『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
6月22日の拙ブログの記事「教育基本法改正案に含まれるフェミニズムの害毒」にて、与党の教育基本法改正案の新たな問題点として、「第二条 教育の目標」の「三」の中にフェミニズムの害毒が含まれていたことを記しました。

※第二条 教育の目標
『三 正義と責任、男女の平等、自他の敬愛と協力を重んずるとともに、公共の精神に基づき、主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと』

一見すると分かりにくいですが、この項目の趣旨は、「正義と責任」「男女の平等」「自他の敬愛と協力」「公共の精神」をもって「主体的に社会の形成に参画、寄与する態度を養う」というものです。
キーワードは「社会参画」で、言いたいことの中心はフェミニズム独特の「男女の区別を否定する」「男女共同参画」であり、それを露骨に出さないために、他の「正義と責任」「公共の精神」などの美辞麗句で薄めたものなのです。

この第二条三項について、戸井田とおる氏(自民党 衆議院議員)が、6月2日に行われた教育基本法別委員会にて、猪口邦子大臣(少子化・男女共同参画担当)に質問されました。

戸井田氏は、
「・・・男女の公平と言うのは分かるけれども、男女が平等でありえるわけがない。男と女は違うんだ。お互い相足らざる部分を補い合いながら生きていく。自民党の勉強会の中でも、この言葉(男女平等)の持つ危険性、すなわち家庭の崩壊を招くジェンダーフリー思想ということで、猪口大臣にも随分色々なことを言わせて頂きました。・・・にもかかわらず、この教育基本法でこの文言が入るということは、何か目的があるのか」
こういう質問をされました。

これに対する猪口大臣の答弁が、
「性別による固定的役割分担は克服していきます。いわゆる社会的差別、ジェンダーは平等でなければならない。バイオロジカルは、違いはあります。しかし、社会的につくられる性別、これをジェンダーと考えますけれども、これは平等でなければならないというのが、男女共同参画に示されている考え方でごじます」
というものでした。
猪口大臣の答弁は、第二条三項が「男女共同参画社会基本法」の理念(ジェンダーフリー)をそのまま入れ込んだということを表しています。

現在、男女共同参画社会基本法については、法律自体の見直しが必要だという機運が高まっていきています。

これまで拙ブログで何度も書いてきましたが、「男女共同参画社会」というと、「男女ともに協力し合う社会」と理解する方が多いかと思いますが、実はそうではありません。これはジェンダーフリー社会の別名です。日本政府は「男女共同参画社会」を英語で「gender-equal society」と表記しています。「ジェンダーに平等な社会」とは「ジェンダーフリー社会」のことにほかなりません。 ですから、いわゆる「男女共同参画」と「ジェンダーフリー」は同意語であり、猪口大臣は『ジェンダーフリー大臣』であるといっても過言ではありません。

ジェンダーフリーというのは、 人間は元々生殖機能以外の男女の性差は無くて「男 らしさ・女らさ」というのは、生まれついてのものではなく、その後の文化や教育によって作られるものだというのです。 この「男らしさ・女らしさ」というものを『ジェンダー』と 名づけ、これが女性差別の根源となっており、ジェンダー から解放(フリー)するつまりジェンダーフリーにするという思想です。(ちなみにこの言葉は日本のフェミニストが作った和製英語です)

この思想を色濃く反映して作られたのが、「男女共同参画社会基本法」です。 そして、この基本法は、「女子差別撤廃条約」を日本が批准したことによりできたものです。

「女子差別撤廃条約」とは、簡単に言うと、アメリカのフェミニズム思想が国連を介して制度化したものです。
ところが、当のアメリカでは、フィリス・シュラフリーという女性を中心としたアンチ・フェミニズム派が10年間にわたる運動をした結果、フェミニズムが人間のモラルや家族を破壊する危険思想であることを多くの国民が知り、「女子差別撤廃条約」には批准しませんでした。

しかし、日本ではこのような経過でアメリカが批准していないのを知っていながら、国連の言うことだから正しいことだろうということで、中身を精査することもなく、1985年に批准してしまったのです。

こうして「男女共同参画社会基本法」なる法律が出来たのです。見直しの機運が高まるのも無理からぬことです。

この第二条三項を教育基本法の中に入れ込んだということになると、教育現場では様々混乱を生じているのに、一層拍車をかける結果を招来するのではと危惧されます。

超党派議員連盟の「改正促進委員会案」のように、この部分は「男女は、互いにその特性を生かし、相互に協力しあって家庭、社会、国家を共に担う責務があることを、教育上重視するものとする」というように修正されるべきでしょう。

ちなみに、学校の現場では「男女共同参画」をどのように教えているのか。それがよく分かる一例を紹介します。

昨年、わが町で「男女共同参画社会標語」の募集が行われました。以下にその入選作の一部を引用します。

◆小学校の部
ぼくのゆめ わたしのゆめ 男だから女だからとこわさないで
(2年生)

広げよう 自分らしく生きる道 男らしさ女らしさはもう古い
(3年生)

さあいっしょにチャレンジしよう 男だから女だからと言わないで
(5年生)

一人一人の個性はちがう 自分らしく輝け参画社会
(6年生)

◆中学生の部
性別なんかにとらわれず 自分の個性を生かせる社会
(中1)

男だから 女だからこんな言葉はいらないよ 自分らしさを大切に
(中2)

男だから 女だから いつまでいうのこの言葉
(中3)

◆高等学校の部
男らしさ 女らしさ それよりいかそう自分らしさ
 (高1)

一読して頂けると分かりますが、男らしさ、女らしさを否定し、自分らしさや個性を大事にしようという内容の句が入選しています。これらはまさにジェンダーフリー思想そのものです。男女共同参画社会基本法が出来た影響で、学校現場でこのような思想教育が行われているのです。

このような、まさに百害あって一利無しの、男女共同参画社会基本法、そして男女共同参画局はすぐにも廃止して頂きたいと切に願います。

※拙ブログ関連記事
■猪口VS山谷、性の不一致「ジェンダー」めぐり火花
■猪口邦子大臣への手紙
■「女子差別撤廃条約」を撤廃せよ!
■専業主婦を貶める「男女共同参画社会」

最後に、6月22日の拙ブログの記事「教育基本法改正案に含まれるフェミニズムの害毒」に頂いたコメントに、素晴らしいものがありましたので、引用して終わります。

■読売新聞を読んで
小学校4年生の女の子が書いた詩についてコメントがありました。
お母さんのエプロンが洗濯ばさみが外れて今にも飛んでいきそうになっているのを見て、「お母さんのエプロンは本当は羽根だったのかもしれない。大空を自由に飛びたいのに私が生まれてからはずっと我慢しているのかもしない」というような詩だったんだけど、それについて「母親が子供を持ってからももっと羽ばたける社会にするべきだ」というコメントが添えられていて、私は「ちょっと待った!」と思いました。これって「女性は産後も働かなければいけないんだ」と言っているんじゃないの?私はこの詩を読んで、「お母さんは大空を飛ぶことよりも子供と一緒に母親として成長したかったんだよ」と思ったから。仕事よりも子育ての方がずっとやり甲斐があるし大切な仕事だと、どうして誰も言わないの?どうして家の外に出て働くことばかり重視するの?働かなきゃいけない!って思わせるような言い方はやめてもらいたい!

今学校で子供が朝ご飯を食べてこない率がどんどん増えているのだって、専業主婦が減少していることと深く関わりがあると思う。ベビーフードの会社の相談窓口に子供のアレルギーのことや添加物のことなど、ベビーフードの安全性についての問い合わせが年々増えているそうで、「そんなに心配ならどうして手作りの離乳食を作ってあげないの?」と、これも先日の読売新聞に載っていたんですが、しっかり「母親」の務めを果たそうと思ったら、外のフルタイムの仕事と両立させるには並大抵の努力じゃ出来ないんですよね。家庭の仕事が社会に参画していない、とする考えは大間違いです!自分が育てた子供が成人して社会に巣立って行ったときに、一人前の日本人として国を担っていかれる子供に育てる、という重大な使命が有り、それは常に社会と強く繋がっているのですから!少子化を本気で食い止めたいなら、男女平等を心底願うなら、専業主婦を、母親という務めをもっと重んじるべきです!専業主婦だってしっかり社会の形成に参画しています!勘違いしないでもらいたい!パラサイトワイフとか何とかほんの一握りのおかしな専業主婦を持ち出して、全ての主婦がそうであるかのように社会に対して主婦の悪いイメージを植え付けないでもらいたい!

教育基本法も「愛国心」に気を取られて奴ら(フェミナチ)に良いようにされようとはけしからん!奴らは全くもって「女の腐ったの」そのものです!

2006/06/23(金) 19:00 ゆう


■とんでもない改正案を持ち出したものですね
男女平等という概念は、そもそも人間としては絶対あり得ない概念だと私は思っていますが、男女が同じ土俵の上で対等な仕事をしようとしても、体力的に絶対無理なことです。これは何も、女性は何もできないとか差別感で言っていることではありません。体の構造から成り立ち、役割、そのすべてを総合して、男女は同等であっても同質ではないと思います。それを誤った解釈を以て新教育基本法に無理矢理取り込もうとする輩がいることは、断じて許すことができません。

「男女の平等」という言葉ほどうさんくさいものはありません。男女の平等は、この地球が生まれて、人間が誕生した時から同等に生きるようにという使命を持っているはずですから、今更「男女平等」を持ち出すまでの問題ではないのです。しかしながら、一部の人たちはそれを分からないのか、誤解しているのか、とにかく変な解釈をつけてさも自分がまともな意見を言っているようなことを言うのはおかしい。男女の役割というものは人間の誕生から生まれ持っているわけで、そのことを変えることは絶対に無理な話です。男が女性の役目をしようとしても無理なことぐらい誰だって分かると思います。どうもフェミニズムの人たちが言うことは「男子差別」にしか捉えることができなくてとても腹が立ちます。

2006/06/24(土) 08:05  かついち


■無題
・・・どのメディアも、最近は産経新聞まで、「男女共同参画当たり前」という御用記事を垂れ流しています。女性が働きに出ることが社会への参画だ(=家庭にとどまっている女性は参画していない)、という決め付けにも腹が立ちますが、「男性の家庭への参画」という言葉も不愉快です。少子化対策には男性の意識変革が不可欠だとかで、この頃しきりにそんな言葉が飛び交っています。先頃も民主党が「家事場の父力」と称して菅直人氏を引っ張り出し、男性が台所に立って料理するパフォーマンスを演じていました。菅氏のエプロン姿がメディアに流れたのは記憶に新しいところです。

ところで、男性は家事、育児に直接関わらないと家庭に参画したことにならないのでしょうか? そんなはずはないのです。家庭のことは妻に任せて外で仕事に励むのも家庭人の責務、一家の大黒柱の務めと心得るからこそ、残業も休日のつきあいも厭わずに仕事にいそしむわけです。ところが、内閣府参画局の役人に言わせると、それでは家事、育児に直接タッチしていないので、家庭に参画したことにならないのです。こんな馬鹿な話があるでしょうか。仕事に励む男性諸氏は、お上から「家庭への参画が足りない」などと説教されて、どのようにお感じになるでしょうか。こんな「啓発」に莫大な公金が投入されているかと思うと、正直、税金を払う気が失せてきます。

「男女共同参画」という考え方は、専業主婦を蔑視する差別思想であるばかりか、仕事一筋で生きる男性をも見下した根本から間違った思想です。「男らしさ・女らしさ」を否定する伝統破壊、文化破壊の男女共同参画思想は、教育基本法に入れてはいけないし、大本の男女共同参画社会基本法も抜本的改正が必要だと思っています。

2006/06/26(月) 03:52 Bruckner05


ゆうさん、かついちさん、Bruckner05さん、ありがとうございました。



※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



※追記
関連ニュースがありましたので引用します。

■体育着替え:公立小学校の6割強で男女同室 文科省調査
 
全国の公立小学校の6割強で体育のための着替えを男女同室で行っていることが、文部科学省が行った「学校における男女の扱い等に関する調査」で分かった。調査では男女同室での宿泊など一部に問題があることも分かり、同省は30日、「児童生徒に羞恥(しゅうち)心や戸惑いを感じさせる恐れが大きい」として都道府県・政令市教委に対し、是正を求める通知を出した。

調査は、「学校に行き過ぎた男女平等の考え方がある」との保護者らの指摘を受けて初めて行った。全国の公立の幼稚園、小中高校など共学の約4万4000校が対象で、男女同室での宿泊や身体検査など7項目にわたって05年度の実態を調べた。

体育時の着替えを男女同室で行っているのは小学校では62.97%、中学校の7.49%、高校の1.12%。林間学校やキャンプなどで男女同室での宿泊は小学校の1.55%、中学校は2校で、高校はゼロ。

身体検査を同室で行ったのは小学校の16.4%で、5年生以上や中高はなかった。男女同室で水泳の着替えをしていたのは小学校の低学年を中心に45.26%で、中高はゼロだった。また、運動会や体育祭で男女混合の騎馬戦を行ったのは小学校の4.28%、中学は29校、高校は2校あった。

文科省は「着替えは男女別室が基本。空き教室を使ったり、なければついたてやカーテンで仕切るなどの配慮を求めたい。男女混合の騎馬戦も身体接触を不快に思う児童生徒がいるなら、教育上必要はない」と話している。【長尾真輔】

毎日新聞 2006年6月30日 20時48分


男女平等だから着替えも男女同室、という考えは、私のような凡人にはとても理解できません。学校の教師の方が、如何に非常識かというのが分かります。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>HAIREIさん
おっしゃる通り、フェミ屋さん達の言い分は矛盾してます。

ところが、学校ではそのことを知ってか知らずか、子供たちにフェミ屋さんの思想を教え、「ウケ狙いの句」を書かせたりするのですから、困ったものです。

「ゆとり教育」の影響で授業時間が削られ、学力の低下が叫ばれている中、このような思想教育をする時間があるのが不思議ですが、余計なことは教えなくていいので、しっかり基礎教科を教えて欲しいです。
2006/07/03(月) 14:59 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
…永い進化の末得た結論に、
なにを今更……とまぁ、
生物学の話じゃないんでしたっけ(汗)

しかし‥フェミ屋さん達の言い分は
思いっきり矛盾してますねぇ‥‥
自分の生き方や存在を
認めてほしいと吠えるくせに
他者の生き方や存在を
認めようとしないなんて‥w

てか「レディー扱いされる(したくもないけどねぇ)の嫌なのッ!」と
言うのは勝手だが他人様に
押し付けるんじゃありませんと
言いたい。言わせてくれ。
鏡見てから言いや‥‥‥‥失礼しました。

>標語
読ませてもらいましたが‥
皆さん素晴らしい!
どれも審査員の心を鷲掴みする
カッチリとした内容で‥‥

いやぁ~ホント、見事な‥‥

ウケ狙いの句ですね。

子供は正直ですなw
2006/07/03(月) 00:31 | URL | HAIREI #a2H6GHBU[ 編集]
>ゆうさん
これからもコメント宜しく!
2006/07/01(土) 19:30 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
ブログの内容とは関係ありませんが
先日新しく表示された記事にコメントを書いたのですが、それはどうも随分前の記事だったようですね。でもその時見たら記事の日付は6月29日だったのです。おかしいですね~。最近はどうも色々と不具合が生じていて、原因が分かりません。気付かずコメント書きましたが気にしないで下さい。すみません!
2006/06/30(金) 23:46 | URL | ゆう #-[ 編集]
少し前の新聞に
世界の先進国を対象に、子育てへの父親の参加率を国別に出していて、日本は下から3番目くらいでした。今回のアンケートの質問内容を読んで、「これなら最下位になって当たり前」と思われるものばかり!例えば「子供のオムツを替える」「ミルクを飲ませる」「寝かし付けをする」等々直接子供に触れることだけを対象にしていたのでこのアンケート結果に私は悪意を感じてとても腹が立ちました!例えば奥さんに「今日もお疲れ様」と言って子供が寝た後で肩を揉んだり、食後に皿洗いをしたり、それは十分育児に参加してると言えないの?直接子供に関わる(触れる)ことだけが「育児に参加している」と見なされるの?だったら世の男性は本当に肩身の狭いことですよね。そろそろ男性諸君にはジェンダーフリーを唱える虚け者らに渇を入れてもらいたいです!「男を馬鹿にするのもいい加減にしろ!」と
。彼女たちは完璧に「カルト宗教」と呼べるでしょう。テロリストとして国際的にマークされるべきです!猪口大臣に直接言いたくてうずうずしています!「あなたに母親の喜びや幸せがありますか?この2つを知っている女性には絶対に考えつかないことが『ジェンダーフリー』ですよ」と。
2006/06/30(金) 23:41 | URL | ゆう #-[ 編集]
>milestaさん
男女の役割を無理やり五分五分にして、これまでの慣習や役割分担をなくし、世界的にみても良好な日本の男女の協力関係を壊そうなど、とんでもないことですよね。

>tonoさん
そうした事実は知りませんでした。男女共同参画には、様々な弊害があるのですね。
tomoさんの言われるように、主婦が小遣い稼ぎで働くのも良いですが、まずは生活の為に働かなければいけない人の雇用を確保しなければなりませんよね。

>百式さん
本当にしぶといです。今回の件は、どうやら公明党が改正案にねじ込ませたようです。公明党はフェミニズムの主張を随所で行っていますからね。自民党には、公明党とはやく縁を切って欲しいです。

>かっぱやろうさん
少子化の進む現在だからこそ、家事とか子育てなど、主婦のしている仕事の地位を引き上げるようにしないといけませんよね。

わが町の標語ですが、画一的で子供が書いたにしては不自然なものを感じますよね。恐らく先生が指導したのでしょう。酷いものです。

>まかさん
小学生の運動会でも男女平等ですか。私もそれは間違っていると思います。

>ヘプさん
政治家やマスコミ、教師の中には、男女平等をわからず使っている方も多いと思いますが、知った上で確信犯的に使っている方もいるように思います。猪口大臣などは後者の方ではないでしょうか。
ヘプさんのブログでも、こうした問題を取り上げて下されば嬉しいです。
2006/06/30(金) 19:23 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
正直難しい話はわかりませんが「男女平等(公平?)」という言葉の意味を間違えている人は多いと思います。
政治家やマスコミ、教師がわかってないなら問題ですよね。
私も近いうちきちんとジェンダー論について勉強しようと思います。
2006/06/30(金) 01:42 | URL | ヘプ #DhuRAo1g[ 編集]
小学生も
小学校の運動会にも異変有り。
イマドキは、女の子にも騎馬戦や組体操のピラミッド崩しをやらせます。
これってなんか違うよね……と思います。
2006/06/29(木) 23:52 | URL | まか #JfohMWJw[ 編集]
自分の職種、女の子がいるとやりづらいです。
夜中も仕事ありますし、結構力仕事なとこもありますし。
事務なら別ですけども・・・
ゆうさんのコメントにある、
「どうして家の外に出て働くことばかり重視するの?」
これが自分も不思議です。
基本的に子育てって大変だと思うんですよ。
重労働だし、子供の相手疲れるし。
なんで家事とか子育ての地位を引き上げるような、
そんな感じの法案に出来ないかと思います。
なんか文章が変ですみません。
管理人さんの町「男女共同参画社会標語」
なんか違和感があります。
うまく家ないんですけど、
画一的というかなんというか・・・
子供ってこんなこと言いますかね?
なんか刷り込まれてる・・・?

2006/06/29(木) 22:26 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
改正案に
「男女の平等」が入っていましたか・・
うかつにも気付きませんでした。

と言うか、「変態ジェンダー論者」はまだ生息していたのですね。
全く、ゴキブリ並の生命力ですね。
2006/06/29(木) 19:18 | URL | 百式 #-[ 編集]
何か違うと思う
私の友人が3才の娘と嫁を残して他界しました。
諸般の事情によりどちらの実家もあてには出来ませんので、散々職探しをして派遣社員として働き出しました。
この時に、少し手伝いをして驚きました。
ジェンダーフリーか何か知りませんが、主婦が小遣い稼ぎに社会に流出しています。その人達が、本当に生活するために働かなければいけない主婦の職場を占拠し、保育園を占拠し、適当な仕事で安い給料を定着させているのです。
本来の男女平等は、男女にかかわらず、生活の為に働かなければいけない人の雇用を確保し、仕事の内容と力量が同じなら男女の差別はならんと言う物ではないでしょうか?
女性で有りながら、本当に大変な女性達を苦しめる結果も考えず悦に入っている。
いい気なものです。
こういう事を言うと決まって答えは「再婚すれば良いでしょ!」
えっ????


2006/06/29(木) 17:12 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
慣習って大事だと思うのですが・・・。
「男女共同参画社会標語」、そんな企画いらないですよね。ほんと、洗脳です。

小学校の教科書も酷いですよ。家で家事をしている写真や絵はお父さんばかりです。そして学校の先生というと、女の先生です。これじゃ、男は家事をして女は外で仕事、というのを奨励しているみたいですよね。何で慣習とか、母性とか、これまで当たり前だったことに逆らうことばかりをしたがるのでしょう?慣習というのは、人間がいろいろ試行錯誤した結果、今はこれが一番良いというものになっているのじゃないかと思うのですけど。
2006/06/29(木) 16:16 | URL | milesta #4On3Ze.o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/198-f493c30e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック