日本無罪論」でも描かれており、日本人が本当に知らねばならない歴史の一つでありましょう。

それとmilestaさんが御指摘の通り、東京裁判史観が覆されることの何が、何処がいけないのかに触れていらっしゃらず、抽象的な表現に終始されている点からも説得力が感じられません。

これほどご高名な方が論旨が明確でないものを世に出されるというのは「世論の印象操作である」と勘ぐられても致し方がないことでしょう。

長文を駄文乱筆にて失礼致しました。
とりあえず1年間お疲れ様でした。
今後も頑張って良いエントリを書き続けてくださいね。
期待しています。

spiralさんの御健康とこのブログの益々の発展、御健勝をお祈り致します。
2006/09/09(土) 15:17 | URL | 田舎の神主 #-[ 編集]
ブログ開設一周年、おめでとうございます。
これだけ充実した内容の記事をコンスタントに書き続けるのは本当にすごいと思います。
私も見習わなくては・・・(^^;
立花氏、コテコテですね。
是非彼の心配している状況になって欲しいと切に願います。
2006/09/09(土) 09:30 | URL | ふみこ #-[ 編集]
ブログ開設1周年
実は今月の2日で丸1周年を迎えていました・・・(汗)ブログ開設1周年おめでとうございます。以前のブログがなかなか続かなかったのですが、新しいブログにしてからいろいろな人と出会って意見交換ができることに非常に喜びを感じます。spiralさんのブログは質量ともにとてもすばらしい出来映えですので私も見習うべきところがたくさんあります。今後も是非頑張ってくださいね。応援しています。
東京裁判はもはや何もかもがめちゃくちゃです。どこが正当な裁判なのか、それを擁護する識者の見識もどうかしている。かつて東京裁判で判事を務めた連合国軍関係者でさえもこの裁判はやるべきではなかったと言っているというのに、そのことに早く国民も理解して欲しいものです。
2006/09/09(土) 07:54 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
ブログ開設一周年おめでとうございます。でもまだ一年ですか?質量ともに素晴らしいので、もっと長く続けていらっしゃる気がしていました。今後も(無理をしないで)頑張ってください。

ところで立花氏は、今までの東京裁判史観が覆されるのがなぜいけないのか書かれていないので、説得力がないですね。

2006/09/09(土) 01:35 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/232-95000676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今回で三回目を迎えたこの連載ですが、やっと当社の会報にも載せる運びとなり、八月の
2006/09/14(木) 16:09:00 | 田舎の神主の学び舎
毎年繰り返される総理の靖国参拝を巡る日本と中国・韓国との軋轢を見ていて感じたことを申し上げたいと思います。日本も中国・韓国も、いつまで加害者・被害者の関係でいなければいけないのか、いつまで日本は戦争の大罪を
2006/09/14(木) 09:00:07 | 新・平成徒然草