『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
今回は、産経新聞(平成18年6月3日)より、稲田朋美衆議院議員の靖国参拝についての論文を引用します。

■首相の靖国参拝は安全保障問題
本質見極め矮小化した議論排せ

◇侵略に屈せずの意思表明
首相の靖国参拝について、その是非がしばしば論じられるが、何のためかという視点を欠いている。国の代表が、国難に殉じた人々に感謝と敬意の祈りを捧(ささ)げなければならないことは今更論ずるまでもない。重要なのは、この問題が我が国の安全保障、ひいては国としての存立にかかわる問題だという点である。国益を論ずるのであれば、まず「国」でなければならない。

昔も今も国際紛争を最終的に解決する手段は、不幸なことではあるが物理力である。平和憲法を有するわが国についても例外ではない。もし仮に、他国がわが国に攻め入ってきたら、武力を行使して自国を防衛することは憲法第9条の下でも当然に許されている。

この厳然たる事実を受け入れることが首相の靖国参拝を論ずる前提である。国のために命を捧げた人々が感謝も敬意も払われず、まるで犬死にのように扱われ、または忘れ去られるようでは、一体誰が国のために血を流して戦うのかという問題なのである。

靖国参拝に反対する政治家、財界人はもっともらしい理屈をさまざま挙げてはいるが、要は、たとえ他国に攻め込まれても血を流してまで国を守る覚悟はないし、ともかく中国を刺激してはならないと主張しているに等しい。
小泉首相は就任以来、毎年欠かさずに靖国神社に参拝してきた。これは総理個人の内心がどうあれ、他国の侵略に対してわが国は、血を流してでも守る覚悟であることを内外に表明することである。

首相が靖国に参拝することの意味は「不戦の誓い」だけではない。「他国の侵略には屈しない」「祖国が危機に直面すれば後に続く」という意志の表明であり、日本が本当の意味での国であることの表明なのである。この点に触れずに、靖国問題を政教分離や対アジア外交の問題に矮小(わいしょう)化することは、戦後体制の歪みそのものである。

◇単純にすぎる戦争責任論
首相の靖国参拝に関連して民主党の小沢代表は、自分たちが政権をとれば、いわゆるA級戦犯を霊璽(れいじ)簿から抹消するとの暴論を展開している。その小沢氏が党首討論で「占領政策」「戦後体制」による歪みを指摘するのは自己矛盾である。A級戦犯の正当性(正しくは不当性)の源である東京裁判は、まさしく、「占領政策」「戦後体制」の中心であり、東京裁判史観の克服なしに戦後体制のゆがみを是正することはできないからだ。

いうまでもなく、東京裁判はポツダム宣言と近代法の大原則(罪刑法定主義)に違反した二重の意味での国際法違反である。その不当性は、たとえサンフランシスコ平和条約で「受諾」しても減殺されるものではない。当時の成人日本人の圧倒的多数が東京裁判の不当性を認識していたことは、日弁連が中心となって展開した戦犯釈放署名運動に4000万人の国民が署名したことからもうかがえる。

だとすると、なぜ今さらこの不当きわまりない東京裁判で裁かれたA級戦犯について、同じ日本人がその戦争責任(人によれば敗戦責任)を糾弾し、墓を暴くようなまねをするのか。A級戦犯がいたから日本が無謀な戦争に突入し、そして敗れたというような単純なものではない。無数の偶然と必然、そして歴史の大きな流れの中で日本は戦争に突入し、未曾有(みぞう)の敗戦という悲劇を迎えたのであって、その責任をA級戦犯だけに帰すことはできない。ましてうち7人は自らの命でその責任をとっているのである。

◇本当の国になるかの問題
A級戦犯合祀(ごうし)と昭和天皇の参拝中止の間に因果関係がないことも、この際指摘しておく必要がある。

昭和天皇が昭和50年11月21日を最後に参拝を中止されたのは、その年の8月15日に参拝した三木首相が「私的参拝」と奇妙な言い訳をしたことに始まる。

「公的か私的か」の不毛な議論が沸き上がり、昭和天皇が参拝された前日の国会(参議院内閣委員会)で社会党の議員が昭和天皇の参拝の憲法問題を指摘し、激しいやりとりがなされたからである。

A級戦犯を分祀(ぶんし)すれば天皇陛下の御親拝が実現するなどというウソにだまされてはならない。このウソは、靖国神社が分祀できないことを知った上で、難きを強いて首相の靖国参拝を阻止したい勢力の戦略にすぎないのだ。

靖国問題の本質は歴史認識でも政教分離でもアジア外交でもない。日本が戦後体制なかで今後も「国ごっこ」を続けるのか、それとも本当の「国」に生まれ変わるのかという問題であり、ここに議論の意味があるのである。(終)


東京裁判(極東国際軍事裁判)というのは、事後法の禁止の法理に反し、「法のないところに犯罪はなく、法のないところに刑罰はない」という近代法の原則「罪刑法定主義」を逸脱するもので、不当な裁判です。
事後法とは、[事後法の禁止]という日本国憲法39条にも明記されているもので、実行のときに適法であった行為について後に制定された法律、すなわち事後法によって遡って処罰することは出来ないという原則をいいます。
この東京裁判が不当であるという認識は、世界でも主流の認識になっています。

そして、「A級戦犯」とは、東京裁判で連合国から戦争責任を追求された首相、外相、陸海軍の将官などをさします。
東京裁判では28名が「A級戦犯」として起訴され、途中で獄死した2名と免訴の1名を除き、25名全てが有罪とされ、そのうち東条英機元首相ら7名が絞首刑になりました。

この「A級戦犯」という呼称は、法的根拠がない、連合国側が作り出した「通称」にすぎません。従って、この呼称を使うのは本来は妥当ではありません。

この、「いわゆるA級戦犯」のうちで、靖国神社に合祀されているのは、14名の方です。
判決を受けた25名のうち刑死したのは、東条英機、板垣征四郎、土肥原賢二、松井石根、木村兵太郎、武藤章の各将軍と、廣田弘毅元首相の7名でした。この他にも、裁判途中の拘禁中に、松岡洋石元外相、永野修身元海軍軍令部総長の2名が病死し、裁判後においても、終身刑を宣告された白鳥敏夫元イタリア大使、小磯國昭元首相、平沼騏一郎元首相、梅津美治郎元陸軍参謀総長が、また有期刑を宣告された東郷茂徳元外相が獄中で亡くなられています。
以上の、刑死を遂げた7名、未決拘禁中に病死した2名、受刑中に死亡した5名の、併せて14名の御霊が合祀されています。

※A級戦犯の語源については、こちらの著書をお読み下さい。
南十字星に抱かれて―凛として死んだBC級戦犯の「遺言」 南十字星に抱かれて―凛として死んだBC級戦犯の「遺言」
福冨 健一 (2005/07)
講談社

この商品の詳細を見る

◇中西輝政氏(京都大学教授)の推薦文
この本は、対日戦犯裁判の違法性を完全なまでに証明している。そして、A級、B級、C級それぞれの戦犯の定義を豊富な資料から初めて法的に確定し、その後の「歴史観」に与えた影響までも論証している。また、GHQが押し付けた『太平洋戦争史』がとんでもないプロパガンダ本であるという事実、あるいは米最高裁が下したBC級戦犯に対する判断の内容などは、日本人にとっては正に目から鱗、ではないだろうか。一級の資料的価値のある項著。日本人必読の書である!



稲田議員の言われることは、正論だと思います。拙ブログの6月1日の記事にて、靖国参拝について最近の政治家の発言を取り上げましたが、稲田議員のような正論を述べている方はいません。中国の主張を受け入れた、媚中発言ばかりです。稲田議員のような、きちんとした見識を持った政治家が増えることを願います。

最後に、「ポスト小泉」と言われている方々は、以下のような見解を述べたそうです。

■靖国問題:「ポスト小泉」候補、衆院委員会で見解述べる 
12日の衆院決算行政監視委員会で、「ポスト小泉」候補である安倍晋三官房長官、麻生太郎外相、谷垣禎一財務相の3氏と、与謝野馨金融・経済財政担当相が、靖国神社参拝問題について、民主党の菅直人代表代行の質問に答えて、それぞれ見解を述べた。

菅氏は、安倍氏が昨年5月の米国講演で「小泉首相の後の首相も参拝すべきだ」と述べたことを指摘し、「(その当時と見解は)変わったのか」と追及。安倍氏は「国のために倒れた方々の冥福を祈り、感謝と尊崇の念を表する気持ちを持ち続けていたい」とした上で「現在、中国が外交(問題)化している。外交問題化、政治問題化していく。本来はそういう問題にすべきではない」と述べ、靖国問題を総裁選の争点にしたり、政治問題にすべきでないとの考えを強調した。

麻生氏は「(戦没者の祭祀(さいし)を)一宗教法人に投げ渡して、問題があると『宗教法人の話に政治が介入できない』と言うが、国がきちんとするべきではないか」と指摘。同神社の非宗教法人化を視野にA級戦犯の分祀を検討すべきだとの考えを改めて示唆した。

谷垣氏は「『海外から議論があるからこうする』というのではなく、日本が独自の立場で判断しなければならない。それを私は戦略的あいまいさと言っている」と述べ、認識を明確にしないことが国益にかなうとの考えを示した。

与謝野氏は「かつては誰でもお参りに行っていた。昔の状況に戻ってほしい。ただ、神社が自主的に判断してほしい」と述べ、同神社による自発的な分祀に期待感を示した。【平元英治】

毎日新聞 2006年6月12日 19時37分


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>HAIREI さん
>「分祀しろというならいくらでも
分けますが、何か?」
と言うのは、良い案かもしれませんね。そうすれば、分祀論を唱えている方々も、その無意味さに気がつくかもしれません。

>かついちさん
おっしゃるとおりです。一つ付け加えれば、そもそも分祀論というのは、政教分離の原則に反するものですしね。
役人や政治家の方々が、稲田議員のよう東京裁判についてしっかりと勉強され、真っ当な見識を持ってもらいたいです。あまりにも無知な方が多すぎます。あるいはこういう発言をされる方は、中国から何か利益を得ているのかもしれませんが。
2006/06/15(木) 15:54 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
靖国英霊分祀
その神社に祀られている神々をある理由でお遷りいただくことを分祀といいますが、従来から神であったものを神にあらずといってその神社から除くという行為は、日本においてはかつて聞いたことがありません。今盛んに議論されるA級戦犯の分祀問題は、まさにその、神であったものを神の座から引きずり下ろすという暴挙を議論していることにはならないでしょうか?A級戦犯と名指しされたこともさることながら、そもそも「東京裁判」なるものが国際的にも誤りであるという認識が広がり始めた昨今、唯一その間違いに気づかない愚か者が当事者である日本国政府の役人の中にいることを私たち日本国民は恥じなければいけないと思います。
2006/06/15(木) 08:03 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
俺個人の意見としては…
「分祀しろというならいくらでも
分けますが、何か?」と
言ってやったほうがいいと思う。

え‥なんでそんな事を言うか?とな
いやね‥調べてみると

分祀って乱暴な表現でいうと、
神様無限増殖法‥
さらに乱暴な話‥
PCデータをコピーするようなモノ、らしいんだわ…

分ければ解決するどころか
余計事態は面白い方向に進むかも‥
全国各地に靖国神社が誕生!
これで遠出しなくても、
英霊達に逢いにいける…なんてね♪
2006/06/15(木) 04:31 | URL | HAIREI #E5oqT.GY[ 編集]
稲田議員は近現代史をしっかりと勉強されており、その歴史認識は、milestaさんの言われるように、他の議員の方にも学んで頂きたいですよね。

麻生氏の分祀発言は、確かに気になりますよね。いわゆる時期首相候補と言われている方で、靖国に関して真っ当な発言をされているのは、安倍氏だけではないでしょうか。

『巣鴨プリズン13号鉄扉』(上坂冬子)は、この本の中にも書名が登場していました。私はまだ読んでいないので、これから入手して読んでみます。
2006/06/15(木) 00:29 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
稲田さんは百人斬り訴訟を手がけられているだけあって、この件についてはスペシャリストですね。議員としては新人だけど、歴史認識は先輩議員も学んだ方がよいくらい。

麻生大臣はネット上では首相待望論が結構ありますよね。確かに中・韓やマスコミに対する毅然とした態度や人間味溢れるご発言は素晴らしいと思いますが、私はこの分祀発言がどうも気になって、首相にはどうかな?と思ってしまうんですよね。

『南十字星に抱かれて』読んでみたいです。良い本のご紹介ありがとうございます。
以前読んだ『巣鴨プリズン13号鉄扉』(上坂冬子)にもやはり実に不当な判決が書かれていて、真実を知り心の中でだけでも名誉回復してあげることが戦犯とされてしまった方々へのせめてもの供養になるのではないかと思いました。
2006/06/14(水) 09:20 | URL | milesta #4On3Ze.o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/191-c2c55c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック