『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
一昨日、本屋さんで目についたスポーツ誌を購入しました。それを読んで、改めてWBCでの日本世界一の余韻に浸ってしまいました。

■Number650号
Number650号


今回はこのスポーツ誌より、イチロー選手を始め、世界一を勝ち取った日本選手の記事を引用します。

まずはイチロー選手のインタビュー記事より

■メディアの前で強気な言葉を発してきた理由

「そうやって発言することで、自分にプレッシャーをかけてきたんです。そこに向かっていくことで僕自身の気持ちを高めていこうと思ったし、モチベーションを上げていった。
生きている間には、そうやって重荷を背負わなきゃいけないときが来ると思ってましたからね。今がその時期だと判断したんです。どんな形で日本の野球に対して返していけるかということは考えなければならないと思っていましたし、アメリカに行きっぱなしでは終われない。だから今日、結果として目指したことを実現した、その満足度は大きいですよ」

■イチロー選手がストッキングを出したクラシカルなスタイルでプレーしていた理由

イチロー選手

※画像引用元(2006年 ロイター/Lucy Nicholson

「ジャパンのユニフォームを見る前から、自分の中でイメージしていたんですけど、それがクラッシックなスタイルだったんです。僕の中で日の丸を背負うというのは日本の心を持って臨むということだと思っていましたし、意識の中から薄まっていく大事なものを思い返したいという気持ちはあったかもしれません。それがあのスタイルであり、日の丸の重さだったんじゃないかと思います」

そして、別記事のエッセイには、イチローの思いをこのように解説されていました。

■彼が誇りと美意識を賭けて戦っていることはすぐにわかった。しかも彼は、現在の自分に対してだけでなく、過去の日本野球に対しても誇りを持てることを証明しようとした。「日の丸を背負って」という言葉をイチローはしばしば口にしていた。これを国粋主義の表れと解釈するのは短慮にすぎる。外国で生きれば生きるほど日本人としての自覚が強まるのは当然のことだか、彼の日の丸には、沢村栄治や王貞治や野茂英雄の名前が書き込まれていたはずだ。そしてもちろん、先日逝った仰木彬の名前も。


この大会でMVPを獲得した松坂大輔選手のインタビュー記事より

WBCではどんでん返しの連続だったけど、当初は日本代表の重みを分からない選手もいて、一枚岩とは言えなかった。準決勝に進んでからですね、ベクトルがビシーッと揃ったのは。技術が均衡すれば、後は気持ちの差が出てくる。2次リーグで韓国に負けたときに、国を代表する気持ちの差が出たと思った。イチローさんは「野球人生最大の屈辱」と言ったけど、僕はそんな言葉も出ないほどショックだった。目の前でマウンドに韓国の国旗を立てられた時は屈辱で震えそうになったけど、負けたんだから何も言えない。そんな自分が情けなくて悔しくて・・・。
みんなも同じ気持ちだったんじゃないかな。でも、そんな韓国に国の威信を掛けた闘いというか、命のやり取りをするような厳しさを教わったような気がする。だから準決勝で対戦した時は、最大の屈辱を味わった後だったので、日本の方が気持ちは上だった。完封までは想像していなかったけど、大差をつけて勝ちたいとみんな思っていましたからね。
今回、王ジャパンのリリーフエースとして活躍した大塚晶則選手は、王監督とこのようなやりとりをしたそうです。

■決勝戦の試合前、大塚は王監督にこう言われている。
「2回投げてもらうかもしれない」
「大和魂です」
と即答した。王監督はその右肩を何度も叩いた。

※本来大塚選手は試合の最後の1イニング限定で投げる予定でした

これら各選手の発言は、日の丸を背負い、日本人としての誇りと、戦後否定的な意味で使われてきた「愛国心」を持って、自分というものを超越した共同体(日本国)のために戦ってきたからこそ出てきたもので、今の日本人が失いかけているものを思い出させてくるものだったと思います。

この「愛国心」は、アメリカの占領政策によって貶められ、日本人の心から消されようとしてきました。昭和27年(1952年)4月28日に日本が独立を回復した後も、日教組などによってこの政策は引き継がれ、学校の式典などで、国歌を歌わなかったり、国旗掲揚の時に起立しなかったりというようなことが起きています。つまり、愛国心どころか、反日的な心を子供に植え付けようとしているのが今の教育なのです。

現在、教育基本法を改正すべく、与党の間で協議されています。「国を愛する心」についても、来る4月5日と12日の「与党検討会」で決定する予定です。しかし、これについては公明党が反対するでしょうから、改正案に盛り込まれる可能性は少ないのではと思います。

今の教育界の状況を鑑みれば、「国を愛する心」という文言は是非とも取り入れて、子供たちが自国を愛する心と、日本人としての誇りを持てるような教育をして頂きたいです。

話が少しそれてしまいました。今回のイチロー選手らの発言に対して、バッシングをしているマスコミや識者の方もおられます。以下、岡山の地元新聞の記事より、その典型例を引用します。

(引用開始)
■WBC優勝と興奮の爆発

勝った。やった。王ジャパンが優勝したとき、私の脳裏をよぎったのは、戦後間もなく来日したサンフランシスコ・シールズに勝てなかった日本野球のことである。
(中略)
あれから半世紀以上。当時の誰もが予想しなかった日本野球のレベル向上が、今回の大会で証明された。(中略)オールド・ファンとして素直にそのことを喜んでいる。

だが一方では、優勝に興奮して「世界一だ。日本人で良かった」と叫んだ多くの人々と同じように喜んではいない。と言うか、つい最近の冬季五輪でもそうだったが、このところの国際大会における日本人の過激なナショナリズム意識発揚にはついていけないものがある。見ていると、それはある日突然に目を覚まし爆発するのが特徴のようだ。
(中略)
明らかに何がどうあれ日本さえ勝てばよいいというナショナリズム意識の表われだ。

むろん私とても日本人だから、素朴に日本人に勝ってほしいと願う心はある。しかし、長年の野球ファンでもあるので、勝ちさえすればよいという立場にはくみしない。まずは試合の中身が問題なのであり、良いゲームを展開して負けたのであれば、それはそれで納得がいく。その意味でイチローの「屈辱」発言には良い感じは持てなかったし、日を追って日の丸至上主義を色濃くしていったマスコミ報道にも賛成しがたかった。

ぶっちゃけた話が、たしかに王ジャパンは優勝したけど、少しでも野球を知る者に「世界一」の実感はないのが当たり前の感覚だろう。大会運営のルール上、幸運にも1位になれたのであり、これで韓国やアメリカの野球を押さえつけたなどと思う人がいるとしたら、その人は単に野球に無知なだけである。すなわち私たちは今回のもろもろの幸運にこそ感謝すべきなのであって、それ以上の過剰な思い入れは無用とすべきだろう。

それにしても、昨今の日本に突然出現してくるナショナリズム意識は不気味だ。根底には、おそらくこの国の政治や社会状況が横たわっているのであろうが、(中略)スポーツによる安易な国威発揚の行く先にロクなことは待っていない。次なる国際大会はサッカーのW杯だが、勝利至上の寒気を覚えるようなナショナリズムの乱発だけはごめんこうむりたい。
(引用終わり)

長くなってしまったので引用記事への批判はしませんが、例えば以下のニュースに、日本が勝ちさえすればいいという偏狭なものではない、健全な愛国心が醸成されているのが分かると思います。

■配慮欠いたと文科相謝罪 ライバル転倒喜んだ発言
 
小坂憲次文部科学相は6日、トリノ冬季五輪のフィギュアスケートで金メダルとなった荒川静香選手が帰国報告した際、ライバルのイリーナ・スルツカヤ選手(ロシア)の転倒を喜ぶ発言をしたことについて謝罪するコメントを発表した。
 
民放が4日の番組で発言部分を放映したところ、文科省に電子メールでの抗議が数十件あったためで、「配慮を欠き反省している」とした。
 
小坂文科相は、2月28日夜に荒川選手が同省大臣室を訪れた際の懇談で、競技の最後に演技をしたスルツカヤ選手が転倒して荒川選手の金メダルが決まった時の感想を「人の不幸を喜んじゃいけないけれど、こけた時は喜びましたね。『これでやったー』と、ものすごい喜んだ」と述べていた。

共同通信(3月6日)より引用

ともあれ、私たちの心に誇りと感動を残してくれた王ジャパンの戦士たちに感謝です。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
記事はまだ、途中なので書き上げたらTB貼らせていただきます。
2006/04/10(月) 19:36 | URL | コミィ #-[ 編集]
>ゆうさん
ゆうさんなら、地元新聞といえばどの新聞か分かりますよね。
この引用記事、新聞社の方が書いたものではなくて、某詩人の方が書いたものなんです。新聞社の方が書かないで、部外者の方に書かせて間接的に批判をするというのが、なかなか姑息でしょ?
2006/04/06(木) 21:35 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
驚きました!
「そういう見方が出来るのか~」と感心しました(皮肉ね)!
国の代表として、国旗を背負って戦うなんて世界中何処の国の選手に聞いたって
「世界大会なら当然」と答える事に対して、同じ国の中からこの様な
否定的な意見が、しかも新聞という公の場で出されるなんて、日本以外じゃあり得ませんよね!

私は野球に詳しくはありませんが、アメリカよりも韓国よりもあのキューバに勝利したことは
とてつもないことだ、と思いました!
「幸運にも一位になれた」だって!?馬鹿を言っちゃいけないよ!
この記事を書いたのは本当に日本の新聞社に勤める日本人なのか?と...

もうね、そんなに日本が嫌でバッシングしたいなら中国や韓国、北朝鮮へ行って、とっとと帰化しなさいよ。
いつまでも日本にいられたら馬鹿がうつる!!!


2006/04/06(木) 19:09 | URL | ゆう #-[ 編集]
>百式さん
左傾化した方がWBCを見ると、記事中のような、あらぬ危惧を抱くんでしょうね。百式さんのコメントのタイトルが全てを表していると思います。

>かついちさん
戦後否定的扱いをされていた「愛国心」が、今回のWBCなどによってよやく日本国民の間に醸成されつつあるのに、それを批判するマスコミにはあきれてしまいます。
教育基本法改正については、「愛国心」という文言では公明党が難色を示すだろうということで、「国を愛する心」に変えたのに、これすらも入れることが出来ないというのは情けない限りです。自民党には是非とも頑張ってこの文言を入れて欲しいです。

>milestaさん
日本が不正をして優勝したのならともかく、ルールに則って試合をして優勝したのですから、何らケチをつけられる言われはないですよね。
milestaさんの言われるように、懸命に戦った選手達に失礼だと思います。

>蔵信芳樹さん
初めまして、コメントありがとうございました。

>haru nalkamuraさん
ずっと平和な日本にいると愛国心を意識することはないのですが、海外へ出掛けると、自分のアイデンティティや正しい愛国心を大切さが分かるのですね。
私の妹が今年から夫の転勤で海外へ行ってるのですが、harunalkamuraさんと同じようなことを言ってました。
また貴ブログへも行かせてもらいます。コメントありがとうございました。
2006/04/04(火) 22:50 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
愛国心は生きている心の発露
コメント有難うございました。
戦後の空白時代が惨めだったのか、日本人に本当に国を思う気持ちを教えて来れなかったと言うことでしょうか。
人間が生きていく上で、自分のアイデンティティの根本である、自分を愛し、家族を愛し、国を愛し、宇宙船地球号を愛するのは当然の生きている証ですよね。
欧米での生活が永かったので、彼らが如何に自分の国や民族に対して強烈な誇りと愛する気持ちを持って生きているか身に沁みて分かりました。
自分のアイデンティティや正しい愛国心を大切にすること、それが分からない人には、グローバリズムや人類愛など語る資格はないと思っています。
2006/04/04(火) 21:57 | URL | haru nalkamura #-[ 編集]
『極左アッテンボロー』http://rounin40.cocolog-nifty.com/
反日新聞など取るに足らない敵です。それよりこちらの敵のほうが手ごわいですよ。あなたの参戦まってます。http://rounin40.cocolog-nifty.com/
2006/04/04(火) 15:44 | URL | 蔵信芳樹 #jnRiruIs[ 編集]
ここでは知ることの出来ない名言、エピソードを教えてくださり有難うございます。

「愛国心」の高揚が気に入らないからって、
>少しでも野球を知る者に「世界一」の実感はない
という書き方は不遜なものを感じますね。
勝利の喜びを貶めてまでも自分の思想を押しつけたいのでしょうか?
きちんとルールに則って、優勝を掴んだ選手達に失礼だと思います。
2006/04/04(火) 08:35 | URL | milesta #4On3Ze.o[ 編集]
愛国心を素直に喜べないマスコミ
昨今の日本国内に巻き起こるナショナリズム、愛国心の醸成を快く思わないマスコミの発言こそおかしいと思います。今回のWBCでのイチロー選手や他の選手が口々に言った言葉の数々は、自然に出て当然なのです。それが出ない、出させないようにしている教育が異常なのであり、そういう風潮は直ちに改めなくてはいけないと思います。教育基本法の改正で「国を愛する心」という文言を入れるか否かで、公明党の動きがひっかかるようですが、そのような動きに与しないでほしいですね。諸外国国民は自国の国旗や国歌に敬意を表するのに、日本だけ国旗や国歌を「戦争賛美」だとか「国粋主義」だとか言って否定する向きがあるのはどう考えてもおかしいと思います。そんなに日の丸や君が代がイヤならそれに代わる新しいものを提案すればよろしいのではないかと思うのです。ところが少しもそういう提案を出さないし出そうとしない。口先ばっかりです。そういう無責任な人たちの意見に耳を貸す必要はありません。心ある日本国民が日本を立ち直らせていくべきです。
2006/04/04(火) 08:34 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
左翼はアホですよ
 今回の大会を見て、イチローや松坂が好きになったし誇りに思いました。
 ただそれだけのことを、「異常なナショナリズム」として扱う偏向報道の方が明らかに異常ですよね。
2006/04/04(火) 07:50 | URL | 百式 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/150-1d1d05b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック