『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
TOPフリーエリア
☆拙ブログは「日本文化チャンネル桜」を応援しています。 日本文化チャンネル桜動画 日本文化チャンネル桜
☆拉致問題解決へ向け、署名をお願いします。用紙は下記アドレスよりダウンロードできます。http://www.sukuukai.jp/img/syomei200604.pdf

人権擁護法案に関する緊急の情報が入って来たので掲載します。

■拡散!【法務委員会】人権擁護法案早期提出へ【城内実 ⇒ 柳田稔】

転送します。地方議員懇談会ブログ「草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN」でも取上げられています。

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-3117.html#more
--------------------------------------------------------------------------------

■拡散!【法務委員会】人権擁護法案早期提出へ【城内実 ⇒ 柳田稔】

卑怯な民主党は尖閣問題で騒がせておいて、
どさくさに紛れて「人権擁護法案が早期提出」成立させようとしています!
☆緊急拡散中です☆

成立すればこのようなメールもだせなくなるでしょうか?

下記のアドレスでご確認ください!
拡散!【法務委員会】人権擁護法案早期提出へ【城内実 ⇒ 柳田稔】
http://orange-daidai-color.cocolog-nifty.com/orangeblog/2010/11/post-ea52.html
抗議先、

 <参議院議員 柳田稔事務所>

 ◆東京事務所:Tel:03-6550-1222 Fax:03-6551-1222

 ◆福山事務所:Tel:084-927-3520 Fax:084-927-3521

■人権擁護法案早期提出の可能性
http://ameblo.jp/000hime/entry-10693640626.html

柳田
「わたくしは、人権救済機関は必要だという立場で今後もすすめてまいりたい」

法務大臣政務官 黒岩

「反対の意見も承知している」
「様々な課題は分かっている」

城内
「新たな人権救済機関の設立は平成17年、私が自民党で在籍中に議論した。
法案の中身をじっくり検討した結果、やめた。本気でやろうと思っているのか」


柳田
「確定的な時期はまだ分からない」
「早期法案の提出を考えたい」

黒岩
「国際的にも求められている」
「日本では年間2万件を超す人権侵害が起きている」

城内
「法務省に確認したところ、2万件のうち99%が現行法で解決されている。なのに人権擁護法案は必要あるのか?
大臣はどう思いますか?」

柳田
「99%とひとくくりに言えないんじゃないか。いじめとか‥」
「人権救済機関は必要」

城内
「個別の法案で対応できている。
個別に対応できるのにどうしてこの法案が必要なのか。

ゴキブリにはゴキブリほいほい
ねずみにはねずみ取り

この人権擁護法案は、ゴキブリやねずみに火炎放射気やミサイルで退治するぐらいの強大な法案。

憲法35条に抵触する可能性があるのに
本当にこんなもの作る必要があるのか」

柳田
「いろいろ検討して早期の提出を考えたい」

緊急!人権擁護法案が早期提出。公明党が賛成で成立する可能性高し!
☆緊急拡散中です☆
緊急!「抗議行動要請NO19」
http://sns.mynippon.jp/?from=dailynews&m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=130856

 今日、11月1日朝、偽「人権擁護法案」が早期提出に情報が。
 公明党の賛成で、成立の可能性があります。緊急に抗議行動が、
 必要になりました。

 次から次に、問題発生で、抗議行動も大変だと思いますが、頑張り
 時です。「日本を守る」ために、奮闘をよろしくお願いします。

 抗議先、
 <参議院議員 柳田稔事務所>
 ◆東京事務所:Tel:03-6550-1222 Fax:03-6551-1222
 ◆福山事務所:Tel:084-927-3520 Fax:084-927-3521


■衆議院法務委員会(10月29日)、城内 実議員の質問


今後の、状況で「抗議先」を追加し、「売国法案」を潰したいと思います。


+++非常にまずい状況です、人権擁護法案が通ったらどうなるかそれは↑の中身をご覧になれば分かるかと思いますが、あやふやで証拠も根拠も無いのに、誰かが「人権侵害だ!」といって人権委員会にチクればそのまま逮捕されたり、罰金30万円も取られたりされます。
しかもそれが冤罪であっても名誉回復はありません。
この法案は外国人のための法案であり、日本人の人権は全く無視されるといっても過言ではありません。
しかもそれは現場だけではなく、2chやこういったネット上のブログ、ツイッター、ニコニコ動画やyoutubeなどにも規制は及びます。
発言だけではなく、ゲームや音楽、アニメといったものの内容も、誰かが少し気に障ったからといって人権委員会にチクれば逮捕されたりします。
つまり独裁政治の始まり、そして日本人の主権というのものが日本国内に関わらず無くなるということです。
これを許せば日本は名前だけとなり、中身は中国・朝鮮に支配されるだけでしょう。



■「人権擁護法案」が国会に早期提出される危険

Wednesday, November 03, 2010 9:56 PM

【平沼赳夫先生から連絡がありました。至急拡散お願い致します】
「人権擁護法案」が国会に早期提出される危険
皆様へ【至急拡散転送お願い致します】

 平沼赳夫先生の事務所から、たった今御連絡を頂きました。至急、拡散転送の程、宜しくお願い致します。

 菅直人内閣・反日自虐史観民主党の、我が日本国民への言論自由の統制・国民弾圧が本格的に始まりました。

 中共傀儡・反日自虐史観独裁・菅直人総理・仙石由人民主党官房長官・岡崎トミ子国家公安委員長(本人が国費を使って韓国で行った「反日デモ参加は国益」と国会で豪語した)・部落解放同盟・日教組・自治労・旧社会党系議員らの日本国家解体主義者が集まる民主党を粉砕しましょう!

 反日自虐史観岡崎トミ子国家公安委員長は、早期辞任をしなさい。我が愛する日本国を守るためです。

人権擁護法案が国会で承認されると、マスコミも日本国民も言論の自由がなくなり、警察権力以上の力を持った人権擁護委員会に強制連行され、尋問抹殺される悪法を反日民主党が通そうとしております。

我が愛する日本国民の皆様、反日民主党の危険性に気がついて下さい。

 野党の皆様、無能な菅直人・仙石官房長官・岡崎トミ子(国家公安委員長)・岡田幹事長ら民主党に、もう国政は任せられません。本当に日本が危ない!

 日本が外国勢力にのみ込まれる日は近い!

 日本の未来を考える会 

----- Original Message ----- From: "平沼赳夫メール通信"
Wednesday, November 03, 2010 8:10 PM
Subject: 「人権擁護法案」が国会に早期提出される危険

「人権擁護法案」が国会に早期提出される危険

各位へ
 「人権擁護法案」が国会に早期提出される危険が明らかになりました。 竹島・尖閣・北方領土・男女共同参画・外国人参政権などなど主権と国益と国民を無視 した民主党政権の支持率急落の中で、どさくさ駆け込みで危険な法案を矢継ぎ早に出し てくる可能性が考えられます。

 日本会議地方議員連盟HPよりhttp://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-3117.html#more「人権擁護法案を早期提出」成立させようとしています卑怯な民主党は尖閣問題で騒がせておいて、どさくさに紛れて「人権擁護法案が早期提出」成立させようとしています!

 下記のアドレスでご確認ください!
【法務委員会】人権擁護法案早期提出へ【城内実 ⇒ 柳田稔】http://orange-daidai-color.cocolog-nifty.com/orangeblog/2010/11/post-ea52.html

-----------------------------------------------------------------------------

【民主党マニフェストについて】( 2009/10/06 ) 「民主党マニフェスト」に書かれていない「民主党インデックス2009」の国家解体方針の危険性
http://www.hiranuma.org/new/note/note20091006_02.html

またマニフェストに書かれている「人権侵害救済機関を創設し、人権条約選択議定書を批准する」ということも大いに危惧されます。人権を守ることは当たり前のことですが、以前民主党が作成した「人権侵害の救済法案」・自民党の「人権擁護法案」においても懸念されたように、「人権」の美名の基に司法権をも超越した「言論統制機関設置法」となり、国民生活や言論・表現の自由に根底から影響を与えかねない危険性と問題を持っています。そしてこの法案は安易な外国人参政権付与へと繋がる可能性があり、より慎重にすべき問題です。

【平沼赳夫警鐘塾】 2006/02/16
人権擁護法案の危険性http://akibach3.sakura.ne.jp/hiranumajinken.wmv
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
平沼赳夫HP http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail info@hiranuma.org http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本 e-mail info@tachiagare.jp

■菅首相にメール・葉書を首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。

[PC] http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
[携帯] https://www.kantei.go.jp/k/iken/im/goiken_ssl.html?guid=ON
      https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 
      内閣総理大臣 菅 直人殿
■「DP-MAIL」Copyright(C)2010 民主党 編集・発行 民主党広報委員会 
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1 http://www.dpj.or.jp
掲載内容を故意に歪める形での再配布はご遠慮ください。
ご意見、ご感想は、こちらから  http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html


人権擁護法案の危険性については、拙ブログを読んで下さっている皆様はご存知の事と思います。この法案を阻止すべく、掲載している抗議先へご意見を届けて下されば幸いです。宜しくお願いします。

※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
今回は、『週刊新潮』(6月26日号)より、人権擁護法案について書かれた記事を引用します。


■「野中広務」まで顔を出す 悪法「人権擁護法案」を通したい人たち

一度、地中深く葬られた不気味な法案は、なぜゾンビのように棺から蘇ったのか。国会の終盤、自民党内で台風の目となった人権擁護法案。賛成派、反対派が激しく対峙する構図の陰に見え隠れするのは、「毒饅頭」の言葉を遺して政界を引退したあの大物の姿だった。

史上初という参議院の「問責決議案」の可決にも拘らず、今国会の終盤戦が今一つ盛り上がりに欠けたことはご存知の通りだ。

解散風もとりあえず凪いでしまい、気の抜けたサイダーのようになった永田町で、唯一、激しい議論の火花が散っていたのは、自民党に突如、勃発した内部抗争の現場である。

言論弾圧に繋がる危険性が指摘され、これまで二度も潰れた悪名高き「人権擁護法案」の再提出を巡り、推進派勢力と阻止しようという反対派が真っ向から激突。目下、両陣営が一歩も引かずに、やり合っているのだという。

政治部のデスクがこのところの経緯を説明する。

「自民党の人権問題等調査会が、人権擁護法案の新しい叩き台を発表したのが5月末。以降、党本部で頻繁に会議が行われています。出席者は全員、自民党なのに、野党に対する時より痛烈なヤジが飛びかい、このままでは将来、禍根を残しかねないと、党内で心配されるほど激しく衝突しています。例えば、推進派の一人として出席した加藤紘一・元幹事長が”どうしてこんなに怒鳴りあうんですか、自民党の中で・・・・・”と、驚いたくらいの状況だったのです」

ちなみに人権問題等調査会の会長は、太田誠一・元総務庁長官。それに加えて推進派には古賀誠・選対委員長や二階俊博・総務会会長、山崎拓・元副総裁に塩崎恭久・元官房長官など、錚々たるメンバーが顔を揃えている。

一方の反対派に目を転じれば、安倍晋三・前首相、中川昭一・元政調会長、島村宜伸・元農水省などなど・・・・・。今は党外の立場だが、平沼赳夫・元経産相も背後に控えている。

つまり、両陣営とも大物政治家を擁し、メンツの懸かったガチンコ勝負になっているわけだ。

政治部デスクが続ける。
今回は、百人の会(教育再生の地方議員百人と市民の会)のメールより、人権擁護法案に関する情報を引用します。


次回の自民党人権問題等調査会は3月14日午前8時半からの模様です。反対派の百地章氏(日本大学教授)と賛成派の山崎氏(新潟大学教授)に対するヒアリングが行われる予定です。
太田誠一氏の二枚舌から見れば、構図はもはや「人権擁護法案反対論VS賛成論」という政策論の段階から「解同・総連・創価や中朝に国民の人権を売る売国利権政治家(首魁は古賀誠)」と「大多数の国民」の政治闘争ということが明確になりつつあります。この際、最小行動で効率的な戦果を上げるため「いかに自民党議員内の反対派を多数派にするか」「いかに中間・日和見議員に推進派の親玉=古賀誠への嫌悪感をつのらせ反対派に近づけるか」を目標に活動してはいかがでしょうか。ご多忙中恐縮ですが、日本の明日の為、下記の要請・抗議活動を出来る範囲で一つでも多くやりましょう。


1.地元の自民党国会議員への要請(電話・ファックス・メール)をしましょう

 選挙民の当然の権利として、人権擁護法案の危険性への認識を問い廃案を求めましょう。簡単な理由記述参考には添付ファイルQ&A参照。必ず下記のような内容を盛り込み古賀氏を追い込みましょう。

 文例

・古賀誠氏等による「人権擁護法案」提出強行の動きをやめさせてください。一部圧力団体の為に言論の自由が奪われるなんてまっぴらです。これを提出したらもう選挙では投票しません。

・国民の権利を解放同盟に売り渡すのか?古賀誠氏の強引な「人権擁護法案」提出をやめさせて!

・憲法違反の「人権擁護法案」を強行提出しようとしている古賀誠氏が選対の自民党には投票しない

 全国的組織に加盟している方や国民運動の事務局をやっている方は個人的にでも組織の地方支部や加盟団体に働きかけて下さい。



2.反対派自民党議員への要請・激励(電話・ファックス・メール)をしましょう

 なるべく多くの方に呼び掛けましょう。主な反対派議員は添付ファイルの一覧表をご覧ください。文例は地元議員と同じで構いません。



3.古賀誠氏に抗議(電話・ファックス・メール)しましょう

 宛名は「自由民主党選挙対策委員長・古賀誠殿」で「一行抗議」で構いません。

文例

・「人権擁護法案」提出強行の動きをやめなさい!一部圧力団体の為に言論の自由が奪われるなんてまっぴらです。これを提出したらもう選挙では自民党に投票しません。

・全国民の権利を解放同盟に売り渡すのか?「人権擁護法案」提出をやめなさい!

・憲法違反の「人権擁護法案」を強行提出するなら自民党にはもう投票しない!



【古賀誠氏】衆議院議員会館事務所 TEL: 03-3581-5111(内線7431) FAX: 03-3597-0483

【自民党本部】TEL:03-3581-6211 FAX:03-5511-8855



4.なるべく多くの国民同胞にこの問題の危険性と構図(「反日利権団体や外国に国民の人権を売る一部の売国利権政治家」と「大多数の国民」の生きるか死ぬかの戦いである。首謀者は古賀誠だ)を知らせましょう

 大新聞が取引で情報管制下にあるのかほとんど危険性や進行状況が報道されません。

 家族や知人に話題として知らせましょう。

 今後戦いが山場の入ります。集会が出来る方は集会を開催して下さい。ハンドマイク街宣出来る方は街宣して下さい。街宣車のある団体の方は走らせて下さい。ポスティングできる方もお願いします(すでにチラシ作ってダウンロード&コピーフリーの方はブログや添付チエーンメール等ネット上で流通させて下さい)。自分の出来ることをして救国の連帯をつくっていきましょう。

 

■今回テーマの情報把握や理論整理に便利なHP

記者サイド:阿比留瑠比ブログ「国を憂い、われとわが身を甘やかすの記」
http://abirur.iza.ne.jp/blog/
議員サイド:戸井田衆議院議員ブログ
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/d/20080310
議員サイド:馬渡龍治衆院議員ブログ
http://blog.mawatari.info/
国民運動サイド:日本会議地方議員連盟
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1322.html
市民運動サイド:平田文昭氏ブログ
http://blog.goo.ne.jp/jinken110/e/f396dde013e7921af31a0719e435a1f8
市民運動サイド:なめ猫(近藤将勝)氏ブログ
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-534.html


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の、そして日本で唯一の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

スカパー!だけでなく、インターネットからの視聴も出来ます。
詳しい視聴方法については、下記アドレスをクリックして下さい。
http://www.ch-sakura.jp/topix/343.html

☆会員募集!!
【 「チャンネル桜 友の会」のご案内 】


ハッピー241 にて無料放送を開始するにあたり、チャンネル桜では、これまでの視聴契約に代わる応援組織 日本文化チャンネル桜 友の会 を発足いたしました!
これからも、日本の未来を見通す “真の報道” を続けるために、是非とも、皆様からのご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げる次第です。

「チャンネル桜 友の会」会員には、「協賛会員(会費 1万円/月)」 と「一般会員(会費 2千円/月)」 があります。
また、金額や期間を問わない形でご支援いただく「準会員」も募集しております。
下記の詳細ページをご覧の上、是非とも、皆様のご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

↓ チャンネル桜 友の会 会員募集!!
http://www.ch-sakura.jp/topix/306.html


★ ご支援いただいた際は、「チャンネル桜 友の会 事務局」まで
  必ず ご入会のご連絡をくださいますよう、お願いいたします!
  ご入会いただいた方には、特典(オリジナルストラップ もしくは
  オリジナル手拭い)を差し上げております。

☆こちらもぜひ、ご覧ください☆

「友の会」 会員募集概要 & 入会申込書
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_application.pdf

「友の会」 会員規約
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_kiyaku.pdf

「友の会」 よくあるご質問(Q&A)
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_Q&A.pdf

★ 「チャンネル桜 友の会」についてのお問い合わせは、こちらまで! ★
  『日本文化チャンネル桜 友の会 事務局』
  ( 月~土 10:00 ~ 18:30 )
  TEL 03-6419-3900 / FAX 03-3407-2263
  MAIL info@ch-sakura.jp
※取り急ぎ、「人権擁護法案」再提出に対する要請受付国民集会のお知らせを掲載します。皆様のご協力をお願いします。

★「人権擁護法案」に対する「要請受付国民集会」のお知らせと要請文のお願い                    
 いわゆる人権擁護法案が再提出される状況になっておりますが、戸井田とおる衆議院議員が呼びかけて、人権擁護法案反対意見を国民から広く受け付ける「要請受付集会」が、次の要項で開催されることとなりました。
    日 時 : 平成20年3月10日(月)17時より
    場 所 : 憲政記念館 講堂
       〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1
             TEL 03-3581-1651
   東京メトロ 丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」下車
                         2番出口より徒歩7分
   有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」下車 2番出口より徒歩5分

 ご参加の方は、A4サイズの紙に、所謂「人権擁護法案」に対するご意見(「言論の自由を抑圧する人権擁護法案に反対します」というだけでも結構です)、氏名、年齢、住所(自治体名までで結構です)を記載の上、当日、会場受付までお持ち下さい。

 なお、当日は真・保守政策研究会の平沼赳夫最高顧問、島村宜伸議長、中川昭一会長、古屋圭司副会長が要請を受ける予定です。

※地方の方で、参加は出来ないが要請書は提出したいという方は、下記まで「郵送」をお願いします。
 〒100-0014 東京都千代田区永田町国会内郵便局留置/
           要請受付国民集会 国会内事務局
           衆議院議員 戸井田とおる事務所
※3月10日必着で宜しくお願い致します。

この要請書ですが、これまでは郵送、3月10日必着となっていましたが、7日よりその条件が緩和され、郵送の場合は3月10日消印有効、FAXによる受付も開始されました。

もう日がないから送れないと諦めていた方もこれでご自分の意見を届けることができます。

要請書はA4サイズで、人権擁護法案に対する意見、氏名、年齢、住所(自治体名まででかまいません)をお書きください。
FAX番号は以下になります。

FAX番号:03-3508-3325

詳細はこちらのブログで。
★丸坊主日記(戸井田とおる衆議院議員のブログです)

当日の会場の様子など、こちらのブログに集会の速報が載っていますので、ご覧下さい。
■MIKAWA’Sほらの部屋


産経新聞より、日本大学教授・百地章氏の論文を引用します。

■人権擁護法案の国会提出を許すな

 ≪目を疑う「憲法違反」≫

 福田内閣の誕生以来恐れていた事態が、現実のものとなろうとしている。いうまでもなく、人権擁護法案の国会提出がそれである。推進論者の古賀誠選挙対策委員長らは、力ずくでも法律を制定しようとしており、昨年暮れに開かれた自民党の第1回人権問題等調査会で二階俊博総務会長は、最終的には多数決で押し切る旨発言している。

 しかしながら、この法案は(1)憲法違反、(2)人権擁護推進審議会答申からの逸脱、それに(3)人権侵害の実態無視、といった重大な問題をはらんでおり、到底これを認めるわけにはいかない。

 まず、この法案が憲法違反であることは、以前(平成17・4・8)本欄でも指摘したとおりである。法案では「人権」や「人権侵害」の定義を明確にしないまま、いわば「一切の人権侵害」を禁止しており、規制の対象は「侮辱、嫌がらせその他の不当な差別的言動」で「相手方を畏怖(いふ)させ、困惑させ、又は著しく不快にさせるもの」から、その「おそれのある者」にまで及ぶ。

 そして人権侵害の告発があれば直ちに、なくても職権で必要な調査が開始される。これでは言論の自由は保障されない。

 それ故、このように曖昧(あいまい)不明確な基準のもと行政権力が言論活動を規制し事前抑制まで行うのは、表現の自由を保障した憲法21条に違反する。

 しかもこれを取り締まる「人権委員会」は、裁判所の令状なしに出頭要請、質問、文書の提出などを強制し、立ち入り検査まで強行できるのだから、令状主義を保障した憲法35条にも違反する。

 ≪「答申」からの逸脱≫

 次に、本法案は「簡易・迅速・柔軟な救済」を行うにふさわしい「行政による人権救済制度」の整備を求めた平成13年の人権擁護推進審議会の答申「人権救済制度の在り方について」を踏まえて立案されたことになっているが、これから大きく逸脱している。

 というのは、答申では「あらゆる人権侵害」を対象とする救済手段としては「相談、あっせん、指導等」の「強制的要素を伴わない専ら任意的な手法」にとどめ、調査を伴う「積極的救済」はあくまで「自主的解決が困難な状況にある被害者」を救済する場合に限定しているからである。

 しかも「積極的救済」の対象とされる人権侵害については、「差別や虐待の範囲をできるだけ明確に定める必要がある」とし、「裁判所の令状を要するような直接的な強制を含む強い調査権限まで認めるべきでない」と明記している。

 にもかかわらず、法案ではあらゆる人権侵害を「調査」の対象とした上、侮辱などの「不当な差別的言動」で単に「相手方を畏怖させ、困惑させ、又は著しく不快にさせる」場合まで「令状」なしの強制的な出頭要請、質問、文書提出、立ち入り検査権を認めている。

 これは答申の趣旨を歪曲(わいきょく)するものといえよう。

 ≪「人権侵害」の実態は?≫

 さらに、救済の前提とされる「人権侵害」の実態だが、わが国にこれほど強力な行政権力を行使しなければ救済できない人権侵害や差別が、実際に存在するのか。この点の検証なしに法律を制定するのは、本末転倒であろう。

 ところが推進派の古賀氏らは「差別に泣いている人たちがいる」というだけで、実態を明らかにしようとしない。また、法務省の統計をみても、例えば平成17年度の場合、「人権侵犯事件」として処理した件数は約2万4000件もあるが、「侵犯事実の不存在・不明確」を含め、そのほとんど(99%)は現在の法務局や人権擁護委員による「援助」「調整」「説示」等で解決しており、特に重大・悪質な事案に関し文書をもって是正を求める「勧告」はわずか2件、刑事訴訟法に基づく「告発」はたった1件にすぎなかった。それ故、このような法律が本当に必要なのか、そのこと自体に疑義がある。

 この点、「虐待」についていえば、配偶者暴力、高齢者・児童虐待などの救済のため、すでに「ストーカー規制法」(平成12年)「児童虐待防止法」(同)「配偶者暴力防止法」(同13年)「高齢者虐待防止法」(同17年)などの法律が制定されており、その適切な運用によって問題の解決は可能であろう。残る主要課題は、刑務所等の公務員による人権侵害の救済であるが、これも個別法の制定で足りると思われる。

 したがって、自由社会を否定しかねないこの危険極まりない人権擁護法案の国会提出は、何としてでも阻止しなければならない。(ももち あきら)
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080219/trd0802190242000-n1.htm


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の、そして日本で唯一の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

スカパー!だけでなく、インターネットからの視聴も出来ます。
詳しい視聴方法については、下記アドレスをクリックして下さい。
http://www.ch-sakura.jp/topix/343.html

☆会員募集!!
【 「チャンネル桜 友の会」のご案内 】


ハッピー241 にて無料放送を開始するにあたり、チャンネル桜では、これまでの視聴契約に代わる応援組織 日本文化チャンネル桜 友の会 を発足いたしました!
これからも、日本の未来を見通す “真の報道” を続けるために、是非とも、皆様からのご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げる次第です。

「チャンネル桜 友の会」会員には、「協賛会員(会費 1万円/月)」 と「一般会員(会費 2千円/月)」 があります。
また、金額や期間を問わない形でご支援いただく「準会員」も募集しております。
下記の詳細ページをご覧の上、是非とも、皆様のご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

↓ チャンネル桜 友の会 会員募集!!
http://www.ch-sakura.jp/topix/306.html


★ ご支援いただいた際は、「チャンネル桜 友の会 事務局」まで
  必ず ご入会のご連絡をくださいますよう、お願いいたします!
  ご入会いただいた方には、特典(オリジナルストラップ もしくは
  オリジナル手拭い)を差し上げております。

☆こちらもぜひ、ご覧ください☆

「友の会」 会員募集概要 & 入会申込書
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_application.pdf

「友の会」 会員規約
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_kiyaku.pdf

「友の会」 よくあるご質問(Q&A)
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_Q&A.pdf

★ 「チャンネル桜 友の会」についてのお問い合わせは、こちらまで! ★
  『日本文化チャンネル桜 友の会 事務局』
  ( 月~土 10:00 ~ 18:30 )
  TEL 03-6419-3900 / FAX 03-3407-2263
  MAIL info@ch-sakura.jp
※本文へ行く前に、集会のお知らせです。

 いわゆる人権擁護法案が再提出される状況になっておりますが、戸井田とおる衆議院議員が呼びかけて、人権擁護法案反対意見を国民から広く受け付ける「要請受付集会」が、次の要項で開催されることとなりました。
    日 時 : 平成20年3月10日(月)17時より
    場 所 : 憲政記念館 講堂
       〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1
             TEL 03-3581-1651
   東京メトロ 丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」下車
                         2番出口より徒歩7分
   有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」下車 2番出口より徒歩5分

 ご参加の方は、A4サイズの紙に、所謂「人権擁護法案」に対するご意見(「言論の自由を抑圧する人権擁護法案に反対します」というだけでも結構です)、氏名、年齢、住所(自治体名までで結構です)を記載の上、当日、会場受付までお持ち下さい。

 なお、当日は真・保守政策研究会の平沼赳夫最高顧問、島村宜伸議長、中川昭一会長、古屋圭司副会長が要請を受ける予定です。

※地方の方で、参加は出来ないが要請書は提出したいという方は、下記まで「郵送」をお願いします。
 〒100-0014 東京都千代田区永田町国会内郵便局留置/
           要請受付国民集会 国会内事務局
           衆議院議員 戸井田とおる事務所
※3月10日必着で宜しくお願い致します。



今回は、「立ち上がれ!日本」ネットワークのメールマガジンを引用します。

「立ち上がれ!日本」メールマガジン【113号】
  平成20年2月12日発行


<<INDEX>>
1> >冒頭文
2> >今週の主張
    「何でも「人権侵害」にできる人権擁護法案」
3> >人権擁護法案反対の意見を届けよう

 中国の「毒入り餃子」報道のかげに隠れて、人権擁護法という危険な法案の準備が進んでいます。

 この法案が成立すると、例えば、学校の卒業・入学式での国歌斉唱は個人の思想信条の自由に反するということにされたり、北朝鮮・中国への批判は外国人に対する差別につながるとして取り締まることができるようにもなります。また、人権侵害の「おそれ」があるというだけで、裁判所の令状なしでも立ち入り検査や書類の押収が可能にもなります。要するに、人権の名の下に言論の自由や思想信条の自由を侵す「危険な法案」なのです。

 そもそも、この法案は公明党や部落解放同盟が推進してきたものですが、自民党内にも古賀誠氏を中心とする推進派がいて、平成17年に国会提出まであと一歩という状態になったこともありました。その折は自民党内の反対派の活躍で阻止されたのですが、安倍内閣の退陣によって、昨年暮から再び自民党内で推進派の動きが始まっていました。

 明日2月13日から、自民党の「人権問題等調査会」が再開され、今国会への提出をめざして、自民党での論議が再開されます。むろん、今も自民党内にはこの法案に反対する動きもありますが、自民党が党内手続きを経て国会提出を決定すると、民主党は小沢代表をはじめ推進派が大多数ですので、一気に成立ということになりかねません。

 何卒、この人権擁護法案に反対する国民の声を自民党に届けていただけるようお願い申しあげます。



  ◆○◆ 今週の主張 ◆○◆


       何でも「人権侵害」にできる人権擁護法案

 安倍内閣の下で封印されていた人権擁護法案再提出の動きが再び浮上してきた。今年は早々からこの問題が国会の重大争点となろう。

 推進派によれば、現在おかれている裁判制度や法務省の人権擁護機関では人権侵害被害者の救済には限界や問題点があり、それゆえ新たな「人権救済制度」が必要だとする。それが問題となっている「人権委員会」の設置だが、それではどんな「人権侵害」が先の法案では念頭に置かれているかというと、例えば「人種等を理由としてする不当な差別的取り扱い」というのが冒頭に位置づけられている。ちなみにここに言う「人種等」とは、「人種、民族、信条、性別、社会的身分、門地、障害、疾病又は性的指向をいう」のだという。

 これを見せられただけで、筆者などはこの法案に漂う、ある種異様な雰囲気に違和感を感じさせられてしまうのだが、むろん問題はこの規定が実際にはどのような意味をもつことになるか、ということだろう。こんな問題を一定の意図をもった者があげつらおうと思えば、それこそどんな問題だって「人権侵害」ということになりかねないからである。

 筆者の手元に、それを考える際の格好の材料になると思われる一つの資料がある。国連人権委員会のドゥドゥ・ディエンという特別報告者が二年前に国連に提出した報告書である。この特別報告者はそれに先立つ平成十七年七月、日本を一週間訪問してこの報告書を書いたのだが、その訪問と調査の全てのお膳立てをしたとも言えるのがこの人権擁護法案を推進する主要団体の運動家たちで、その結果、報告書には彼らが言いたいことがほとんど盛り込まれていると言っても過言ではない。

 その中にある「分析と評価」によれば、「日本には人種差別と外国人嫌悪が確かに存在」し、それは「三種類の被差別集団に影響を及ぼしている」という。まさに法案に言う「人権侵害」が確かに存在するという話だが、その被差別集団とは、「部落の人びと、アイヌ民族、沖縄の人びとのようなナショナル・マイノリティ、かつて日本の植民地であった朝鮮半島や中国の出身者、およびその子孫、ならびにその他のアジア諸国および世界各地からやってきた外国人・移住者」を指すのだという。

 そうした集団への差別の中で最も深刻なのは、要は「文化的・歴史的性質を有する差別」なのだそうだが、その根底にあるのは、「日本人のアイデンティティ形成、日本史の記述および教育のあり方、関係するコミュニティや人びとについてのイメージ、ならびにこのような人びとに対する社会の見方」なのだという。つまり、本当にこれらの集団を救済していくためには「救済制度の確立」どころか、日本人そのものの根本的な「精神改造」すら必要だと言いかね
ない分析だと言える。その上で、概略以下のような「勧告」をする。

◇日本における人種差別の存在を認めかつそれと闘う政治的意志を表明すること。
◇差別を禁止する国内法令を制定すること。
◇人種、皮膚の色、ジェンダー、世系(門地?)、国籍、民族的出身、障害、年齢、宗教および性的指向など、現代的差別における最も重要な分野を集約した平等および人権のための〈国家委員会〉を設置すること。
◇歴史の記述の見直しおよび歴史教育のプロセスに焦点を当てること。

 これがどこかの党首が最も頼りがいのある国際組織だと崇め奉る「国連」様に出された「報告書」なのだという。「有りがたすぎて涙が出てくる」などと言えば、いささかおちょくりすぎともいわれかねないが、これが関係者がまるで鬼の首を取ったかのように言う「国際社会からの要求」という話の実態でもある。

 ともあれ、この法案に言う「人権侵害」とは、所詮このような一方的な話になる可能性が大だということなのだ。換言すれば、要はこうした主張を展開する連中から、あれこれ言いたい放題に好き勝手なクレームが持ち込まれることになる苦情受付け所が、この法案が想定する人権救済制度なるものだとも言える。

 と同時に、ここで併せて注意を喚起しておきたいのは、彼らがめざすのはこの種の単なる救済制度の確立には留まらず、更にその先には「差別禁止法の制定」という恐ろしい次のターゲットが控えているということである。こんな話、隣国にこそ必要だと思うのだが、どうだろうか。(日本政策研究センター所長 伊藤哲夫)
〈『明日への選択』平成20年1月号より許可を得て転載〉


■人権擁護法案反対の意見を届けよう

※ご意見は「言論と表現の自由を抑圧する人権擁護法案反対です」というだけ
 でも構いません。

【自民党「人権問題等調査会」】
 人権問題等調査会会長 太田誠一議員 宛
  電子メール liberty@otaseiichi.jp
  FAX  03-3508-3832(大田誠一議員の議員会館事務所)
  (〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
              衆議院第2議員会館232号室)

【自民党本部】
 ホームページ http://www.jimin.jp/ のトップページの最上部にある
「ご意見」から、指定フォームで送信できます。


皆様のご協力をお願いします。良識派の声を届けて下さい。

■人権擁護法案をめぐる最新の動きは、こちらのブログに詳しく書かれていますので、お読み下さい。
★MIKAWA'Sほらの部屋
★人権擁護法案マガジン・ブログ版

■人権擁護法案の問題点について、稲田朋美衆議院議員が分かり易く語っている動画がニコニコ動画にありましたので紹介します。
※ご覧になるにはニコニコ動画への会員登録が必要です。登録はこちらから↓
ニコニコ動画


■人権擁護法案の問題点について書かれた本
危ない!人権擁護法案 迫り来る先進国型全体主義の恐怖
人権擁護法案を考える市民の会
4886562825



※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング



☆男女共同参画社会基本法の廃棄を求める署名にご賛同をお願いいたします。
署名用のFAX用紙はこちら⇒FAX用紙DL(pdfファイル)よりダウンロードできます。
※2月末が締め切りとなっておりますので、是非ご協力をお願いします。


☆南京大虐殺?それでも日本は黙っているのか。南京攻略戦の真実を伝える映画製作決定!!皆様のご支援をお願いします。詳細は下のバナーをクリックして下さい。
南京の真実


日本文化チャンネル桜は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立された日本最初の、そして日本で唯一の歴史文化衛星放送局です。スカパー!を受信できる環境の方なら無料でご覧いただけます。
ハッピー241CHにて、

月     午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
火    午後7時~午後9時30分 午後11時~午前0時
水~金 午後8時~午後9時30分 午後11時~午前0時
土    午後9時~午前0時

の間放送しております。是非ご覧下さい。

スカパー!だけでなく、インターネットからの視聴も出来ます。
詳しい視聴方法については、下記アドレスをクリックして下さい。
http://www.ch-sakura.jp/topix/343.html

☆会員募集!!
【 「チャンネル桜 友の会」のご案内 】


ハッピー241 にて無料放送を開始するにあたり、チャンネル桜では、これまでの視聴契約に代わる応援組織 日本文化チャンネル桜 友の会 を発足いたしました!
これからも、日本の未来を見通す “真の報道” を続けるために、是非とも、皆様からのご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げる次第です。

「チャンネル桜 友の会」会員には、「協賛会員(会費 1万円/月)」 と「一般会員(会費 2千円/月)」 があります。
また、金額や期間を問わない形でご支援いただく「準会員」も募集しております。
下記の詳細ページをご覧の上、是非とも、皆様のご支援、ご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

↓ チャンネル桜 友の会 会員募集!!
http://www.ch-sakura.jp/topix/306.html


★ ご支援いただいた際は、「チャンネル桜 友の会 事務局」まで
  必ず ご入会のご連絡をくださいますよう、お願いいたします!
  ご入会いただいた方には、特典(オリジナルストラップ もしくは
  オリジナル手拭い)を差し上げております。

☆こちらもぜひ、ご覧ください☆

「友の会」 会員募集概要 & 入会申込書
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_application.pdf

「友の会」 会員規約
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_kiyaku.pdf

「友の会」 よくあるご質問(Q&A)
http://www.ch-sakura.jp/sakura/tomonokai_Q&A.pdf

★ 「チャンネル桜 友の会」についてのお問い合わせは、こちらまで! ★
  『日本文化チャンネル桜 友の会 事務局』
  ( 月~土 10:00 ~ 18:30 )
  TEL 03-6419-3900 / FAX 03-3407-2263
  MAIL info@ch-sakura.jp