『散る桜、残る桜も散る桜』 父祖の思いを受け継ぎ、次の世代へと伝えたい
TOPフリーエリア
☆拙ブログは「日本文化チャンネル桜」を応援しています。 日本文化チャンネル桜動画 日本文化チャンネル桜
☆拉致問題解決へ向け、署名をお願いします。用紙は下記アドレスよりダウンロードできます。http://www.sukuukai.jp/img/syomei200604.pdf

※今回は、産経新聞より岡山版に掲載されている森靖喜(もり・やすき)氏の論文を引用します。

■現在(いま)を問う
岡山学芸館高・清秀中学園長
森靖喜

太平洋戦争と原爆投下に何を学ぶか

多くの日本人は「太平洋戦争」は知っていても「大東亜戦争」を知らない。毎年夏、日本は「太平洋戦争」に関する記事や報道で覆われる。読み、聞き、見るたびに「憂鬱(ゆううつ)」になる。まずは「太平洋戦争」という米国占領軍が命令した「名称」に対しての腹立ちである。

昭和16年12月8日のハワイ真珠湾奇襲攻撃直後、日本政府は「大東亜戦争」と命名した。「大東亜戦争」の名称は、日本の自衛のための戦争であり、「フィリピン」「インド・ビルマ(現ミャンマー)・マレー」「インドネシア」を植民地として支配していた「米」「英」「蘭」を追い出し、アジアの諸民族の独立を促した結果からしても妥当な名称である。

あの戦争は白人の迫害に抗した「日本の自衛戦争」であり、「アジアを解放した戦争」ということになり、あくまで日本はアジア侵略した「悪者国家」でなければならない米国にとっては、非常に不都合である。大東亜共栄圏は、有色人種が団結して白人の侵略に対抗しようという意味を含む。それは米占領軍にとっては知られたくない事実であり、戦後は「大東亜」という言葉の使用を禁じた。太平洋戦争という言葉には「アジアを侵略した日本」という意味が込められている。

占領軍は昭和20年から翌年にかけて、「太平洋戦争史」という連載新聞記事、「真相はこうだ」と題するNHKラジオで日本人に「日本はアジアを侵略した悪者国家」と思わせる洗脳工作を実施した。それは有無を言わさぬ命令であり、ポツダム宣言に違反した徹底した『検閲』の下に行われた。それに反論、抗議することは逮捕か公職追放を意味し、沈黙するしかなかった。「日本侵略悪者国家」という「米国が押し付けた歴史観の是正」「日本人の精神の健全化」は、新聞・テレビ・教科書から『太平洋戦争』という呼称を追放し、『大東亜戦争』に改めることから始めるべきである。

そして、次は『投下した米国の責任』が一言も出てこない原爆被災報道である。米軍は昭和20年8月6日に広島へ、9日に長崎へ原爆を投下し、20万人以上の人類史上類の無い大虐殺を行った。日本の降伏の意思を知っていたにもかかわらず、トルーマン米国大統領は8月3日、広島・小倉・長崎のいずれかに原爆を投下せよと命令した。

8月6日、B29爆撃機『エノラゲイ号』が広島に投下。一瞬にして12万人以上が爆死した。原爆実験成功から、わずか20日というスピードでの投下であった。長崎への投下を急いだのも、広島のウラン型原爆とは異なるプルトニウム型原爆を実験したい思惑であった。旧ソ連が対日参戦を約束したことにより、日本は降伏すると考えたトルーマン大統領は原爆投下の機械を失うことを恐れた。それは実験以外の何ものでもなかった。トルーマン大統領は戦後の対ソ戦略の一環として原子爆弾の威力を見せ付けたのである。

そして、過去500年の歴史の中で有色人種は人間ではない、とした白人の人種差別意識が原爆投下の背景にあったことを忘れてはならない。

広島平和公園の原爆慰霊碑は「安らかに眠ってください 過ちは 繰り返しませぬから」とある。たとえどんな理由があれ、原爆という大量破壊兵器を一般市民の頭上で爆発させたことは、断じて米国の過ちである。慰霊碑を「繰り返させませぬから」と書き直すのが反核平和運動の原点であろう。

【引用終わり】

※森晴喜(もり・やすき)
昭和16年、岡山市生まれ。明治大学大学院卒業後、43年から金山学園(現・岡山学芸館高校)の教諭、岡山市教育委員長などを歴任。現在は岡山県私学協会長、学校法人・森教育学園理事長、岡山学芸館高校・青秀中学校学園長、教育再生をすすめる全国連絡協議会世話人。専門は政治学。

スポンサーサイト
今回は、日本政策研究センター発行の「明日への選択」平成26年5月号より、歴史に対する考え方について書かれているコラムを引用します。
文中の小林秀雄氏の指摘は大変重要なことだと思いますので、しばらくトップ記事として載せておきます。

■「諸君の中に全歴史がある」

最近刊行された『小林秀雄――学生との対話』(国民文化研究会・新潮社編)を読んだ。日本における近代批評の確立者とされる小林秀雄が、昭和三十六年から五十三年までの間、五回にわたり九州で開かれた「学生青年合宿教室」に赴き、全国から集まった数百名の学生や青年と講演後に交わした対話の記録だ。

学生時代に自らも質問を行った国文研参与の國武忠彦氏は「学生の質問がたとえ稚拙であっても、先生は誠実に受け止め、真面目に答えてくださった」と記しているが、対話の中身は今日なお古びていない。ここでは心に留まった応答の一端を紹介する。

まず歴史に対する考え方から。「信ずることと考えること」後の対話で小林秀雄は、みなが歴史、歴史と言っている風潮に疑問を呈した上で、こう説いた。

「昔の人が信じたとおりに信じることができなければ、昔の人が経験したとおりに経験することができなければ、歴史なんて読まないほうがいい。これは本居宣長の説です。宣長さんは、『古事記』の神話をすべて、あのとおりだと信じた。あれが神話時代の歴史であったのです。それが信じられなかったら、神話なんか読む必要がない。

現代の歴史家で、この点を一番徹底させているのはクローチェです。クローチェは『どんな歴史でも現代史なのだ』と言っている。・・・・・

昔は、『増鏡』とか『今鏡』とか、歴史のことを鏡と言ってたのです・鏡の中には、君自身が映るのです。歴史を読んで、自己を発見出来ないような歴史では駄目です。どんな歴史でもみんな現代史である、ということは、現代のわれわれが歴史をもう一度生きてみるという、そんな経験を指しているのです。それができなければ、歴史は諸君の鏡にはならない」

では、どうすれば歴史は「鏡」となるのか。別の学生との応答でこう語っている。

「歴史は詮索するものではない。まず共感しなければいけないものだ。共感する時には、〈あはれ〉を感じるでしょう。〈あはれ〉を感じる心というのは、どういう心だ?

それはイマジネーションが働いているということだ。・・・・・

歴史を知るにはイマジネーションが必要なんだ。今はもう目の前にないものだから、諸君がイマジネーションによって呼び起こさなくてはならない。君のイマジネーションが働けば、今ここに歴史がちゃんと見えてくる。

そんな不思議な働きをする心を、みんな抱いているんだ。だから僕は、諸君の中に全歴史がある、と言うのです。諸君は自分の心の中に、諸君のイマジネーションによって日本の歴史をいきいきと呼び起こすことができる」

■「僕たちは宿命として、日本人に生まれてきた」

一方、「文学の雑感」後の対話では、こんなことを。

「宣長さんは、『古事記』を深く詠み、日本を愛したのだけれど、国粋主義者ではない。あの人は、僕たちの宿命を信じた人です。僕たちは宿命として、日本人に生まれてきたのです。僕も君たちも好んで日本人に生まれたんじゃない。誰かにそう定められたから、僕たちは日本人なのです。そうであるなら、その定めのとおりに生きなければ、生きられやしないのです。・・・・・・日本人は日本人の伝統というものの中に入って物を考え、行いをしないと、本当のことはできやしない、と宣長さんは考えた。伝統の中に入らなければ、本当の自分を知ることはできない、と考えたのだ。そして伝統の中に深く入っていくことが、そのまま普遍に向かって開くことだと承知していた。僕はそう思うな。君は、普遍的なもの、人類的な観念などをいきなり掴むことはできない」

グローバリズム全開、英語教育礼賛の風潮の中で、改めて噛みしめたい指摘である。

■「親の愛情を受け止める能力を子供は完全に備えている」

最後に、教育についての考え方も紹介したい。「常識について」後の応答だが、ケータイなどの悪影響を気にしつつ子育てをしている現代の親にとっても示唆に富む。

「家庭の教育でも、本末が転倒しているようです。子供に対する外的な影響ばかりを、やかましく言う。テレビの影響だとか、雑誌の影響だとかが、しきりに論じられている。だが、子供が一番深く影響を受けるのは、家庭の精神的、感情的雰囲気というものでしょう。親が本当に深い愛情を持っていれば、子供は直ちにこれに感応して、現実的な態度を取るものです。親の愛情をきちんと受け止める能力を、子供は完全に備えている。当たり前のことだが、存外忘れられているのです。」

引用終わり。

※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング
blogram投票ボタン
戦後日本は、アメリカに押し付けられた歴史観を強要され、日本民族の歴史を喪失させられてしまいました。今こそ民族の歴史を取り戻さなければなりません。日本人としての誇りと自信を持たなければなりません。そして、命を懸けて戦われた英霊の方々の高貴な精神を、後世まで伝えていかなければなりません。以下の動画を、是非ご覧下さい。








※この動画は、「朝鮮歴史館」さんにて拝見させて頂きました。すごく感動したので、拙ブログでも紹介させて貰いました。



※拙ブログの記事内容を支持して下さる方は
↓のリンクバナーをクリックして下さい。皆様の応援が励みになります。

人気ブログランキング

今回は、月刊誌『致知』12月号より、渡部昇一氏の書かれた東京裁判についての論文を引用します。


■渡部昇一(わたなべ・しょういち)
評論家、英語学者、上智大学名誉教授。
渡部昇一先生
昭和5年山形県生まれ。
昭和30年上智大学文学部大学院修士課程修了。
ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学に留学。
ミュンスター大学哲学博士。同大学名誉哲学博士でもある。
昭和46年から上智大学教授。
平成13年から上智大学名誉教授。
該博な知識、識見にもとづいて文明・歴史批評・社会評論を展開して著名。
第24回エッセイストクラブ賞、第1回正論大賞受賞。



■歴史の教訓

重ねて言う
日本は東京裁判ではなく
その判決を受諾したのだ


「日本国といたしましては極東軍事裁判を受諾しているわけでございます」
―――昭和60年、政府委員によって
国会でなされたこの答弁が、
それからの日本を縛るきっかけだった。
だが、これはサンフランシスコ講和条約の条項を
ねじ曲げた見解である。



■日本は東京裁判を受諾した!?

戦争直後の日本というのは、何しろ戦争に負けたのだから、世界に対して肩身が狭かったはずである。ところが当時の首相や外相の言動を迫ってみると、案外に堂々としていて、卑屈なところがない。それがいつ頃からか、やたらにペコペコして、もっぱら謝罪ばかり、ひたすら卑屈に傾いていった。

そうなっていったのは一九八〇年代の半ば頃からだったと思う。その頃にどうして卑屈一辺倒になっていったのか、不思議な気がしていた。その時期になって東京裁判の毒がようやく回ってきたのだろうかと考えたりした。

だが、東京裁判の毒はじわりじわり効いてきたのではなく、急速に回り始めるきっかけがあったのだ。『WiLL』十一月号に谷沢永一さんの論考が掲載されているが、そこに引用されているものを読んで分かったのである。

昭和六十(一九八五)年十一月、衆議院外交委員会で社会党の土井たか子氏が、東京裁判における「平和に対する罪」について質問をした。これに外務省の、たぶん当時は条約局長だったと思うが、小和田恆(おわだひさし)氏が政府委員として答弁した。その中で小和田氏ははっきりと次のように述べている。

「日本国といたしましては極東軍事裁判を受諾しているわけでございます」

従って、日本は侵略戦争をやり、不戦条約などの条約や協定、保証を破ったことを認め、有罪の判決が出たのだ、という趣旨のことを述べている。

それで分かったことがある。麻生首相が安倍内閣で外相を務めていた時である。私はたまたまテレビで国会中継を観ていたのだが、麻生さんが答弁に立ち、日本は東京裁判を受諾して国際社会に復帰したのだ、と述べたのだ。私は、あれ? と思った。麻生さんとは以前に話したことがあるが、日本は東京裁判を受諾したのではない、と明確に認識されていたはずなのである。おかしなことを言うものだな、と思った。だが、小和田氏の答弁と重ね合わせると、そういうことかと分かる。

小和田氏は外務省を代表する政府委員として答弁したのである。これはつまり、日本政府の公式見解なのである。そこには政府と外務省の間に、日本は東京裁判を受諾して国際社会に復帰した、という意見の統一があったに違いない。
今回は、新聞『アイデンティティ』より、沖縄の学生の論文を引用します。


■沖縄に正論あり!

日の丸のシールを貼った生徒達のノートを見て、「これからは中国の時代なんだ、あんまり恥ずかしいことをするな、自分達が何をしているのかわかっているのか、と怒り出す学校の教師。露骨な学校現場の反日教育。街には、中国、韓国、台湾からの観光客があふれ、存在感が薄くなる「日本」。しかし、そうした中で、「日本」に目覚める沖縄の中学生がいる。


■学校や新聞では教えない日本の素晴らしさ

中学三年 真喜志君

学校や新聞では日本の悪口ばかり

 皆さんは「日本に生まれて良かった」と心の底から思うことができますか。

 以前の僕ならできない、と思います。何故なら、今までは日本の悪口ばかり聞かされていたからです。でも、僕は真実を知りたくて自宅のインターネットで調べたところ、全て事実でないことが分かりました。

 例えば、南京大虐殺で調べたところ、学校で習っていたのは、でたらめだということが分かりました。そもそも南京の人口が虐殺のあった時よりも増えているのがおかしいのです。もっとも当時二十万人の人口であったはずの南京で三十万人も虐殺などできない、いや、できるわけがありません。それだけではありません。「戦争」というといつでも日本は大量虐殺を行ったとか、アジアの人達に言葉では言い表せないほどの残虐行為をしでかしたと、連日テレビや新聞はこれでもかという程取り上げています。僕はなぜこの日本にいながら身内をたたき上げるようなことしかしないのかが不思議です。