『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
第21回「正論大賞」贈呈式 藤岡氏「国民と喜びともに」

藤岡信勝氏

正論大賞のブロンズ像を村上フジテレビ社長から授与される藤岡氏(左)=東京・紀尾井町の赤坂プリンスホテル

自由と民主主義を守る言論人にフジサンケイグループが贈る第二十一回正論大賞の贈呈式が十五日、東京・紀尾井町の赤坂プリンスホテルで開かれ、新しい歴史教科書をつくる会副会長で自由主義史観研究会代表の藤岡信勝拓殖大教授(62)にブロンズ彫刻「飛翔」(御正(みしょう)進氏制作)と副賞百万円が村上光一フジテレビ社長から手渡された。

藤岡氏は「この会場に来ていただいたたくさんの方々の努力で『新しい歴史教科書』が学校で使われることになった。良識ある国民とともに喜びたい」とあいさつした。

藤岡氏は昭和十八年、北海道生まれ。専門は教育学(教材開発論など)で、東大教授などを経て現職。湾岸戦争を機に社会主義勢力から離れ、歴史のさまざまな側面に光を当てる「自由主義史観」の立場から、平成七年に教員や市民による自由主義史観研究会を設立。八年から九年にかけて産経新聞に連載された「教科書が教えない歴史」は、文庫本なども含めて百四十九万冊のミリオンセラーになっている。

連載中の八年六月、翌年春から使用される中学歴史教科書全社に「従軍慰安婦の強制連行」が登場するなど史実に反した内容が判明し、新しい歴史教科書をつくる会が発足。藤岡氏らが執筆した教科書の参入によって各社の記述が是正された。

産経新聞社の住田良能社長は「ちょうど十年前に始まった小さなコラムが原動力となって『新しい歴史教科書』につながった」と授賞理由を述べた。

【2006/02/16 東京朝刊から】


「正論大賞」 藤岡氏、理論と行動称賛の声 「先生の役割、認められた」

「藤岡さんがいなかったら教科書正常化運動はなかった」-。東京・紀尾井町の赤坂プリンスホテルで十五日開かれた第二十一回正論大賞贈呈式には、受賞者の藤岡信勝拓殖大教授と親交がある約四百人が集まり、理論と行動の両面で「自虐史観」と対決する姿勢に称賛の声が相次いだ。中山成彬前文部科学相は、藤岡氏らが執筆した扶桑社の中学歴史教科書を支持した。

左翼思想が根強い教育学界に身を置いていた藤岡氏が「一国平和主義」を脱したきっかけは、一九九一(平成三)年開戦の湾岸戦争とそれに続く米国滞在経験だった。

ほぼ同じ時期に路線転換し、平成七年に発足した自由主義史観研究会の副代表として藤岡氏を支えてきた斎藤武夫さいたま市立芝原小教諭は「この十年間、世の中が動いたことへの藤岡先生の役割が認められた」と祝辞を述べた。

■□■
九年に新しい歴史教科書をつくる会が発足。初代会長の西尾幹二氏(第十回正論大賞)は「論理的な文章と果敢な行動力を併せ持つ藤岡信勝という人間に感心し、感銘を受けた」などと当時の思い出を語った。

つくる会からは八木秀次会長(第二回正論新風賞)、田久保忠衛理事(第十二回正論大賞)らがお祝いに駆け付けた。

前回受賞者の森本敏拓殖大教授は「藤岡先生の活躍と産経新聞の報道の組み合わせで教科書記述が改善された」と述べた。

■□■
藤岡氏の問題提起は政界にも影響を与え、つくる会発足の直後、「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」(現・日本の前途と歴史教育を考える議員の会)が結成された。


会場には自民、民主の国会議員や地方議員が詰め掛けた。中川昭一農水相は「子供たちに輝く日本人になってほしい。そのために藤岡先生から『中川、これをやれ』と命じられれば、私は命をかけてやる」と表明した。

中山前文科相が「私は大臣在任中、『扶桑社の教科書はバランスがとれている』と発言したら批判されたが、この教科書をもっともっと子供たちに読んでもらいたい。採択に当たる教育委員は勇気を持ってほしい」と藤岡氏を支持すると、会場は大きな拍手に包まれた。

【2006/02/16 東京朝刊から】


記事中の中川氏、中山氏の発言は頼もしい限りです。

現在学校で使われている日本史の教科書の内容は、端的に言えば「私たちのご先祖の悪口を、時には事実を捻じ曲げてまで書いている」という酷いものです。
その教科書の内容を是正すべく尽力されてきた藤岡氏の受賞は、つくる会末端会員の私としては嬉しい限りです。

日本はGHQ(連合国最高司令官総司令部)の統治下に置かれ、主権を奪われている間に、それまでの日本の歴史を消されてしまい、それに替えてアメリカからみた歴史観、つまりアメリカに逆らった日本は悪の枢軸国であり、戦前の歴史は恥ずべきものだという自虐史観を植えつけられてしまいました。
それが最もよく表されているのが、「太平洋戦争」という言葉です。日本では、先の戦争のことを「大東亜戦争」と呼んでいました。しかし、GHQはこの「大東亜戦争」という言葉の使用を禁止し、「太平洋戦争」という呼称に替えてしまったのです。これは、ただ呼称が替わったというだけでなく、その中にはアメリカ側からみた歴史観の強要という意味も込められているのです。ですから、拙ブログでは、「太平洋戦争」という呼称は極力使わないようにしています。
この自虐史観を、独立を果たした今尚後生大事に持ち続け、それが教科書の内容にも反映されているのです。

歴史問題といえば、今も中韓との間で摩擦の原因になっています。しかし、彼等の主張は、彼らに都合よく歴史を改ざんし、不当な言いがかりをしているに過ぎません。にも拘らず、自虐史観に囚われている政治家、マスコミが中韓の主張を受け入れ、国益を損ねる反日行為を臆面もなくやっています。本当に嘆かわしい限りです。

さらに最近、麻生外相の発言が非難されていますが、私は麻生外相の主張は至極真っ当な発言であり、これを非難する方がどうかしていると思っています。このように真っ当な発言をした方が非難されるような状況は、極めて異常な状況だと思います。

この状況を打破するには、今こそこの自虐史観を払拭し、GHQによって消されてしまった日本の歴史を取り戻さねばなりません。
そして、戦後、経済の復興は果たせたものの、未だ果たせていない、日本人の心の復興を果たし、凛とした日本国にしなければならないと思います。

※拙ブログの記事に賛同して頂ける方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>かついちさん
教育問題に関しては、どうやら今国会で教育基本法改正が論議されるようなので、良い方向へ進んでくれるのではないかと思っています。
それから、雅子妃殿下に関する記事を早速に書き込んで下さってありがとうございました。
2006/02/20(月) 03:45 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
文藝春秋3月特別号
今日購入してきました。やはり一番目についたのは「雅子妃 その悲痛なる決意」という記事です。
その他の週刊誌とは正反対に、雅子妃殿下が必死に病気平癒の為に頑張っていらっしゃる様子が事細かに書かれていました。相変わらず真偽の程は私自身分かりません。しかし、この記事を読む限り決して雅子妃殿下は公務をさぼっているわけでもなく、逆に「公務を休まれているのに私的行為をされることに抵抗を示され」ながらも医師の指示に従って今は「やむを得ず私的行動を優先」されているわけです。病気のことがあまり広く認識されているわけではありませんので(私もよく知りませんでした)、誤解されてしまうのかなと思いますが、マスコミも週刊誌ももう少し病気への理解は必要ではないかと思います。同時に国民も、雅子妃殿下への病気を理解して、心から病気平癒を願い、温かく見守っていかなければいけないのではないでしょうか。
本の紹介かねて意見申し上げてしまい申し訳ございません。何とかして皆さんに伝えたくて書きました。
乱文乱筆失礼しました。
2006/02/19(日) 16:45 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
教育問題について
私はまったく畑違いの仕事をしていますが、教育問題については非常に深い憂慮をもって見ています。今のこの危機的状況は、問題を先延ばしにしたり、なあなあに問題をうやむやにするわけにはいかない問題だと思います。しかし、今の政治家のほとんどはその問題に無関心なのか、無責任なのか、「自分さえ潤えばいい」と考えている人が多いと感じます。まさに今の日本の社会全体を覆っている「個人主義」の表れだと思います。
少しでもこの風潮が違うと言えば周りから攻撃されたり、白い目で見られるような左翼的思想弾圧はもはや時代遅れで時代錯誤であり、今はどんどん間違っていることは間違っていると、教育現場でもどんどん発言していくべきです。私はまったく教育現場のことについては無知ですが、さまざまなところから聞こえてくるものはみな見苦しく、凄惨なものばかりです。違うものは違うとはっきり堂々と言える社会にしなければいけないと思います。
2006/02/18(土) 23:11 | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
>milestaさんへ
リンクを貼って下さり、ありがとうございました。
中川大臣は、milestaさんの言われるように、マスコミは取り上げらませんが、次期総理候補の一人となってもおかしくないですよね。
次期総理には、この中川大臣や、安倍官房長官など、真っ当な歴史認識を持たれた方になって頂きたいですね。
2006/02/17(金) 21:43 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
藤岡先生の教育に関する鼎談を下記に紹介していますので、ご興味のある方はご覧ください。とてもわかりやすいです。
『戦後教育の問題点/「正論」新春鼎談 藤岡信勝氏、石井竜生・井原まなみ夫妻』
http://kyoukasyo.net/modules/news/article.php?storyid=374

中川昭一大臣は早くから教育問題に力を入れてこられていますよね。次期総理候補の一人となってもおかしくない方だとと思うのですが、マスコミではあまり取り上げられませんね。
2006/02/17(金) 06:39 | URL | milesta #4On3Ze.o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/124-94d97912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
昭和40年代から50年代にかけて自民党本部にいた知人は、「政治家や官僚を裏からをも多年にわたってつぶさに見た者として、様々な面で思い当るふしがあり、この要綱をもってはじめ
2006/02/19(日) 17:49:42 | 釣りキチおやじの言いたい放題
麻生外務大臣は、言いたいことを言ってしまう人のようだが、たまには、こうした大臣がいてもよいだろう。会見録を見てみれば判ることだが、とりわけマスコミに対しての辛らつさが特徴的だ。マスコミを警戒、というより、ほとんど信用していない。マスコミの持つ、対外的な通
2006/02/17(金) 11:53:15 | 憂国メモランダム