『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
TOPフリーエリア
☆拙ブログは「日本文化チャンネル桜」を応援しています。 日本文化チャンネル桜動画 日本文化チャンネル桜
☆拉致問題解決へ向け、署名をお願いします。用紙は下記アドレスよりダウンロードできます。http://www.sukuukai.jp/img/syomei200604.pdf

■「軍強制」復活し来週申請
教科書執筆者が表明


沖縄戦の集団自決をめぐる教科書検定問題で、教科書執筆者の高校教諭坂本昇さん(51)は27日、 都内で記者会見し、自分が執筆を担当している教科書で「日本軍によって集団自決を強いられた」と いう記述を盛り込んだ上で、11月2日ごろまでに文部科学省に訂正申請する方向で作業を進めていることを明らかにした。

また、軍の強制部分に検定意見が付き、記述が削除された今回の問題自体や、9月末にあった検定意見の撤回を求める沖縄県民大会の記述も新たに加える方針という。

既に複数の教科書会社が「軍の強制」の記述を復活させて訂正申請する方針を固めているが、具体的な申請内容が明らかになったのは初めて。

坂本さんが執筆している教科書も、ほかの会社の教科書と同様、申請段階では集団自決に日本軍の強制があったとしていたが、検定意見が付き、強制部分を削除して合格していた。

【引用元】共同通信 http://www.47news.jp/CN/200710/CN2007102701000531.html



高校日本史教科書の沖縄の集団自決を巡る記述で、教科書検定で削除された「軍の強制」の記述が復活する可能性が極めて高くなりました。沖縄集団自決が軍の強制や命令で行われたものではないことは、近年明らかになってきており、それを踏まえた上での検定意見は真っ当なものだと思います。それを、沖縄で九月に抗議集会(前回の記事で書きましたがこれは「左翼・革新系の集会」です)が行われたからといって、教科書の記述を書き換えることなどあってはならないことです。
文部科学省には、沖縄の左翼活動家や、歴史を知らない無知な政治家が何を言おうが、検定意見を覆し、「軍の強制」の記述を復活させることのないように対応してもらいたいです。
余談ですが、もし、安倍氏が首相を続けておられたら、こうしたことは問題にならなかったと思うので、本当に残念です。

※是非文科省へご意見を送って下さい
■御意見・お問い合わせ専用メールアドレス
voice_atmark_mext.go.jp (添付ファイル不可)
(スパム防止のため、「_atmark_」を@に直して入力してください。)

さて、この集団自決については産経新聞が連日記事を載せているのですが、その中から藤岡信勝氏が書かれたものを引用します。


■【正論】集団自決と検定 拓殖大学教授・藤岡信勝 
“トリック報道”で世論誘導
(2007.10.24)

藤岡信勝氏


 ≪一点の瑕疵もない検定≫

 高校日本史の教科書検定で「沖縄集団自決」に日本軍の「命令」「強制」があったとの記述を修正させた問題で、政府・文科省は修正前の記述の趣旨の復活を認める方針に大転換した。検定意見の撤回はしないが、もとの記述を何らかの表現で回復しようとする教科書会社の訂正申請があればこれを「真摯(しんし)に検討」するというのである。今ごろは10月末の申請をめどに教科書執筆者と文科省の間で水面下のすりあわせが行われているはずである。重大な局面にあたり改めて問題の原点から考えたい。

 従来、「軍命令説」の根拠とされてきたのは、座間味島と渡嘉敷島のケースだった。しかし、どちらのケースについても、当時島に駐留していた日本陸軍海上挺進(ていしん)隊の隊長は、住民に集団自決を命令していなかった。それどころか、集団自決のための武器・弾薬を求めに来た住民に対し、隊長は「決して自決するでない」と押しとどめ(座間味島)、集団自決が起こったことを知ったあとは「何という早まったことをしてくれたのか」と嘆き悲しんだ(渡嘉敷島)。

 こうした事実が明らかになった近年の動向を反映して検定意見がつけられ、例えば「日本軍の配った手榴弾(しゅりゅうだん)で集団自決と殺し合いをさせ」という「命令」「強制」を含意する表現を改め、「日本軍の配った手榴弾で集団自決と殺し合いがおこった」(実教出版・日本史B)と修正された。文部科学省の今回の検定は、国会の定めた法律に基づく法秩序と手続きに従って、実証された史実を根拠に適切に行われたものであり、その内容を見ても少しも行き過ぎたところはなく、一点の瑕疵(かし)もない。これをひっくり返すいかなる道理も存在しない。

 ≪防衛隊と日本軍の混同≫

 日本軍が無辜(むこ)の住民に自決を強要するほどの悪逆非道な存在であったことにしたい一部マスコミは、正面から「命令」「強制」を論証できないので、住民の証言を持ち出して世論誘導を図っている。その際、トリックの材料として用いられているのが防衛隊の存在である。

 米軍来襲時、島には(1)陸軍の正規部隊たる将兵(2)防衛隊(3)一般住民-の3種類の人々がいた。防衛隊とは昭和19年7月に帝国在郷軍人会沖縄支部が市町村の集落単位で中隊を編成したもので、法令的な根拠はなく、住民の義勇隊という性格のものだ。中国戦線から帰還した、村長など村の顔役が隊長を兼ねて行政と一体化し、日常の生活は家族と起居をともにしていた。

 手榴弾は防衛隊に米軍上陸の際の戦闘用に支給したものであり、自決用に一般住民に配布したのではない。集団自決を主導したのは防衛隊で、時には手榴弾を軍陣地から持ち出して住民に配布した。「兵隊さんから手榴弾を渡された」という住民の証言は、防衛隊を日本軍と混同しているのだが、マスコミはこの事実をよく知りながらイメージ操作のため確信犯的にこの混乱を利用しているのである。

 ≪「軍命令説」と同じ虚構≫

 もう一つのトリックは、「軍の関与」という言葉である。これはマスコミの世論操作であると同時に、政府の「落としどころ」として喧伝(けんでん)された経過がある。すでに8月段階で伊吹文科相(当時)は、「『軍の関与』という表現であれば、次回の検定で問題とはならないだろう。出版会社にお願いしてはどうか」と沖縄選出の自民党議員に水を向けていた。

 しかし、プレゼントに送った果物ナイフが殺人に使われたからといって送り主が殺人に「関与」したとはいえないという事例を分析すればわかるように、集団自決への「軍の関与」を認める必要はない。「軍の関与のもとに集団自決が起こった」という文を作ってみればわかるように、これは結局「軍命令説」や「軍の強制」と同じ虚構を教えることになる。

 集団自決は悲しい出来事だが、当時の日本人の心理状態では米軍が上陸すれば日本中どこでも起こった可能性がある。現に沖縄で日本軍不在の地でも集団自決は起こっている。

 そもそも「関与」という定義曖昧(あいまい)・伸縮自在の概念の導入は事態を紛糾・悪化させるだけである。「従軍慰安婦」問題で「軍の関与」がいかに国益を損なう混乱をもたらしたかを一考すればその危険は明らかだ。なぜ政治家は同じ轍(てつ)を踏むのか。

 あの戦争で国と国民のために命をかけて戦った軍や軍人を虚偽に基づいてはずかしめるようなことをする国は滅びる。沖縄の県民感情を利用した反軍反国家反体制運動に屈して教科書検定制度を崩壊させてはならない。(ふじおか のぶかつ)


※この問題に関心のある方にお薦めの書
沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった! (ワックBUNKO) 沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった! (ワックBUNKO)
曽野 綾子 (2006/05)
ワック

この商品の詳細を見る


WiLL (マンスリーウィル) 2007年 12月号 [雑誌] WiLL (マンスリーウィル) 2007年 12月号 [雑誌]
(2007/10/26)
ワック

この商品の詳細を見る



※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

詳しい視聴方法については、下のバナーをクリックして下さい。
日本文化チャンネル桜

☆第6回もうひとつの戦争展
「白人の植民地支配を覆した日本」報告サイト
※是非ご覧下さい!
http://www5c.biglobe.ne.jp/~n-aichi/gyoji/6sensouten/index.html
スポンサーサイト
今回は、産経新聞のコラム『断』より、呉智英氏の書かれたものを引用します。

■論理の整合性の問題である

呉智英

 先月二十九日、沖縄で「十一万人」の左翼・革新系の集会が開かれた。戦争末期の集団自決への軍関与を曖昧(あいまい)にする教科書改定に抗議するものだ。軍の「関与」を厳密に解釈するか広義に取るかで意見は分かれるが、今はそこには立ち入らない。とにかく、近頃(ごろ)にない大規模な政治集会だった。

 ところがその参加者数がおかしい。主催者側発表では二万五千平米の会場に十一万人だという。四畳半(七・五平米)に三十三人の計算になる。常識的に見て無理な数だ。しかも、会場の航空写真では、所々にあきが見える。どうもおよそ三倍増の誇大発表らしい。

 この集会について産経新聞と朝日新聞とで論争が起きた。論争は歓迎だが、望むらくは新聞同士ではなく大会主催者と論争が起きてほしかった。

 私は学生時代からこの種の誇大な「主催者側発表」に疑問と怒りを抱いていた。参加したデモや集会の参加者数が自分の実見した数よりどう考えても水増しされている。これについて学生自治会や政治団体の指導者に問うても、誰もまともに答えてはくれなかった。新聞や雑誌の記事や論評で取り上げられた例も知らない。そして、左翼退潮の今に至るまでこの陋習(ろうしゅう)は続いていたのだ。

 これは単なる計測精度の問題ではない。論理の整合性の問題である。だって、戦時中の大本営発表を嘲弄(ちょうろう)してきた自分たちが同じことをしていたらまずかろう。南京事件の犠牲者の数をごまかすなと主張してきた自分たちが参加者の数をごまかしたら厚顔無恥というものではないか。沖縄戦の犠牲の真相を隠蔽(いんぺい)するなという抗議集会で自らの参加者数の真相を隠蔽していたら説得力はゼロだ。

 私は、左翼・革新に「自浄能力」はないと思う。いや、左翼・革新だけではないのだけどね。(評論家)

【2007.10.19 産経新聞】

※参考記事
■自民歴史教育議連、沖縄県民大会参加者「約1万8000人」
■究極のウソ八百の動かぬ証拠 沖縄集会の画像


呉氏のこの論文で胸がスッとしたのは、先の沖縄県民大会を「左翼・革新系の集会」と喝破されているところです。私もその通りだと思います。
呉氏のご指摘通り、この集会の11万人という参加者数は水増しされたものであることが明らかになってきているにも拘わらず、沖縄県知事はこのような発言をされています。

■参加者数異論を一蹴
沖縄タイムス、10月19日朝刊


・サトウキビ関連の要請で上京した仲井真弘多知事。
 
17日夕に記者と懇談したが、話題はどうしても教科書問題に。
 県民大会の参加者数が4万数千人と報じられたり、一部団体調査で1万3千人などと 矮小化されていることに、「ムカっとしますね」と怒り心頭。 自身が20代後半のころ、米国で大規模コンサート「ウッドストック」を見たことが あるそうで「あの時は10万人と言われたが、今回はそれどころじゃなかった」と強調。 「15万人、いや、20万人いたかも」と疑惑を一蹴した。

※沖縄タイムス、10月19日朝刊2面より



この期に及んでこうした発言をされるのは、一体どういう了見なんでしょう。このような方が知事をされているのですから、前回の記事で取り上げたように、沖縄で全体主義が吹き荒れているのもうなづけるというものです。


※管理人近況
このところ酷い肩こり(というより肩痛と言った方が正確かも)に悩まされており、キーボードを叩くのが辛い状況です。ブログの更新も滞りがちで、申し訳なく思っております。


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

詳しい視聴方法については、下のバナーをクリックして下さい。
日本文化チャンネル桜

☆第6回もうひとつの戦争展
「白人の植民地支配を覆した日本」報告サイト
※是非ご覧下さい!
http://www5c.biglobe.ne.jp/~n-aichi/gyoji/6sensouten/index.html
今回は、沖縄での集団自決の教科書記述を廻る問題で、実際に沖縄へ取材に行かれた多久善郎氏(日本協議会理事長)のレポートを引用します。沖縄の現状がよく分かるレポートです。


日本会議10周年大会の時にお話しました沖縄教科書問題の事で、9月中順に沖縄に行った報告(『祖国と青年』10月号原稿)と9月28日から10月2日まで沖縄に行き9・29集会の視察、渡嘉敷・座間味訪問の報告をお送りします。

  【連載】
「日本の誇り」復活
―その戦ひと精神(二十五)
日本協議会 理事長 多久善郎

■沖縄に荒れ狂ふ「全体主義」の亡霊
検定基準「沖縄条項」を目論む左翼勢力

沖縄では今、全体主義が吹き荒れてゐる。集団自決を廻る教科書検定に対し、県知事・県議会・市町村を挙げて「検定撤回」要求が行はれてゐるのだ。九月二十九日には、5万名を集めての県民集会を開催し、政府に検定撤回を迫るといふ。沖縄戦初めの渡嘉敷島・座間味島への米軍上陸時に、島の住民が集団自決するといふ悲劇が生じた。その自決は軍に強要されたものであるとして、「反軍反日」思想の根拠にこの事件は取り上げられて来た。だが、本誌八月号で紹介された様に、軍命令は存在せず、当事者による「沖縄集団自決冤罪訴訟」迄起こつて真実は明らかになりつつある。かくて、文部科学省の検定意見にも「軍命令」の文言の修正が反映された。ところが、沖縄県民「挙げての」検定撤回要求といふ摩訶不思議な政治圧力が意図的に形成されつつある。
今回は、私のお薦めCDの紹介です。紹介するのは英霊来世(エーレイライズ)の「矜持」(きょうじ)というアルバムです。

■英霊来世プロフィール
男性4人組のラップ音楽バンド
AreiRaise(英霊来世・エーレイライズ)。
グループ名の名づけ親はつのだ☆ひろ氏。英霊の志を来世に伝えようという氏の熱い想いが込められている。

平成17年、靖国神社の戦後六十周年企画「NIPPONのうた」にて審査員特別賞受賞。「心に核武装を」の歌詞が話題となりTV、新聞、インターネット上など各メディアで物議を醸すこととなる。
その後地道に活動の幅を広げ、都内を中心にライブハウス以外でも積極的に活動。 講演会やシンポジウム等での演奏を続け、今回満を持して待望のソロアルバム「矜恃」を発売する。

エーレイライズ


収録曲は「NIPPONのうた」特別賞受賞曲「矜持」のリテイクである
「矜持/平成十九年度版」を初め、

TBS筑紫哲也NEWS23で取り上げられ話題となった問題作
「まもるべきもの」、

その名のとおり”英霊の志を来世に伝える”曲
「九段」、他。

"現在の"日本を生きる彼らの想いが詰まった、渾身の全8曲入りアルバムである。

01.君が代
02.矜持(平成十九年度版)
03.防人~あなたがいるから~
04.まもるべきもの
05.昭和
06.kazoku
07.九段
08.愛してる

※【矜持】自分緒能力を信じていだく誇り。プライド。
「矜持」という言葉は本来「誇り」という意味ですが、「責任・節度」といった意味も含まれるように思います。
他国の国旗を燃やして騒ぐような誇りではなく、責任と節度を伴った「日本人・本来の誇りの継承」こそ、僕らの世代の責任だと思うのです。
戦後60年経った今、僕らの世代が果せる責任の一つとしてこの曲が”日本”の継承の一助となれば幸いです。


君が代のピアノ演奏から始まる全8曲は、どれも素晴らしい曲で、途中目頭が熱くなるのを抑えながら聴きました。日本人としての誇りや、日本が好きだという想いを、臆せず堂々と歌っており、その心意気に感激しました。拙ブログを読んで下さっている方なら、きっと共感を持って聴ける楽曲だと思います。
CDの売り上げの一部は國神社に奉納されるそうなので、関心を持たれた方は是非購入して下さればと思います。

ご購入はこちらから!
http://fanny-adams.shop-pro.jp/?pid=4563462

※英霊来世HP
http://www.areiraise.com/

※ブログ(英霊来世ーArei Raiseーの○日記)
http://blog.areiraise.com/

■「矜持」PV


■矜持
作詞:斉藤”七生報国”俊介
作曲:英霊来世

あの原子爆弾2個もってして 焼き尽くせなかったもんですぜ ダンナ
あんな惨禍超えてきたんだ やっぱ日本人てスゲー
少ない鉱物資源 核という名の人体実験
克服してきた人材人間の 子孫がここにはいっぱいいるぜ
日清・日露・大東亜聖戦 江戸・明治・大正・昭和・平成の
経験が詰まった先陣の叡智に 今こそ学べ 前進の精神
こそが何ものにも代え難い 未認定無形重要文化財
逆襲の日本さあ来るぞ まずは心に核武装

人は何かの犠牲の上に立つが 大事なのはその上に何を為すか
戦争終わってもう60年 いい加減迎えよう 英霊と終戦
負けると知りつつも立ち向かう 時に命賭して勝ち掴む
それは善悪超えて尊いしデカい 俺たちのご先祖は間違ってない
俺ただ日本が好きなだけ 右でも左でもねえ
大好きな日本と日本人 忘れんな希望と自尊心
まず声を出せ日本男子&女子 神風の魂はいつもここに
託された想いと共に 胸に刻め”公”の一文字

やっぱこの国本当好き だから心もそう黄金の国で在りたいね
俺ら日本人あるぜ芯一本 常に日々精進
時間を超え 歌声よ届け いつだってきっと会えるここで
想いは必ず響きあう 國の空で虹になる
俺達には出来ない事もある でも僕らだから出来る事がある
こんな俺達でもやれる事 あるなら歌おう声涸れる程
受け継いだもの忘れないで いつも心に想い描いて
そして繋げる次の世代へ 共に歩んで行く未来目指して

美しき国 日が昇る国 素晴らしき国 日本
神の住む国 大好きな国 俺達の国 日本

■アルバム「矜持」に込めた日本への思い1


■アルバム「矜持」に込めた日本への思い2


■アルバム「矜持」に込めた日本への思い3



※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後9時~午後9時30分 午後11時~午前1時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

詳しい視聴方法については、下のバナーをクリックして下さい。
日本文化チャンネル桜

☆第6回もうひとつの戦争展
「白人の植民地支配を覆した日本」報告サイト
※是非ご覧下さい!
http://www5c.biglobe.ne.jp/~n-aichi/gyoji/6sensouten/index.html