『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
TOPフリーエリア
☆拙ブログは「日本文化チャンネル桜」を応援しています。 日本文化チャンネル桜動画 日本文化チャンネル桜
☆拉致問題解決へ向け、署名をお願いします。用紙は下記アドレスよりダウンロードできます。http://www.sukuukai.jp/img/syomei200604.pdf

今回は、モラロジー研究所発行の『れいろう』8月号より、井上和彦氏(ジャーナリスト)の書かれた記事を引用します。

■世界で活躍する自衛隊


井上和彦氏
※井上和彦(いのうえかずひこ)
ジャーナリスト。1963(昭和38)年 滋賀県生まれ。法政大学卒業。自衛隊・国際政治・軍事・戦史などを主なテーマとして、『SAPIO』(小学館)、『諸君』(文藝春秋社)、月刊『正論』(産経新聞社)などを中心に執筆活動を行なう他、自衛隊各基地・駐屯地をはじめ全国各地で講演活動を行なう。平成20年4月より東北大学大学院非常勤講師。
著書に『そのとき自衛隊は戦えるか』(扶桑社)、『親日アジア街道をゆく』(扶桑社)、『国防の真実-こんなに強い自衛隊』(双葉社)がある。



自衛隊の海外派遣は軍国主義化につながる」「アジア諸国の反発がある」「自衛隊は派遣国の人々から歓迎されてtない」・・・・・。

私たちはこれまでマスコミのこうした悪意に満ちたニュース報道に惑わされてきました。

そもそも自衛隊が海外へ出かけていって困っている人々のために活動することは、責任ある国際社会の一員として当然のことではないでしょうか。

■歓迎される自衛隊

最初の自衛隊の海外派遣は、湾岸戦争後のペルシャ湾への掃海部隊派遣(平成三年)でした。このときは、国際社会の求めに応じてイラク軍が海にばらまいた機雷(水中に仕掛けて船を沈めるための爆弾)を取り除くためでした。機雷があると、原油を積んだタンカーや商船が安全に航行できなくなるからです。もちろん日本が輸入する原油のほとんどがペルシャ湾からタンカーで運ばれてきており、私たちの平和で豊かな暮らしのためにも、その脅威となる機雷除去はどうしても必要だったのです。

ところが、日本国内ではこの自衛隊派遣に反対する意見が出てきたのです。なんとその理由は、自衛隊の海外派遣が「近隣諸国への脅威となる」といった幼稚なウソでした。実際は、ペルシャ湾に向かう日本の掃海部隊は各寄港地で各国から大歓迎を受けたのです。

当時の派遣部隊の最高司令官であった落合(おちあいたおさ)氏(当時、一等海佐)はこう話しています。

「とにかくアジア各国は我々掃海部隊を大歓迎で迎えてくれましたよ。最初の寄港地フィリピンでもそうでしたし、またシンガポールでは軍の最高司令官から『東洋・アジアを代表してどうか頑張ってきてください。よろしくお願いします。そのための支援ならなんでもしますので遠慮なく言って下さい』とまで言われたのです。またマレーシアのペナンでも、スリランカでも、そしてパキスタンでも同様の大歓迎を受けました」

そしてなにより、この掃海部隊を歓迎して出迎えてくれたのはアラブ諸国であり、またこの地域で働く日本人でした。バーレーンでは在留日本人会か歓迎パーティーを開いて、日本人会の代表から「アラブの国で働く日本人にとって、皆さんは大きな誇りである」という感謝の言葉が贈られたのです。そして海上自衛隊がやって来るまで肩身の狭い思いをさせられた日本人の子供たちも、海上自衛隊がやって来てくれたおかげで、他国の子供たちからいじめられることはなくなったのです。
スポンサーサイト
今回は、「日本文化チャンネル桜」のメルマガを引用します。

〓【 「日本文化チャンネル桜二千人委員会」創設と委員就任へのお願い 】〓

皆様へ

日本文化チャンネル桜は、創立五年目を迎えましたが、ここに至りまして、運営資金が致命的な不足に陥り、平成二十年九月以降の放送を続けることが困難になりました。この五年間は、代表取締役社長である水島が、私費約七億円(衛星放送フィリピンチャンネル株売却や個人預貯金等)を投じ、チャンネル桜の運営資金に当てて来ました。
しかし、それも全て尽き果て、公共電波による放送続行が不可能になりました。
残念ながら、これまでの視聴者や個人スポンサーの皆様による支援だけでは、チャンネル桜の放送を続けていけないのが、厳しい現実であります。

いかなる外国や外国勢力、いかなる企業、政治、宗教団体からも自由と独立不羈の志を守って来た日本で唯一の公共放送局「チャンネル桜」が、今、消滅する危機を迎えております。

代表の水島は、自身が無一文になったことは後悔しておりませんが、日本で唯一の草莽テレビ局の消滅は、国家的危機を迎えたこの時代にあって、日本と日本人にとり、計り知れないマイナスになるだろうと深刻に憂慮しております。
是非、これからは全国草莽の皆さんによって、この細々ではありますが、切り開かれた道を後に続いていただき、何とか、日本国民の、日本国民自身による、日本国民のための公共放送の最後の砦を守り抜いていただきたいと、心より願っております。

チャンネル桜は、我が国の伝統文化の復興と保持を目指し、戦後日本を見直そうとする日本で最初の、そして唯一の草莽メディアとして創立されました。
繰り返しになりますが、私達のチャンネルは、国家権力やいかなる外国や外国勢力・政治団体・宗教団体・大企業等からも、自由と、独立を守ってきた草莽チャンネルでありました。
私達はそれを誇りに思います。

日本文化チャンネル桜の社是は、
「草莽崛起」(吉田松陰)と「敬天愛人」(西郷南洲)であります。
その旗印を高く掲げ、これからも私達の「志」実現へ、全身全霊で邁進する所存であります。
その実現に向けて、現実的な道として、「チャンネル桜二千人委員会」創設があります。
今、世界の大転換期にあって、私たちは、この草莽崛起、独立不羈の「志」を実践、推進し、日本人としての「正論」を皆様に発信し続けるため、また、新たな、そして大きな出発を実現するために、「チャンネル桜二千人委員会」創設を提案させていただくことを決意しました。

この委員会は、二千人(以上)の委員の皆様が月に一口一万円以上のチャンネル桜を支える資金を提供していただき(形式的には贈与とか寄付にならぬよう広告スポンサー料となります)、NHKが国民の視聴料で運営されているように、二千人以上の日本人委員によって、あるいはそれ以上の数の草莽日本国民によって、自由で独立不羈のテレビ局を運営しようというものです。

いわば、小さいながら新たな「新NHK(新日本放送協会)」を日本国民の手で創設しようというものです。
これはまた、本来の公共放送局の在り方を国民の手で実現しようとする草莽日本国民運動でもあります。

現実の問題として、例えば、衛星放送「ハッピー241チャンネル」放送開始当初のように、毎日約三時間から四時間の放送番組の製作と放送を続けるためには、毎月約二千万円が必要となります。
つまり、一時間あたりの番組製作と放送のために、約十六万円が必要だということになります。
この内訳には、全ての経費(衛星放送時間枠使用料・番組製作の出演者ギャラ・撮影費・ロケ取材費・美術費、スタジオ使用費、スタッフ人件費、光熱費、連絡費、事務所経費等)が含まれています。
また、この金額には、インターネット動画放送So-TVのサーバーと回線使用料と技術者人件費も含まれています。
地上波の深夜の三十分番組でも、製作費が数百万の予算であることを考えていただくと、いかに私たちが無駄のない超低予算で番組制作をしてきたかご理解いただけると思います。

もし、二千人委員会が目指す二千人を超え、四千人委員会になったなら、二十四時間の放送を新たに再開出来るようになります。

月額一万円という金額は、草莽の日本人にとっては大変大きなお金です。しかし、一億二千万人の日本人の中には、必ずやこの草莽チャンネルを自ら支えようとしてくれる二千人以上の「草莽」がいることを私たちは信じています。

世界最古の国の国民として、長い歴史と文化を築き受け継いできた祖先のため、そして、これから生まれてくる私たちの子孫のため、日本国民の日本国民による日本国民のための草莽テレビ局を皆様の志と力により、守り育てていただきたく「日本文化チャンネル桜二千人委員会」創設の告知とお願いをさせていただきました。

 命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕抹に困るもの也。
 此の仕抹に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり。
                       西郷南洲翁遺訓より

私達は、「仕抹に困る」メディアであり続けます。
私達は、日本を最も愛するメディアであり続けます。
私達は、日本と日本人を信じます。
私達は、日本と日本人の未来を信じます。

私達は、日本唯一の草莽メディア「日本文化チャンネル桜」です。

全国草莽の皆様におかれましては、何卒、委員の一人になっていただきたく、心よりお願い申し上げます。また、皆様におかれましては、全国各地で二千人委員会の拡大と各地区支部創設のためのご支援、ご協力に立ち上がって(草莽崛起)いただきたく、お願い申し上げます。

 平成二十年九月十一日

 株式会社日本文化チャンネル桜 代表取締役社長 水島 総
 「日本文化チャンネル桜二千人委員会」準備委員会事務局長 松浦芳子
今回は、『倫風』10月号(社団法人実践倫理宏正会発行)より、三浦朱門氏の論文を引用します。

※三浦朱門(みうらしゅもん)
三浦朱門氏
●大正十五年東京都生まれ。作家。東京大学文学部を卒業後、日本大学芸術学部の教職に就くとともに、第15次「新思潮」に加わり作家活動に入る。昭和42年『箱庭』で新潮文学賞受賞。以後、『犠牲』『楕円』『正四面体』など次々と話題作を発表。独特のユーモアとエスプリの効いたエッセイも多い。文化庁長官、教育課程審議会会長などを歴任。平成11年産経正論大賞を受賞、文化功労者。同12年より日本芸術院院長。



■家庭教育を復活させ、健全な社会を
最近、若者による通り魔事件が相次ぎ、道徳の荒廃が大きな社会問題となっています。日本人の倫理観はなぜ、こうも希薄化したのでしょうか。作家で日本芸術院院長の三浦主門さんは、個人主義重視の戦後教育が元凶として、愛国心教育の大切さを説きます。

若者の心を歪めた戦後教育

今年六月、東京・秋葉原で十七人を殺傷した通り魔事件があった。ネット上で犯行を予告、トラックで歩行者天国に突っ込み、戦闘用ナイフで次々に人を刺すという衝撃的な事件であった。こうした若者による無差別殺人事件が、ここにきて頻発している。一月にも、東京・品川の商店街で十六歳の高校生が五人に切りつける通り魔事件を起している。三月には茨城県土浦市で二十四歳の若者が八人もの人を殺傷する事件があり、そのすぐあとに岡山県で、高校を卒業したばかりの少年が駅のホームから人を突き落とし、死亡させている。秋葉原の事件のあとには、八王子で女性二人が包丁で殺傷される事件があった。

このような無差別殺人は特異な若者が起した特殊な事件だといわれているが、果たして特殊な事件として片付けていいのだろうか。こうした事件が立て続けに起こるのは、人の命の尊厳を思う心や社会性が欠如し、自暴自棄になっている若者が増えている証左ではないのか。

私が若者であった戦前、こうした事件はなかった。現代の若者も私たちの世代と同じ日本人の遺伝子を受け継いでいるから、DNAレベル、つまり本質的に違っているわけがない。だとすると、過去には考えられなかった事件が頻発しているのは、生育環境の違いによるとしか考えられない。その元凶を探っていくと、道徳心や愛国心を否定した戦後教育に行き着く。

■福田首相、辞任表明

9月1日21時43分配信 産経新聞

福田首相
※福田首相が首相官邸で会見した=1日午後9時43分、東京・首相官邸(川口良介撮影)

 福田康夫首相は1日夜、首相官邸で緊急記者会見を開き、首相を辞任する考えを表明した。午後9時半過ぎからの会見で首相は「新しい布陣のもとに、政策の実現を図っていかっていかなければならない」と述べて、辞任を決意した理由を語った。決断の時期については「先週末」と明かした。

  ■政界激震!福田首相辞任■

 福田内閣は昨年9月の発足から1年が過ぎたばかりだが、参院で野党が過半数を占める「ねじれ国会」で法案成立に難渋し、揮発油(ガソリン)税の暫定税率をめぐる与野党攻防でガソリン価格が1カ月の間にリットル当たり25円程度上下する混乱を引き起こしたほか、4月に導入した後期高齢者医療制度に関しても「高齢者いじめ」と世論から強い反発を受け、内閣支持率は2割程度に低迷していた。

 7月には、北海道で開催した主要国首脳会議(洞爺湖サミット)を経て、人心一新のため念願の内閣改造を断行したが、大幅な支持率回復はなかった。秋の臨時国会を前に、新テロ対策特別措置法案の延長の是非や新たな経済対策、衆院解散総選挙の時期などで連立を組む公明党との関係も微妙になっていた。

 福田首相はこうした状況から、今後、自らが政権を維持することは困難と判断したとみられる。福田首相の後継には、自民党の麻生太郎幹事長の就任が有力視されている。

 福田首相は平成18年の小泉首相退任に伴う自民党総裁選への出馬を検討したが断念。だが19年9月に安倍晋三前首相が体調不良などを理由に突然退陣したため、その後行われた自民党総裁選に出馬し、麻生幹事長(当時)と争って勝利して第91代首相に就任した。

 内閣総辞職は、内閣を構成する首相と全大臣が一斉に辞職することで、国会はただちに、国会議員の中から新たな首相を指名し、新内閣が発足する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080901-00000969-san-pol



福田首相がついに辞任をされました。以前より福田首相の辞任を訴えてきた私としては、嬉しいニュースでした。毒ギョーザ事件の対応ひとつとっても、福田氏には国民を守ろうという意志も気概も感じられませんでした。そして、8月15日には「相手の嫌がることはしない」という理由にもならない理由で靖国参拝をされませんでした。このような方が一日でも長く首相を続けると、その分だけ国益が損なわれると思っていたので、ようやく辞任して下さって、これで日本の政治が良い方向へ行くことを期待します。
次の首相が誰になるのかは分かりませんが、福田路線とは訣別し、安倍前首相がなされようとしていた戦後レジーム(体制)からの脱却を果すべく尽力して頂きたいです。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実 上映会募集


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の、そして日本で唯一の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて放送しております。是非ご覧下さい。

チャンネル桜 週間番組表は、こちら
http://www.ch-sakura.jp/weeklypg.html

チャンネル桜 視聴方法のご案内
http://www.ch-sakura.jp/topix/343.html

☆会員募集!!
【 「チャンネル桜 友の会」のご案内 】


ハッピー241 にて無料放送を開始するにあたり、チャンネル桜では、これまでの視聴契約に代わる応援組織 日本文化チャンネル桜 友の会 を発足いたしました!
これからも、日本の未来を見通す “真の報道” を続けるために、是非とも、皆様からのご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げる次第です。

「チャンネル桜 友の会」会員には、「協賛会員(会費 1万円/月)」 と「一般会員(会費 2千円/月)」 があります。
また、金額や期間を問わない形でご支援いただく「準会員」も募集しております。
下記の詳細ページをご覧の上、是非とも、皆様のご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

↓ チャンネル桜 友の会 会員募集!!
http://www.ch-sakura.jp/topix/306.html

★ ご支援いただいた際は、「チャンネル桜 友の会 事務局」まで
  必ず ご入会のご連絡をくださいますよう、お願いいたします!
  ご入会いただいた方には、特典(オリジナルストラップ もしくは
  オリジナル手拭い)を差し上げております。

☆こちらもぜひ、ご覧ください☆

「友の会」 会員募集概要 & 入会申込書
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_application.pdf

「友の会」 会員規約
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_kiyaku.pdf

「友の会」 よくあるご質問(Q&A)
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_Q&A.pdf

★ 「チャンネル桜 友の会」についてのお問い合わせは、こちらまで! ★
  『日本文化チャンネル桜 友の会 事務局』
  ( 月~土 10:00 ~ 18:30 )
  TEL 03-6419-3900 / FAX 03-3407-2263
  MAIL info@ch-sakura.jp