『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
昭和天皇が、靖国神社へのいわゆるA級戦犯の合祀について、不快感を示していたとするメモが話題になっていますが、私は、本当に昭和天皇がそのようなご発言をされたのか疑問を感じていたので、ブログの記事にはしないでおりました。

すると、早速このような情報が出てきました。
富田元長官メモ

※クリックすると拡大します。
※情報元はこちらです。
この画像を見ると、実際は昭和天皇の発言ではなく、藤尾文相の発言のメモだったようです。
※たいげろさんからの情報によると、現在では、当時の側近、徳川義寛氏の証言ではないかとする説が有力だそうです。

さて、今回のメモについては、どの新聞社でも取り上げていましたが、産経の記事が一番まともな論評をされていたので、引用します。

■三国同盟推進の2人批判か

昭和天皇はA級戦犯をひとくくりにして批判していたわけではない。
 
昭和天皇の側近、木戸幸一内相の「日記」をみると、昭和天皇はA級戦犯に同情を示している。昭和天皇は終戦直後の昭和20年8月29日に「戦争責任者を連合国に引き渡すは真に苦痛にして忍び難きところ」、9月20日に「敵側のいわゆる戦争犯罪人、ことにいわゆる責任者はいずれもかつては只管忠誠を尽くしたる人々」と語ったという。

宮内省御用掛の寺崎英成氏が記した「昭和天皇独白録」からは、昭和天皇がA級戦犯の代表格である東条英機元首相を信頼していたこともうかがえる。昭和天皇は21年3月ごろ、「元来東条という人物は、話せばよく判る」「東条は一生懸命仕事をやるし、平素いっていることも思慮周密で中々良い処があった」などと語っている。

大原康男・国学院大教授は「メモが事実だったとしても、昭和天皇がA級戦犯の合祀そのものに不快感を示しているとは言えない」と指摘する。

大原氏が注目するのは、今回のメモで言及された人物が、日独伊三国同盟を推し進めた松岡洋右元外相と白鳥敏夫元駐イタリア大使の2人とみられることだ。大原氏は「昭和天皇は『独白録』でも松岡のことを一番批判している」と語る。

一方、「公の発言ではなく、非公式メモをA級戦犯分祀論に結びつけるのは、昭和天皇の『政治利用』になりかねない」(百地章・日大教授)との懸念も出ている。

靖国神社は、昭和53年、厚生省が公務死と認定して靖国側に送った「御祭神名票」に基づいてA級戦犯を合祀した。

昭和天皇も現天皇陛下も春秋の例大祭には勅使を派遣するなど、靖国重視の姿勢を示し続けてこられた。昭和天皇の弟宮である高松宮さま(故人)と三笠宮さまは、合祀後も参拝を続けられた。現宮司の南部利昭氏は就任に際し「天皇陛下から『靖国のこと、よろしく頼みます』と直接、言われている」(関係者)とされる。

靖国側は分祀について「A級戦犯の御霊だけ除くことはできないし、ありえない」との立場を堅持している。

政府筋は「手帳のあのページだけ紙がはり付けてあるという。メモを宮内庁で見た人はいない。本当に昭和天皇が言ったかどうかも分からない」と指摘しており、分祀論の高まりには戦没者の慰霊を置き去りにした政治的意図を強く感じる。(阿比留瑠比)

【2006/07/21 東京朝刊から】


■【主張】富田長官メモ 首相参拝は影響されない 
昭和天皇がいわゆる“A級戦犯”の松岡洋右元外相らが靖国神社に合祀(ごうし)されたことに不快感を示したとされる富田朝彦元宮内庁長官のメモが見つかった。昭和天皇の思いが記された貴重な記録だ。

昭和天皇が松岡元外相を評価していなかったことは、文芸春秋発行の『昭和天皇独白録』にも記されている。富田氏のメモは、それを改めて裏付ける資料だ。メモでは、昭和天皇は松岡氏と白鳥敏夫元駐伊大使の2人の名前を挙げ、それ以外のA級戦犯の名前は書かれていない。

靖国神社には、巣鴨で刑死した東条英機元首相ら7人、未決拘禁中や受刑中に死亡した東郷茂徳元外相ら7人の計14人のA級戦犯がまつられている。メモだけでは、昭和天皇が14人全員のA級戦犯合祀に不快感を示していたとまでは読み取れない。

政界の一部で、9月の自民党総裁選に向け、A級戦犯を分祀(ぶんし)しようという動きがあるが、富田氏のメモはその分祀論の根拠にはなり得ない。

天皇の靖国参拝は、昭和50年11月を最後に途絶えている。その理由について、当時の三木武夫首相が公人でなく私人としての靖国参拝を強調したことから、天皇の靖国参拝も政治問題化したという見方と、その3年後の昭和53年10月にA級戦犯が合祀されたからだとする考え方の2説があった。

富田氏のメモは後者の説を補強する一つの資料といえるが、それは学問的な評価にとどめるべきであり、A級戦犯分祀の是非論に利用すべきではない。まして、首相の靖国参拝をめぐる是非論と安易に結びつけるようなことがあってはなるまい。

昭和28年8月の国会で、「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」が全会一致で採択された。これを受け、政府は関係各国の同意を得て、死刑を免れたA級戦犯やアジア各地の裁判で裁かれたBC級戦犯を釈放した。また、刑死・獄死した戦犯の遺族に年金が支給されるようになった。

戦犯は旧厚生省から靖国神社へ送られる祭神名票に加えられ、これに基づき「昭和殉難者」として同神社に合祀された。この事実は重い。

小泉純一郎首相は富田氏のメモに左右されず、国民を代表して堂々と靖国神社に参拝してほしい。

【2006/07/21 産経社説から】
このメモに対する小泉首相の発言も、冷静で真っ当なものだと思いました。

■<昭和天皇メモ>小泉首相「靖国参拝に影響ありません」

小泉純一郎首相は20日夕、首相官邸で記者団に対し、昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示した資料の発見が自らの参拝に与える影響について「ありません、それぞれの人の思いですから」と述べ、否定した。一方、自民党の久間章生総務会長や中川秀直政調会長が分祀論に同調する見解を改めて表明するなど、新資料の波紋が与野党に広がっている。
 
首相は8月15日の終戦記念日に参拝するかが焦点となっているが、新資料とは切り離して判断する意向を示したものだ。また、「天皇陛下が参拝できる状況にした方がいいと考えますか」と記者団から問われ「それぞれ、心の問題ですからね。参拝されてもいいし、しなくてもいいし。自由ですから」と述べた。
 
さらに、A級戦犯の分祀論について「一宗教法人に対してはあああるべきだ、こうあるべきだと政府としては言わないほうがいいと思う」と述べ、政治的な働きかけは好ましくない、との見解を示した。
 
一方、自民党の久間総務会長は20日の記者会見で「かねてからの持論だが、やっぱり合祀すべきでなかったと今でも思っている」と語った。中川政調会長は党本部で記者団に対し「私は最初から分祀・分霊論だ」としたうえで、「政治が口出しできる話じゃない」と述べた。【小林多美子】
 
◆富田朝彦元宮内庁長官のメモに関する小泉純一郎首相と記者団とのやりとり
――どう受け止めるか。
◇これは心の問題だから、陛下(昭和天皇)もさまざまな思いがおありだったと思う。

――合祀後、天皇が参拝していないが。
◇それぞれ人の思いがあるから、私がどうこう言う問題じゃない。

――天皇が参拝できる状況の方がいいのでは。
◇それぞれの心の問題だから。参拝されてもいいし、しなくてもいいし。自由ですから。

――追悼施設としてどのようなものが理想的か。
◇なかなか結論が見えにくい。

――首相自身の参拝に影響があるか。
◇これはありません。それぞれの人の思いですから。心の問題ですから。強制するものでもないし、あの人が、あの方が行かれたからとか、良いとか悪いとかいう問題でもないと思う。

――これからも行くか。
◇心の問題ですから。行ってもいいし、行かなくてもいいし、誰でも自由ですね。

――A級戦犯分祀に対する考えは。
◇一宗教法人に対して、あああるべきだ、こうあるべきだと政府としては言わないほうがいい。議論は結構です。

(毎日新聞) - 7月20日21時2分更新


このメモについては、たくさんのブログで取り上げられており、適切な論評を書かれているので、以下、その中からいくつかリンクを貼りますので、ご参照下さい。

■子供達の未来さん
■もののふのこころさん
■瑞穂日記さん
■憂国、喝!さん
■ほそかわ・かずひこのBLOGさん
■ふまじめざんスさん
■たいげろの日記さん
■切捨御免!トノゴジラの放言・暴言さん
■大高未貴の世界見聞録さん
■SHAKE THE FAKEさん


※拙ブログ関連記事
■稲田朋美衆議院議員の論文


※追記

■A級戦犯分祀:安倍官房長官、論議をけん制
 
安倍晋三官房長官は23日の横浜市での講演で、靖国神社のA級戦犯分祀(ぶんし)論議について「政教分離の原則からも神社側や遺族会が判断することだ」と指摘し、政界に分祀論が広がることをけん制した。サンフランシスコ講和条約でA級戦犯を裁いた極東国際軍事裁判を受諾したことを根拠に靖国参拝に反対する意見については「飛躍したトンチンカンな議論だ」と批判。「国際法の慣例では、講和条約が結ばれたら戦争裁判の判決や刑は将来にわたって無効になる」と述べた。【犬飼直幸】

毎日新聞 2006年7月23日 18時43分


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>だいちさん
TBは、反映されないことが度々ありますよね。
だいちさんのように、それにめげることなく、何度もトライしてTB下さるのは、大変嬉しいです。本当にありがとうございます。
もしどうても駄目な場合は、コメント欄にアドレスを貼って下さい。

では、お互い頑張りましょう!

>かついちさん
かついちさんの言われるように、国会議員の中には、中国に買収されたのかと思う議員が多いですよね。
そして、マスコミもメモを検証することもなく昭和天皇のご発言と断定して報道しているのですから、罪は重いですよね。
日経は政治的意図を持って報道したのでしょうが、他マスコミはしっかり検証した上で報道して欲しかったですよね。
2006/07/27(木) 14:43 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
天皇の名をかたって
靖国分祠論を正当化しようとするなんて本当にひどい人たちです。そもそもこの国にA級戦犯はいないと、国会でも決議されたではないですか。それを当の国会議員は知らないか知りたくないのか、昭和天皇の弁をお借りすれば「中国にでも買収されたのか」と申し上げたい気持ちです。
いろいろな方がこのメモについての検証をされているのでこれ以上の検証は差し控えますが、大切なことはこのメモを十分な検証もせずに憶測だけで「昭和天皇のご発言」と報道したマスコミの罪は重いと思います。このメモの全体をみたらはっきり言って誰の言葉をメモにしたものなのか、主語がはっきりしません。最初に報道した日経の神経を疑わざるを得ません。
一方で国民もこういったデマ記事に流されることなく冷静に報道された内容を吟味してはっきりこれは違う、という意見を持つことが重要だと思います。もっとも最近は国民の目も厳しくなってきた感があるのでそのようなことは杞憂なのかもしれませんが。
2006/07/27(木) 08:31 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
こんにちは。
spiralさん、私の記事をご紹介して頂きましてありがとうございます。時々、spiralさんのBlogにTBするのですが反映されない事があり、さきほど、漸く送れました。しかし、私だけでなく、みなさんのBlogをみているとTBが反映されない事が多いようです。最近は、Blog人口が多くなり、それが原因なのかも知れませんが仕方がないですね。そのように考えると私のBlogにも、「他の方からのTBが反映しない事もあるのかな~」と、思っています。ここにきて、Blog全体が盛り上がりをみせていますが、これからも頑張ってまいりましょう。
2006/07/26(水) 16:25 | URL | だいち #qDfdtOiE[ 編集]
>田舎の神主さん
どうも、お久しぶりです。
田舎の神主さんが言わんとされたことは、正論だと思います。私も同じ思いです。
2006/07/26(水) 15:32 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
こんにちは。
私個人と致しましてはこの件について触れるのを避けていたのですが、このエントリと皆様のコメントを拝見いたしまして思うところがいくつか見解を述べさせていただきます。

まず、皆様がご指摘されているように時期的に「なぜ今なのか」と思ってしまうほどタイミングが良いということですね。明らかに政治的な意図を感じます。
そしてマスコミの反応も各社各様であり、各々の都合の良い部分のみが切り取られているように思います。
それと、自民党内部の要職についていらっしゃる方々が政治的な思惑で以前に御祭神として御祀りした所謂「A級戦犯」と呼ばれる方々を分祀しようなどとは不遜の極みであります。
そして彼らは日本の伝統的な「神道」の在り様や日本の近代史における知識不足を露呈しているように思います。
以前に拙ブログや当ブログのコメントにも書きましたが、神道において「分祀」とは御霊を分け増やす訳であって「分祀」したら靖国神社から所謂「A級戦犯」の御霊が居なくなる訳ではないのです。ご存知の方も多いと思いますが・・・。
自分たちの政治的思惑や自分たちにとって都合の良い歴史解釈で何千年と続いて行われてきた神道祭祀の伝統や、天皇陛下、皇室を利用したり、或いは変えていこうなどという思い上がりも甚だしいことを許すことも出来ません。
私個人的には、先帝陛下のお気持ちをご推察申し上げると小泉首相の言動や参拝に対する姿勢も評価できないのです。今回の対応も含めて正直、そう思います。
神職という立場にありながらこういう発言は慎まねばならぬと感じながらも投稿してしまいました・・・。反省いたします。

長文乱筆にて失礼致しました。
2006/07/26(水) 10:45 | URL | 田舎の神主 #-[ 編集]
>まかさん
賢明な判断だと思います。
2006/07/25(火) 19:12 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
日経新聞
日経新聞にはガッカリしました。
ずっと取っていたけど、8月から変えます。
2006/07/25(火) 15:19 | URL | まか #nt8HApfY[ 編集]
>コウノスケさん
私も最初に聞いた時は驚きました。
でも、小泉首相も政府も冷静に対応されていますし、まだ安心は出来ませんが、これを政争の具に用いようとした方々の目論みは外れたのではないでしょうか。

>ゆっきんさん
今回の記事は日経が一番に報道したのですが、日経側は前からこの詳報を掴んでいて、満を持してこのタイミングで記事にしたようです。つまり、明らかな政治的意図があったということです。
それから、私もこのメモでおかしいと感じたのは、東京裁判の不当性を御理解されている陛下が、A級戦犯だけに不快感を示すことを言うだろうかということです。
まずはこのメモ自体を徹底検証しなければなりませんよね。

>かついちさん
>milestaさん
>たいげろさん
色々と情報を載せて下さり、ありがとうございます。助かります。

> tonoさん
ほんとに、おっしゃるとおりです。TBありがとうございます。

>かっぱやろうさん
TBありがとうございます。(^o^)
2006/07/23(日) 18:47 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
いやぁ
メモだなんて。
怪しすぎ。
今の時期、タイミング良すぎ。
「~すぎ」ばっかりですね。
spiralさんを含め、沢山の方が書いてらっしゃいますから、
多くは書きませんが。
TBさせていただきますた。
<(_ _)>
2006/07/22(土) 23:33 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
怪しすぎですね
昭和天皇とて御内心を周りに吐露されることもあったとは思いますが、内容の検証も何もないこんなメモをして、政争の具に使うとは以ての外。
まして、巷に言われる様に、自社社員のインサーダー疑惑の産経1面に対する蛮行だというのが事実なら言語道断。
不敬罪、国賊では無いですか?

それに乗る「増塵」も議員も同罪です。
中国はどうせ間接仕掛け人でしょうね。

TBさせて頂きました。
2006/07/22(土) 18:31 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
>日経はメモ全文を囲い込んで他マスコミには部分的にしか見せないんだそうです。

それでも同調して報道するマスコミは同罪ですね。
しかし、他人の手帳を、しかも亡くなられている、しかも先帝陛下に関する発言を勝手に報道して許されることでしょうか。
これを許せば、何でもありになってしまいます。
法律にも抵触しないんでしょうか。
2006/07/22(土) 17:46 | URL | たいげろ #-[ 編集]
怒りに震えています・・・
当初の見方通り、やはりあのメモは天皇のご発言ではないらしいですね。それをいかにも陛下のご発言であるかのように報道するのは、ジャーナリストとしてかなり卑怯です。普段は天皇を軽んじ、不敬な態度をとるマスコミや野党どもが、このときばかりは天皇のお言葉を重く受け止める。このような者どもを信用できるかっつうの!!だんだん語気が荒くなってきそうですが・・・(汗)とにもかくにも、このような卑劣な手段をとることもいとわないマスコミに制裁を下すべし!!
2006/07/22(土) 15:37 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
日経、おかしいですね。
たいげろさんご紹介の記事を拝見しました。徳川氏の御発言によれば、松岡元外相の合祀についておかしいとされているのは、A級戦犯だからでなく、①軍人でない、②戦地でなく病院でなくなった、からのようですね。
日経はこういうことまで確認せずに書いているようで、安易ですね。

また問題のメモですが、産経の阿比留記者(↑冒頭の記事を書かれた方)のブログによると、日経はメモ全文を囲い込んで他マスコミには部分的にしか見せないんだそうです。
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/16683/
2006/07/22(土) 15:36 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
こんにちは
今さらではありますが、藤尾文相の発言ではないようです。
徳川氏説が有力なようですが、私はもう追記しないと思うので次のブログを紹介しておきます。
「反日ワクチン」さんエントリー:富田メモの政治利用
http://vaccine.sblo.jp/article/1008240.html

あまりに不敬で卑しい日経、その他追従マスコミに、法的措置はできないのでしょうか。。
2006/07/22(土) 14:02 | URL | たいげろ #-[ 編集]
時期的に怪しいし、信憑性の疑われるものをこんなに大々的に報道して大騒ぎしているマスコミや政治家がとても軽薄に見えます。
またメモの真偽とは別に、そもそも天皇陛下が身近な方におっしゃることの中には「公にはできないけれど。」という暗黙の了解がある場合だって多いはずです。そうしたいわば「私語」をスクープのように採り上げたり、それを材料に嬉々として追悼施設問題を語り出す政治家の良識を疑わざるを得ません。
2006/07/22(土) 13:47 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
「不快感」を示されたというには
私もこのメモのニュースについては違和感を感じておりました。日にちが経つにつれてその疑念は深まる一方です。様々なニュースを読みあさってみましたが、産経新聞をのぞいては一様に天皇のご発言を記録したと思われるメモを「真実だ」としています。自分なりに分析をしてみるのですが、書かれたとされる日時とA級戦犯とされた人々が合祀された日時が2年以上の開きがあること、今までの昭和天皇のご発言を記録したとされる文献のどれを見てもA級合祀に批判的な文章が見あたらず、A級戦犯とされた方々に対する批判がない(松岡元外相については批判的であったようですが)こと等があげられ、このメモに信憑性がほとんどないという結論に、自分の中ではなりつつあります。皇室の方々のご意見は時としてとてつもない威力を発揮します。それは国論を二分する危険をはらんだ破壊力をも持つかもしれません。それだけに、たった一枚のメモですが、よくよく慎重に検討をしなければなりません。亡くなった方にこれはどういうことですかとお聞きしても返事は返ってきませんし、残された文献などからそのお心を察する以外に方法はありませんが、いたずらに解釈することは厳に慎まなければいけないなと思いました。
2006/07/22(土) 09:03 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
私もこの情報は怪しいと思いました。
まずこの時期に見つかったということ自体が不信感をあおってます。

詳しくないので、正当な意見じゃないかもしれませんが、
昭和天皇は太平洋戦争を政府が起こしてしまったことを後悔していたそうです。
「当時まだ若かったため、安易に戦争を肯定するような発言をしてしまった。私の大きな不覚だった」
という発言が残っている、と学校の日本史を研究してる先生から聞きました。

それに東京裁判の不当判決も良く知ってたと思います。
それなのにA級戦犯だけに不快感を示すとはちょっと考えられません。

報道だけを信用する人を除くと、政治的な意図かあると思う方が大多数を占めてるようなきがします。
2006/07/22(土) 05:09 | URL | ゆっきん #-[ 編集]
こんばんは
この件に関しては正直、驚きましたし、またショックでもありました。
しかし皆さん、冷静で誰も昭和天皇に裏切られたとは思っていない様子に少し落ち着きました。
さて、まだ検証が必要とは言え、あらゆる展開を考えた方がよさそうですね。
しかし「天皇」を政争の具に用いるとは・・・絶対にやってはならん事をやってくれましたよ、ヤツラ・・・。

仮にこの富田メモが飛ばし記事だったなら本気で許せませんが。


2006/07/22(土) 03:07 | URL | コウノスケ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/216-be28b12b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
●天皇を政治利用する立花氏 立花氏の本稿で最も大きな問題は、氏が富田メモを政治的に利用していることである。立花氏は、富田メモを昭和天皇のお言葉だという報道を定説化し、これを当然のように政治利用する動きに参画している有識者の一人である。その発想や発言には、
2006/08/22(火) 11:14:01 | ほそかわ・かずひこの BLOG
●富田メモ政治利用に関する情報  日経8月3日号の記事の内容に入る前に、富田メモの政治利用に関する情報を二つ紹介する。  一つ目は、ドイツ在住のジャーナリスト・クライン孝子氏のブログから転載する。私のブログへの書き込みから得た情報である。 http://www2.diary
2006/08/06(日) 11:21:01 | ほそかわ・かずひこの BLOG
●新たな可能性  平成18年8月2日の産経新聞「正論」にて、岡崎久彦氏(元駐タイ大使)が、次のように書いている。「私自身が確かめたわけではなく、ひとから聞いた話であるが」と断ってのことだが、富田メモにある昭和63年4月28日には、「徳川侍従長が、それまで
2006/08/04(金) 12:24:14 | ほそかわ・かずひこの BLOG
昭和天皇の元A級戦犯に対する思いを綴った、富田宮内庁長官(故人)の手記が見つかり、報道各社が取り上げているが、私は、この報道に左右される事はないし、心も揺らぐ事はない。それは、サンフランシスコ平和条約、第十一条【戦争犯罪】の項目に目を通せば分かるが、全て
2006/07/26(水) 16:05:51 | 憂国、喝!
 昭和天皇が靖国神社の御親拝が1975年を最後に途絶えてしまった理由について、昭和天皇御自身が「靖国A級戦犯合祀に不快感を抱いたため」と解釈することのできる、故富田朝彦・元宮内庁長官のメモが発見されたと報道されている。崩御される前の1988年のことだそうだ。靖国
2006/07/23(日) 21:13:20 | 猫研究員の社会観察記
自社の社員がインサイダー取引で今にも逮捕されそうなこの時期に、日経新聞が放り込んできた隠し球、「富田メモ」。まるでオ○ムの自作自演火炎瓶事件みたいだ。 それにしてもメディアは、教科書の「侵略→進出」誤報事件、松本サリン冤罪事件、民主党永田メール事件etc、
2006/07/23(日) 00:14:36 | SHAKE THE FAKE
本記事は、日本再生ネットワークさんのメルマガの、まんまコピペであるが、さすがに私など気が付きもしないことが補足してあるので、載せさせて頂くく事にした。_/_/_/▼日本再生ネットワークメルマガより引用▼_/_/_/_/
2006/07/22(土) 18:23:17 | 切捨御免!トノゴジラの放言・暴言
富田メモの政治利用。「侍従長の遺言」と「昭和天皇独白録」から検討する。
2006/07/22(土) 16:53:14 | 反日ワクチン