『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
産経新聞平成18(2006)年4月2日[産経杪]より引用

昭和五十七年の教科書検定事件は報道各社の誤報から始まった。高校の教科書に初め「日本軍が華北(中国北部)に侵略」とあったのに検定で「侵略」が「進出」と書き改めさせられた、と誤って伝えたのだ。産経新聞以外きちんとした訂正もしなかった。

▼その罪は大きい。だが、コトを大きくしたのは政府や政治家たちの定見のなさだった。中国、韓国から抗議を受けると右往左往、真偽も確かめないまま、検定を間違いとする官房長官談話を発表する。以後、中韓が教科書問題に介入するきっかけを作ったのだ。

▼今年発表の高校教科書検定では、島根県の竹島を「日本の固有の領土」と、記述を改めさせられたケースがあった。誤報ではないし、当然の検定である。これに対し、韓国は日本政府に「遺憾と抗議」を伝えてきた。ここまでは二十四年前と同じような推移である。

▼違っていたのはマスコミや政治家の反応だった。ほとんどの新聞は韓国の抗議を伝える記事を、ベタ扱いにしていた。政治家もピクリとも動かなかった。歴史認識と領土問題との相違はあるにしても、四半世紀近い間に日本も外交的に一応の「進化」をしたのだろう。

▼しかし、少しもそれを感じさせない人たちもいる。「日中関係を改善するため」と中国へ出かけた日中友好議連などの人たちだ。会談した胡錦濤主席から「(首相が)靖国参拝をやめれば首脳会談に応じる」と「内政干渉」発言を引き出してしまったからである。

▼今こちらから動けば外交的に利用されるだけなのに、まんまとハマる。しかも団長の橋本元首相らは、ほとんど反論もしなかったという。会談は三十一日だった。「一日早いエープリルフールじゃないの」と言いたくなる稚拙さだった。
(引用終わり)


産経杪に書かれていることは正にその通りで、私も同意です。特に地元岡山出身の橋本元首相には、政界から引退されたのですし、心臓も悪くされているのですから、何もせずゆっくりしていて貰いたいです。

何より、このように日中友好を至上の目的として尽力しておられる方々に伝えたいのは、日中友好というのは、日本国民の生命と財産を守るため、領土や国益を守るための手段として行うのであって、これが至上の目的になってしまっては本末転倒であるということです。

そして、隣国との歴史問題に関しては、日本政府が事実はどうなのかきちんと追求することが必要だと思います。これについて、中西輝政氏(京都大学教授)のご意見を、日本政策研究センター発行の月刊誌『明日への選択』より引用します。

(引用開始)
※本稿は、平成十七年九月に行われた中西氏のご講演をまとめたものです。

歴史認識と国家戦略をどう結び付けるかということに触れておきたいと思います。これは大変難しい問題ですけれども、・・・少なくとも、事実をきちんと追求するという「歴史政策」というものが必要だと思うのです。

というのは、朝鮮半島より向こうと日本では、何が事実であるかという「事実観」とうべきものが大きく違っているからです。最近、面白い例がありました。「日本海」という呼称を巡って日韓間ではいろいろ問題になっています。韓国は「日本海」という呼称は植民地支配の結果、無理やり押し付けられたのだと主張しているわけですが、韓国外務省によれば、その証拠があるというのです。彼らがイギリスの大英博物館とか、フランスの国立図書館、アメリカの国会図書館などにある資料を調べ、その結果、十九世紀以前の古地図の六割以上は「東海」、つまり韓国側の主張通りの「東海」と書いてあり、「日本海」となっているのは一割強に過ぎなかったというのです。そのことを韓国外務省は公式文書として国連をはじめ国際機関や世界のメディアにばら撒いています。

しかし、これはどう考えてもおしかいということで、今年、日本の外務省がやっと重い腰をあげて調査をしました。韓国政府があげる資料を原典に遡って検証したのです。そうすると結果はまったく正反対で、韓国政府がとり上げた一二八五枚の古地図のうち「日本海」と書いてあるのが実は八二%もあった。一方、「東海」と書いてあるのは、たったの一枚だった。この調査結果は七月末に発表されているのですが、日本のメディアはほとんど報じていません。

これが中韓文化圏における「事実観」です。自分たちの考える「正義」の前では、事実は捻じまげてもいいのです。日本の植民地支配批判、日本帝国主義批判に繋がるのなら事実はまげてもよいし、嘘でもいい。これは韓国に限らず、朝鮮半島より向こうにある儒教的世界観です。最古の歴史書と言われる『春秋』の中には、忠義を宣伝するためなら事実をまげてもいいという孔子の解釈が出てきます。

ですから、歴史に関わる問題では向こうが出してくるものは全部、もう元の元まで遡って検証しなければいけない。こういうことを、何よりも日本のアジア外交の国家戦略にしなければいけない。私はそれを「歴史政策」と呼んでいるのですが、外務省は潤沢な予算を使っているわけですから、その数百分の一でも、こういう予算に使ってもらう。彼らが言っていることは一から十まで事実に関しては全部調べるということが、第一のアジア戦略になるのではないか、と考えています。
(引用終わり)


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>せーちんさん
相互リンクの件、了解です。こちらからもリンクを貼らせて貰います。少しでも世の中へ良い影響を与えていけるよう、お互い頑張りましょう。
2007/07/03(火) 11:10 | URL | spiral(管理人) #l7AT0Hcg[ 編集]
初めまして。

真実に辿りつくブログの管理人せ~ちんです。
しっかり考えてる姿勢に共通点があると思いました。
少しでも世の中へ良い影響を与えていくために、相互リンクお願いできませんか?

こちらではリンク作業を済ませました。また読みにきます。ではでは。
http://lufeng29.blog108.fc2.com/
2007/07/02(月) 23:32 | URL | せーちん #mQop/nM.[ 編集]

初めまして。掲示板が拠点の新思想創造論議同盟、管理人の小川です。

両サイトの発展の為に、相互リンクをして頂けませんか?
唐突に申し訳御座いません。
若し、して頂ける場合は、コメント下さい。
http://085623.blog38.fc2.com/
2006/04/02(日) 20:49 | URL | 管理人@小川 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/151-410dfd40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【社説】嘘つき政治家が追放される日本、権勢振るう韓国  日本で、最大野党・民主党の代表と幹事長、国会対策委員長ら首脳部全員が辞任した。ある企業関係者が与党の自民党の有
2006/04/05(水) 21:26:38 | 釣りキチおやじの言いたい放題