『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
TOPフリーエリア
☆拙ブログは「日本文化チャンネル桜」を応援しています。 日本文化チャンネル桜動画 日本文化チャンネル桜
☆拉致問題解決へ向け、署名をお願いします。用紙は下記アドレスよりダウンロードできます。http://www.sukuukai.jp/img/syomei200604.pdf

最近、漫画『はだしのゲン』がドラマ化やアニメ化されたり、麻生外相の肝いりで始めた「漫画外交」の一環として、NPT再検討会議準備委員会の会場で英訳版が配布されるなどして、話題になっています。
しかし、果たして「はだしのゲン」は手放しで薦められる漫画なのでしょうか。以下、『ぼくらの核武装論』(オークラ出版)より、岩田温氏(日本保守主義研究会代表)の論文を引用します。

■『はだしのゲン』を斬る!
「原爆の悲惨さを描いた名作マンガ」と評される『はだしのゲン』。だが、その内容は自虐史観に基づく究極の左翼プロパガンダ本だった。

■青少年の左傾化に貢献

戦後日本人の左傾化に最も貢献した本、それは決してマルクスの『資本論』ではない。幾多の過激で日本人の精神を蝕む有害な書が出版されたが、青少年の非日本人化(=頽廃)に最も貢献したのが中沢啓治著『はだしのゲン』である。

この極左プロパガンダの書は「反核」のみを主著する漫画ではない。「反天皇制」、「反戦」、「侵略戦争史観」、「在日擁護」、「日本人の残虐性」など、戦後左翼勢力が吹聴したプロパガンダが全て内包された恐るべき漫画である。

物語は終戦末期八月の広島に始まる。主人公ゲンの父は反戦思想の持ち主である。そのことから周囲から「非国民」呼ばわりされ、家族は村八分に遭い、父は特高(特別高等警察)に連行される。その孤立無援の状態の中で、唯一彼らに理解を示したのが近所に住む在日朝鮮人であった。

八月六日広島に原爆が投下され、ゲンは父、弟、姉の三人を失う。ゲンは母と生まれたばかりの妹とともに焼け跡の中を生きていくこととなった。やがて二人の兄が疎開先、軍隊から帰還するが、終戦直後の人々の心は冷たく、辛い生活を送ることとなる。それでもゲンは多くの仲間に出会い、自身そして周囲の仲間も原爆の後遺症に悩まされるが、戦後の混乱期を「たくましい」反日家として生き抜く。母、妹、恋人、仲間の死を乗り越え、新たな挑戦(革命?)のためにゲンが東京に旅立っていった。

ここで第一部は終了し、幸いながら第二部は書かれていない。

そもそもこの主人公の父親の反戦思想がすさまじい。戦時下、竹槍で訓練しているときの話である。
スポンサーサイト
今回は、日本教育再生機構発行の『教育再生』8月号より、松浦光修氏(皇學館大學教授)の書かれた、「日本の心 和歌の心」という記事を引用します。


■日本の心 和歌の心

死するとも なほ死するとも わが魂(たま)よ
永久(とは)にとどまり 御国(みくに)まもらせ

作者 緒方ゆずる



緒方ゆずるさんは、大正十一年に熊本県で生まれました。大東亜戦争(太平洋戦争)が苛烈(かれつ)になり、学生も出陣(しゅつじん)することになりましたが、その時、関西大学の学生であったゆずるさんは、最も危険といわれていた海軍の航空隊を選び、やがて特攻を志願します。

そのころ、ロケット特攻機「桜花(おうか)」というものがありました。これは一式陸上攻撃機という大きな飛行機から発進するもので、ゆずるさんは、その「桜花」の搭乗員になります。

そして昭和二十年三月、鹿児島の鹿屋(かのや)基地から出撃し、九州南部の洋上で散華(さんげ)されました。時にまだ二十二歳という若さでした。

この和歌は、出撃三十分前、ゆずるさんが海軍手帳に鉛筆で走り書きしたもので、歌意はこうです。

「たとえ死んでも生まれ変わり、そしてまた死んでも(たとえ何度生まれ変わろうと)、私の魂を、この世に永遠にとどめ、わが国を護らせてください」

ゆずるさんは、四人兄弟の二番目です。お父様は、すでに亡くなっていました。兄の徹さんも海軍の軍人で、昭和十九年、ゆずるさんよりも三ヶ月ほど早く散華されています。夫を亡くし、さらに頼もしい長男と次男をつづけて祖国にささげたあと、お母様のもとに残されたのは、体の不自由な三男と、幼い妹だけでした。

しかしお母様は、戦後も泣き言は言いませんでした。戦没者の母として、テレビに出演した時の逸話が残っています。その時、司会者は、お母様の口から、なんとか祖国を呪う言葉を引き出そうと必死だったようですが、お母様は凛として、かつ穏やかに、くり返し、こう語られたそうです。

「私は、わが子の信念と行動に、以前も今も満足しています」と。

たまたまそのテレビを、保田輿重郎氏が見ていました。そして、こう書き残しています。

「その言葉はしずかで、沈痛な語尾の押さえも、まことに女らしく、私はその態度に、冒し難い、高貴な威厳を、美しく感じたのである。やさしく、おおしい女らしさの威厳というものを感じながら、私は激しく落涙した」(『緒方歌集』跋)(引用終わり)


八月は各放送局で先の戦争に関する番組がたくさん放送されると思いますが、そうした番組では取り上げられることはないであろうエピソードを引用してみました。


追伸:私は暑さのせいか、お腹調子を悪くしてしまい、この4~5日はお粥を食べて過ごしてました。お陰で体重は一キロ減りましたが、元気は無くなってしまいました。(涙)
今日からようやく普通のご飯が食べられるようになり、少し元気も回復したように感じます。残暑厳しい折、皆様も体調にはお気をつけ下さい。
そんなことで、今回は短い記事で失礼します。


※拙ブログと相互リンクして下さっている、『日々之平穏!?(なら良いけどそうも行かない)』さんが、8月6日の広島原爆慰霊祭で愚挙を行う人々の様子をレポートされています。是非読んでみて下さい。
■アドレス
http://hirozaiheion.blog87.fc2.com/blog-entry-375.html


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後9時~午後9時30分 午後11時~午前1時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

詳しい視聴方法については、下のバナーをクリックして下さい。
日本文化チャンネル桜
先日の参院選では、自民党の歴史的大敗に終わり、マスコミや民主党、あるいは与党内からも安倍総理の退陣論が出ていますが、私は、安倍総理が退陣せず、続投を宣言したのは真っ当な判断だったと思います。西村眞悟衆議院議員のメルマガにそのことが分かり易く書かれていたので引用します。


■今こそ、国家基本問題に取り組む好機
No.300 平成19年 7月30日(月)
西 村 眞 悟

昨二十九日に投票の参議院選挙の結果はご承知の通り。自民大敗・民主大勝。この事態を受けて、評論は評論家に任せて、以下の通り述べておきたい。

安倍総理が内閣を維持し続けるのは当たり前である。その判断は極めて正しく妥当である。
 
参議院で法案を否決されたから衆議院を解散した前任者がいたが、これは両院制の本質・原則に反して疑義のあるところであった。
同様に、参議院の選挙結果で衆議院の土台を無視し放棄してはならないのだ。