『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
今回は、フレデリック・スタール博士(1858~1933)というアメリカの人類学者の言葉を紹介します。

スタール博士は日本人以上に日本の伝統を愛し、自ら「寿多有(スタール)」と名乗り、日米の架け橋となった方です。
明治37年(1904年)に来日し、日本人の民族性に魅せられ、来日回数は前後15回に及びました。
特に富士山の崇高さ、雄大さに魅せられ、富士山の大崇敬者になり、また富士山の影響と日本民族のことを深く研究し、日本そのものの魅力にとりつかれ、自身も日本人のようになりたいと思いました。博士は日本に滞在中は常に紋付袴を着用し、その日常生活は日本人と同じ生活様式に倣ったのでした。

大正13年(1924年)に「排日移民法」が米国議会上程された時には、「日本人だけを差別する移民法は、人道を無視するもの。しかも関東大震災後、日本が困っている時にこのような法律を制定することは、米国の建国精神に反する」として反対されています

博士は生前、「死んだら富士山麓に埋めるように」という遺言をされており、その遺言通り、静岡県須走(すばしり)の富士山がよく見える場所に埋葬され、その上に墓碑が建てられました。
碑文は富徳蘇峰によって書かれ、昭和9年(1934年)の除幕式には富徳蘇峰を始め、斉藤実元首相も出席され、地元の有志の方も300人以上出席して盛大に行われました。

スタール博士の真面目は、昭和5年(1930年)10月19日、米国へ一時帰国する前夜、東京中央放送局から「去るに臨みて・親愛なる日本国民諸君へ」と題して行った講演の中に現れています。
以下、その中の一部を引用しますが、長くなるので、今回は前半部のみ引用し、後半部は次回に続けます。
◆はじめに

親愛なる日本国民諸君、今や日本を去るに臨んで私は諸君に別離の辞を呈し度いと思う。
(中略)
一九〇四年私は横浜に上陸して、その日の午後東京に到着するや日露開戦の号外発行を見たのである。当時私の用務は北海道にあったので、沿道における日本軍隊及び日本国民の真剣なるを見て大いに感動した。
(中略)

◆自国の美風を守れ

ここに私をして二つの問題を講究せしめよ。まず第一に、日本は西洋との接触によって日本固有の多くの美点を犠牲に供したことを痛感せずには居られぬ。日本の文化は古き歴史を有し、賞讃すべき幾多の美点を有している。

今を去る一千二百年前、奈良朝の文化燦然(さんぜん)たる時代に於て、ヨーロッパの何れの国がその優美と典雅の点に於て、日本に匹敵する文明を持ってゐたか。日本は外国から借りてきた文化を直ちに消化して明確に日本化したのである。日本の文化はこのやうにして数世紀の間維持せられて来たが、近年西洋との接触に伴ひ、日本文化は根底から動揺を来し破壊せらるるに至った。外国との接触によってある程度の変化を来すことは当然である。然しながら日本の近来の外国文化を輸入はいかにも盲目的であることは、日本のために遺憾千万である。

日本人は遥かに欧米の文化よりも優れたる日本文化を棄て、三文の価値のないものを輸入して喜んでいるのは意外である。日本は幾多の保存すべき美点を有しているにも拘わらず、これらを破棄してしまったことは嘆かわしい。(中略)

日本のある評論家は日本は採用し、修正し、熟達すると称している故に、日本のモットーは、adopt(採用し)、adapt(修正し)、adept(熟達する)であると称している。それは巧妙なる言辞であって、ある程度の真理があるかも知れぬ。しかし私が不満に感ぜずにいられないことは、日本は自国の文化の長所を容易に破棄し、更に外国の文化を取捨選択することを忘れて、猥(みだ)りに玉石混淆外国の風俗習慣を輸入するということである。

更に現今の急激な変化に際して、最も心配の要素は、日本はインスピレーションの源を只一国よりのみ取るといふことである。日本は西洋化しつつあると称している。然り、併しながら、日本の西洋化は米国化に偏しておって、欧米各国の長所を採用そいぇ円満に発達したものに非ずして、むしろ米国化である。例えば、日本人の服装にせよ、思想にせよ、社会組織にせよ、政治にせよ、スポーツにせよ、全て米国から余りにも感化を受け過ぎている。

明治維新後、日本は急激に西洋化した。しかしその当時は、畏(かしこ)くも明治大帝の五箇条の御誓文の要旨に従ひ、広く知識を世界に求めんとして世界各国から優秀の教育家及び師範を招聘(しょうへい)した。英国よりは英国の美点を学び、フランスよりはフランスの長所を学び、米国よりは米国の特長を学んだ。この政策は今日に於ても、応用せらるべきものではないか。(中略)

日本の青年男子は日露戦争当時の如き剛毅勇武の風を失ひ、柔弱に流れてゐる。更に特に目立つことは日本婦人が彼等の賞讃すべき美徳を棄てて、西洋婦人の悪風に染みつつあることである。日本婦人はそのもてる典雅にして謙譲の美風を忘れて、その態度が粗暴に流れ、粗野な洋服をして最も下等の米国婦人の如き態度をして、得々然として大道を横行闊歩しつつあるを見て痛嘆の至りたへない。真に日本を愛する者は、心を痛められずしてこの不自然な光景を観ることはできない。

何となれば今日の日本文明は、勇敢なる日本男子の愛国的精神に因れると共に、また謙譲にして献身犠牲の精神に富める日本女性の努力に基因せるものであるからである。

(以下、次回に続きます)


この講演は70年以上前に行われたものですが、スタール博士のご指摘は、現在の私たちにもあてはまるのではないでしょうか。むしろ、現在の世相をみていると、より深刻な状況になっているように感じます。

高橋史朗氏(明星大学教授 埼玉県教育委員)は、日本人が大事にしてきた伝統文化というのは、端的に言うと、『生き方』であると言われてました。

スタール博士は、日本文化の話を通じ、高橋氏の言われた『生き方』を示して下さっているように思います。私たちは、今こそ長い長い歴史の中で培ってきた日本の伝統文化に学び、真っ当な『生き方』をすべく心がけていきましょう!
皆がそう心がけて暮らしていけば、日本の未来は明るいと思います。

※拙ブログの記事に賛同して頂ける方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>limさん
初めまして、情報ありがとうございます。
2006/01/23(月) 23:04 | URL | spiral(管理人) #-[ 編集]
 
日本国内に潜む売国奴などの情報が詳しく書かれているサイトを見つけました。
保守系の皆様、一度読んでみてください。
 

 
http://www.tamanegiya.com/ura.html
 
2006/01/23(月) 18:27 | URL | lim #-[ 編集]
>いざりうおさん
了解しました!
私も出来るだけの事をしてみます。

>milestaさん
私もこの文章を読んだ時、自分を省みて恥ずかしい思いがしました。
と同時に、私たちの父祖が如何に崇高な精神を持っていたのか、改めて知りました。
今、日本は混迷の時代を迎え、殺伐とした世の中になっていています。このような時だからこそ、過去を振り返り、伝統文化に学ぶべきだと思っています。
未来を生きるヒントは、過去の伝統文化にあります。このことに、多くの日本人が気付いて欲しいです。
2006/01/23(月) 02:38 | URL | spiral #-[ 編集]
ご質問の件について
はじめまして、FC2ブログのテンプレート工房のいたおです。
ご質問有難うございました。

タイトルが縦長に変形されるということでしたが私のほうで
再現させることができませんでした。

申し訳ありませんがどのテンプレートでその問題が
発生したのか教えて頂けませんでしょうか。

また現在リリース中のテンプレートでもその現象が
起こるのかも知りたいです。今一度ダウンロードして
試して頂けないでしょうか。

度重なる不具合を起こしてしまい申し訳ありません。
宜しくお願い致します。
2006/01/22(日) 23:59 | URL | いたお #4mk1i2Qo[ 編集]
私も気をつけます・・・。
「日本婦人」の一人として、読んでいて恥ずかしくなりました。昔の映画や子供の頃に読んだ本に出てくる「日本婦人」に比べるとなんと自分は粗野なことでしょう。
それを外国の方から気づかされるというのは、なお恥ずかしいことです。

この辺で日本文化の放棄は止めなければなりませんね。まずは言葉遣いに気をつけることから始めようと思います。
2006/01/22(日) 23:13 | URL | milesta #4On3Ze.o[ 編集]
何としても、皇室典範改正阻止を
「何としても、皇室典範改正阻止を」と
「神社本庁」に対し
「本件に関する問題は政治案件ではありません。したがって、宗教が政治に口出しをすることには該当しませんので、貴庁にお働き願いたく、組織されている全国約80,000社の神社に対し、「署名運動」を指示されるよう提案」する旨のメールを発信し、
「立ち上がれ!日本」ネットワーク及び
日本会議に対し、
「神社本庁」へ是非とも働きかけていただき、反対運動を盛り上げていただきたいとのメールを発信しました。
出来ますならば、皆さん方からも同様の働きかけをお願い致したく存じます。
2006/01/22(日) 13:13 | URL | いざりうお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hepoko.blog23.fc2.com/tb.php/105-6623c102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
米流時評さんのところでニュルンベルグ裁判のことをが出たので調べてみた。 日本のように「平和に対する罪」つーのは適用無いんだね♪ ありゃ”白人には適用してはいけない罪状”だったのですかw 今日も、、、こんなことを、、OTL、、、仕事まわせよw (へそ曲げさせた?...
2009/05/21(木) 21:27:21 | !うにまろ!日記
古代の、建国からの祈りは「アメ(とツチ)ヲ マツル」と表現されました。アメはアメミオヤ」という言葉でも表し、唯一神(大自然の法)を指しています。ツチはこの現世のことで、すべての自然現象もこれに入ります。つまり、祈りとは「マツル」ことであったのです。もち..
2006/01/27(金) 17:06:39 | びーちぇの別館