『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
TOPフリーエリア
☆拙ブログは「日本文化チャンネル桜」を応援しています。 日本文化チャンネル桜動画 日本文化チャンネル桜
☆拉致問題解決へ向け、署名をお願いします。用紙は下記アドレスよりダウンロードできます。http://www.sukuukai.jp/img/syomei200604.pdf

今回は日本会議発行の「日本の息吹」4月号より、水島総氏(日本文化チャンネル桜社長)の書かれた論文を引用します。


■映画「南京の真実の使命」

水島総 (株)日本文化チャンネル桜社長に聞く

■七人の方々に託したもの

- 映画『南京の真実』第一部が完成し、各地で上映会が開催されています。ずばり第一部のテーマは?
水島 心理葛藤を描く西洋の近代劇に対して、能の夢幻能の演劇形式を使って、七人の方々の死刑直前の二十四時間を忠実に描きました。そこに戦後の日本の原点があると思ったからです。
 
 第一部には「滅び行く日本と共に」というモチーフがあります。七人の殉難者の方々は、明治天皇が崩御された時に乃木大将が殉死されたのと同じような気持ちを抱いていたのではないか。日本が日本で無くなっていく時に、自分たちは運命を共にしていくと。映画の最後に処刑の後に「日本が消えた」とのセリフがありますが、戦後の日本国民は七名に、それまでの日本の全てを背負ってもらって、知らん顔をしてきたのではないでしょうか。副題に「死刑囚」としたのは、犯罪者扱いされて処刑された七人の殉難者とは実は私達自身であると思うからです。反日プロパガンダに象徴されるように、日本人全体が未だそういう扱いを受けているということをまず知らなければならないと思います。

私は先帝陛下が「本来の日本に戻るまで三百年かかる」と仰ったお言葉が思われるのです。戦後六十年、そういう重いものを私たちは引き受けていかねばならない。

映画の中の能で繰り返し謡っている和泉式部の歌があります。
スポンサーサイト
今回は、映画「南京の真実」の関連情報を取り上げます。

☆映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」ですが、全国各地から上映したいという問い合わせがたくさん届いているそうで、以下に開催要項を記します。

■映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」
上映会開催要項


【ご負担頂く費用】
・映画レンタル料(5万円)・会場レンタル料・上映機材費
→上映可能形式は以下です。

・35mmフィルム映写機(ドルビーSR対応の映写機が必要です)
・ビデオ(デジタルベータカム・ベータカムSP・DV-CAM)
・DVD

※ビデオ・DVDはプロジェクター&スクリーンまたは、モニター&デッキが別途必要です。

【支給物】
・掲示用ポスター・パンフレット・チラシ

※販売用は別途ご用意いたします。

お問い合わせ:映画「南京の真実」製作委員会 
℡03-5464-1937
公式サイトはこちら ↓
http://www.nankinnoshinjitsu.com/blog/


大人数でなくても、50人程度の少人数での開催でも構わないそうですので、要項にもあるとおり映画レンタル料5万円と会場レンタル費、上映機材費などは負担することになりますが、開催してみようと思われた方は、映画「南京の真実」政策委員会までお問い合わせ下さい。
今回は、河内屋蒼湖堂氏より、拙ブログでも支援の呼びかけをしております映画「南京の真実」の関西での試写会開催のお知らせを頂きましたので、掲載させて貰います。

◆映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」関西試写会◆

〔日時〕平成20年2月9日(土)午後6時開場予定

〔場所〕八尾市文化会館プリズムホール
2F大ホール(1,440名収容)

〒581-0803
大阪府八尾市光町2-40
TEL072-924-5111(代)
[近鉄八尾駅徒歩5分]

http://prismhall.jp/access.html

【入場無料】

〔主催〕映画「南京の真実」関西上映実行委員会

〔共催〕河内国民文化研究会、虹の会

※詳細は追ってご案内申し上げます。

※鑑賞ご希望の方は直接会場へお越し下さい。なお、会場の席数には限りがございます。恐縮ながら先着順とさせて頂きますので、予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

◇◆南京の真実第一部七人の「死刑囚」◆◇

〔製作・脚本・監督〕水島総

〔製作〕

映画「南京の真実」製作委員会
(株)チャンネル桜エンタテインメント
(株)ワールドインタラクティブ・ネットワークシステムズ・ジャパン

[主なキャスト]

松井石根........浜畑賢吉
東條英機........藤巻潤
広田弘毅........寺田農
土肥原賢二......渥美國泰
木村兵太郎......久保明
板垣征四郎......山本昌平
武藤 章........十貫寺梅軒
花山信勝........三上寛
広田静子........烏丸せつこ
松井文子........上村香子

会場の席数には限りがございます。
まことに恐縮ながら、飽くまで先着順とさせて頂きますことを、予めご諒承願います。

但し、当日間違いなくご来場戴ける方で、ご代表者のお名前(ハンドルネーム可)と参
加人数をご明記のうえ、1月31日までに下記メールアドレスまでお申込み戴きました
場合に限り、主催者側でお席を確保させて頂きます。

折り返しメールを差し上げ、予約番号をお知らせ致します。
当日は受け付けで「代表者名と予約番号」を係員にお告げ下さい。

尚、上映30分前までにご入場なき場合、この「予約」は無効となりますのでご注意下
さい。

■ 映画「南京の真実」関西上映実行委員会 ■

2月9日 関西試写会 お申込専用 メールアドレス:

shinjitu_kansai@mbe.nifty.com



河内屋氏より頂いたメールには、以下ような一節がありました。

「貴兄はもとより多くの支援者の皆樣に同じく、私は此の作品に大きな思ひと願ひを懸けてをります。 父祖は誇り高くも氣高い、そして英邁で勇敢な民でありました。そして私たちは紛れも無くその末裔です。父祖の汚名を雪ぎ、眞の姿を次世代に傳へることこそが、私たちの第一の責務であると信じます」

私も同じ思いです。今を生きる私たちが、父祖の汚名を雪ぎ、真の姿を次世代に伝えることをしなければなりません。この映画はその第一歩となるものです。多くの方が来て下さることを願います。

さて、所謂「南京大虐殺」については、拙ブログの「今月の一押し!」欄で紹介してる著書が、マンガで分かり易く書かれているのでお薦めです。
マンガで読む昭和史「南京大虐殺」の真実マンガで読む昭和史「南京大虐殺」の真実
(2007/12)
畠 奈津子、大館 亞津子 他

商品詳細を見る


著者の畠奈津子氏は、年はお若いのですが、真の憂国の志士と言っても過言ではない方で、この著書も河内屋氏と同じ思いで書かれています。畠氏の過去の著作『「百人斬り」報道を斬る』と『チベットの悲劇』も併せて収録されていますのでお買い得です。こちらもお読み下さればと思います。

※追記
ジャーナリストの青木直人氏が、「南京の真実」と拙ブログでも応援している「チャンネル桜」について素晴らしい記事を書いておられるので、是非お読み下さい。
↓記事URL
http://aoki.trycomp.com/2008/01/post-11.html


※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。励みになります。

人気ブログランキング
今回は、「新しい歴史教科書をつくる会」の会報誌『史』五月号より、映画「南京の真実」を製作している水島総氏へのインタビュー記事を引用します。


■なぜ映画「南京の真実」をつくるのか
この映画で教科書から南京に関する記述が消えたら製作者冥利に尽きる!
               
日本文化チャンネル桜代表 水島 総(みずしまさとる)

■大反響の記者会見と支援募金

―― 今年はあの南京事件から七十周年を迎える節目の年ということもあり、アメリカなどで南京「大虐殺」映画が作られるというニュースが飛び交っています。そこで、南京戦の正確な検証と真実を世界に伝えるため、映画「南京の真実」(仮題)を製作すということで、一月二十四日、ホテルニューオータニでこの映画の製作発表記者会見が行われました。水島さんはプロデューサー兼監督という大変なお役目ですが、大分反響が大きいようですね。

水島 お陰様で、記者会見には、南京問題研究の第一人者である東中野修道教授や保守論壇を代表する渡部昇一先生をはじめ、有識者や大学教授、ジャーナリストなど三十三名の賛同者の方々に駆けつけていただきました。また、国会議員の方々も松原仁先生や稲田朋美先生、戸井田とおる先生など十二名の先生方が超党派の「南京の真実を考える国会議員の会」として参加し、それとほぼ同数の地方議員の方々もかけつけていただきましたので、かなり大規模な記者会見となりました。メディアも、NHKなどの国内メディアだけでなく、AP、AFP、UPI、ニューヨークタイムス等の外国メディアも取材に来ていました。国内メディアの関心は低いものの、記者会見の反響は上々でした。
今回この映画「南京の真実」の製作費は三億円ほどかかりますので、チャンネル桜としては政策準備金として四千万円を用意しました。後は皆さんからの支援金が頼みです。支援金の募集を始めてからまだ一ヵ月半くらいなんですが、お陰様ですでに一億一千万円を越え、準備金と合わせて一億五千万円くらいになっています。目標にはまだ遠いのですが、約三千名の方から、下は数千円から上は数百万円までご寄付いただいています。

―― 一口一万円でしたね。

水島 その下でも大歓迎ですし、上はどこまででもOKですけれども(笑い)、ただ、本当にもうこれはまったく見返りがないんですよ。ご寄付いただいた方にはこの映画のDVDを差し上げたり、大口の方は映画内のクレジットにお名前を紹介させていただくだけですから。
今回は、週刊新潮(2月8日号)より、いわゆる南京大虐殺をテーマにした反日映画の製作について取り上げている記事を引用します。マスコミでは殆ど報道されませんが、大変重大な事なので、是非読んで下さればと思います。


■[特集]「南京大虐殺」
反日映画7本は「日本の危機!」

「韓国人部隊」が最も残虐―と「中韓」は場外乱闘

1937年12月13日、日本軍は当時の中国の首都・南京を陥落させた。それから70年を数える節目の今年、世界中で「南京大虐殺」をテーマにした反日映画が7本も製作、公開される予定である。虐殺があったか否かは、いまだに論争の渦中にある。しかし、史実も定まっていないのに、大量の虐殺があったと是認する映画の公開は、日本最大の危機だ!

1月18日、米国ユタ州でサンダス映画祭が開幕した。同映画祭は、俳優のロバート・レッドフォード氏が創設し、低予算の独立系映画を対象とした映画祭の中では全米最大規模のものである。

その祭典で、ドキュメンタリー部門に応募してきた856作品のうち、16作品が選ばれて上映された。その中に、南京事件をテーマにした『南京』があった。

同作品のプロデューサーは、米インターネット接続会社の大手AOLのテッド・レオンシス元副会長で、監督はアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を2度受賞したビル・グッテンターグ氏。映画を観た、さる在米邦人はこう語る。

「同映画祭は非常にレベルの高いもので、そこに選ばれるというだけあって、映画自体はかなりよく出来たものではあったと思います。しかし、やはり中国を擁護する立場の作品だと感じました。2階席まである1000人規模の会場は8割方埋まっており、『南京』上映後、観衆は余りにショッキングで残虐な内容に驚いている様子だった」

『南京』は3部構成になっている。第1部では、当時、南京安全区国際委員会の委員長をしていたドイツ人のジョン・ラーベが後に出版した日記をもとに、欧米人の視点から見た南京事件が描かれている。

「メインはラーベ役の俳優の述懐で、南京では確かに悲劇があり、西洋人として自分は頑張ったのだと話している。ラーベは、いわば南京のシンドラーであり、ヒーローだったという見方なんですね。南京の市内に安全地帯を作り、逃げてきたたくさんの中国人を迎え入れて、日本側がそこに逃げ込んだ中国兵士の捜索を要求してきても、拒んだというのです」(同)

ここでは、日本兵が万歳をしていたり、軍刀を振りかざしている当時の映像が盛んに流される。

第2部は、南京事件を体験した中国人へのインタビューが中心である。

「自分の服をまくり上げて腹に残った傷跡を見せながら”これは日本兵の機銃掃射でやられた”とか”一緒に隠れていた人が目の前で撃ち殺された”とか語るんです。涙を流しながら、”自分はレイプされた”と訴える女性も出てきました」(同)

この作品は、中国中央テレビの協力を得て製作されたものであり、バイアスがかかっていることは間違いないだろう。そして最後の第3部に登場する元日本兵の証言が衝撃的だ。

「元日本兵が、南京で自分たちはレイプをしたということを笑いながら平然と話している映像が流れ、嫌がる女の子を引きずり出して押さえつけ、代わる代わる強姦したとも語るのです。そして、”だけど子どもだったから、ピクリとも反応しないので、面白くないんだわ、ガハハ”と笑っている。他にも”(中国人たちを)機関銃で撃つと、皆どんどん揚子江に落ちていくんじゃ”と楽しそうに語っている映像もあった。これだけ見ると、なんて日本人は酷いんだ、と思われても仕方がないですね。この部分は会場でもショッキングだったようで、驚いた西洋人の観客が上映後、監督に”この映像は本物なのか”と質問していました」(同)

中で、虐殺による犠牲者は20万人と紹介しているが、これは東京裁判で公表された数字をもとにしている。

映画は、日本兵の残虐行為を執拗に浮き彫りにしており、南京論争の事情に疎い欧米人などは容易に真実と受け取ってしまうだろう。だが、子の手の南京虐殺映画が、今後も次々と製作、公開されるのである。