『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
TOPフリーエリア
☆拙ブログは「日本文化チャンネル桜」を応援しています。 日本文化チャンネル桜動画 日本文化チャンネル桜
☆拉致問題解決へ向け、署名をお願いします。用紙は下記アドレスよりダウンロードできます。http://www.sukuukai.jp/img/syomei200604.pdf

今回は、「新しい歴史教科書をつくる会」の会報誌『史』7月号より、小山常美氏(大月短大教授・理事)の論文を引用します。


■占領管理基本法としての「日本国憲法」
―教育再建のために必要な「日本国憲法」の無効確認―

五月十四日、憲法改正手続きを定めると称した国民投票法が成立した。だが、そもそも「日本国憲法」とは憲法であろうか。

■世界の憲法が持つ三つの特徴

憲法とは、主権を有する独立国の在り方を規定するものである。したがって、世界の憲法は、三つの特徴を持っている。第一に「人類普遍の原理」よりも自国固有の原理を上位に位置づけている。世界各国は、憲法前文の中で、国民的宗教の神仏または自国の歴史から、もろもろの憲法原理を基礎づけている。

ヨーロッパやイスラム諸国は、キリスト教の神やアラーの神を登場させ、神の権威を持ち出すことが多い。たとえば、スイス連邦憲法(一九九九年)は、「全能の神名において! スイス国民と邦は、被造物に対する責任において、自由および民主主義と、・・・・・独立および平和とを強化するために・・・・・憲法を制定する」としている。(傍線は引用者、以下同じ)

アジアの多くの国は、自国または自民族の歴史から、もろもろの原理を基礎づけている。たとえば、中華人民共和国憲法(一九八二年、一九九九年改正)も、「中国は、世界で最もふるい歴史をもつ国家の一つである。中国の各民族人民は、輝かしい文化を共同でつくりあげており、栄えある革命的伝統をもっている」というふうに前文を始めている。
スポンサーサイト
【始めに】
お陰様で、ようやく復帰することができました。コメントや拍手を下さった皆様、ありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

今回は、日本政策研究センター発行の情報誌『明日への選択』7月号より、記事を引用します。


■これが九条護憲論の正体だ
九条さえあれば、後は何も考えない――こんな連中に憲法議論する資格はない

九条護憲論を紹介するというと、本誌読者からは何を馬鹿げたことをと一蹴されそうだが、前号で取り上げさせてたいだいたように、国民投票法成立によって改憲サイドが一歩前進したと同時に、九条護憲論に象徴される「護憲リベラル」の主張が今なお一定の影響力を持ち、改憲プロセスを阻もうとしていることも現実なのである。その意味で、彼らが一体何を主張しているのかを分析し、その論の輪郭を描き、本誌なりの批判の視点を提起させてたいだくのもまた意味があると思うのである。

ただ、九条護憲論といっても、今、「九条を守れ」と叫んでいるのは、かつての護憲運動で前面に立っていた憲法学者や政治学者ではない。「九条を守れ」という運動で前面に出てくるのは、むしろ憲法とは無縁と思われている文化人や芸能人と呼ばれる連中である。

例えば、二年前の八月、『憲法を変えて戦争に行こう――という世の中にしないための18人の発言』というおかしなタイトルのブックレットが岩波書店から発行された。当時、全国紙に一面の意見広告を出したことで知られるブックレットだが、ここに登場する十八人の中で際立っているのは吉永小百合、黒柳徹子、ピーコ、渡部えり子、井上ひさしといった芸能人や作家であり、そのなかにいわゆる憲法学者は一人も含まれていない。また、前号で取り上げた「九条の会」の呼びかけ人九人の中にも憲法学者は奥平康弘一人だけである。そこで、憲法論としての護憲論は別の機会に取り上げるとして、ここでは運動として展開されている主張を中心に九条護憲論の現在を紹介することとしたい。
情けない話ですが、体調を崩してしまい、ブログの更新ができずにおります。
養生して、何とか近日中に更新できればと思っています。

じめじめした天気が続く今日この頃、皆様も体調管理にはお気をつけ下さい。

「新・へっぽこ時事放談」管理人spiral


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後9時~午後9時30分 午後11時~午前1時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

詳しい視聴方法については、下のバナーをクリックして下さい。
日本文化チャンネル桜
作曲家のすぎやまこういち氏が中心となり、米国ワシントン・ポスト(6月14日付)にいわゆる従軍慰安婦問題についての意見広告が意見広告が掲載されました。このことは皆さんご存知のことと思います。
この「ザ・ファクツ(事実)」と題する意見広告は、「官憲による強制連行はなかった」ことを指摘しており、大変画期的なものでした。
そこで今回は、中心となって活動されたすぎやまこういちさんが、論壇誌『Will』8月号(ワック・マガジンズ)に寄せられた論文と、『中学生にも分かる慰安婦・南京問題』(オークラ出版)に掲載されたインタビュー記事を引用します。


※すぎやまこういち氏プロフィール
すぎやまこういち氏昭和六(一九三一)年東京都生まれ。東京大学理科二類へ入学し、卒後は文化放送入社。昭和三十三年フジテレビへ移籍し、テレビディレクターとして『ザ・ヒットパレード』等を手掛ける一方で作曲活動を開始。『亜麻色の髪の乙女』や多数のTVコマーシャル挿入曲、ゲーム『ドラゴンクエスト』の音楽など多数の作曲を手掛ける。日本音楽著作権協会理事。日本バックギャモン協会名誉会長。日本作編曲家協会(JCAA)常任理事。日本作曲家協議会理事。



■「従軍慰安婦」問題で
ワシントン・ポストに意見広告
唯一の武器は「事実」


中国をはじめとする国々の反日プロパガンダに対抗するには、日本はオピニオンではなくファクト(事実)を武器に対抗しなければならない。そう考えて、私はアメリカの新聞に「事実」を報せる意見広告を掲載しようと思い立ちました。

なぜアメリカの新聞かというと、中国はネットワークを使って反日プロパガンダを海外へ発信しています。南京の映画然り、アメリカ下院での対日非難決議然り。日本国民が中国の意図的な反日活動に気づきはじめたため、彼らは日本の同盟国であるアメリカでの反日活動に力を入れ始めた。それに対抗するためです。

従軍慰安婦に関する米下院の対日非難決議は、本誌五月号で古森義久さんが書いていらっしゃるように、マイク・ホンダと在米華僑との関係から出てきたものです。これをアメリカ議会に出すことによって、日本への非難を強めようとしている。

この構図を見て以前、兵本達吉さんが書かれていた記事を思い出しました。日本共産党を除名になった兵本さんが、当時の共産党委員長に随行して中国に行ったときに、委員長が中国共産党の委員長に「日本をやっつけるには時間がかかっても効果的なのは欧米のメディアを味方につけることだ」と教えたという。

これは国家反逆罪ですよ。あの記事を読んだときには頭をガツーンとやられたような衝撃を覚えましたが、いま現在起こっているアメリカの決議案はまさしくこの構図なのです。そもそも日本が戦略を教えてやっているのだから、まったく始末が悪い。