『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
※産経新聞平成18年5月29日より引用

■拉致被害者救出国民大集会

21x.jpg

集会に参加した(前列右から)崔祐英氏、李美一氏、横田滋、早紀江さん夫妻=27日午後、東京・永田町【共同】

「信念をもって闘っていく」

拉致被害者の「家族会」と支援組織「救う会」、超党派の国会議員で組織する「拉致議連」は二十八日、東京都千代田区の日比谷公会堂で、全国規模の国民大集会を開いた。来日中の韓国の被害者家族会の代表や最大野党ハンナラ党の国会議員、北朝鮮の専門家らも出席、定員の二千人を上回る二千五百人が会場を訪れ、日韓の家族らの悲痛な叫びに耳を傾けた。

■2500人、叫びに耳傾け
十回目となる国民大集会の今回のテーマは「小泉首相の決断と今年中に拉致被害者全員の救出を求める」。
田口八重子さん=拉致当時(二二)=の兄、飯塚繁雄さん(六七)は「いとしい家族が三十年以上も、今この時間も(救出を)待っている。勧告や他の国とも手を組んで、北朝鮮への圧力をさらに強くしていきたい」とあいさつし、政府の迅速な対応を求めた。

また、韓国の「拉致被害者家族協議会」の崔祐英会長が、日本語で「父の日に、父の胸にカーネーションをつけられなくなって、もう二十年がすぎました。来年は愛するお父さんにカーネーションをつけられるよう、みなさん、お力を貸してください」と訴えると、大きな拍手がわき起こった。

横田めぐみさん=同(一三)=の母、早紀江さん(七〇)は「北朝鮮は二〇〇二(平成十四)年暮れ、(めぐみさんの娘の)キム・ヘギョンちゃんを利用して、横田家に訪朝させようとしました。今後も『北』がやる幕引き作戦に乗ることなく、信念を持って闘っていきます」

増元るみ子さん=同(二四)=の姉、平野フミ子さん(五六)は「小泉首相はイラクの人のために自衛隊を派遣している。でも国家主権を侵されている拉致被害者にはどうなさるおつもりですか」と、改めて北朝鮮に対する制裁の発動を訴えた。

この集会の映像が、日本文化チャンネル桜のブロードバンド放送にて無料で視聴できます。視聴の際には会員登録が必要なのですが、手続きは簡単で、すぐに視聴できるようになります。興味を持たれた方は是非ご覧下さればと思います。
■登録の仕方などはこちらをクリックして下さい。
■視聴するにはこちらをクリックして下さい。
■遠い「制裁発動」への道
現在の家族会と救う会の行動には二つの大きな柱がある。「国際連携」と「制裁発動」だ。

四月の訪米や五月の訪韓、タイの外務大臣と面会して日本側から拉致問題に関する情報を提供するなど、家族らは今年に入り、国際連携を構築するために積極的に動いてきた。もうひとつの「制裁発動」については、今回の集会を機に政府や国会議員らに、さらにただしていく狙いがある。

安倍晋三官房長官はメッセージで「拉致被害が全員生存していることを前提にあらゆる努力をしている」としたうえで、小泉首相がよく口にする「対話と圧力」ではなく、「圧力と対話」と強調。政府として外国要人との会談や国際会議で拉致問題を持ち出し、支援と協力を要請していくことも家族に約束した。

中川昭一農林水産相も「私は食糧の担当です。万が一にも、コメ一粒、日本海の向こうに送るのであれば体を張って阻止していきたい」と語り、拉致問題の進展なしに食糧支援には応じない姿勢を鮮明にした。

与野党の国会議員からも圧力を強めるべきだとの声が相次いだ。「経済制裁を行うかではなく、いつ、どんな所で行うかの時期にきている」(逢沢一郎衆議院議員)、「なぜ経済制裁を躊躇(ちゅうちょ)するのか」(中井洽衆議院議員)・・・。だが、発言したのはいずれも拉致問題に熱心な「拉致議連」のメンバーだ。閣内、与野党の議員の多くがこの認識を共有しなければ、制裁の発動は不透明だ。

横田めぐみさんの「偽遺骨」問題で、当時の細田博之官房長官が「北朝鮮に誠意ある回答を強く求め、対応がない場合には、厳しい対応を取らざるを得ない」と述べてから、すでに一年五ヶ月。誠意ある対応はいまだにない。

「何も動いていないのが残念でならない」

田口八重子さんの長男、飯塚耕一郎さん(二九)はそう語る。増元るみ子さんの弟、照明さん(五〇)は「なぜひとつの制裁さえもできないのか。私たち家族の本気度が物足りないのか」とまで言った。家族の声を理解する政治家はまだ多いとは言えない。
(引用終わり)


■集会での安倍官房長官メッセージ

本日の国民集会の開催に当たり、一言御挨拶を申し上げます。
拉致問題の解決には、国内・国外を通じた力強い世論の盛り上がりが不可欠であり、その意味でも、本日の国民大集会は、誠に意義深いものであると考えます。
 
先日、横田早紀江さんをはじめとする御家族の方々が訪米し、米国下院公聴会で証言を行い、ブッシュ大統領と面会されました。
 
この訪米を通じて、拉致被害者の御家族の方々の活動が、米国内のみならず、全世界に対して、大変大きな感動を与え、その結果、拉致問題解決の重要性を訴える力強いメッセージが発出されたと考えます。
 
また、国内においても、御家族の方々は、それぞれの地域において、日頃から署名活動や集会への参加、自治体関係者への要請などの地道な活動を通じて、拉致問題の解決に向けた国民世論の形成に尽力されているところであります。
 
御家族の皆様のこのよう御努力に対し、深甚なる敬意を表したいと思います。
 
政府としては、拉致被害者が全員生存していることを前提に、圧力と対話という基本方針の下、拉致問題の解決へ向け、あらゆる努力をしているところであります。
 
私は、官房長官に就任後、直ちに、厳格な法執行や情報収集の強化を関係省庁に指示し、さらに鈴木官房副長官が議長を務める拉致問題特命チームの下に、法執行班及び情報収集会議を設けて体制を強化し、政府一体となって、さまざまな情報の収集や厳格な法執行等の処置を講じてきております。
 
また、国際社会との連携を一層強化していくため、私を含め、政府全体として、外国要人との二国間会談や国際会議の場において、拉致問題の解決に向けての協力や支援を求めるとともに、国連等の場において拉致問題を取り上げ、決議等の形で北朝鮮に対して強いメッセージを発していく、更には、G8サミットにおいても拉致問題が取り上げられるよう、外交努力を尽くしているところであります。
 
国際的な圧力を高め、包囲網をしっかりと構築しながら、北朝鮮に対し、すべての生存する拉致被害者を帰国させなければ拉致問題は解決しない、拉致問題の解決なくして国交正常化はない、ということを十分認識させることが必要であります。
 
今後とも、拉致問題の一日も早い解決に向け、政府一丸となって、全力で取り組んでいくことを改めて表明し、御挨拶といたします。

山谷えりこ参議院議員のHPより引用



■この集会で採択された決議文

決 議
多くの拉致被害者が北朝鮮にいるのを分かっていながら救出できず、今年もまた、私たちは国民大集会を開いた。なぜ、助けられないのか、口惜しくて、悲しくてたまらない。

それでも、国際連帯と制裁による圧力という二つの柱を掲げた私たちの運動はこの1年で大きな成果を挙げた。

金正日が世界12カ国から拉致を行っているという驚くべき事実が明らかになった。また、横田早紀江さんが米議会で証言し、ブッシュ大統領との感動的な会見を行ったことも記憶に新しい。日韓の拉致運動の連帯も強化された。

日本政府も拉致問題特命チームを中心に法適用厳格化などで強い圧力を加え始めたし、米国が昨年9月に実施した金融制裁は大きな効果を上げている。

窮地に追い込まれた金正日政権がどのような反撃に出てくるのか、予断を許さない緊迫した局面が生まれている。

私たちは今、北朝鮮の地で助けを待っている被害者に向かい「あともう少しです、元気で待っていてください」という心からのメッセージを送りながら、次の3点を強く要求する。

1 金正日政権はすべての拉致被害者を即刻返せ。

2 小泉首相は、北朝鮮への制裁を発動してすべての被害者を救出するという強い国家意思を示せ。

3 韓国盧武鉉政権、中国の共産党政権は、拉致というテロへの加担を意味する金正日への支援を中断せよ。

平成18年5月28日
小泉首相の決断と、今年中に拉致被害者全員救出を求める国民大集会参加者一同


※関連記事

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2006.05.29-2)

■北朝鮮に対する圧力を強め、拉致被害者全員の返還を

本日第一報の拉致議連総会では、下記の決議が採択された。以下はその全文である。

決  議

北朝鮮による国家犯罪である拉致は、日本や韓国のみならず、マカオ、タイ、ヨーロッパ各国をはじめ、判明しているだけでも12カ国にも被害が及んでいる。もはや一国のみの問題ではなく、広く国際社会共通の問題として解決のための連携を深めていかなければならない、

過去5回開催されてきた六カ国協議で、拉致問題は「日本と北朝鮮との二国間問題」とされてきたが、もはや事態はそのようなレベルではなく、北の核やミサイルが国際社会を脅かす問題であるのと同様に、拉致問題も国際社会における重大な問題となってきている。今、拉致問題は解決に向けて、新たな段階に入ってきている。

4月に横田早紀江さんがブッシュ米国大統領に面会し、直接拉致問題解決への支援を訴えた。北朝鮮による拉致問題と核問題は同様に重要であり、問題解決に向け働きかけを強めるとの約束を得た。北朝鮮による拉致問題という「悪」に対し、米国は断固戦うというメッセージを世界に発信した。現時点では被害者が一人も判明していない米国が、ブッシュ大統領の強い指導力により毅然とした態度をとっているにもかかわらず、政府認定被害者16名、特定失踪者が400名以上いる日本が後手に回ることは断じて許されないことである。

我々拉致議連は、これまで日本人被害者を早期に救出し、被害者の家族を支援することを目的に活動を展開してきたが、事態の深刻な状況が明らかとなった今、広く国際社会に呼びかけ、北朝鮮による世界中の拉致被害者全員の早期救出に取り組む決意を新たにした。

政府・小泉総理は、来月予定されているブッシュ大統領との首脳会議や、7月にロシア・サンクトペテルブルクにおいて開催されるサミット、秋に開催される国連総会、各種諸国間会合の場等々において、主要議題としてこの問題をはかり、国際社会の世論を高め、北朝鮮に対する圧力を強めることにより、拉致被害者全員の返還を求めてゆくべきである。

我々拉致議連も韓国側有志議員との連携など、あらゆるチャンネルを通じて、広く国際社会に拉致問題の深刻さと解決のための協力を訴えてゆく決意である。

以上、決議する。

平成18年5月29日

北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟
                         会長 平沼赳夫

※小泉首相宛、はがき・メールを!(〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 小泉純一郎殿、首相官邸のホームページ=http://www.kantei.go.jp/の右下の「ご意見募集」欄を利用)


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
小嶋進の弁護士はあの安田好弘
ところで,このスレッドでいいのかどうかわかりませんが;

1.産経新聞2006年11月20日より(ネットはNetView以外ソースなし)に出ていましたが;

ヒューザー小嶋進の弁護士はあの安田好弘だそうです!

ついこの前は山口県光市の母子殺害事件の左翼かぶれ少年の弁護士.(遺族本村浩さんは拉致家族の方と同様に左翼の妨害勢力とと戦ってこられました)
その前には日本国内の北朝鮮とも言うべきオウム真理教麻原の主任弁護士.

そして,小嶋進といえば証人喚問で安倍総理を陥れようとした過去があります.
そのときの弁護士も極左でしたね.

安田には小嶋の弁護以外にも狙いがあるのではないか?

日本が拉致解決に向けて大きく動こうとするこの時期に・・・要注意です.
2006/11/21(火) 23:23 | URL | くちべた日本人 #-[ 編集]
>田舎の神主さん
TB及びコメントありがとうございます。後で田舎の神主さんの記事を読ませて貰います。

>milestaさん
国会議員の方の中には、国民の生命と財産を守る気概や、愛国心を持たない、「本当に日本国の議員なの?」と思ってしまう方が多いですよね。

>かついちさん
>もっとしっかりしてください、日本国政府
全く同感です。拉致問題は北朝鮮に国家主権を侵害され、国民が不当な暴力によって拉致された重大な問題ですから、穏便に話し合いで「返して頂く」という姿勢ではなく、「絶対に拉致された同胞を奪還するんだ」という姿勢でしっかり取り組んで欲しいですよね。
2006/05/31(水) 01:54 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
なぜ弱腰なのか
不思議で仕方ありません。自ら拉致を認めたのに、拉致被害者5人を返しただけであの態度の豹変は何なのだ???おかしいですよ、あの国のご主人は。しかも、もっと強気で制裁をするぞと言えばいいのに、何を北朝鮮ごときに弱腰なんだ?まったくどうかしています、日本国政府は。北は、核でも打てば日本なんか吹っ飛ぶぜ!!とでも考えているんでしょう。それでは子供のするようなことに手をこまねいているだけの、だらしのない親とそうそう変わりません。もっとしっかりしてください、日本国政府。安倍さん、逢沢さんたちの活躍に期待します。
2006/05/30(火) 16:15 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
昨夜日本テレビのニュースより
金泳三元韓国大統領がテレビの取材に応じ、「日本が真っ先に北朝鮮に対する経済制裁を行うべき」という発言をしておりました。金元大統領が流ちょうな日本語で、北朝鮮に対して経済制裁を行うべきと発言したことは、日本側にとっては意外だったと思います。親日家として知られる金元大統領ですが、現在の盧武鉉大統領を政治家にし、大統領にしたのは自分で、「盧武鉉を政治家にしたのは間違いだった」と自らを悔やんでいました。依然として太陽政策をとる韓国の姿勢を批判し、北朝鮮に対する圧力を加えるべしという金元大統領発言を日本政府はじっくり聞くべきであると考えます。
2006/05/30(火) 16:08 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
ああ情けない。
安倍さん、中川(昭)さん、逢沢一郎さん、中井洽さんといった面々が、これだけ毅然とした発言をしているのに、
>閣内、与野党の議員の多くがこの認識を共有
できないとは、本当に情けないです。他の議員たちは本当に「日本の」国会議員なの????と思ってしまいます。
2006/05/30(火) 09:34 | URL | milesta #4On3Ze.o[ 編集]
お早う御座います。
ご無沙汰致しております。
最近の色々な事件やその動向を眺めておりまして感じたことをエントリにてアップ致しました。
TBさせていただきました。
エントリの内容と合わないようでしたらお手数ですが削除して下さい。
2006/05/30(火) 03:59 | URL | 田舎の神主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/187-f14e7e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
百花爛漫に咲き競い春を彩った四月の花。その花々が終わりを告げると、つよい晩春の日
2006/05/30(火) 03:56:15 | 田舎の神主の学び舎
 昨日、日比谷公会堂で開催された「今年中に拉致被害者全員救出を!国民大集会」に 参加された方の日記を紹介します。(本人の了解済み) さんごママさんという方です。 私の拙いこの日記を以前から読んで下さっている方で、たまにコメントを書き込んで 下さっている..
2006/05/30(火) 02:42:12 | 破れかぶれのひとり言
トーイさんからTBを頂いていたのに大変申し訳ないことにエントリーをたてることができませんでしたネタから今週はスタートをしてみることに。昨日、5月28日(日)の午後4時から、東京の日比谷公会堂で10回目となる国民集会、 拉致した同胞を返せ北朝鮮!奮い立ち目覚め
2006/05/30(火) 01:06:22 | まいっちん愚ログ
28日の「国民大集会」にお出かけになった方々,ご苦労様で御座いました....
2006/05/30(火) 00:46:05 | もののふのこころ