『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
gakioyazi

【今世界で何が起きているのか】またしても教育界の癒着、朝日新聞とベネッセが行っている悪質な資格商法[桜H28/2/29] https://t.co/xAxjLbjLLu @YouTubeさんから
02-29 22:20

日本の誇りを守るため「伝統文化」も変化せよ なぜ、ここまで「ボッタクリ」がまかり通るか https://t.co/7n6UKpqOmI
02-29 21:41

「グルメな不法滞在者どもに捧げるHELLメシ」⇒ https://t.co/rAUxrP05Hb
02-29 11:06

天皇陛下がインフルエンザにご罹患 29日の予定はお取りやめ - 産経ニュース https://t.co/0zqqyva2H1 @Sankei_newsさんから一日も早いご快復をお祈り致します。
02-29 11:02

RT @dobon7: ⑥戦争に負けた後、戦後の教育で洗脳され、本当の日本人の気持ちを理解できなくなった人が、そういうことを言うのだと思います。『ルバング島 戦後30年の戦いと靖国神社への思い』小野田寛郎著より一部抜粋https://t.co/QQMRvG2nuv<終>
02-29 10:54

RT @dobon7: ⑤当時は徴兵令で満20歳になると身体に異常のない男子はみんな兵役につかなければなりませんでした。だから「心ならずも」と言うのかもしれませんが、それは当時私たちの気持ちを表した言葉ではありません。好きで兵隊になったわけではなくとも多くの人間は国のために…
02-29 10:54

RT @dobon7: ④お国のために命をかけて働いているので、兵隊は普通の人の半額で映画館に入ることができました。それで、「映画半額、命も半額、死んだら神様だ」などと笑いながら話していました。これが当時の私たちの戦死に対する考え方だったのです。>
02-29 10:54

RT @dobon7: ③当時の私たちは、死ということに拘泥しない、深く考えない、死んだら神様だと、そういう考えをしていました。何故かと言いますと、戦争には若い者が先頭に立たなければ国の将来がないということをはっきり考えていたからです。>
02-29 10:54

RT @dobon7: ②特攻隊の遺書には、「心ならずも(本当は行きたくなかったのに)」なんて書いてありません。私も当時、特攻隊の方々とほとんど同年齢でありました。私がもし当時戦死していて、「心ならずも死んだ」と言われたら、侮辱されていると思って怒ります。>
02-29 10:53

RT @dobon7: ①●「心ならずも戦死された」は英霊に対する侮辱靖国の英霊に対して「心ならずも戦死された(本当は戦争に行きたくなかったのに戦争でしんでしまった)」と言う人がいます。しかし、これほど英霊を侮辱した言葉はありません。皆さんの中には特攻隊の遺書をご覧になった方…
02-29 10:53

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/1651-c95480b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック