『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
TOPフリーエリア
☆拙ブログは「日本文化チャンネル桜」を応援しています。 日本文化チャンネル桜動画 日本文化チャンネル桜
☆拉致問題解決へ向け、署名をお願いします。用紙は下記アドレスよりダウンロードできます。http://www.sukuukai.jp/img/syomei200604.pdf

■<幼保一体化>「内閣府に担当部局」…推進で小宮山副厚労相
毎日新聞 1月25日(火)18時41分配信

 小宮山洋子副厚生労働相は25日、BS11の番組収録で、幼保一体化など子育て施策に関し、「内閣府に担当の局か室をつくりたい」と述べ、内閣府と厚労省、文部科学省の子育て関係部局を一つにまとめるべきだとの考えを示した。政府は13年度から新たな子育て支援策「子ども・子育て新システム」をスタート予定で、幼保一体化はその柱となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110125-00000063-mai-pol



民主党政権が進めている幼保一体化政策ですが、これは大変問題のある政策です。↓のサイトにその問題点を分かり易く紹介した動画等がありますので、是非ご覧下さい。

http://www.sns-freejapan.jp/jisseki/kinkyuu/youjihoiku/


拙ブログでは、幼保一体化の理念について取り上げたいと思います。この政策を中心となって推進している小宮山洋子副厚生労働相ですが、馳浩(はせひろし)衆議院議員が小宮山氏と幼保一体化についてやりとりをされた時のことを『Apple Town』二月号に書かれていたので引用します。

■幼保一体化?!

議員会館のお向かいさんに、民主党の小宮山洋子さんがいらっしゃる。

黄色いスーツがシンボルマーク。

キャリアウーマンの先駆者であり、三人の子育てをしながらNHKのアナウンサーを長らく務められた。

もう民主党議員の中でもベテランの部類。

私とはお互いに参議院在籍時代からの旧知の仲。とりわけ一〇年間に及び児童虐待防止法の超党派勉強会メンバーとして論戦を展開した間柄であり、戦友でもある。

「馳さん、ちょっと、お話ししない?」

とお誘いをいただき、

「じゃ、お茶でも飲みながら!」

とお部屋に出向いた。

テーマは幼保一体化。小宮山さんは担当の厚労副大臣だ。

民主党のマニフェストには、

「社会全体で子育てを!幼保一体化!!」

とのスローガンが踊り、その第一人者と自他共に認めるのが小宮山さん。

長いつきあいであり、単刀直入に聞いた。

「財源どうするの?」

「子ども子育て支援勘定をつくって、そこに一つにまとめるのヨ!消費税かなあ・・・」

「なるほど。で、具体的な事業内容はどうするの?所管する役所はどこ?総額でいくらかかるの?そんな恒久的な財源あるの?」

「子育てに関する予算は一つにまとめるのよ!」

「イメージはわかるんだけど、今ある保育所の運営費交付金と、幼稚園の私学助成や就園奨励費って、所管が違うじゃないですか。厚生労働省と文部科学省で。それは設置の根拠法が違うからですよね。児童福祉法上の保育所と、学校教育法上の幼稚園。どうするんですか?法改正は来年の通常国会に間に合うの?」

「将来は子ども家庭省にして、行政組織を一つにすべきなのよ」

「将来っていつですか?」

「それは今議論しているところなの!」

・・・(そんなスケジュール観で大丈夫?)

私だってもう国会に十五年もいるのだからバカじゃない。

小宮山さんのイメージするところの

「子ども家庭省」「子ども関連予算一本化」

だとか、

「社会全体で子育てを!親の働き方に関係なく、全国津々浦々、同じようなサービス提供」

という理念はよくわかる。

しかし、予算を一本化したからといって、行政組織を一元化したからといってそれが本当に子どものためになるのかどうか、はなはだ疑問だ。

「だって政権交代したのよ!自民党政権でできなかったことを今やるのよ!!」

とたたみかけてくる小宮山さん。

なるほど、小宮山さんのモチベーションは政権交代にあったのか、と今さらながらに思い入れの強さに敬服する。


「でもね、参議院はねじれてますよ。具体的な行政所管の姿も、ましてやサービス内容も、何と言いましても財源の総額も確保策も明らかにできなかったら法案は成立しませんよ。絵に画いた餅になっちゃいますよ!」

「だから馳さんに相談してるんじゃないの。馳さんは私たちと同じ考え方でしょ?!いっしょにやろうよ!!」

「ちょちょ、チョット待ってよ。相変わらず強引なんだから。子育てにもっと予算をかけようとか、親の働き方によって子どもの居場所や幼児教育に差があるのはおかしいという部分は同じかもしれません。でもそれは、幼児教育の無償化政策を提唱してますし、平成十九年から認定子ども園制度をスタートしていますし、幼稚園での預かり保育などの子育て支援事業を拡充して子育てが孤育てにならないように多様な選択肢を増やしています。それが自公政権の流れです」

「それじゃあダメダメ、ダメなのよー!0歳から五歳までの六年間、全国どこでも安心して預けることのできる一体化組織が必要なの。幼児教育の内容も今より充実し、認可や指定された施設で質の高い子育てサービスが提供されるようにしなきゃ!」

「子どもは社会全体で育てるのよ!だから子ども手当ても必要なのよ!!」

・・・

決して小宮山さんと私は仲が悪いわけではないし、子ども政策については共鳴する政策も一致点もたくさんある。

しかし

「子どもを育てる一義的責任は親にある」という私の理念は、具体策を詰めていくと「子どもにとってより望ましい選択肢が全国どこにいても提供されること」であり、一律的なサービスが公的に提供される幼保一体化とは違う。ましてや恒久財源のない政策にはもろ手をあげて「ハイそうですね!」とは言えない。

イメージではなく、理念と選択肢と恒久財源の争点で、小宮山さんと論争したい。何度でも言う。子育てはまず、親の責任だ。

(了)


「幼保一体化」政策は、元々自民党政権の政権の時に「幼保一元化」という名目で進められていたものですが、民主党政権になって、自民党時代と同じ名目では嫌だというので、「幼保一体化」に変えられました。

そして、名目だけでなくその理念も大きく変わることとなりました。

馳氏が「子どもを育てる一義的責任は親にある」と言われているように、これが自民党の理念でした。この理念は真っ当なものだと思います。しかし、民主党は小宮山氏の言う「子どもは社会全体で育てる」というのが理念になっています。鳩山前首相も子ども手当て導入の際にこの言葉を繰り返していました。

この民主党政権の言う「子どもを社会全体で育てる」という理念は、一見良いことのように思えますが、その真意は、マルクス主義の「コミューン型共同体の子育て」のことを言っており、家族や夫婦というものを全面否定するイデオロギーに立脚したものです。ですから、拙ブログで何度も取り上げてきた夫婦別姓のような家族を解体する政策も同時に進めているのです。まさに極左政権である証左がここに表れています。

※「コミューン型共同体の子育て」とは
「共同体」「コミューン」「コミュニティー」は、マルクスらが使用する危険な共産主義用語であることが多い。ルソーも契約社会のことを「共同体」と呼んでいる。決して「国家」と言わない。例えば、「コミューン型共同体での子育て」とは、上記で示した通り「すべての児童を、彼らが、母親の最初の世話からはなれうるようになった瞬間から、親元から引き離し、共産主義者の指導する共同体(施設)で洗脳教育すること」を意味する。
【引用元】
http://burke-conservatism.blog.so-net.ne.jp/2010-02-04



「子どもを社会全体で育てる」とか、「新しい公共」、「地域主権」など、良いことのように聞こえる民主党の政策や理念の多くは、左翼的な思想から導き出されたものです。

このまま民主党政権が続けば、自由民主主義の国である日本が、全体主義の国に変えられてしまいます。この恐ろしさに、一人でも多くの方が気付いて下さればと思います。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
今回は2月に岡山で行われるイベント情報を掲載します。ご都合の宜しい方はご参加検討して下さい。

■平成23年(皇紀2671年)2月11日(金)
日本会議岡山 建国記念関連行事ご案内


岡山会場
午前10時30分~午後1時30分
会場 岡山県護国神社
 岡山市中区奥市3-21

午前10時30分~11時 紀元祭 神事 (拝殿)
午前11時~11時30分 紀元祭奉祝 行事 (拝殿)
※会場移動 大鳥居横「研修館」
正午~1時30分 記念講演
演題 「国を思う~誇りある日本を守る~」
講師 平沼赳夫氏(衆議院議員・たちあがれ日本代表


主催 日本会議岡山 問い合わせ先 086-234-7200

倉敷児島会場
午後1時~午後3時30分
会場 児島マリンプール会議室
 倉敷市児島小川町3697-2

午後1時~1時30分 「日本のあけぼの神武天皇」DVD上映
午後2時~3時30分 記念講演
演題 「暴虐の海をゆく」
講師 江崎道朗氏(日本会議専任研究員)


主催 日本会議岡山児島支部 問い合わせ先 090-2862-2070(石川)

津山会場
午後1時30分~午後3時30分
会場 津山圏域雇用労働センター2階 
津山市山下62-1

演題 日本民族の源流 神話に学ぶ「民族の誇り」
講師 伊弉諾(いざなぎ)神宮(淡路島) 本名孝至宮司


主催 日本会議岡山津山支部 問い合わせ先 0868-24-1122(山本)



余談ですが、建国記念の日に政府主催の祝賀式典を行おうという動きもあるようです。

■参院議長「建国記念の日 政府式典を」

西岡武夫参院議長は1日の記者会見で、2月11日の建国記念の日に政府主催の祝賀式典を行うべきだとして、菅直人首相あてに政府の見解をただす書簡を提出したことを明らかにした。提出は1月26日付。1日までに首相側から回答はないという。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/489366/



政府主催の式典は行うべきだと私も思いますが、菅首相は開催しないでしょうね。




■国を壊す民主党・菅政権! 怒りの国民大行動!開催
民主党菅内閣打倒! 救国連合の結成を急げ!!

【講演会 及び 街頭行進】

期日:2月13日(日)
集合場所:石山公園(岡山市民会館向かい)


詳細:
12:30 石山公園(岡山市民会館向かい) 集会開始
13:00 街頭行進隊列・注意事項伝達
13:15 行進開始 桃太郎通り西進
13:45 行進終了 岡山駅前 一旦解散
14:00 街頭演説開始 高島屋前 西川会長、地方議員、参加者
15:00 街頭演説終了 講演会参加の方は「第1セントラルビル5F」へ。
15:30 講演会開始(第1セントラルビル5F会議室)
         講師:久野 潤 (大阪国際大学講師)
         「父祖たちが近現代で迎えた危機-明治編」
※参加費=1000円
17:00 質疑応答
17:30 講演会終了

※主催者並びに一般市民によるビデオ撮影が入ります。
顔が映るのがお困りの方は各自でマスクやサングラスを着用ください。
主催: 頑張れ日本!全国行動委員会・岡山県本部
連絡先: 斉藤 090-4758-0142



※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング
blogram投票ボタン