『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
今回は、最近の政治家の靖国問題に関する発言を、ニュース記事よりいくつか引用します。

■福田元官房長官 小泉首相の靖国参拝を強く批判
 
自民党の福田康夫元官房長官は27日、名古屋市内の公明党参院議員の会合で講演し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝で中国、韓国との関係が悪化していることについて「まことに不幸なことだ。『靖国神社に行って何が悪いんだ』と言うと、向こうも感情的になる。トップ同士も国民も、お互いに感情的になるのは最低だ」と述べた。参拝をめぐる首相の対応を厳しく批判したものとみられる。また、財政再建に関して、5%程度の消費税率引き上げが不可避との認識を示した。
 
自らの総裁選出馬には触れなかったが、増税問題に関連して聴衆に「皆様の協力が必要だ。その時が来たら、またお願いに頭を下げに来る」と語った。
 
福田氏は日中関係の改善に関し「誰かが冷静にしていかなければ、大事な関係を今後、維持することが非常に難しくなる」と指摘。さらに「日本国内は議論がエスカレートしすぎている。大声を上げれば、それが中国、韓国に伝わる。悪循環だ」と述べ、自民党内の対中強硬論を批判。「相手の立場を考えないで話すのはケンカだ。ケンカをする必要はない」と語り、外交をめぐり他国と対立関係を作るべきではない、と強調した。
 
消費税率の引き上げについては「いやだが、言わないといけない」としたうえで「今、仮に5%上げると12兆円ぐらいの収益がある」と説明した。【田所柳子】

(毎日新聞) - 5月28日9時54分更新


■首相の態度は理性的と反論  福田氏発言に安倍氏

安倍晋三官房長官は29日午後の記者会見で、福田康夫元官房長官が小泉純一郎首相の靖国神社参拝で悪化した日中関係に関し「感情的なのはよくない」と首相を暗に批判したことに対し、「対話をすることが最も大切であり、対話をしたいという(首相の)態度は感情的ではない。極めて理性的対応だ」と反論した。

また、福田氏が財政再建のため5%程度の消費税率引き上げが不可避との考えを示したことについては「まずはしっかりと無駄遣いをなくしていけというのが国民の声だ」と述べ、歳出削減を優先すべきだとの考えをあらためて強調。

その上で「消費税を含め税制改革、増税が必要かどうか議論しないといけない」と指摘した。

岩手日報2006年05月29日


■ポスト小泉は靖国「参拝すべきでない」 森前首相
 
森前首相は28日のテレビ朝日の番組で、靖国神社参拝問題について「今の(日中)関係を修復することが大事だったら、行かない方がいいだろう」と述べ、小泉首相の後継首相は参拝すべきではないと明言した。自民党内の一部が求めているA級戦犯の分祀(ぶんし)に対しては「靖国のみなさんも考えて、(A級戦犯の合祀(ごうし)で)大きく国益を損なっているのなら、どうするべきかと判断すべきだ」と述べ、靖国神社が自発的に問題解決に動くよう求めた。

森氏は「首相は(靖国参拝は)心の問題だと言うが、政治問題になってしまった。日本の国益にとってプラスではない。大局的に考えるべきだ」と強調。一方、福田康夫氏の官房長官当時の私的諮問機関が打ち出した国立戦没者追悼施設構想については「私は出来ないと思っている。靖国神社に対する日本人の気持ちがある」と述べ、否定的な考えを示した。

asahi.com2006年05月28日19時01分
■古賀氏が分祀検討を提案 

自民党の古賀誠元幹事長(日本遺族会会長)は30日、都内で開いた同会の理事会・評議委員会で、靖国神社に合祀(ごうし)されているA級戦犯の分祀(ぶんし)を検討するよう提案した。ただ、遺族会内には分祀に反対する意見も強く、その是非について見解をまとめない方針。古賀氏は9月の党総裁選に向け自身がまとめた政策提言で分祀の検討を盛り込んでいる。 

[共同通信:2006年05月30日17時30分]


■靖国神社は"本来の姿ではない"小沢民主代表、記者会見で見解を示す

民主党の小沢一郎代表は30日、東京都千代田区の党本部で記者会見を行い、2007年の参院選に向けた党の方針や小泉政権下での雇用環境、靖国問題などについて代表としての見解を示した。

会見の冒頭で小沢代表は、27日にインドネシア・ジャワ島で発生した地震とその被害状況に触れて、党内に災害対策本部を設立したことを明らかにし、「被災地の再建と被災者の支援を行っていきたい」と述べた。

小沢代表は「天皇陛下も参拝できるような神社にすべきである」との靖国神社に対する自身の考えを述べて、A級戦犯が合祀されている現在の同神社の姿は「本来のものではない」との認識を示した。A級戦犯の分祀(ぶんし)について予想される神社側の反対には、「言葉で説得できる」との考えを明らかにした。

【ライブドア・ニュース 05月30日】


■与謝野担当相:「靖国神社の判断に期待」と分祀論に言及

与謝野馨経済財政担当相は毎日新聞のインタビューで、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)について「皇族も政治家も遺族も何のためらいもなく慰霊に行った自然な状況に戻せるのは靖国神社自身だ。A級戦犯の分祀を含め、そのやり方は神社自身が判断することだ」と述べ、靖国神社の自発的な分祀に期待する考えを明らかにした。小泉内閣の閣僚が分祀論を明確に主張したのは初めてだ。

与謝野氏は靖国神社が(1)宗教法人であり国の干渉は受けない(2)国の唯一の慰霊施設である--という「二つの主張をしている」と指摘。「二つ同時に成立させるのであれば、神社自身がいろいろと考える必要がある」と述べた。また「戦没者を思い、慰霊を行うのは大事なこと。そこで国として毎年8月15日、天皇陛下も臨席されて(東京都内の)日本武道館で戦没者慰霊式を行っている。それ以上付け加えるものは何もない」と語った。

小泉内閣では、麻生太郎外相が「国家の英霊を祭るという大事なことを一宗教法人に任せているところに問題があるのではないか」と述べ、靖国神社の非宗教法人化を視野にA級戦犯の分祀方法を検討する考えをにじませている。【太田阿利佐】

毎日新聞 2006年6月1日 3時00分


安倍氏の発言以外は、どなたの発言も中国の靖国批判に同調したものばかりです。

私は、靖国問題が起こる原因は中国にあるのではなく、中国の批判を受けて、それに同調する方が日本国内に多くおられるからだと思います。
政治家のみならず、拙ブログでも取り上げました経済同友会であるとか、朝日を代表とする媚中マスコミなどが騒ぎたてるので、いつまでも中国は靖国批判を外交カードとして使い続けるのです。

つまり、これは外交問題ではなく、日本国内の問題であるということです。

小泉首相は、今のこところ中国や韓国の靖国批判に対して毅然とした態度をとっておられますが、そうすることで、中韓も靖国批判が外交カードにならないことを悟り、言わなくなるでしょう。

私たち国民は、こうした媚中発言をする政治家などに対し、批判の声を上げていかなければならないと思います。


【関連書籍】
だから日本人よ、靖国へ行こう だから日本人よ、靖国へ行こう
小野田 寛郎、中條 高徳 他 (2006/04)
ワック
この商品の詳細を見る

日本人必読の書です!


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



■追記
(産経抄 平成18(2006)年6月1日[木]より引用)
 
やはりというべきか。江沢民時代の中国が、日本共産党に日本の世論対策をこっそり相談していた。首相の靖国参拝問題に困った中国が、訪中した不破哲三議長に「この局面を打開するためには、マスコミに対してどうすべきかアドバイスを」と教えを請うていた。
 
▼これを今日発売の月刊『正論』7月号の対談「度し難きかな、共産党と外務省」で知った。元共産党政策委員長の筆坂秀世氏と起訴休職中の外務事務官、佐藤優氏という異色の顔合わせだ。異能ゆえに組織からはじき出された似た境遇にあり、生臭い話が出ないはずがない。

▼この時の不破氏の答えは、後の中国による反日宣伝パターンと符節が合う。筆坂氏によると、不破氏はズバリ「これからの戦いは国際世論の争奪戦だ」と答えた。「国際世論をどう味方につけるかが大事で、日本のメディア対策ではなくもっと世界の世論を」と。

▼ここ数年、中国が米欧紙の論調を誘導している気配を感じる。最近の標的は靖国神社の歴史博物館「遊就館」だ。米国を巻き込むため、あれはルーズベルト大統領の罠(わな)で戦争に突入したとする展示だと宣伝する。これを佐藤氏は「中国が米国を味方にして日本を孤立させる流れを作っている」という。

▼日中の共産党は、毛沢東路線の押しつけから関係が断絶していた。それが平成10年に中国共産党が謝罪する形で32年ぶりに和解した。ちょうど日露が接近していた時期で、佐藤氏は中国が日本とのパイプを真剣に欲しがっていたと見る。

▼思えば、毛沢東は天才的な宣伝上手であった。エドガー・スノーに毛礼賛の『中国の赤い星』を書かせたのも、「抗日の英雄」伝説もそうだ。いい加減で、情報工作に抗する勇気と知恵が日本に欲しい。


■靖国参拝で経団連会長「小泉首相の行動は適切」

日本経団連の御手洗冨士夫会長(キヤノン会長)は1日、大阪市内のホテルで記者会見し、経済同友会が小泉純一郎首相の靖国神社参拝に再考を求めたことについて「小泉首相は適切に判断して行動している。経団連は過去に(靖国神社に関する見解を)とりまとめたこともないし、これからも予定はない。それは政治の仕事だ」と述べて距離を置く姿勢を示した。その上で、「靖国参拝が中国との経済関係で障害になっていることはない」と断言した。
産経Web(06/02 02:33)


同じ経済界でも先の経済同友会の媚中提言とは違い、御手洗冨士夫会長のご発言は極めて良識的なものだと思います。

【拙ブログ関連記事】
■「首相は靖国参拝再考を」経済同友会が提言
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>音楽の玉手箱さん
急にブログを閉鎖されたので、どうされたのかと思っていたのですが、また復活されたのですね。また貴ブログへも行かせて貰います。
2006/06/07(水) 15:48 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
再開しました
ご無沙汰です。
自分の信条に生きてる姿を拝見するのは嬉しいものです。
もっとも、村上氏のような
「お金儲けはいけないことですか」
というのは、灘校~東大が泣きますね~あったまわるーい
さて、私のブログ再開しました。
また、以前のようにいらっして下さい
2006/06/07(水) 10:32 | URL | 音楽の玉手箱 #-[ 編集]
>milestaさん
情けないことに、現在季節はずれの風邪をひいてしまい、ダウンしております。コメントへの返事が遅くなってすいません。
靖国問題は拙ブログでも何度も取り上げましたが、未だに政治家の方々からこのような発言が聞かれるのは情けない限りです。
milestaさんの言われるように、隣国に媚びへつらうのではなく、毅然とした態度で対応してもらいたいです。
2006/06/05(月) 10:51 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
>「日本国内は議論がエスカレートしすぎている。大声を上げれば、それが中国、韓国に伝わる。悪循環
だ」

そのとおりです。但し批判すべきは自民党内の対中強硬論でなく、大声を上げて中・韓に告げ口や媚び発言を続けている政治家やマスコミです。
我が国は我が道を行くという毅然とした態度でいれば、こんな大騒ぎにならないのに。

しかし、政治の中枢部にはこんな人たちばかりしかいないんですかね。こういう記事を読むと、早く世代交代をして、もっと世論と近い感覚の議員さん達に活躍して欲しいと思います。
2006/06/01(木) 20:40 | URL | milesta #4On3Ze.o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/188-818f605d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
台湾が沖縄を実質的に日本の領土であると認めたというニュースソースがあった(以下...
2006/06/01(木) 20:37:15 | もののふのこころ