『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
「秋篠宮妃紀子殿下のご懐妊の報道で、皇室典範改正を小泉首相が性急に推し進めようとなさったが、これは止まって良かった。ですが小泉首相はまだ未練たらしくあれで良かったみたいなことを言ってらしたから、どうしても皇室典範改正案はとんでもないものであるということは暴露し続け、息の根を止めておかなければなりませんね。(渡部昇一氏談 日本文化チャンネル桜の番組より引用)

皇室典範改正案の今国会への提出は見送りとなりましたが、渡部氏の言われるように、この改正案がとんでもないものであることを暴露し、息の根を止めておかなければなりません。さらに渡部氏はこうも言われていました。
「共産党や社民党が諸手を挙げて賛成する法案というのはおかしい」私もその通りだと思いました。

ということで、3月に日本武道館において大会が開催されることとなりました。ご都合のよい方は、是非ご参加下さればと思います。

★皇統の伝統を守る一万人大会

 日 時 3月7日(火)15~17時(13:30分開場)          
 会 場 東京・日本武道館
 提言者 櫻井よしこ氏(ジャーナリスト)
     中西 輝政氏(京都大学教授)
     金  美齢氏(評論家)
     関岡 英之氏(フリージャーナリスト)
     平沼 赳夫氏(元経済産業大臣・日本会議国会議員懇談会会長)
     三好  達氏(元最高裁長官・日本会議会長)     
     など
 主 催 皇室の伝統を守る国民の会
 賛同者 市田ひろみ(服飾評論家)
 敬称略 入江 隆則(明治大学教授)
     潮  匡人(評論家)
     遠藤 浩一(評論家)
     小堀桂一郎(東京大学名誉教授)
     篠沢 秀夫(学習院大学名誉教授)
     平川 祐弘(東京大学名誉教授)
     三宅 久之(政治評論家)
     屋山 太郎(政治評論家)
     など多数(2月20日現在)

◆大会ご参加の申し込み方法
①FAXでのお申し込み
FAX03-3476-5612
「大会事務局」宛に
氏名・住所・年齢・職業・電話及びFAX番号を明記して申し込んで下さい。折り返しFAXにて入場整理券を送付しますので、大会受付にお渡し下さい。
FAXでの申し込み締切日は、3月3日です。                     

②電子メールでのお申し込み
budoukan-taikai@nipponkaigi.org    
上記メールアドレスまで、「1万人大会参加申し込み」と明記し、氏名・住所・年齢・職業・電話番号・メールアドレスを必ずご記入し送信下さい。折り返しメールにて入場整理券を返信しまうので、それを印字して大会受付にお渡し下さい。
電子メールでの申し込み締切日は、3月3日です。

◆詳細についてはこちらをご覧下さい!
日本会議HP

以下、この大会のパンフレット等より、各界識者の声を紹介します。
◆「種」をお守りせよ
渡部昇一氏(上智大学名誉教授)

有識者会議の提案にしたがうと半世紀ほど後にはどうなるか。愛子天皇は女帝ですから歴史の先例に従えば一生独身で、そこで皇室は終わりです。

もし結婚なされようとしてもそのお相手に一体誰が手を挙げるでしょうか。日韓併合のとき韓国の両班(※〔朝鮮語〕高麗・李氏朝鮮時代の官僚組織、また特権身分階級。ヤンパン。りょうはん)という貴族階級が日本の華族に列せられましたが、ひょっとしたらその末裔が手を挙げるかもしれません。そうなると韓国による無血占領です。愛子様が天皇になられるという事態は、未婚により皇統が絶えるか、配偶者に、弓削の道鏡のごとき不貞の輩が出てこないことも限らない、という問題です。

露骨な表現で大変無礼なことと重々承知していますが、この問題を卑近な譬えで言うと、「種」と「畑」という言葉で説明できると思います。

天孫降臨の御神勅(ごしんちょく)からも解るように、わが国は昔からコメ中心の国であると考えられてきました。皇統というものを農業のイメージで捉えていたといっていい。

イネやヒエ、ムギなどの「種」は、どの「畑(田んぼ)」に植えても、その植物が育ちます。イネの種(籾[もみ])を植えればイネとなり、ヒエの種を植えればヒエとなり、ムギだったらムギになる。
そこに命の連続性の観念が生じます。一方、「畑」にはイネを植えればイネですが、セイタカワダチソウを植えればセイタカアワダチソウになり、連続性の観念は崩れる。

男系というのは、「種」を重んずる思想、つまり連続性を重んずる思想であり、女系というのは「畑」を重んじる思想、つまり「種」の連続性ではなく「畑」の相続を重んずる思想なんです。農耕民族である日本人は、畑を重視するのではなく、種こそかけがえのないものとして尊重してきました。ですから皇統断絶の危機があったときには、遠い血筋であっても求めたのです。その顕著な例は、武烈天皇(二十五代)から継体天皇(二十六代)への皇位継承でしょう。武烈天皇から見れば、継体天皇は高祖父の玄孫で、十親等も離れた遠戚です。

逆に「畑」にはこだわらない。例えば平安京をお造りになられた桓武天皇には多くの妃がいましたが、その妃たちは日本各地のみならず百済あたりからも奉られています。そこに植えるのが、神武天皇以来の種であればこそです。

このような皇室の伝統(システム)が二千六百年以上続いたのです。もしこれが途中で途切れたら、日本人から皇室尊重の観念が消えていたでしょう。

◆重い使命に基づく万世一系
中西輝政氏(京都大学教授)

日本の皇室の「万世一系」という独特の表現は、文字通り掛け値なしに
それが実践されてきたことを示している。なぜそこまで厳密にこだわったのか。それは、その万世一系の系譜が神武天皇、ひいては天孫降臨のニニギノミコト、天照大神というように神話の神々につながるからです。つまり万世一系の系譜のご自覚が即、神のご子孫、シナ和知神の末裔であられるとのご自覚につながっているのです。万世一系とはそのような思い使命感に支えられていたのです。

◆安易な女系天皇は間違い
工藤美代子氏(ノンフィクション作家)

私はいま、貞明皇后(※大正天皇の皇后)の伝記を書いているのですが、その中で非常に納得したのは、天皇は天皇のお役目をきちんと果たされ、皇后は皇后で、やはりそのお役目を見事に果たされていたという、皇室の歴史でした。これこそが、真の意味での「男女同権」ではないでしょうか。いくら「男女同権」がいいとはいえ、安易な視点から女性・女系天皇に結び付けて考えることは間違いだと、まずは知ってほしいです。

◆これは成文憲法以前の問題だ
三好達氏(日本会議会長・元最高裁判官)

男系による万世一系の皇位継承の在り方を変えることは、一片の法律のみをもってなし得るものであろうか。有史以来の継承の在り方を変えることは、我が国の国柄の連続性を断ち切ることにほかならないからである。その意味では、これは成文憲法以前の問題といってもよいのではないか。ひとたび男系を断ち切れば、これまでの継承の在り方は、永久に断ち切られてしまうのである。傍観者であってはならぬ。思慮深く健全な世論を形成しよう。


◆拙ブログの関連記事
◎歴史の正統性(レジティマシー)とは
◎首相、改革総仕上げ決意 施政方針演説

※びーちぇさんのブログにて、2月19日のサンデープロジェクト(テレ朝)での所功氏(京都産業大学教授)の、『日本は古代は母系社会であったので女系天皇になることは何の問題もない』という発言に対しての反論を書かれています。すごく良い記事でしたので、ご覧下さればと思います。
http://plaza.rakuten.co.jp/beace/diary/200602220000/

※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>かついちさん
>平城京を造った桓武天皇、とありますが、正しくは平安京

ご指摘の通りでした。ありがとうございます。
2006/02/25(土) 18:05 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
愛子内親王殿下が
成人され、その時までに皇位継承順位第2位にご自分がおなりになっていると自覚されれば、愛子内親王はおそらくそのご自覚のもと、一生独身を通されるでしょう。総理も政府も、また女系容認派も、愛子内親王が民間から婿をおとりになることを前提にしか考えていない。もし、愛子内親王が結婚しない、と宣言されたとき、後の総理や政府はどう対処するつもりなのでしょうか。無理矢理にでも結婚させるおつもりなのでしょうか。その場その場でまた同じように皇室典範をコロコロ変える為の無意識者会議を開いて、とってつけたような報告書を上げるつもりなのでしょうか。まったくばかげています。あとあと苦悶することのないように慎重に議論すべき問題であるはずなのに、これでは一般の法案よりも軽んじられているような気がしてしかたありません。
2006/02/25(土) 17:50 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
文中の
平城京を造った桓武天皇、とありますが、正しくは平安京、ではないでしょうか。気がついたので訂正しておきます。
さて、私も一万人集会には残念ながら仕事のため参加できません。参加したかったのですが・・・。
ろろさんのおっしゃるとおり、「社民党や共産党が諸手を挙げて賛成する法案というのはおかしい」はまさに当を得ています。普段から天皇制反対、天皇制廃止などと叫んでいる野党が、この時は賛成なんて「裏で何か企んでますよ」と言っているようなものです。もう見え見えですよ、社民・共産党さん。
2006/02/25(土) 17:43 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
>ろろさん
そうでしょう。(笑)
この言葉を聞いた時私もろろさんと同じように感じたので太字にしてみました。

>takeさん
初めまして、クリックして下さってありがとうございます。宜しければまたいらして下さいね。

>ハハサウルスさん
>良識派の先生方が頑張って下さるのは本当に心強いですね。
そうですよね。この集会が、息の根を止めるものになるのを期待しています。

>百式さん
こういう大規模な集会が行われるのはすごく良いことなんですが、平日開催というのが残念ですよね。平日だと、百式さんのようにお仕事で行けない人が多いですものね。
おそらく武道館が空いてなかったからだと思うのですが、出来たらお休みの日にして欲しかったです。
2006/02/24(金) 22:34 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
残念です。
 3月7日は仕事のために行けません。
 この大会が更なる起爆剤になると良いですね。
2006/02/24(金) 16:49 | URL | 百式 #-[ 編集]
息の根
こんにちは、TB有難うございました。

「息の根を止める」というのに大賛成です。なにしろ敵は何十年と虎視眈々と狙っていたわけですから、そのしつこさは尋常ではなく、もはや「怨念」に近いのではと思われます。「人権擁護法案」ともどもきっちり片をつけなくてはならない問題です。良識派の先生方が頑張って下さるのは本当に心強いですね。
2006/02/24(金) 14:46 | URL | ハハサウルス #-[ 編集]
初めまして! ブログランキングから遊びに来ました
 
素敵な良いブログですね^^ クリポチしてきます♪
2006/02/24(金) 04:22 | URL | take #-[ 編集]
>「共産党や社民党が諸手を挙げて
>賛成する法案というのはおかしい」

有力かつ強力な傍証ですね。(笑)
2006/02/24(金) 02:15 | URL | ろろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/129-c529c848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 3月7日、「皇室の伝統を守る1万人大会」に1万3百人余が集まった。日本武道館は、全国各地から参集した人々で埋め尽くされた。  開会宣言に続き、壇上に映し出される国旗「日の丸」に注目しつつ、国歌「君が代」の斉唱が行われた。  以下、内容をご紹介したい。これ
2006/03/10(金) 13:38:28 | ほそかわ・かずひこの BLOG
本日の朝日に、週刊誌の皇室報道「目に余る」 宮内庁長官↓http://www.asahi.com/national/update/0223/TKY200602230308.htmlとの記事が掲載された。-以下、引用- 宮内庁の羽毛田信吾長官は23
2006/02/24(金) 10:33:07 | 釣りキチおやじの言いたい放題
皇室の今後を憂える同志が集まる集会・オフ会を行う計画がある。真に皇室の今後を憂える方は、万障お繰り合わせの上、ご参加いただきたい。
2006/02/24(金) 01:40:59 | 帝國愁報